Dodo Clubホームページでのひとときをお過ごしになった皆様の足跡です。 こちらでもごゆるりとお過ごしください。

藤森 - 99/06/17 00:23:01
電子メールアドレス:tomsouya@po2.across.or.jp
性別(よろしければ):
年代(よろしければ): 30代
おしごと(よろしければ): ピアノ教師と主婦

コメント:
少子社会を目前に控えて 女性のみなさん 結婚して、子供を産み育ててください! “結婚したくない”、“子供はいらない” という方たちは、父母や祖父母、そしてず〜と昔のご先祖様のお陰で、生を受けていることを忘れてはいませんか?子供を生み育てることは、最も“人間らしい”当然なことです。 どんなに科学技術が進歩しようとも、人間はロボットのように生産するものではありません。 知的文化水準が向上し尽くした現在、1人、2人だけの生活のほうが楽しくなり、 当然なことを避けてとおろうとする自分勝手な人間が増えました。 虫ケラにだって子孫を残そうとする本能が延々と残っているのに、 人間だけが、自らが生身の生き物であることをわすれた生き方をしていたら、 ほかの生物の笑い者になり、少なくとも日本人は絶滅への道を歩み始めてしまったのだろうか?  子供育てるのに、今の仕事が、今の生活が続けられなくなってしまう。 当たり前のことです。 大人になったら親になる。 健康な男女なら当然のことです。 子供が増えればお金がかかる。 子供に面倒をかけたくないから、老後の蓄えをしておきたい。 今、本当に蓄えておけば、誰にも迷惑をかけないで老後が過ごせるのですか? それは違います 子育てをおろそかにした世代が老人になった時に、 国に必要なのは老人ではありません。 経済を支えてくれる若い世代です。 自分の蓄えたお金で老後を生きるから、国の世話にはならないと言いきれるでしょうか? 現状においても、年金や保険、介護の破綻が見え隠れしている時に、 自分勝手に子供を産み育てないというからには、国や誰にも一切迷惑をかけないで生き抜くだけの覚悟をもってほしい。 その頃はきっと、私たちのように、多少は自分自身を犠牲にしてでも生み育てた 子供たちがこの国を支えているはずですから! 彼らの世代こそ、子供を生み育てるには、もっともっと大変な環境になっていると思います。 きっと5割以上の社会負担を強いられた上に、例えば一人っ子同士で結婚したならば4人の老人を養って行かなければならなくなっています。 それこそ、楽しみもなければ、子供を産み育てるどころではないだろうと思います。 私は、健康な男女が子供を産み育てないで老人になった時に、私たちの子供の税金等が、彼らのために拠出されることに、断固として反対します。 男女同権、女性も男性と同じように働き続けたいという女性には申し訳ないが、 これは、“差別”ではなく“区別”です。  夫がどんなに一生懸命に母親以上の子育てをしたつもりでも、 家族や地域や国がどんなに子育て支援の手を差し延べようと、 母親のオッパイにはかないません。 どんなに泣いていても、オッパイを見れば、泣き止むのです。  女性はいくら男女平等を唱えても、男女一緒のトイレや着替えや温泉は拒むでしょう。 男女同権は当然のことですが、男女平等は永遠に解消しないほうがよいでしょう。 男と女という区別があり、 男には男としての、女には女としての特性を生かした役割分担があります。 子供を産み育てることを、男性は代わってあげることができません。 これは公平な区別であって、差別ではないのです。

T.K - 99/04/10 09:32:18
性別(よろしければ): 女性

コメント:
こんにちは。聞いてください 人事異動に伴って、職場のメンバーと飲む機会が増えています。 先日、私の課でも歓送迎会があったのですが、2次会の席で、とても腹立たしい経験をしました。 職場のみなさんと行ったお店で、たまたま別メンバーと来ていた同期の男性と同席したのですが、その方に 「○○ちゃん、変わったね。綺麗になったよ。俺なんかさ、さっきからおっ立っちゃってて。ねぇ、今度、二人で会ってくれる?」 と、手を握って言われました。 綺麗になった云々はお世辞としても、会話の内容は、はっきり言って、不愉快です!!これってセクハラではないでしょうか??

Dodo Club - 99/04/08 20:09:29

コメント:
あなたの今日の腹立ちはなんですか? 宴会・新生活開始シーズンに贈る短期特集「今日の腹立ち」 どんどん書き込んで憂さを晴らしてください!!

「きれいになる!」「なかなか行けなかったあの旅のプ ランを実現する!」 「女性たちで起業する!」「ほかの女性たちとのコミュ ニケーションを深める!」 など読者参加企画中心のレギュラーコンテンツが大好評 の 「インターネットで読む月刊女性誌<Watashi>」で は、 毎月プラダのバッグなどの海外ブランド品や デジタルカメラなどのリッチ・アイテムや お小遣いキャッシュを読者の皆様に毎月抽選でプレゼン トしています。 女性限定! さあ、振るってご応募下さいね! お正月の今月は現金一万円を5名浴uWatashi」編集部 - 99/01/18 12:22:27
ホームページアドレス:http://www.watashi.co.jp/
電子メールアドレス:info@watashi.co.jp
性別(よろしければ): 女性エディターの数の方が多いです。
年代(よろしければ): まあまあ若いです
おしごと(よろしければ): 女性のオンラインマガジン編集・制作

コメント:
???

Dodo Club - 98/12/18 19:01:35

コメント:
SNさん、ようこそ。 お茶組に・・・・組の抗争になってしまいますね(^^ゞ 職場での仕事以外のことで煩わされるのっていやですよね。でも明日のために(ほどほどに)がんばって。 で、また遊びに来てください。 「缶ジュースを自費で買わねばならない」と嘆く上司の話には大笑いさせていただきました。

SN - 98/12/18 00:06:18
性別(よろしければ): 女性
年代(よろしければ): 30代
おしごと(よろしければ): 公務員

コメント:
こんにちは いまだに、私の職場では、お茶くみが女性の仕事なんですよ。 山のように仕事をし、沢山の来客と窓口で応対し、それでも回ってくるお茶当番、、 ついに堪忍袋の尾が切れて女性職員で総務課長相手に要望書を提出したところです 役所ってホントに変なところ 「お茶汲みを辞められたら僕は自前で缶ジュースを買わなくちゃでしょ」と真顔で言う、総務課長もいた。自前ってとこがこいつの知性の貧困と生活感をかんじません? ホントに企業の感覚からしたら嘘みたいなやつがたくさんいるんです でもがんばるつもり 、

ドードークラブ - 98/11/14 11:06:42

コメント:
しんじつさん、ようこそドードークラブヘ! 人生いろいろありますよね(演歌みたい) 悩みや面白い話などぜひ書きこんでください。 真実は小説より奇なりで、”実話”は、きっと楽しいでしょう(^^ゞ

しんじつ - 98/11/07 00:44:19
電子メールアドレス:sinjitukun@geocities.co.jp
性別(よろしければ):
年代(よろしければ): 30代
おしごと(よろしければ): 公務員

コメント:
私も女性として、悩みを抱えています。どうかこれからも頑張って下さい。またお邪魔します。

私のホームページへ | Berkeleyのページへ | メイン | 今すぐ登録