メディア活用演習


授業計画

  <知識項目> <実習項目>
1回  DTPとは Macの簡単な使い方
2回 用紙・色の表現方法 Wordによるレイアウト作成の体験
3回 ラフの作成 正確なレイアウトの作成
4回 出力形態 画像データと塗りつぶし効果
5回 小テスト (1〜4回までの知識項目)
6回 写真画像データ フェアチラシを作成する
7回 色づかい・フォント メニューを作成する
8回 自由課題作成1 Wordを使ったDTP作品
9回 ベジェ曲線 イラストレータの基本操作
10回 図版画像 簡単なMapの作成
11回 小テスト  ( 6〜11回までの知識項目)
12回 自由課題作成2 Illustratorを使ったポスター作成

 


学習目標

    1. 身近なワープロソフトを使って、センスのある印刷物を作る技術を
         身につける

    2. 「人の心に残る」印刷物を作るためのデザインセンスを磨く

    3.ソフトウエアの効果的な活用方法を学ぶ

         Word(ワープロソフト)     /  PhotShop(写真加工ソフト)
         Illustrator(画像作成ソフト  /  InDesign(レイアウトソフト)

    4.DTPの基礎知識を身につける

    テキスト    「DTP検定公式ガイドブックV種」    オラリオ    2,200円


<1回>  

(知識編)

    DTPとは         

        Desk Top Publishing(卓上出版)の略で、コンピュータを使い、
        印刷物を作ることです。          

         ●参考ページを読んで、DTPについて理解しましょう
             DTPまるわかり読本(マルチメディアスクールWAVE
            http://www.mswave.co.jp/dokuhon/dtp_2.htm#01

(操作編)

   第3コンピュータ室の利用方法

    入退室のルール

   Macの簡単な使い方

    ●デスクトップ画面

         

       ・アプリケーションの起動と終了

         ・文字入力(ひらがな、カタカナ、アルファベット)

         ・ファイルの保存

        ・FD、CD、Zipの取り扱い方

         ・使用できる機器やソフトウエア

                インターネット閲覧ソフト(Internet Explorer)
                ワープロソフト (Microsoft Word)
                表計算ソフト  (Microsoft Excel)
                プレゼンテーションソフト(Microsoft PowerPoint)
                写真加工ソフト (Adobe Photshop)
                画像編集ソフト (Adobe Illustrator)
                レイアウトソフト(Adobe InDesign)
                動画編集ソフト (Flash MX)
                映像ソフト  (Imovie)
                DVD作成ソフト (IDVD)
                写真整理ソフト (Iphoto)

       ・操作がわからないときは ・・・ ヘルプを活用しよう

<このページのトップへ>


<2回>

(知識編)

    用紙サイズ

        ・A版 B版がある
        ・A4 210mm×297mm
        ・B4 257mm×364mm
        ・数字が1つ大きくなるごとに面積が半分になる

    ●参考ページを読んで、用紙サイズについて確認しましょう

      まめ知識(あゆみコーポレーション) 
            http://a-youme.jp/tips/a/001.html

    余白

        ・余白の必要性
         用紙ギリギリまで色をつけることはできない
         端まで色をつけたい場合は、一回り大きな用紙に出力して裁断する
       ・余白の寸法
         5ミリは確保しておく
         プリンタは常にまっすぐに送られるとは限らないので、ズレが生じる
         多少ゆとりをもってしっかり余白を確保するよう心がける

   製本

      ・ノド
         見開きにした際の中央部分
         この部分は読みづらいので、文字や重要な画像の配置は避けるべき
          冊子が厚くなるほど、ノドを広めに確保する
      ・中綴じ
         表紙と本文をホッチキスで中央をとじる方法で、開きやすいのが特徴。
         主に週刊誌などに使われている。
         ホッチキスを使用するため40〜50ページが限界。
         左右の余白に広くしておく・・何枚も紙を束ねて裁断するため

    ●参考ページを読んで、印刷時の紙の名称について確認しましょう

        DTP辞典(用紙の名称)        
            http://www.youart.co.jp/dtp/jiten/hanmen3.html

    色の表現方法

 CMYKカラー(減法混色)

        


	色を混ぜ合わせるにつれて、色が暗くなる(=光のエネルギーが
	減少する)混色を「減法混色」といいます。
	減法混色を利用したものの代表格は、カラー写真や印刷などです。
	減法混色の三原色は、「色料の三原色」とよくいいます。
	こちらは、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)の3色です。
	シアンは緑みの青、マゼンタは赤紫、イエローは黄色です。
	色料の三原色の混色の様子を示したものが上図です。
	印刷の場合、原理的には、理想的な反射特性を持った原色であれば、
	3色を混ぜ合わせて黒になるのですが、実際のインクは、理想的な
	反射特性にはなっていないので、3色を混ぜ合わせても黒にできず、
	ごく暗い茶色のような色になってしまいます。そのため、特別に
	黒インクを追加し、合計4色で実用化されています。
	写真の場合は、三原色で再現しています。 
RGBカラー(加法混色)
	
	色を混ぜ合わせるにつれて、色が明るくなる(=光のエネルギーが
	加算される)混色を「加法混色」といいます。
	光の混色は、その代表的な例です。
	光の場合には、赤(R)、緑(G)、紫みの青(B)の3つの色を使うと、
	ほぼすべての色が再現できます。
	この3つの色を、「光の三原色」といいます。
	カラーテレビや、コンピュータのカラーディスプレイの発光体には、
	この3原色が使用されています。
色の再現範囲の違い
   ・モニタの色空間(RGB)と印刷物の色空間(CMYK)は違う
  ・モニタ上で見た色と印刷物上の色を完全に一致するのは困難
	●参考ページを読んで、用紙サイズについて確認しましょう
	 カラーについての概略(アップル)
        http://www.apple.co.jp/colorsync/benefits/training/overview.html

 

(操作編)

操作上の注意 :

     テキスト通りに動かない場合がある

    (バージョンが違うから)
       テキストは、  Word2000用 だが
       本学のソフトは
            Mac         Word X
            Windows   Word  XP  だから

        必ず同じことができる機能がある
        分らないときにはヘルプで調べてやる

 

 Wordによるレイアウト作成の体験(テキスト第2章)

 今日のポイント    

     表示モード:グリッド
     テキストボックスの作成と入力:書式設定
     画像の読み込み・画像変形方法と注意点

操作:

0.2-2から2-11までの操作はしない(参考程度に読むだけ)
        テンプレートは使用しない

1.ページ設定は自分でやる

2.表示モードとグリッド(2-12)表示サイズの変更(2-13)

 3.データの保存(2-20)は、自分のZipに保存してください

 4.画像の読み込み、移動、サイズの変更(2-21、2-24、2-25)

5.画像の変更方法と注意点(2-27〜2-30)を読んで、やってみる

        (出来なかった部分は、来週までに自習しておいてください)

<このページのトップへ>


<3回>

(知識編)

 ラフの作成

ラフ作成のポイント

1.原寸で描く
   
慣れるまでは、手間を惜しまず原寸のラフを作成する

2.余白を確保する
   
余白をしっかり確保しておく

3.大きな文字は手描きで
    手描きの文字は印刷物のイメージが把握しやすい
             

4.細かい文字はダミーを使用
    ダミー用文字組みをコピーして貼り付け、仕上がり具合や
    読みやすさを確認する
   
「文字サイズを何ポイントにすればよいか」がすぐにわかる

5.その他の文字組みの描きかた
    ○を使って「ここにこのぐらいのサイズの文字が入るよ」と
    示す方法もある

6.写真画像はコピー機で複写して貼り付ける
    元の写真をコピー機で拡大・縮小して貼り付ける

7.可能であれば画像を手描きで
   
コピー機で複写できないものは、手描きで描き込む

8.やむを得ない場合は位置とサイズを示す
   
コピーを貼り付けたり、手描きをしない場合は「この位置にこ
    のぐらいのサイズの画 像が入る」ということを示す枠を描い
    ておく

デザインのコツ

文字組みに関するポイント

○文字サイズ
   
           文字サイズの単位:ポイント(pt
   
              1ポイントは1インチ(約25.4ミリ)の72分の1(約0.35ミリ)
   
          企画書など:912ポイント
   
           年配者向け雑誌:10ポイント
   
          若者向け雑誌:78ポイント

1行あたりの文字数
   
           1行あたりの適切な文字数の目安は12文字から30文字程度
   
          文字量の多い印刷物では1行あたりの文字量を少なめにする

○行間
   
          基本は、文字サイズの1.5倍。
   
          文字サイズが8ポイントならば、8×1.5=12(ポイント)
   
          行間の値が小さすぎると次の行の頭を発見しづらくなる

レイアウト全体に関するポイント

○各要素をグループに分けえる
         タイトル、本文、写真、地図などさまざまな要素をグループ
          分けしてみる

○グループの優先順位を考える

○紙面を分割する
   
            イメージした優先順位に従って、紙面を分割する
   
             各グループの占める面積、位置関係を考え紙の上にだいたい
           のイメージの区切り線を描いてみる

○各要素を描きこんでみる

○揃える・・・という考え方

 美しいレイアウトを作成するためには、お互いを何らかの
ルールで揃えることが重要

    ・写真と文字組みの上辺を揃える 
・写真と文字組みの下辺を揃える
・写真と文字組みの上辺・下辺を揃える
・写真と文字組みの左辺を揃える
・写真と文字組みのセンターを揃える
・写真と文字組みの左右の幅を揃える

○行揃えと紙面デザイン

 ・両端揃え
  ・左揃え(行頭揃え)
  ・中央揃え
 ・右揃え(行末揃え)

○メリハリをつける

○地色や罫線の使用

○文字と他の要素との間隔

(操作編)

正確なレイアウトの作成(テキスト第4章)

今日のポイント    

     レイアウト作成前の設定(グリッド表示間隔の変更)
    紙面の分割
    画像のトリミング
    複数オブジェクトの選択、移動
    図形画像の配置/整列 順序
    オートシェープの規定値の変更

操作

   1.レイアウト作成前の設定(4-13)
            テンプレートは使用しない

    2.紙面の分割(4-16〜

<このページのトップへ>


<4回>

(知識編)

さまざまな出力形態

    PostScript
          
どのような出力機器、どのような解像度で出力する場合でも、
        同一のレイアウトを再現するためのデータ記述方式
  

    プリンタ
   
     インクジェット
   
        プリントヘッドに並んだ細かいノズルからインクを微細な
        粒子状に吹きつける方式(安価でコンパクト)

         レーザー
   
        コピー機などと同じようにトナーを使ったプリンタで、
        レーザ光などによって感光ドラムにトナーを一時的に付着
        させ、そのトナーを紙に転写する方式

   イメージセッタ(製版フィルム出力機)
      商業印刷レベルの本格的な印刷を行う場合は、イメージセッタ
     と呼ばれる超高解像度のプリンタで製版フィルムを出力する

    オンデマンド印刷機
      製版フィルムを必要とせず100〜数千部といった部数の印刷物を
     難なくこなす強力なプリンタ
     画質もよく、両面印刷も可能

出力形態を決めるポイント

○必要な部数

1万部を越える場合・・・イメージセッタ
    製版フィルムを作成するので最初のコストはかかるが刷れば刷るほど
    安くなる。
    スピードも速い

100部〜1000部・・・オンデマンド印刷

1部〜100部・・・プリンタ出力

○内容の差し替え

差し換えが発生する場合・・・オンデマンド印刷
(商品カタログなど、商品の一部だけ毎月差し換えたい場合など)

○求められるクオリティ(画質)

求められる画質にあわせて、機種を選ぶことが大切
                           

写真画像データ

画像解像度

 

画像のモード

 

ファイル形式

アドビフォトショップによる画像データ作成

写真画像データ作成に関するその他の知識

図版画像データ              ビットマップとベクトル曲線

素材集CDROMについて

 

 

 

 

 

 

 

<このページのトップへ>


<5回>

小テスト

    4回までに学習した内容について、小テストをします

    出題項目:

<このページのトップへ>


<6回>

<このページのトップへ>


<7回>

<このページのトップへ>


<8回>

<このページのトップへ>


<9回>

<このページのトップへ>


<10回>

<このページのトップへ>


<11回>

<このページのトップへ>


<12回>

<このページのトップへ>