食えば勝つ……とは限らないが

bbsへ
1 / 2 / 3 / 4 / 5



こちらでの、自炊について。(ちなみに、こちらで生活を始めるまでは、日本同様に大学で昼夜を食うつもりで、まさか自炊することになるとは思っていなかった。これは、大学内に夜にメシを食う施設がなく、外で食うとべらぼうに高く、こちらの薄給では、毎日そんなところで食うことが不可能であったため。が、実は最近これが間違いであることに気付いたのだが。)

さて、どうせメシを作るならうまいものを食いたい。というわけで、日本で良く食っていたモノを作り始めた。under graduateの頃は自炊をしていたし、故郷では料理の手伝いをしていたため、経験がないわけではなかった(今ほどの腕は、とうていなかったが)。

なんと言っても、和食とは「しょうゆと砂糖と酒」。それに加えて、「ショウガ、ダシ、味噌」があれば嬉しい、というところ。

ここで、ラッキーなことに、仏(欧?)ではここ十数年で中華が浸透してきたそうだ。そういうわけで、どこのスーパーでも“しょうゆ”は売っている。さらにラッキーなことに、近所のスーパーに限って、ショウガを売っていた。もちろん、砂糖(お菓子用である)、酢(種類が多い、ワインとか果物など)、ワイン(日本酒の代わり)は手にはいるので、これらで馴染みの料理(和・洋双方)を作り出した。肉じゃが、煮物、鶏の卵とじ、鶏のさっぱり煮、トンカツ、ハンバーグ、コロッケなどなど。(当初、パン粉が見つけられず、自作していたが、その後、発見。小さな箱入りで、日本のイメージとあまりに違ったため、なかなか分からなかった。)


その後、中華食材店を見つけ、しょうゆの大瓶、海苔、そうめん、うどん、インスタントラーメン(数々のスープが)などを入手。なお、しょうゆ(に限らず)は、日本モノは異様に高いので、中国モノ、あるいは現地生産モノを購入している(そばもあったが、それは日本物らしく、非常に高価だった、却下)。


それにしても、このしょうゆ、読めないので拡大すると。


「生抽王」ですよ。初めは、「見た目はしょうゆっぽいけど、本当にしょうゆだろうか」と大いに疑った。いちおう、soy sauceと書かれているので、買って帰り、確かにしょうゆだったわけだが。

麺類は、妻に日本から救援物資として送ってもらったものには(当然)遠く及ばないが、ま、何せ安いので満足している。また、インスタントラーメンは、日本のオリジナルと似たあじのモノがうまい。それ(だけ)に入っているごま油が感涙モノだ。

それと、この店ではダシの素も見つけている。これも、日本から送ってもらったのだけど(やはり、ダシはおいしい!感謝!)、これからはここで買えばよいだろう。

そして、日本食材店に巡り会い、番茶(業務用1kg)と乾燥ワカメを購入。


なお、これら中華・日本食材店で、日本酒・みりん・味噌・ソース(トンカツ・ウスター)等々も手にはいる。が、なにせ高いので、手をつけていない。こちらで買うのは、(たぶん輸送費の関係で)安い乾燥モノだけにしている。味噌以外は、何とか代わりが利くので。味噌は…、調理はあきらめて、インスタントのみそ汁を日本から送ってもらっている。初め、いろいろ送ってもらったのだけど、現在は、これさえ送ってもらえば後は何とかなるな、と思っている。

さてさて、そういうわけで、ワカメをゲットしたのでキュウリとワカメの酢の物を作ることが可能となった。それからも、(やはり送ってもらった)『決定版 毎日のおかず』をもとに、ショウガ焼き・天ぷら・鮭の照り焼きなどの和食、エビフライ・カキフライ・スパゲッティ(ミートソース・カルボナーラ・ハーブ)などの洋食、唐揚げ・酢豚などの中華、スープカレー等々、レパートリーを増やしている。

手に入らなくて残念といえば、こちらでは挽肉が牛しかない。豚があれば餃子、麻婆ナス等、鶏があればそぼろが食えるのに。まぁ、言い出したらきりがない。生ものはどうにもならんでな。

そう、そしてご飯とパンのこと。

私は、とにかくご飯が好きであり、給食でアホほどマズイパンを(拷問のごとく)食わされ続けた事もあって、パンが好きではない。それでも、初めに書いたように、自炊するつもりはなかったし、まずい米を食うよりもパンを食う方が良かろうとは思っていた。こんな私だったが…、パン、否、こちらでいうところのバゲット、おいしいっす。びっくり。時間が経つと(半日もすると)、途端にまずくなってしまうのだが、焼きたてのバゲットのおいしさは衝撃だった。外がパリパリで、中はもっちり。パンが、こんなにおいしいモノだったとは、知らなかった。

と、バゲットもおいしいが、作る料理に合うのはやはりご飯。というわけで、米を鍋で炊いて(これも初めてだった、炊飯器なんて無い、パリの様な都会にはあるのだろうが)食べている(さらに、米の方が安い)。米は、タイ、basmati(だったかな?どこ?)、そして国産(地中海)に分かれているようだ。ジャポニカはごくわずかで、ほとんどはインディカ。なのだけど、インディカも、そんなにパサパサしておらず、もっちりしている。じゅうぶん、おいしい。現在は、ほとんど国産米、たまにタイ米を食っている。

最後に。実は、日本を発つ前に、母が梅干し(手作り!)を持たせてくれた。その時は、自炊はしないから必要ないと思っていたが、ここまで書いたように自炊しまくり。梅干しも、少しずつ、おいしくいただいている。感謝!