中村美律子さん 
 河内おとこ節て有名な美人演歌歌手 

特別公演・テレビ・ラジオ・コンサート・新譜情報のページへ


「みっチャン」と私
元気をつけるときは、いつも「みっチャン」の歌を聴いています。
 中村美律子さん、通称「みっチャン」は幼い頃から、河内音頭と浪花節で鍛え、歌の巧さでは演歌界ナンバーワンです。
 平成2年頃?、テレビせとうちの深夜番組「美律子の演歌一夜」で懐メロを次々と上手に歌う、中村美律子さんと出会いました

 それから金光町の健康ランド、倉敷、岡山でのコンサートと中村美律子さんの魅力にとりつかれファンクラブの会員になりました。
 当時は現役中で恥ずかしさもあり妻の名で入会しました、今は何はばかることもなく堂々と応援させて貰っています。
 岡山、大阪のコンサート、大阪のデナーショー、各地でのファンクラブの集いなど定例行事として参加しております。
 今はサラリーマン生活も卒業し毎日が日曜日で全力で応援しています。
 平成9年には、中村美律子さんの半生を綴った「雲の上の青い空」〜歌手誕生物語〜NHKテレビで放映されました、現役歌手の半生のドラマ化は異例なケースでした

 ドラマは銭湯に住み込みで働く両親と五人姉弟が、6畳一間にひしめき合い、母親の死による一家離散、ブロダクションに騙され、未婚の母となり、子育てをしながら河内音頭で頑張り、浪曲を学び、ついに紅白歌合戦に出場するまでの艱難辛苦の物語でした。