「モンゴル研究」第23号の目次



<論文>

Kunio MINATO, On the Economy of Normadic Pastoralism in Mongolia

ナランゲレル、トゥレシについての一考察 〜文化人類学からのアプローチ〜
   
島 英子、モンゴル人の税金に対する意識 〜消費税と自動車税・車について〜

三木聡子、現代モンゴル・貧困層の女性労働 〜現状と課題について〜

玄 理英、韓国におけるモンゴル人移住労働者の現状

土井一寛、内モンゴル・モンゴル族社会の変容(上)−中国・統治システムからの考察−
<研究ノート>

東森 大、2005年12月香港WTO国際共同闘争とモンゴルへの影響

<調査報告>

今岡良子、2005年夏のツェルゲル −ジャガイモを植え、立ち直る遊牧民たち−
<会員のページ>
   
松村晴恵、遊牧民の未来に希望を抱いて −ビャンバスレン監督の「らくだの涙」と「天空の草原のナンサ」−

   
144ページ,定価は1300円

郵便振替口座:モンゴル研究会 00950−3−29906





お読みになりたい方は今岡までメールをください。
|[モンゴル研究会のトップへ] |[バックナンバー15号まで] |[16号] |[17号] |[18号] |[19号] |[20号] |[21号] |[22号]|

IMAOKA.Ryoko(C)2006