作品名 発行所 国際図書コード 作家・作品番号 判型 初版発行日
勝ち残りの「生き方」 ザ・マサダ 4-915977-78-1 4-6 1999.01.26
勝ち残りの「生き方」 小学館 4-09-405231-3 お-1-11 文庫 2001.11.01

作品紹介

 終身雇用、年功序列という古いパラダイムが次々と崩壊し、「サラリーマン」がいなくなる時代が訪れている。日本人に染み付いた「サラリーマン的生き方」から脱却するためにはどうすればよいのだろうか――?
 著者も自ら実践し、実際に効果をあげた「脱サラリーマンの生き方」を、誰にとっても身近な「居住空間」「情報選別」「時間活用」、そして「語学」の4つのポイントから、「自分自身の再構築‐リストラ‐」の方法を指南する。


目次

はじめに

第一章 〈これからの家、これからの居住空間〉
「新・ホームレス主義」で付加価値のある居住空間にこだわれ!

社宅に住んで「脱・会社人間」になれるか
成功への第一歩は「さらばマイホーム」
「家」の発想を変えて生活を「攻めのフォーメーション」に!
成功を夢見る者は安易に自己破産するな!
別荘を持ちたがる人の気が知れない
「積極的な休日」「付加価値の高い夏休み」で頭に刺激を!
仕事師には「スイート主義」が一番
「社員用の保養施設」はバカげた福利厚生の見本
カプセルホテルが当たり前になる怖さ
SOHOを過大評価するのは禁物
豪華な応接間ほど知性が遠のく
現代版の長屋には生活メリットがいっぱい!
自分だけの「考えるための空間」を持て
プロ野球の合宿所が持つ最大の機能とは?
私がホテルに住み続ける理由
フットワークのある家

第二章 〈「大化け」を呼ぶ時間活用法〉
「効率」だけでは三流、「スピード」だけでは二流

「マンネリ会議」が会社を腐らせる
会議は一番忙しいものに仕切らせる
いい時間・悪い時間の基準
ベストは「人の時間」を「自分の時間」にすること
人生には「ここぞ」というタイミングがある
休日は「フリーの人間」になったつもりで過ごそう
通勤で頭の柔軟体操を!
睡眠上手になるコツ
日本的な特技・趣味が身を助ける
資格ハンティングのプラス・マイナス
失敗がない人は「何もしない人」
飲み屋で部下におごるのが「いい上司」なのか?
社内抗争に浮足だつバカの末路
成長できるセクション、できないセクション
「飲み方」でわかる時間活用の上手・下手
「時間」に対する発想を変えよ

第三章 〈情報はナマでなければ価値がない〉
「情報力」を高めたいなら「センサー」と「フィルター」を磨け!

価値ある情報とは?
情報力とは?
情報通になるための六要素
「人の口が軽くなるところ」が情報の宝庫
自分のプラスになる情報、マイナスになる情報
偵察衛星もスパイにはかなわない
高利の借入金と過剰在庫は赤信号
人事情報はA級の経済情報
企業の弱点を知るには組合報が一番
世論調査の「世論」って何だ?
金融機関系エコノミストに「ひも付き発言」はないのか?
ブラック系マスコミの情報は、ほとんどが「ワケ有り」
情報を生かすにはイマジネーションが必要

第四章 〈成功をアシストする英語術〉
英語を武器にするための五つのコツ

英語は「勝ち残り」の必須条件
ローマ字読みの発想をやめる
ベストは「耳学問」プラス「絵学問」
社員留学制度は時代錯誤
アルバイトはトム・ワトソンのキャディ
「ボキャブラリー」プラス・アルファを狙え!
英語でバイブルを読む、とてつもないメリット 

年代別 新・コモンセンス
●学生
●二十代
●三十代
●四十代
●五十代
●「人」に強くなる「10の常識」
●「人」に強くなる「10のコツ」


備考

◎単行本版の文庫化にあたり、加筆し出版


Top Page 著者紹介 What's New サイトマップ
【一覧】
発行年度別 50音別 発行所別 ジャンル別 文庫本