作品名 発行所 国際図書コード 作家・作品番号 判型 初版発行日
21世紀の狼たちへ 小学館 4-09-402059-4 お-1-9 文庫 2001.03.01

作品紹介

「男が女を愛するというのは命を賭けてもいいということだ」「実力は血ヘドを吐く戦いでしか身につかない」「“さよならだけが人生さ”と言った詩人がいる。だが、やっぱり人生は出会いだ」――。
万事“金”という価値観がはびこり、ブタのような生き方にどっぷり浸って何とも思わない人間が幅を利かせる現代の風潮。若者ならそんな世の中に甘んじるべきではない。ジャーナリスト・落合信彦は、そう叱咤激励する。21世紀、どこまで“狼”としてのエキサイティングな生き方を貫けるかを問う、『狼たちへの伝言』3部作のベスト・チョイス決定版。


目次

序章 悪平等主義と訣別し、「21世紀の狼」たれ
「平等」の本当の意味 差別を乗り越えるパワー セナが輝いていた理由

1.
柵の外のブタは死ね。死にたくなかったら、血ヘドを吐いて狼になるしかない。

肩書き信仰 引き抜きたい男 転職の条件

2.
一億総ペシミストのこの国に必要なのは、
成功へのオプションをもった若きオプティミストだ!

ベストの可能性 「ガレージの夢」 ホープ・フォー・ザ・ベスト

3.
何のために稼ぐのか?何のために使うのか・・・?
金はそれに関わる人間の“目的”次第で汚くも、きれいにもなる。

泥棒猫のような議員たち パンよりシェークスピア 元軍人の投書

4.
『スランプ』『ストレス』を軽々しく口にするな!
とことんドン底まで落ちて、一度『心の血』を流してみろ!

『泣くな復習しろ!!』 アウチ・シンドローム 見かけの逞しさと真の強さ
“優しくなければ、生きる資格がない”

5.
女にすべてを明かすな!明かさない10%こそ男の魅力を作り出す。

人買い結婚 トライアル・アンド・エラー いい女の条件 

6.
人生のクライマックスも見ないうちから、簡単に会社をやめる男には、
女を愛する資格もない!

超一流のオイルマン 友と呼べる男 はたすべき責任 人生の戦略

7.
腰を太くしろ。デッ尻‐ちり‐、鳩胸を目指せ。
待たずに自分から求める度胸を身につけろ。

細腰男 ママからのチョコレート まず、親離れ 

8.
気の利いたジョークで場をなごませ、自己主張もする。
ケネディもフルシチョフもそうだった。

センスのよさをはかる基準 掘っ立て小屋のタキシード 

9.
外国人はコミックをむさぼり読む人間をインテリとは認知しない。
世界を目ざすなら、そのことだけでも知っておけ!

危険な傾向 情報の価値 

10.
人生はゲーム。酒も、女も、仕事も、真剣に取り組めば男は必ず光る!

絵になる男 たった一度の人生 怒れない人間 

11.
命をかけた恋愛を一度でもしたか?
『金』や『モノ』でしか女を口説けない男には女を抱く資格はない!

お坊ちゃま 貧困なプレゼント 

12.
日本という精神的ぬるま湯につかっていては、
心にこびりついた贅肉は削ぎ落とせない!!

機銃掃射の雨 F1レーサーの魅力 

13.
創造性は自由と競争から生まれる。
温室の発想を捨て世界と勝負するのも悪くない。

ディーンズ・リスト クリエイティヴィティ‐創造性‐ 
トゥルース&ジャスティス‐真実と正義‐

14.
冒険とは生命を賭けた挑戦。
リスクを背負う覚悟も実力もなしにする冒険は、ただ無謀というものだ!

ブラック・ジャック 冒険と責任 自分勝手 短くても強烈な人生 

15.
精神的に貧しいのはダメ。心が田舎ものの人間は国際人とはいえない。

けたはずれの友人 国際的になれない日本人 コスモポリタン 

16.
日本に蔓延するカラオケ・メンタリティを捨て、世界の動きに目を向けよ。

マイクを握る若者 日本のカラオケ外交 

17.
罪なき人々を冷酷に踏みにじるのが歴史ならば、
積みあげられた人間の情熱に応えてくれるのも歴史だ。

イッヒ・ビン・アイン・ベルリーナ 壁が変えた人生 自由と正義の祖国 
卑怯者が作る国

18.
不可能も力が結集すれば可能になる。
東欧の自由化で目のあたりにした事実を
『世界で最も抑圧された民衆』日本人も再認識すべきだ。

目に見えぬ“壁” 労働分配率 土地のペテン 権利意識 

19.
「戦争をしたい人間はいない」などという
おめでたいメンタリティが生み出す安っぽい平和主義が、
日本を世界から孤立させる。

狼からの手紙 “戦争したい人間はいない”の落とし穴 テレビの非常識 

20.
政治家にIQテスト、常識試験を課さないと、この国はメチャクチャになってしまう!

道徳より感情 国会議員の資格試験 該当者なし 

21.
金権政治、GNP至上、エセ民主主義が極悪少年犯罪を増殖させ、
やがて、日本全土をサウスブロンクス化する!

戦争屋の死 本気の教育 地獄の黙示録 

22.
“愛”という言葉を口にできる政治家が日本に一人でもいるか?
そこに我々の不幸の根源がある。

数多くの死 死を覚悟した演説 日本人の不幸 

23.
個人の創造性を身につけようとするなら無頼派でも破滅型でもいい、
体を張るしかない。

バカげた質問 ご意見伺い 手塚治虫の嘆き 

24.
おかしい、不合理だと感じたときには、怒れ、叫べ!
それがアテネの二の舞からこの国を救う唯一の道だ!

バランス感覚 形だけの民主主義 アテネの没落

25.
世間やお上という“笑顔の暴力”に立ち向かうには、
打たれるのを覚悟して『出る杭』になるしかない!

主客転倒 無自覚な日本人 江戸時代のままの日本政治 100億円の無駄遣い

26.
平和とは、安全とは、国家とはなんなのかを知りたかったら、
マスコミの表面に出てこない“中東情勢”を考えてみることだ!

人間爆弾 ホロコースト・コンプレックス 砂漠の狂言者 日本への波及

27.
情報に惑わされてはいけない。
自分を白紙にし、自分なりのフィルターを通して真実を掴め。

グリーン・ピース 休戦ライン 

28.
「さよならだけが人生さ」と言った詩人がいる。
だが、出会いのほうがはるかにエキサイティングだ!

30年ぶりの涙 再会 短い命 

特別収録 そして、Aセナは神の頬に触れた!

アイルトン・セナ
可能性の限界に挑戦した男のラスト・メッセージ

人生について、神について情熱的に語ったセナ
「挫折や悲しみのない人生など退屈きわまりない」
神はどんな人間にも才能を与えてくれている
セナの目は神を求め続ける巡礼者のそれだった


備考

本書は小学館刊の
『狼たちへの伝言』(一九八八年刊)
『狼たちへの伝言2』(一九八九年刊)
『狼たちへの伝言3 栄光へのポール・ポジション』(一九九一年刊)
よりセレクトした作品と
その他作品に加筆修正したもの。


Top Page 著者紹介 What's New サイトマップ
【一覧】
発行年度別 50音別 発行所別 ジャンル別 文庫本