「西暦ー干支変換用辞書『干支・進化』」

 干支は十干十二支を組合せ、10*12/2=60通りの表記による紀年法です。一体いつから始まつたかについては、諸説ありますが、殷の時代の甲骨文にもその記載がありますから紀元前一千年くらゐにはあつたのではないかと考へられます。これはこれでとんでもない話ではあります。驚きよりも、あきれかへつてしまひます。中国文明恐るべし。
 とか、いつてゐるくせにこの「西暦ー干支変換用辞書『干支・進化』」は日本の元号用だつたりします。むかうの元号はよく分かりません。どれが正統か認定するのが大変面倒です。特に三国時代は歴史学では魏が正統なわけですが、魏の元号を採用したら怒る人がたくさんゐるんぢやないかなぁと思ひますし。
 ちなみに、いふまでもなく、「進化」は「干支」のアナグラムであつて、「西暦を使つてゐる方が進んでゐる」といふことを意味するものではありません。そんなこと云はんでも、西暦の方が便利に決まつてますからね。

変換例

鎌倉幕府(将軍一覧)
氏  名在職期間 没年氏  名在職期間 没年
源 頼朝自建久壬子至正治己未正治己未没源 頼朝自1192(建久3)年至1199(正治1)年1199(正治1)年没
源 頼家自建仁壬戌至建仁癸亥元久甲子没源 頼家自1202(建仁2)年至1203(建仁3)年1204(元久1)年没
源 実朝自建仁癸亥至承久己卯承久己卯没源 実朝自1203(建仁3)年至1219(承久1)年1219(承久1)年没
藤原頼経自嘉禄丙戌至寛元甲辰康元丙辰没藤原頼経自1226(嘉禄2)年至1244(寛元2)年1256(康元1)年没
藤原頼嗣自寛元甲辰至建長壬子康元丙辰没藤原頼嗣自1244(寛元2)年至1252(建長4)年1256(康元1)年没
宗尊親王自建長壬子至文永丙寅文永甲戌没宗尊親王自1252(建長4)年至1266(文永3)年1274(文永11)年没
惟康親王自文永丙寅至正応己丑嘉暦丙寅没惟康親王自1266(文永3)年至1289(正応2)年1326(嘉暦1)年没
久明親王自正応己丑至延慶戊申嘉暦戊辰没久明親王自1289(正応2)年至1308(延慶1)年1328(嘉暦3)年没
守邦親王自延慶戊申至正慶癸酉正慶癸酉没守邦親王自1308(延慶1)年至1333(元弘3年/正慶2)年1333(元弘3年/正慶2)年没

『干支・進化』
(20.5kバイト)

戻る