トーストマスターズの歴史


 トーストマスターズ・プログラムの簡単な歴史

トーストマスターズができてから、3百万人以上の男女がプログラムの恩恵を受けてきています。

1924年10月、ラルフ・スメドレイ博士がカリフォルニア州サンタアナのYMCAの地下で、「人前でのスピーチの技術を十分練習し磨き、ミーティングを主導し、社交性を身につけ、メンバーの中に友情をはぐくむ」目的でクラブを結成しました。そして、そのクラブを「トーストマスターズ」と名付けました。すぐに他の地域や州の人々が許可を求め、他のトーストマスターズを結成しました。1930年までに、おおくのクラブの活動を調和させ、プログラムを供給するために本部が必要となりました。ニューウエストミンスター、ブリティッシュコロンビア、カナダのスピーチのクラブがトーストマスターズを結成することに興味を示し、やがてトーストマスターズ・インターナショナルに発展しました。

長年の間、トーストマスターズの事務所は賃借りの事務所用のスペースを使ってきました。1962年に、トーストマスターズ・インターナショナルは、クラブの発足の地からそれほど離れていないカリフォルニア州サンタアナに始めての本部を建てました。しかし、1980年後半には、メンバーの増大につれてより多くのスタッフが必要となり、この建物ではスペースが十分ではなくなってきました。1990年には、サンタアナから20マイル南に下ったランチョサンタマルガリタに本部を設立しました。この本部は来る21世紀への発展も考慮した設計になっています。

トーストマスターズ・インターナショナルの成功と発展の多くは教育プログラムの絶え間ない改良によるものであります。はじめてのスピーチのマニュアルと基本トレーニングを作ってから、50年以上にわたって改良してきました。現在のマニュアルである「コミュニケーションとリーダーシップ プログラム」は1996年に主なアップデートをしました。トーストマスターズのメンバーは10のスピーチ・プロジェクトを終えた後、CTM(Competent Toastemaster)の資格を申し込み、15の上級マニュアルの中からいくつかを組み合わせて学んでいくことになります。

他の教材には、「サクセス/リーダーシップ」シリーズ、「サクセス/コミュニケーション」シリーズ、「ベター・スピーカー」シリーズ、「ハイ・パフォーマンス・リーダーシップ・プログラム」などがあります。トーストマスターズ・インターナショナルの教育システムには、コミュニケーション関連とリーダーシップ関連があります。コミュニケーション関連の学習についての表彰は、CTM、ATM−B(Advanced Toastmaster Bronze)、ATM−S(Advanced Toastmaster Silver)、ATM−G(Advanced Toastmaster Gold)があり、リーダーシップ関連の表彰は、CL(Competent Leader)、AL(Advanced Leader)があります。DTM(The Distinguished Toastmaster)はもっとも高い表彰になります。

トーストマスターズ・インターナショナルのカタログからさまざまな教育用の教材が入手できるほかに、トーストマスターズ誌を毎月メンバーは受け取ります。クラブ及び地区役員は2ヶ月に1回ティップ誌を受け取り、地区役員はディストリクト・ニュースレターを毎月受け取ります。人前のスピーチのトレーニングを積んで、言い争いをしない新たなリーダーが求められる新世紀に入っていきました。トーストマスターズ・インターナショナルは、8800以上のクラブ、175000人以上のメンバー、70カ国以上に発展してきました。これからもトーストマスターズのリーダーシップと教育から恩恵を受ける人々は増えていくことでしょう。



 トーストマスターズの歴史(年表)

1924年10月22日
  カリフォルニア州サンタアナで始めてのミーティング

1926年1月16日
  カリフォルニア州アナハイムに2つめのクラブ発足

1927年8月11日
  サンタアナ・トーストマスターズの代表が「トーストマスターズ連邦」の結成を計画

1928年10月25日
  ラルフ・スメデイ博士によって最初のマニュアルの著作権を取得

1930年10月4日
  トーストマスターズ・インターナショナルの名前が使われ、役員が選ばれた

1930年12月6日
  最初のトーストマスターズのニュースレターであるガヴェル誌の発行

1932年12月19日
  トーストマスターズ・インターナショナルが法人化

1933年1月9日
  カリフォルニア州外のはじめてのクラブがワシントン州シアトルに結成

1933年4月
  トーストマスター誌第一号が発刊

1935年7月6日
  ディストリクト組織の制定。ディストリクト1は南カリフォルニア

1935年10月
  アメリカ国外最初のクラブ − カナダ、ブリティッシュコロンビア

1938年1月29日
  100番目のクラブ − センチュリートーストマスターズ(カリフォルニア州サンタアナ)

1938年8月
  スピーチコンテストを始める。優勝者はカリフォルニア州リードレイのヘンリー・ウィーン氏

1946年7月
  ディストリクト18のスコットランドがアメリカ国外最初のディストリクトになる。

1950年
  最初の「サーティフィケイト・オブ・アチーブメント」が新しい上級者向けのコースのために発行。「ビヨンド・ベーシック・トレーニング」

1951年6月
  はじめてのリージョンの会議がアイオワ州デスモイネスで開催

1962年10月27日
  カリフォルニア州サンタアナに新本部

1964年
  最初のATM(Able Toastemaster Award)

1968年
  最初のCTM(Competent Toastemaster Award)。これは基本マニュアルを終えることで受け取ることができる。

1969年8月
  「コミュニケーションとリーダーシップ マニュアル」をオハイオ州クリーブランドの国際会議で紹介

1970年
  最初のDTM(Distinguished Toastmaster)

1973年8月
  女性の参加が認められる

1978年
  複合した上級マニュアルの紹介

1979年
  最初の2つの「サクセス/リーダーシップ」の紹介

1981年
  スピーカー認定制度の開始

1982年10月
  メンバーが10万人を超える

1984年
  「コミュニケーションとリーダーシップ プログラム」の見直し。ATM BronzeとATM Silverの導入。

1989年4月
  メンバーが15万人を超える。

1989年7月
  クラブ、エリア、ディビジョン用プログラムの紹介

1990年6月
  本部をカリフォルニア州ランチョサンタマルガリタに移転

1993年1月
  8000クラブを超える

1997年1月
  「コミュニケーションとリーダーシップ プログラム」の改訂

1997年7月
  トーストマスターズ・インターナショナルの教育システムを改良し、コミュニケーション関連とリーダーシップ関連にわける。コミュニケーション関連の学習についての表彰は、CTM、ATM−B(Advanced Toastmaster Bronze)、ATM−S(Advanced Toastmaster Silver)、ATM−G(Advanced Toastmaster Gold)があり、リーダーシップ関連の表彰は、CL(Competent Leader)、AL(Advanced Leader)がある。DTM(The Distinguished Toastmaster)はもっとも高い表彰になる。

(2003年5月18日)