4thシーズン

4th予定表 PDF

最終順位

順位
チーム名
試合数
勝ち点
得点
失点
得失
平均得点
平均失点
1
レアル・マドリー
12
26
8
2
2
23
11
12
1.92
0.91
2
ACミラン
12
24
7
3
2
20
14
6
1.67
1.16
3
エニンバ
12
22
6
4
2
17
12
5
1.41
1
4
インテル
12
21
6
3
3
13
9
4
1.08
0.75
5
アーセナル
12
20
5
5
2
18
11
7
1.5
0.91
6
チェルシー
12
19
5
4
3
18
13
5
1.5
1.08
7
バルセロナ
12
19
5
4
3
12
11
1
1
0.91
8
マンチェスターC
12
19
5
4
3
10
10
0
0.83
0.83
9
アストン・ビラ
12
16
4
4
4
15
11
4
1.25
0.91
10
スタンダール・リエージュ
12
16
4
4
4
11
9
2
0.91
0.75
11
セビージャ
12
14
3
5
4
9
9
0
0.75
0.75
12
マンチェスターU
12
14
3
5
4
9
10
-1
0.75
0.83
13
ディナモ・キエフ
12
13
3
4
5
10
13
-3
0.83
1.08
14
アトレティコ・マドリー
12
11
3
2
7
7
15
-8
0.83
1.25
15
アル・アハリ
12
11
3
2
7
12
24
-12
1
2
16
ベンフィカ・リスボン
12
10
2
4
6
9
13
-4
0.75
1.08
17
ボルドー
12
8
1
5
6
4
13
-9
0.33
1.08
18
フィオレンティーナ
12
7
1
4
7
6
15
-9
0.5
1.25

得点王 アシスト王

クリスティアーノ・ロナウド
レアル・マドリー 8G

フランチェスコ・トッティ
インテル・ミラノ
4A
MVP
<<受賞者の横顔>>
得点王 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
抜群の加速性能と他を圧倒するドリブルスキルで相手ゴールを強襲。
ゴール前では繊細かつ豪快なシュートでネットを揺らし得点を積み重ねた。
最終節では豪快なFKで得点をあげ,ファン・ペルシを振り切って単独
得点王に輝いた。

アシスト王 フランチェスコ・トッティ(インテル・ミラノ)
「彼はもう終わった。」そう言われる声を一蹴。運動量は全盛期のそれでは
ないが,ここぞというタイミングで左サイドを駆け上がりクロスを供給。
左サイドで抜群のキープ力とパス能力でインテル攻撃陣を操った。

MVP
シーズン通して,レアルの攻撃陣を牽引。リーグ最強の攻撃陣の中核を
担い続け,得点王に輝く。アシストでもトッティにつぐ3アシスト。
23得点のうち半数近い11得点に絡む活躍でリーグMVPに文句なしの選出。

クリスティアーノ・ロナウド

前半戦Most Impressive Player
オグマチーム
ヨン・カリュー
(アストン・ビラ)
4ゴールをあげる
エースの働き
サガワチーム
ロメルー・ルカク
(スタンダール・リエージュ)
超新星16歳の怪物
ベッキーチーム
ロビン・ファン・ペルシ
(アーセナル)
好調アーセナルを牽引
現在得点王

TOP画像
得点王&MVP
優勝
アシスト王 
クリスティアーノ・ロナウド
レアル・マドリー
(サガワチーム)
レアル・マドリー
(サガワチーム)
フランチェスコ・トッティ
インテル・ミラノ
(ベッキーチーム)
トップへ
トップへ
戻る
戻る



5thシーズン
5thシーズン