おすすめソフト



英語の勉強に役立つソフトの紹介です。

・Personal Dictionary for Win32
・GENE一般英和辞書

キーボードから単語を打ち込むことによって瞬時に辞書を引くことが できるソフトです。ふつうの辞書を引くよりも数倍早く、便利です。 その他、単語テスト機能を活用した英語の勉強法を紹介します。 オンライン(メールマガジンなど)で勉強している方は是非試して みてください。


このソフトをもう使っている人は単語テスト機能を使った英語の勉強法
進んでください。


使ってみたい方は下記手順で進めてください。


英和辞書の作り方

1.窓の杜(辞書・語学関連) から下の2つをダウンロードしてください。


   1. Personal Dictionary for Win32(約550KB)
   2. GENE一般英和辞書(約1400KB)

    (GENEはフリーウェア、PDWはシェアウェアですが
     気に入ったら好きなときに1000円を振込めばいい
     そうです。詳しくはPDWのヘルプを参照にしてください。)


2.「pdw32366.lzh」と「gene95.lzh」を解凍しPdicw32.exeを起動します。
     (解凍ソフトが必要です。これも窓の杜で手に入ります。)


3.「Tools」 - 「辞書のコンバート」を開きます。

  転送元辞書−「参照」をクリックし、gene95の辞書(解凍済)を選択。
  転送先辞書−「参照」をクリックし、ファイル名を「eiwa.dic」にする。

 (他の部分はさわらなくてOK。ファイル名は本当は何でもよい。)

  「OK」をクリックするとコンバートを開始します。


4.「File」-「辞書グループ新規作成」を開きます。

  「辞書追加」をクリックし、先ほどコンバートした「eiwa.dic」を選択。
  「使用辞書」のところに「eiwa.dic」が追加されているのを確認します。
  「グループ名」を「english」として(何でも良い)「OK」をクリック。 

5.画面上の「辞書グループ」のタブをクリックして、「english」を選んで出来上がり。

「WORD」のところに適当に英単語を入力して試してみてください。

<便利!>
「Options」-「自動検索設定」の画面で「自動検索する」にマークしておくと
テキストやウェブページ上の英単語をコピーした場合に自動的に検索します。



和英辞書の作り方

1.「Tools」 - 「和英辞書の作成」を開きます。

  作成元辞書−「参照」をクリックし、先ほどコンバートした「eiwa.dic」を選択。
  作成先辞書−「参照」をクリックし、ファイル名を「waei.dic」にする。

  「OK」をクリックすると和英辞書作成を開始します。
   ちょっと時間かかります。


2.「File」-「辞書グループ編集」を開きます。
  「辞書追加」をクリックし、先ほど作った「waei.dic」を選択。
  「使用辞書」のところに「waei.dic」が追加されているのを確認します。
  「OK」をクリックしたら和英辞書の完成です。

画面の「WORD」のところに適当に日本語を入力して試してみてください。
これで、英語・日本語とも検索できるようになったと思います。

また、このソフトで使える「英辞郎」という辞書は、なんと約73万語も
入っています。入手方法などはこちらから。http://member.nifty.ne.jp/eijiro/



PDWの単語テスト機能を使った英語の勉強法


1.自分の覚えたいものをメモ帳などで下のようなテキストを作る。
  自分で打つとめんどくさいので、メールマガジンやウェブサイトから
  の「コピーand貼り付け」で作るといいと思います。
  
(注1:上が英語 下が日本語)
(注2:文末に空白を作らない。合っていても不正解になってしまうので)

----------------------------------------  <- このラインはいりません。
That's right! 
そのとおり! 
I think so.   
そうだよね(そう思うよ)
That's impossible.
無理だよ・どうしようもないよ

 ・・・以下 続く・・・     
----------------------------------------  <- このラインはいりません。

これを仮に「test1.txt」として保存します。


2.「Tools」 - 「辞書のコンバート」を開きます。

  転送元辞書−「参照」をクリックし、先ほどの「test1.txt」を選択。
     (「ファイルの種類」を「テキスト」または「全て」にしないと選択できません。)
  転送先辞書−「参照」をクリックし、ファイル名を「test1.dic」にする。


  「OK」・「OK」とクリックするとコンバートを開始します。


3.「File」-「辞書グループ新規作成」を開きます。

  「辞書追加」をクリックし、先ほど作った「test1.dic」を選択。
  「使用辞書」のところに「test1.dic」が追加されているのを確認します。
  「グループ名」に「test」と入力し「OK」をクリックします。


4.画面上の「辞書グループ」のタブをクリックして「test」を選びます。


5.「tools」-「単語テスト」を開きます。

   出題形式 −「英単語スペルテスト」を選択
             
   全辞書  −「test1.dic」「test2.dic」・・・と、問題のファイルを
           増やしていった場合、この「全辞書」がチェックされて
           いると全ての「test*.dic」から出題されます。
           逆に、チェックをはずして「test2.dic」を選択すると
           「test2.dic」の中から、「最大出題数」で選んだ数だけ
           出題されます。

    「OK」をクリックすると問題がでてきて英語のテストが始まります。
   (空白、ピリオドなども正確に書かないと不正解になります。)


他の機能もあるので試してみてください。

また、リンクのページにもおすすめソフトがあります。





HOME リンク