魔女の駄文と戯れ言


ここでは早弥のオリジナルの「詩」「小説」「エッセイ」なんかを 載せていきたいと思ってます。


魔女の戯れ言を更新しました 2002.10.18 小説〜森の外れに棲む魔女〜を更新しました 2001.01.18




魔女の戯れ言



〜小説〜森の外れに棲む魔女




森の外れに棲む魔女

魔女はいる

村の外れ 町の片隅 そして貴方の街にも

薬の調合 或いは占いを生業として

そう 何処か余り目立たぬ場所に――――


透明な空気 澄み渡る空

白い雲 光の煌めき

淡く透き通る湖 咲き乱れる花々

小鳥のさえずり 戯れる小動物

飛び交う精霊 風に揺れる木々の葉音

森の外れには魔女の家

黒い髪 黒い瞳 年齢不詳の魔女がいる

魔女はひっそりと静かに 森の外れに棲んでいる






TOPへ