なんだこれ、、キャラメル・・・かなぁ?


見てもらう前に一言。今回も失敗しました!
本日は母の日で、いつもとは違うものを作ろうと思ったんですけど
某料理番組でやっていたことをうろ覚えでやってみたらキャラメルになってしまったわけです。
しかし味は悪くなく、批評がなかったのでレシピ載せます。
(なんていうかレシピっていえるほどの難しさじゃないけど)


・材料
 (市販の)ましゅまろ!適量
 (市販の)チョコレート!適量
 (某駄菓子)米菓子!!適量
 




まず十分加熱したフライパンにマシュマロを適量落とします。
(こげへばりつくと嫌だったので私はバターを塗りました)
その作業の前に、チョコレートをボウルにあけ、湯煎で溶かしていきましょう。
※私の失敗に学ぶことは、木べら、もしくはゴムベラで作業することをお勧めします。







←湯煎しおわった後
湯煎中の画像があればよかったのですが必死で撮影ムリだった。
湯煎は、熱湯の入ったボウルに溶かしたい物質の入ったボウルをひたし、
溶かすことをいう。レンジのように溶かしすぎることがない




フライパンの上のましゅまろを常時動かしてください。
すると 気色悪い納豆にも似た糸を出しながら解けてゆきます。
かきまぜながら、解けたマシュマロを一つに集めてください。
※私の失敗に学ぶことは、火は弱火で行くことをお勧めします。
※強すぎると蒸発し、消すとすぐに固まってしまうからです。
集めたら溶かしたチョコレートをそこにぶっかけます
そして必死にかき混ぜてください。十分に混ざるまで





私はクランチチョコレートにしたかったので米菓子を入れました。
キャラメルのつもりで行くときは入れなくて結構です。
米菓子を入れるとほとんど納豆と一緒のスタイルになります。
納豆嫌いな人は卒倒しそうになるので危険ですから頼むからやめてください





で、まんべんなく混ぜたら、スプーンで一口サイズをとり、
アルミホイルに一個ずつ置いていってください。※根気が必要です
※私の失敗に学ぶことは、ホイルにおいていく作業の間も火を消さないこと。
※火を消すと、最後のほうに生地がガチガチに固まり、ほんとストレスがたまります。
※だからといってのんびりと作業すると記事が焦げ干上がる場合もあるので
※スピードが大切です
全部のせたら、冷蔵庫で夕食のデザートを食い終わるまで放置しましょう


固まったら食うぞ!

あとがき

一口サイズでないと噛まなければならなくなります。
このお菓子は非常に硬いです、注意が必要です
おいしいといわれても決して喜んではいけません
そして、最後の片付けが一番の苦痛をあなたに与えるでしょう

失敗談