■音楽 CD■

ジェシー・ノーマン ベストセレクション

いきなりクラシックだが(笑)。ソプラノオペラ歌手、ジェシー・ノーマンのベスト集。

彼女は私が学生時代に好きだったのだが、当時CDを買うお金がなく、図書館でCDを借りてきては、カセットテープにダビングしていた。 最近ふらっとHMVに入った際、このCDを発見したので、即購入。

彼女の表現の豊かさは、凄い。
全部の曲が、決して、やたらと大げさに歌っているわけではないのに、まるでドラマが眼前で起こっているかのような錯覚を起こさせる。
偽者でない「 リアル」な感じがする。

しかも(?)このアルバムでは、エリックサティの「あなたが欲しい」が入っている。
エリックサティも学生時代にずっぽりはまった私としては、まさに鼻血ものの一枚。
小澤征爾の指揮のやつも入ってます。

ジェシー・ノーマン/1995年4月26日発売

SACRED LOVE STING

ニューアルバムが出ると、つい買ってしまう。
ドラマティックでどこか切なさを含んだメロディと、深い意味を含んだ詩的な歌詞はさすがSTING。
この方に人生サトされたら、頬を赤らめて「はい。」って言っちゃいそうだ(笑)。
今回は華やかな曲も多いかな。でも、大人の渋さがちゃんと出てるのが素敵。

STING/2003年9月10日発売

The Singles 1992-2003 NO DOUTE

いい曲多し。買って良かった〜と思ったアルバム。
シングルカット曲もちゃんと入ってるし、ツボ押さえてるし。
ちなみにGWENの可愛いけどかっこいいパンク歌声は、個人的に大好き。
自分じゃ絶対出来ない声だから、なおさら。

NO DOUTE/2003年11月25日発売

SPLINTER

相変わらず、楽しい人達(笑)
パンクばっかりと思いきや、レゲエ調などの曲も入ってたりして。この節操の無さがいい。
夜中の仕事の新しい勢力剤になっております。

OFFSPRING/2003年12月9日発売

The Very Best of SHERYL CROW

CD屋でこのCDがバックミュージックで流れてて、ふらふらと買ってしまった。
衝動買いにしては、ベストにありがちな大外れな曲が私的にはなかったから良し。

いやーでもこの方もさすがに年とった。可愛かっこよさは相変わらずだけど。
もうチューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブから10年もたつのかー;
時間たつのって、ホント早いなあ。

SHERYL CROW/2003年10月10日発売

 
 

 


TOP/音楽CD/音楽雑記/映画/映画雑記/たわごと/雑記