空間

私には何も解らなくなった

疲労?わからない

逃走?そうかもしれない

隣で見ていた世界が、自分の世界になったとき

私には訪れるはずのない変化が訪れたのだ

もう、私には何も解らない

霧の中のように

私には何も見えず、何もわからない

そして私は恐ろしい

私には私自身すら解らなくなったのだ

客観性を旨とし、自分を見つめてきたつもりだった私だ

私には恐ろしくてたまらない

友とすごす瞬間に、背中を伝う恐怖

私には何も解らない、そして、恐ろしい…

LING INDEX
BACKNEXTRANDOMLIST
Cool Word Masters
[back] [next] [list] [random]