新メルマガ☆桜の木のした
 
■内容
 ジェンダーを中心に、女子高生・雪月花がかたります。 
  
 本で読んだはなしから身近なはなしまで、織り交ぜつつ進めてゆく予定です。 
■不定期発行
■登録、解除  メールマガジン登録
桜の木のした

(現在、発行申請中につき、まだ登録できません)

電子メールアドレス(半角):
メールマガジン解除

電子メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

■サンプル  ――――――――――――――――――――――――――――――
        桜の木のした。           
 ―――――――――――――――――――――――
これは、雪月花(ゆきづき・はる)の発行するメルマガです。
さて、このメルマガでは“ジェンダー”に関するあたしの持論を、
雪月花の独断と偏見でお送りしていきたいと思ってます。
“ジェンダー”というのはいわゆる“社会的性差”というやつで、
内容を簡単に言えば、男女の別によって起こる問題のこと。
・・・とは言っても、私はただの女子高生。
ジェンダー等々の専門知識は、はっきし言ってあんまりないのです。
だから、ここではそうゆう難しいことじゃなく、
女であるがゆえの問題とか、愚痴だとか、疑問に思ってることを、
あたしの日常から切り取ってお届けする予定です。

あたしが初めてジェンダーに興味を持ったのは、確か去年のこと。
遙洋子さんのベストセラー『東京大学で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を
遅くも手にした瞬間が、すべてのはじまりでした。
もう一発でハマりました。
面白いなー、じゃなく、これこそ私の求めていた世界!!みたいな(笑。
なんだかモヤモヤしてたものが、はっきりと言葉になって現れた、
そんな感じでした。
で、同時にフェミニズムってもんの存在を知ったのです。
・・・・遅(笑。
でもあたしは、フェミニストじゃありません。
何をもってそれを定義するのかもわかりませんが。
そのうち話すけど、あたしは女で、女だけど身体も精神も完璧に
女かっつーと違う気がする。
男はみんな敵だ!てのは違う気がしてる。
だから、そういうトコロに属してない自由な立場で話したいです。
そりゃぁ女性蔑視なんかは、なくなって欲しいけど……。

・・・今後もこんな感じでやっていきたいなと思ってます。
あたしも日々勉強で頑張りますので、宜しくお願いします☆