title03.gif (11694 バイト)

    2000年4月21日に開設いたしました。            ヨーロッパの法の歴史と現在について勉強したことを載せたいと思います。 Festina lente で随時アップロードいたします。

 

         PICON46.gif (1483 バイト)    ローマ法      PICON46.gif (1483 バイト)

    

wb01158_.gif (961 バイト) 勉強している一つのテーマは次の書物に関係するものです。 

home

digesta

italia

mittelalter

neuzeit

zivilprozess

    春木一郎譯『ユースティーニアーヌス帝 学説彙纂プロータ』       

                                    (有斐閣 昭和一三年四月二〇日発行)      

     ユースティーニアーヌス帝は、482年頃に生まれ565年に没した人物である 。     

    A GUIDE  TO THE LATE ANTIQUITY, POSTCLASSICAL WORLD.  

     Editors : G.W.BOWERSOCK/PETER BROWN/OLEG GRABAR, The Beknap Press of

     Harvard University Press,1999のJustinianの項目参照。 彼は、527年に皇帝となり

     立法事業を行った。

            PLINE01.gif (4593 バイト) 

   船田享二著『ローマ法・第1巻』(岩波書店。なお、この書物は全5巻で第5巻に索引がある)

            441頁以下に、この立法事業の説明がある。それを要約すると次のようになると思われる。春木2頁以下も参照した。両者の

       説明はやや異なる。        

      1.  528年2月13日 トリボニアヌス、テオピルスら10名に勅法典の編纂を命じた。

        529年4月7日 法典公布の勅法 4月16日 同法典施行    この法典はNovus Codex Iustinianus(新ユスチニアヌス勅

                 法類集)と呼ばれた。5年後に改正勅法類集が公布施行されたのでCodex vetus(旧勅法類集)と呼ばれるようになった。

      2. 530年? : 530年に公布された諸勅法をquinquaginta decisiones(50の決定)と名付けて収録編集した(春木2頁も参

        照せよ)。

           3. 530年 トリボニアヌスに命じて法典編集委員会を作り学説法を編集させる決定をした。

              533年 その結果50巻の法典が編集された。 これを学説類集(Digesta)または

                          会典(Pandectae)と呼んで公布(12月16日)、施行(同30日)した。             

     4. 533年 トリボニアヌスらに初学者のための教科書を編集させ、法学提要(Institutones)または   

                           法学通論(Elementa)として、11月21日に公布、12月30日に施行した。

     5. 534年 トリボニアヌスに命じて改訂勅法類集Codex Iustinianus repetitae praelectionis)を編集さ

         せ、11月16日公布、12月29日から施行した。これとともに旧法典(前述1参照)を廃止した。 

     6. 新勅法 535年から565年までに公布された勅法(Novellae constituiones, quae post nostri

                   codicis confectionem latae sunt)で私撰の書によって伝えられる。

        *   なお、船田・前掲書以外にも以上の点に言及した文献は多数存在する。そのいくつかを次に掲げるが例示にすぎない。原田慶

    吉『ローマ法』(有斐閣)、 田中周友「ローマ法学」(『法哲学講座第2巻』有斐閣・所収)、マックス・カーザー著/柴田光蔵訳『ロ

     ーマ私法概説』(創文社)、ランケ『世界史概観』 (鈴木成高・相原信作訳/岩波文庫)  

        * 法典編纂者 ベイルートのDorotheus, Anatolius  コンスタンティノープルのTheophilus,Cratinus  など    Bretone 253(↓)    


            学説類集・法学提要・改正勅法類集および新勅法は、Dionysius Gothofredus(1549ー1622)が

      刊行するときに、市民法大全(corpus iuris civilis)の名称を用いて教会法大全(corpus iuris

      canonici)と対立させた。(船田・451頁参照)

       Corpus Iuris Civilisの名称が用いられた年代について、カーザー前掲書の訳注(8)には1583年とあ

       り、Alfred Söllner, Einführung in die römische Rechtsgeschichte, 5.Aufl. München,1996(以下においては

   Söllnerと略称する)にも1583年と書かれている。ランケ前掲書61頁訳注には「ユスチニアヌス帝(527

   年ー565年)のもとにおいて、後世にいたってCorpus iuris civilisとしてまとめて編集せられたつぎのごとき

   諸法律書が成立した」とある。


      船田先生が「学説類集」と訳された Digesta を春木先生は「学説彙纂」と訳されたのである。 

  wb01066_.gif (946 バイト) なお、DigestaはPandectaeということもあると船田先生の説明にあるが、これはギリシア語であって、

    alles umfassen[すべてを含む]という意味であると、Wolfgang Kunkel, Römische Rechtsgeschichte,

         Böhlau Verlag, Köln/ Wienに説明されている。

  wb01066_.gif (946 バイト) パンデクテン法学という言葉があって、19世紀ドイツのローマ法を素材とする私法学のことであることについて、『法律

       学小辞典・第3版』(編集代表: 金子宏・新堂幸司・平井宜雄 有斐閣)の当該項目を参照。中世ローマ法学からパンデクテン

       法学に至る経過については、F・ヴィーアッカー著・鈴木禄弥訳『近世私法史』(昭和36年・創文社)が重要文献である。

     wb01066_.gif (946 バイト)  Digestaは法典発布に関する勅法により全7部に分けられた。(以下は、船田・445頁に依拠した)。

    第1部 総則の部分(prota)。全4巻   春木先生の著書の表題にプロータとあるのは、これによる。

                               田中・105頁に「プロータ」は「首部の意」でギリシア語であると書かれている。

    第2部 裁判に関するもの(de iudiciis)。全7巻

    第3部 物について(de rebus)。全8巻 

    第4部 全法典の核心で、質権、売買に関する各種の訴訟、利息、特殊な金銭貸借、証書証人、婚姻

         嫁資、後見、保佐などに関する規定等。 全8巻

    第5部 遺言について(de testamentis)。全9巻 遺言、遺贈。

    第6部 相続財産占有、無遺言相続、贈与に関する規定、奴隷解放等に関する訴訟、所有権および

         占有の取得に関する規定等。全8巻

    第7部 特定の契約、不法行為、上訴等に関する規定、法上の用語や原則の解説等。 全6巻

     Digestaは、以上の50巻からなる。 柴田光蔵先生・西村重雄先生による全50巻のタイトルの日本語訳が

                  法学論叢87巻4号・5号にある。 

 PLINE02.gif (5593 バイト)

    PICON46.gif (1483 バイト) Digestaには、過去の法律家の学説が収録されている( wb01436_.gif (949 バイト) )。

      ローマ時代の法律家についての基本文献は、Wolfgang Kunkel, Herkunft und soziale Stellung

            der  römischen Juristen, 1967, Graz/Wien/Köln.である(本書は、Ernst Levy および Matthias

            Gelzer に献呈されている。また2001年に復刻版が出版され、Detlef Liebsの序文が付されてい

     る)。以下においてはKunkelと略称する。

         THE OXFORD CLASSICAL DICTIONARY, Third Edition, Edited by Simon Hornblower and

                 Antony Spawforth, Oxford/ New York, Oxford University Press, 1996も参照する。以下において

      はOCDと略称する(lawyersの項目: p835 に全体的説明がある)。

     Dulckeit/Schwarz/Waldstein, Römische Rechtsgeschichte, 9.Aufllage, Verlag C.H.Beck, München,

          1995はJuristishe Kurz-Lehrbücherシリーズの一冊であるが、比較的詳細な記述があるので、これも参

          照する。以下においては、DSWと略称する。 

          Mario Bretone, Geschichte des römischen Rechts, Von den Anfängen bis zu Justinian, Aus dem

            Italienischen übersetzt von Brigitte Galsterer, C.H.Beck, München, 1998. も参照する。

     wb01066_.gif (946 バイト)   ローマの法律家とは、どのような人たちであったかについて以下に見てみる。* 時代を4区分する(時代区

       分につては複数の見解があるが、ここでは田中・前掲による)。

     1. 共和政時代

                 Franz Wieacker(1908-1994)のRömische Rechtsgeschichte, Erster Abschnitt, 1988, München

                 も基本文献である(略称=Wieackerとする)。さらにDetlef Liebs, Römisches Recht, 5.Aufl.,1999.

      も参照する。

                 *   Kunkelに挙げられた法律家は次のとおりである。(6頁以下37頁まで)

     T

      1. Ap. Claudius Caecus :  censor 312 consul 307, 296 280以後に没   ( 数字は年号を示す )

           Kunkel 6 OCD 339    「アープピウス・クラウヂウスが此等の訴訟手続を記録し之を編纂した

          るに當り其の書記にして被解放者の子なるグナイウス・フラーヴィウスは其の書を盗みて

                  之を民衆に交付したり」(春木67頁)    これについての議論 → DSW167   Bretone 111

         アッピア街道(via Appia ←アッピウス・クラウディウス・カエクス) 

                  2. P. Sempronius Sophus : consul 304   pontifex 300     Kunkel 6  Bretone  66 84  

                  3. Ti. Coruncanius : consul 280   平民で最初のpontifex maximus 254    243没 「伝説に拠れば

         法学の知識を有したる総ての人士中に在りて公に斯学を教授したる者はチベリウス・コルン

        カーニウスを以て嚆矢とす」(春木・75頁)  Kunkel 7  OCD 403         Tusculum   Bretone 84

            Iuris prudenta (=Rechtswissenschaft 法律学)の成立   DSW 168 

                  4. Q. Mucius Scaevola : praetor 215  209没  Kunkel 8

                  5. 6. P. Aelius Paetus : consul 201 augur および Sex. Aelius Paetus Catus : consul 198 ,

                      censor 194    Kunkel 8   兄弟       後者の著書Tripertia(三部の書)  Wieacker 536  OCD 19

                  7. M. Porcius Cato : consul 195 censor 184  augur    149没   Kunkel 9          

                     プルタルコス英雄伝(中)村川堅太郎編・ちくま文庫255頁以下(村川堅太郎訳)   著書 De agricultura     村川堅太

         郎『羅馬大土地所有制』(日本評論社) Cicero, Cato Maior De Senecture.   Cato der Ältere Über das Greisenalter

          (Reclam, Ernst von Reusner)     『キケロー選集9・哲学U』 (岩波書店) 中務哲郎訳1頁以下  

                  8. L. Acilius (Kunkel 10 )    Kunkel10    Wieacker 540

                  「さらに十二表法におけるそのほかの規定は、葬儀のさいの出費と哀悼の制限にかんするものであり、これはほとんどソ

                    ローンの法律からもってきたものだ。法律は、「これ以上のことをしてはならない。火葬の積み薪を斧で削ってはならない」

                    と言う。……こうして出費が削られて、三つのヴェール、一つの紫の経帷子、十人の笛吹きに制限され、さらに<過度の>

                    哀悼が禁じられる。すなわち、「婦人は頬を引き裂いてはならないし、葬儀のためのレッススも許されない」。昔の注釈者で

                     あるセクストゥス・アエリウスとルーキウス・アキーリウスは、このレッススの意味は十分に分からないが、おそらく喪服の

                     一種であろうと述べている」(『法律について』岡道男訳・キケロー選集8 哲学T・岩波書店265頁以下)

                  9. Q. Fabius Labeo :  consul 183   pontifex 183    Kunkel10   Wieacker 539

                  10. P. Mucius Scaevola :   praetor 179 consul 175   169以後に没    Kunkel 10   Wieacker 546

                  11. T. Manlius Torquatus : pontifex 170 consul 165   140以後に没      Kunkel 11

                  12. P. Cornelius Scipio Nasica Corclum : consul 162, 155  censor 159    potifex   Kunkel 11

                      OCD 399     『プルターク英雄伝・四』(河野与一訳・岩波文庫)「さてアエミリウスは幾日も幾日も じっと

                     してゐた。それまでこれ程大きな軍隊がこれ程近くに相對してゐながらこれ程平静にしていたゐたことはないと云はれ

                     る。あらゆる工夫と探索を試みた結果、唯一つの入口だけがまだ守備されずに残されてゐることを知った。それはペ

                     イビアーを通ってピューティオンとペトラーとの横を入る口であった。アエミリウスはその場所が守備を必要としない程困

                     難で険阻であることを恐れるよりも、寧ろ守備隊が置いてないことに望みを懸けて会議を開いた。それに列席した人々の

                     中でナーシーカ(鼻が細くて尖ってゐるの意)と綽名されたスキーピオー(前162年と155年コーンスルになったプーブリ

                      ウス コルネーリウス スキーピオー ナーシーカ コルクルム)即ちスキーピオー アーフリカーヌスの壻で後に元老院で

                      非常に勢力のあった人が眞先に名乗り出て包囲群の隊長を引受けた。」(65頁)

                  13. Manius Manilius : praetor 155 or 154, consul 149(148?)   Kunkel 11 市民法の設立者

                   (fundatores)  Wieacker541  OCD917   DSW 119   著作 venalium vendendorum leges(売買の

        方式)  Söllner 82  Scpio Aemilianusの知人→Cicero, De re publica 「彼らがそうしようとしてい

           たときに、彼らすべてに人気があり愛されていた聡明な人マーニウス・マーニーリウスがやってきた。彼はスキーピオー

                    やほかの人々からねんごろな挨拶を受け、ラエリウスの傍らに座った」(『国家について』岡道男訳・キケロー選集8 哲

                    学T・岩波書店20頁以下)

                  14. M. Porcius Cato Licinianus : 7のCatoの息子   Kunkel 12

                  15. Ser. (?) Fabius Pictor :    Cicerro, Brutus 81    Kunkel 12

                  16. M. Junius Brutus : praetor 142      Kunkel 12   市民法の設立者(fundatores)    DSW 119

                    「尋で出でたる者はブルツス・プーブリウス・ムーキウス及びマーニリウスにして此の三者は羅馬

        法の基礎を確立したる人々なり。プーブリウス・ムーキウスは十巻ブルツスは七巻マーニリウスは

        三巻の著書を後世に残し而してマーニリウスの記念書と題する数巻は現存す」(春木・77頁以下)

        17. P. Mucius Scaevola : praetor 136 consul 133  pontifex maximus    113年ころ没    Kunkel 12

           DSW 119   Wieacker 547  市民法の設立者(fundatores)    Cic. de dom.91  Planc. 88 :

         「とはいえしかし、ティベリウスはすくなくとも自分一人でこの法案を起草したのではなく、徳性と

          名声の点で第一級と目された市民たちを相談相手としたのである。そのなかには、大神官の

          クラッススや、法学者でその当時執政官(前133年)だったムキウス・スカエウォラや、ティベ

          リウスの舅のアッピウス・クラウディウスがいた」(プルタルコス英雄伝(中)村川堅太郎編・ちく

          ま文庫317頁・長谷川博隆訳)    Tiberius Graccus

                    Jochen Bleicken, Geschichte der Römischen Republik, 3.Aufl., München, 1988. S.106

                  18. P. Licinius Crassus Mucianus : consul 131    Kunkel 12 

                  19. L. Coelius Antipater :   「歴史の著者コアイリウス・アンチパテルも亦然り但し此の人は法律学よりも寧ろ弁論術

         に努力したり」(Pomp.D.1,2,2,40 春木78頁)  Cicero, Brutus 102, de oratore 2,54( 『キケロー選集7・修辞学

         U』(岩波書店) 大西英文訳)        Kunkel 13    Wieacker 545

                  20. Q. Aelius Tubero : praetor 129 彼の母はピュドナの戦いの勝利者であるL.Aemilius Paulusの娘であり、父は

                     元老院階層に属する       Kunkel 14

                  21. Q. Mucius Scaevola :  consul 117    前出4の孫 父は174年のconsul    Cicero, Laelius De Amicita, 1,1.  『キ

           ケロー選集9・哲学U』 (岩波書店) 中務哲郎訳64頁    Kunkel 14

                  22. C. Marcius Figulus :  Valerius Maximus 9,3,2 : 「So far did the goads of wrath drive a man of

                    ardent spirit, familiar with warfare. But C.Figulus was of the mildest temper, very well known

                    form his peaceable pursuit of civil law, and they made him forget good sense and moderation.

                    He was bitterly hurt by his rejection  for the Consulship, all the more because he remembered

                    that his father had been given the office twice.」(Translation: D.R.Shackleton Bailey H.M.Hubbell.

                      Loeb Classical Library)         Kunkel 14     Wieacker 545

                  23. C.Livius Drusus :  Kunkel 14     Wieacker 543  彼の父は147年consul

                  24. P. Rutilius Rufus : consul 105   Kunkel 15 「羅馬に於て執政官と為り又亜細亜縣の長官たり」(春木78頁)

           25. A. Verginius :   Kunkel 15          Wieacker545 ( ohne Ämter)

                   26. C. Flavius Fimbria : consul 104   Cicero, Brutus 129  Flavius(↑1)との関係? Kunkel 16

                   27. C. Bellienus : M. Junius Brutusより若い(Cicero, Brutus 175) Kunkel 17

                   28. wb01436_.gif (949 バイト) Q. Mucius Scaevola : consul 95   pontifex  pontifex maximus 17の子     Kunkel 18   

                 82年没    Wieacker,RR595以下       Aldo Schiavone, Nascita della Giurisprudenza -Cultura

                 aristocratica e pensiero giuridico nelle Roma tardo-repubblicana, Laterza, Roma-Bari, 1976.

                林智良『共和政末期ローマの法学者と社会』(法律文化社)  

                          「プーブリウスの子にして大神官なりしクィーンツス・ムーキウスあり始めて羅馬法書を事項によ

         り十八巻に分類して著したる学者なり」(春木・78頁)

                 OCD 999→His eighteen books(libri) on the civil law (De iure civili) was the most famous legal

                     treatise of the period and still the the subject of commentary by Sextus Pomponius and

                     others in 2nd cent. AD.    

                     Emilio Costa, Storia delle fonti del diritto romano, Fratelli Bocca Editori, Milano/TORINO/Roma,

                     1909. p.48.

                   29. L. Licinius Crassus : 140年生まれ 21歳で結婚 consul 95(同僚Q. Mucius Scaevola) censor 92

              91年没      Cicero, Brutus 158        OCD 857     Kunkel 18

                   30. C. (Visselius) Aculeo : Cicero, de oratore,1,191. 『キケロー選集7・修辞学U』 (岩波書店)大西英文訳

             Kunkel 18

                   31. Q. Lucretius Vispillo :   Cicero, Brutus, 178. → ' In private suits  Quintus  Lucretius Vespillo

                     was shrewd than and well versed in the law. (Translation: G.L. Hendrickson. Loeb Classical

                        Library )           Kunkel 19

                   32. Sex. Pompeius  :   「グナイウス・ポムペイウスの伯父ゼツークスツス・ポムペイウスは…」(春木78頁)

              Kunkel 18  Wieacker 545

                   33. Volcatius :   Plinis n.h.8-40 (144) 「…カスケリウスの民法の家庭教師で有名なウルカティウスが、日が暮れて

                         から、子ウマに乗ってローマ近郊の自分の領地から帰る途中…」(中野定雄・中野里美・中野美代訳『プリニウスの博

          物誌T』雄山閣374頁)      Kunkel 20 Wieacker 601

           34. L. Lucilius Balbus :  Scaevola(前出28)の生徒でRufus(後出40)の先生 Kunkel 21

        35. C. Aquilius Gallus :  praetor 66 (同僚Cicero )   Kunkel 21  「 ' Nihil hoc ad ius: ad Ciceronem,'

                     inquiebat Gallus noster, ...」 「Our friends Gallus used to say, ' This is not a matter for the law

                     but for Cicero'...」(Cicero,Topica.   Translation: H.M.Hubbell. Loeb Classical Library)   商取引に必

        要な方式についての著作(stipulatio Aquiliana: 「要式免除契約によって消滅する債務関係は問答契約から

                          発生したものに限られるので、これによって債務を免除しようとする当事者は、まず他の諸種の原因による債務関係を更

                           改によって問答契約を原因とするものに変えねばならなかった。かかる目的のための問答契約は共和政末期にアクィリウ

                           ス・ガッルスによってその方式を創案され…アクィリウスの問答契約と呼ばれる」 (船田『ローマ法・第3巻』581頁)

                                 actio de dolo      OCD 134     

                   36. Sex. Papirius :  Scaevola(前出28)の生徒           Kunkel 22 

                   37. T. Iuventius : 「ムーキウス(28)には頗る多数の門人あり就中最も権威ある者をアツクイリウス・ガルルス(35) 、バル

          ブス・ルキリウス(34)、セツクス・パーピリウス(36)、ガーイウス・ユーヴェンチウスとす」(春木78頁)        Kunkel 22  

                   38. Precianus :  Cicero, ad Att.6,9,2→Precianam hereditatem prorsus ille ne attigat. → Cicero

                     spricht hier von einer hereditas Peciana; natürlich  könnte der Erblasser ebensowohl ein Precius

                     wie ein Precianus gewesen sein. Einen Precius, der Cicero nahegestanden hätte, kennen wir

                     jedoch nicht.   Kunkel 23

                   39. Q. Cornelius Maximus : Trebatius Testa(後出44)の先生 「同時代の著者にツレバーチウスありコルネリウス・

           マーキシムスの門人なり」(Pomp. 春木80頁以下)  Kunkel 24

                   40. Ser. Sulpicius Rufus (105ca.-43) : consul 51   43年没       Kunkel 25  Wieacker  595

                    Cicero, Brutus, 151. →'' Concerning myself, '' I replied, '' there is no need to speak. But about

                    Servius you say well, and I will tell you what I think. I could not easily name anyone who has

                    devoted more attention to the art of speaking and to all other subjects of liberal study than

                    he. As young men we pursued the same rhetorical studies here, and afterwards, he went with

                    me to Rhodes to acquire a more perfect technical training. Returnig from there he gave the

                    impreson of having chosen to be the first in the second art rather than second in the first. In

                    fact   I'm not sure that he might not have been the equal of orators of the first rank ; but

                    perhaps he preferred, what he did attain, tobe the first, not only of his own time but of those

                    who had gone before, in mastery of civil law, ''   152. → At this Brutus said: '' Do you mean to

                    say that you place our Servius even above Quintus Scaevola? ''  '' Yes, Brutus, '' I replied, '' I

                    would put it this way : Scaevola, and many others too, had great practical knowledge of the

                    civil law ; Servius alone made of it an art.  .......( Translation: G.L. Hendrickson. Loeb Classical

                   Library ) 「しかし、前述のだれよりももっと重要な人は、キケロとセルウィウス=スルピキウス=ルフスであった。彼

         らは、これまで正真正銘の真剣さでもって平和のために働いてきたから、カエサルの望んだのは、これらの人を自分の方

         にひっぱり寄せ、それによって、自分にとって大いに必要な道徳的権威を獲得しようということだった」(マティアス・ゲルツ

         ァー『カエサル』長谷川博隆訳・筑摩書房・174頁)

                        彼の業績には、ギリシャ哲学の方法の影響がある。Söllner 83

                    OCD 1455       Quintilianus(AD34ca.-100ca.)にも見える

                   41. P. Orbius : praetor 65 T. Iuventius(37)の生徒  Orbiusの名は共和政時代の都市ローマの墓碑に複数見られ

             る  Kunkel 25    Wieacker 614-615

                   42. A. Cascellus :   104年あるいはそれ以前の生まれ(quaestorになった年齢との関係:Ciceroは75年quaestorで

          106年生まれ)     Kunkel 25 「ポムポニウスは同氏が財務官となっただけで、アウグスツスが氏に

        執政官職を提供したのに対してこれを拒絶したと伝え」(船田・212頁)

                   43. C. Visellius Varro : C.Aculeo(30)の子 Ciceroの従兄弟(Ciceroより少し若い) Cicero, Brutus 264   aedilisにな

            ったのち没(58年より少し後?) Kunkel 27

                   44. C. Trebatius Testa : 80年生まれ  AD4年ころ没  騎士階層(47↓参照)  Kunkel 27    Bretone 115

         「トレバティウスはアウグストゥスが小帳簿の効力について決定するに当たって意見を求められ

         たと伝えられ、これを伝えるユスティニアヌス帝の法学提要は同氏その当時の最高の権威者と

         する」(船田・212頁)

                   45. L. Valerius : Cicero, ad fam.1,10. 「L.Valerius was an intimate and dear friend of Cicero,but,

                    though a jurisconsult, he was ''no lawyer ''.」(W.Glynn Williams. Loeb Classical Library) 

                     Kunkel 28

                   46. (P.) Alfenus Varus wb01436_.gif (949 バイト) : cos. suff. 39    Rufus(40)の生徒    クレモナの人  彼の息子は、紀元

         後2年のconsul  Kunkel 29

                   47. A. Ofilius : Rufus(40)の生徒 「オーフィリウスは常に騎士の列に在りたり。オーフィリウスはカイザルの親友

          にして法学各部の根本的説明を為せる幾多の法律書を遺せり」(Pomp. 春木80頁) Kunkel 29 「オフィリウス

        はカエサルの親友として後者の第二回のイギリス遠征に同伴」(船田・212頁)

                   48. T. Caesius : Rufus(40)の生徒 Caesiiは共和政時代のイタリア自治都市の政務官職保持者に多く見られ、彼も騎

             士階層でどこかの都市の人であろう  Kunkel 30

                   49. 50. Aufidius Tucca & Aufidius Namusa :   いずれもRufus(40)の生徒  Aufidiusはローマでは180年に初め

           て見られ複数の人が元老院階層に属する。Cn.Aufidius Orstesが71年のconsulにいる。

           Kunkel 30     Wieacker615

                   51. Flavius Priscus : Rufus(40)の生徒  Flaviusは非常に多く特定できない Kunkel 31

                   52. C. Ateius : Rufus(40)の生徒 Kunkel 31 Ateius Capio の家系ではない Wieacker 611

                   53. Pacuvius Antistius Labeo : M. Antistius Labeo(後出) の父(Pomp. 春木80頁)。Rufus(40)の生徒 

        Kunkel 32   「His father Pacuius, also a lawyer, was killed fighting for the republican  cause.」(OCD112)

                   54. Cinna : 「民衆は葬儀の後直ちに、松明(たいまつ)を手に手に、ブルトゥスとカッシウスの邸宅におしかけ、どうにか

            やっと追い返されて帰る道に、出会ったヘルウィウス・キンナを、名前をとり違えてコルネリウス・キンナと思いこみ、

            殺してしまった。コルネリウス・キンナは前日の集会でカエサルを烈しく弾劾していたので、民衆が彼を探していたの

            である。彼の首を槍の先にさし、都内をくまなく練り歩いた」(スエトニウス著・国原吉之助『ローマ皇帝伝・上』岩波文

            庫89頁)  Rufus(40)の生徒        Kunkel 35

                   55. Publicius Gellius :  Rufus(40)の生徒 Pom.D.1,2,2,44(春木80頁)のこの名前は誤りであるとされ、Publicius

           はPublicolaまたはPubliusであり、L.Gellius Poplicola (94- praetor   peregrinus72-consul  70-censor 52没)の家系で

           あるとされる。   Kunkel 35 Wieacker 611

                   56. Q. Aelius Tubero : Ofilius (47)の生徒   「此の人は貴族にして始め弁論術を励みたしりしが転じて法律

          学の研究に従事したり其の之に至りたるは嘗てクィーンツス・リガリウスに対する公訴をガーイウス・カイザルの官庁に提

          起したるも却て破訴に帰したるを主因とす」(Pomp.1,2,2,46 春木81頁)   Kunkel 37   Wieacker615


  * consul (執政官;そのほかの訳語も用いられている)   praetor (法務官)    censor  (戸口総監)

     quastor (財務官)  pontifex(神官)   pontifex maximus(大神官)       augur (鳥占官)         

                       これらについては、たとえば船田・第1巻56頁以下参照。

       Staatsordnung und Staatspraxis der römischen Republik, Zweiter Abschnitt, Die Magistratur, von Wolfgang

        Kunkel und Roland Wittmann, C.H.Beck, München, 1995.

  * equites 騎士階層  OCD 550       騎士階層から法律家が出るようになった   例 前掲 44 47    Bretone 115


                   · suffectio (OCD) : suffectio was the procedure by which a substitute or suffect (suffectus) was

                     appointed whenever a Roman magistrate...resigned or died in office....in 45 BC C. Caninius

                     Rebilus was consul only for a few hours......they had the appropriate rank and title of consularis.


         praefectus praetorio(近衛都督)「アウグストゥスはその護衛のために各千人から成る九軍団の近衛軍を作ってローマに

     駐在させ、二人の都督に指揮させた。近衛都督はコンモヅス(Commodus)以後は三人おかれたこともあり、騎士階級から選任さ

     れ、最初は近衛軍の指揮官に過ぎなかったけれども、急激にその重要性を増して、副元首ともいうべき地位をえ、元首不在の場合

     には顧問会を司宰し、元首に代わって(vice principis)民刑の裁判を為し、ことに元首に対する上訴を受理して、さらに元首に上訴

     されることのない判決を言い渡した」(船田・第1巻268頁)    OCD 1238

           praefectus urbi (警視総監)「アウグストゥスはローマ市警備のために各千人から成る三個の警官隊を作り、その総指揮者と

     して警視総監をおいた。名称を共通にするけれども、共和政時代に政務官の代理としてローマ市におかれたものとはその実質がち

     がう。警視総監は貴族ことに執政官級の者から選任され、その管轄は、最初は全イタリアにおよび、後にはローマ市内および市外

     十万歩に至るまでの地域に限られ、警察権と関連して刑事裁判権を有し、かつその裁判権は次第に拡大されてすべての犯罪に関

     するに至り、また、特別審理手続による民事裁判権を有し、都市の政務官の判決に対する上訴を審理した。警視総監の裁判権は

     元首によって委任されたものとして、その判決に対しては元首へ上訴が許された」(船田・同268頁以下)  OCD 1239

   consilium     OCD 377       

          Jochen Bleicken, Verfassungs-und Sozialgeschichte des Römischen Kaiserreiches, Band T,U, UTB

             Ferdinand Schöningh, Paderborn München Wien Zürich.

  wb01066_.gif (946 バイト)    2. 前期法学隆盛時代

           帝政の初め(アウグストゥス帝)からハドリアーヌス帝のはじまるまで  法学隆盛時代のことは、

        古典期classical periodとも言う。「古典」の意義について、池田亀鑑著『古典学入門』(岩波文庫) 

                    「英語のclassicフランス語のclassiqueドイツ語のklassischは、ラテン語のclassicusから派生した言葉である。このクラ

         シクスは、アウルス・ゲルリウスAulus Gelliusの有名なエッセイである『ノクテス・アッティカエNoctes Atticae』(Attic

         Nights)の中に見出される称号である。アウルス・ゲルリウスについてはよく知られていないが、一三〇年頃、アフリカ

         に生まれたといわれており……万般の知識――哲学、修辞、文法、歴史、文学など、あらゆる興味ある事柄を書きあ

         つめたのが、右のエッセイ二十巻だそうである。……その本の中に、スクリープトル・クラシクスscriptor classicusという

         ことばがあり、それに対照して、スクリープトル・プロレータリウスscriptor proletariusということばがある。これは、ローマ

         の六代の王セルヴィウス・ツリウスServius Tullius(B.C.578-534)が、即位後、憲法を改め、市民資格を出生によらず、財

         産(納税額)によって六種の階級(classisー英語のclass)に分け、第一級の市民をクラシキclassici第二級その他の市民

         をインフラ・クラッセムinfra classem最下級の市民をプローレタリイproletariiとよんで、国家有事の時に備えたという伝説

         に基づくことばである。そのclassis(階級)ということばの形容詞がclassicusで、元来階級的という意味であるが、ギリシ

         ャ・ラテン語学神田盾夫教授によると、それが言語によくある現象により、「第一級の」という意に転じたとのことである。

         ……」(18頁以下)         『英語語源辞典』(研究社)237頁

         3. 後期法学隆盛時代

         ハドリアーヌス帝からセウェールス・アレクサンデル帝(222−235)まで 

              4. 法学隆盛時代以後 

                  * この4 の時代の法律家として Kunkelに挙げられた法律家は次のとおりである(114頁

       以下263頁まで)。Richard A. Bauman, Lawyers and Politics in the early Roman Empire,

         München, 1989 も参照する(略称=Bauman)。

              U

           1. wb01436_.gif (949 バイト) M. Antistius Labeo : 「アンティスティウス・ラベオは、議員がお互いに一人ずつ選びだした元老院の詮衡会

                        で、アウグストゥスの昔の政敵で当時追放されていたマルクス・レピドゥスを択び、アウグストゥスから「もっと相応しい

                       人物がいるのでは」と問いかけられて、「人にはそれぞれ自分の考えがある」とやり返した。」(スエトニウス著・国原吉

                       之助訳『ローマ皇帝伝・上』岩波文庫152頁) Trebatius(44)の生徒  10年または11年没 ? DSW334

         Kunkel 114      Alfred Pernice, Labeo, Römisches Privatrecht im ersten Jahrhundert der Kaiserzeit. T.1873

            U-1.( 2.Aufl. ) 1895  U-2.( 2.Aufl. ) 1900 V-1 ( 2.Aufl. ) 1892  Halle という大部の研究書がある。

         「その思想は独創的で、問題の解決に当たっては極めて鋭利な頭脳を示し、四百巻の書をのこし

        た。そのうちことに法務官の告示の註解は永く後世の学者に影響を与えた」(船田・313頁) 

                   2. C. Ateius Capito :「この年、知名の士がこの世を去る。アシニウス・サロニヌスとアテイユス・カピトである。…

           …後のほうは、すでに述べたように、法律学の業績において、ローマでは最高の地位を占めていた。もっとも彼の

          祖父は、スッラの下で百人隊長をつとめ、父は法務官級の人である。アウグストゥスが、カピトを執政官に昇進させた

          のは、カピトが、同じ学問の世界で卓越していたアンティスティウス・ラベオよりも、官職の栄誉でもって凌駕するように

          と考えたからである。じっさい、アウグストゥス時代は、平和の華やかな飾りを、同時に二つも生み出した。その一つの

          ラベオは、自由の精神を腐敗させず、そのためいっそう深く人々から尊敬される。カピトは、節を曲げて支配者からいっ

          そうの愛顧を受ける。前の人は、法務官にとどまって、それ以上昇進しなかったので、この不当な仕打を同情され、世

          の賞賛を博す。後の人は、執政官職に就いたので、嫉妬を買い、世の憎悪を招く。」(タキトゥス・国原吉之助訳『年代

          記・上』岩波文庫237頁以下)      「スッラが回想録に記しているところでは、マルクス・アテイウスが城壁に先頭をきっ

          て挑み、敵が向かってくると振りおろしの一撃をかぶとに与えて剣を折ったが、その場を引きさがらず、頑張り通したと

          いう。市はたしかにそこから占領されたと、アテナイの古老も伝えていた。」(プルタルコス英雄伝・中・村川堅太郎編・

          ちくま文庫391頁)   Kunkel 114f.     22年没 DSW334

         * Labeo と Capitoについて Bauman49

                    * The differences between Labeo and Capito were accentuated by their followers. It was

                       probably for that reason that the two schools came to be named, not after their original

                       founders, but after two zealous disciples, Proculus and Sabinus--hence the Proculians

                       ( adherents of Labeo ) and the Sabinians ( followers of Capito ) . Textook on Roman Law/

                       Second Edition, Andrew Borkowski, Blackstone Press Limited, 1997. p.45.

                        →プロクリアーヌス学派とサビーヌス学派   Söllner 108

                   3. Blaesus :  Trebatius(44)の生徒      D.33,2,31(この一個所)    Kunkel 115                 

                   4. Fabius Mela : Ulp. D.43,23,1,12.  Labeoと同時代の人  Kunkel 116  

                   5. Vitellius :   Aulus Vitellius(69年皇帝)の家系との関係は検討の対象となる。Sabinus(6)にlibri  ad Vitelliumがある。

           Kunkel 117

                   6. Massurius Sabinus : ヴェロナの人 ティベリウス帝より解答権(ius respondendi ex auctoritate

         principis)を与えられる。OCD 935   Kunkel 119  Bauman 62

                  7. M. Cocceius Nerva :    33年没 cos. suff. (BC24)  curator aquarum(AD24) プロクリアーヌス

                     学派   13の父    「しばらくして、コッケイユス・ネルウァが、自殺を決意した。彼は元首の古い友人で、神々と

          人間に関するあらゆる法に精通した学者である。その地位は微動だにしてなかったし、健康も損なわれていなかった。

          それでティベリウスはこれを知ると早速、訪れてその理由を訪ねる」(タキトゥス・国原吉之助訳『年代記・上』岩波文庫

           357頁以下)    Kunkel 120  OCD 354    

                  8. C.Caninus Rebilus :   56年没  Kunkel 120

                  9. Minicius : Sabinusの弟子   consul 106

                 10. Cartilius :  この名前は比較的古い時代にはローマとエトルリアにのみ見られる。Ostia(ローマの外港)にも何らかの関

           係があった。  Kunkel 122   OCDには項目がない。

                 11. wb01436_.gif (949 バイト) Proculus :   Kunkel 123  Bauman 119    「ネールヴァの後継者をプロクルスとす。此の時代に

       又他にネールヴァと云ふ者あり前者の子なり…。然れどもプロクルスは学問上至大なる実力を発揮

        したるが故に其の権威は他の学者に優りたり」(春木・84頁)

                 12. Atilicinus :   プロクリアーヌス学派  Kunkel 129    Bretone 177  181(ususの議論) 

                 13. M. (?) Cocceius Nerva :   7の子 Nerva filius    おそらく皇帝ネルウァ(96-98. 35年生まれ )の父 Kunkel 130

                 14. C.Cassius Longinus : 「… 都警長官ペダニウス・セクンドゥスが彼の奴隷に殺された。…昔からの慣習によると、か

         かる場合は、犯人と同じ屋根の下で暮らしているすべての奴隷が死刑に処せられることになっている。…賛成派の一人

         ガイウス・カッシウスは発言番がくると、次のような意見を述べた…」(タキトゥス・国原吉之助訳『年代記・下』岩波文庫2

         08頁以下)  母は Ser. Sulpicius Rufus(前出40)の子孫  cos.suff. 30    69年以後に没 「 ロンギーヌスは皇帝の

         為めサルジニア放逐せられたりしがヴェースパシアーヌスの為め召還せられ其の後終に没したり」(春木・84頁)

         Kunkel 130        OCD 301   Söllner 109

                 15. Longinus : 「騎士の列に在るロンギーヌスなる者もあり後遂に法務官に進みたる人なり」(春木・84頁) Kunkel 131

                 16. CN. Arulenus Caelius Sabinus :  cos. suff. 69  Kunkel 131

                 17. Pegasus :  ドミティアーヌス帝(81−96)の時praefectus urbi  Proculus(11)の後継者

            Kunkel 133            Bauman 146   OCD 1131

                 18. Plautius :  Kunkel 134  一世紀の人 Neratus Priscus (26), Javolenus Priscus (23), Sextus Pompeius (40) ,

          Iulius Paulus (67) が彼の作品に注解をつけた。OCD 1193

                 19. Aufidius Chius :  Kunkel 135

                 20. Fufidius : Kunkel 136

                 21. Fulcinius Priscus  :  Kunkel 137     Bauman 165

                 22. Iuventius Celsus :   Kunkel 137        Bauman 180 

                 23. wb01436_.gif (949 バイト) Iavolenus Priscus :  cos.suff. 86  pontifex 106 or 107   属州長官    トラヤーヌス帝(98-117)のとき

          consiliumに属する  サビーヌス学派  Kunkel 138 OCD 1059  Söllner 109

                24. Varius Lucullus :    Kunkel 140                          

          25. Titus Aristo :     トラヤーヌス帝の頃の人 解答権をもたなかった 小Plinius(62-113)の友人 105年までの記録が

            ある     OCD 1532    Kunkel 141    DSW 260

                 26.wb01436_.gif (949 バイト)   L.Neratius   Priscus :   consul 87    トラヤーヌス帝・ ハドリアーヌス帝のconsiliumに属する

           Kunkel 144      Bauman 194   DSW 260  Söllner 109

                  27.Urseius Ferox : 名前はイタリアのもの        Kunkel 145

                  28. Vivianus : 「若し仲裁人が賤しむべき或場所例えば居酒屋又は妓樓に出頭すべきことを争議者に命じたるときはヴィ

          ヴィアーヌスが言えるが如く争議者が仲裁人の命令に服従せざるも責無きことは疑を容れず、ケルスス(29)も亦法学大

          全第2巻に於て此の意見を承認す」(春木・533頁)        Kunkel 146

                  29.wb01436_.gif (949 バイト) P. Iuventius Celsus :   Celsus filius (22の子)  praetor 106 ( or 107 )     consul 129 (二回目)

          トラキア属州長官  ハドリアーヌス帝(117-138) のconsiliumに属する

                       「…ケルススが法は正善及び衡平の術なりius est ars boni et aequiと定義せるは…」

                       (D.1,1,1,1  春木60頁)   「法律の知暁とは其の用語を捕捉するの謂に非ずして其の意義

                        及び適用を了解することを謂ふ scire leges non hoc est verba earum tenere, sed vim ac

                     potestatem」(D.1,3,17  春木88頁) Kunkel 146   Bauman 221 DSW 260        Söllner 109

                  30. Campanus :    トラヤーヌス帝・ ハドリアーヌス帝時代の人 Kunkel 147

                  31. Octavenus :  Kunkel 150

                  32. wb01436_.gif (949 バイト) Aburnius Valens :  D.1,2,2,53      サビーヌス学派    Kunkel 151

                  33. Tuscianus : 「ヤーヴオレーヌス・プリスクス(23)に継ぎたるはアーブルニウス・ヴワレニス(32) 及びツスキアーヌスなり、

            …ユーリアーヌスも亦然り」(D.1,2,2,53 春木84頁)  Kunkel 153

                  34. Valerius Severus : 「ラーベオーの説く処に拠れば奴隷状態に在りて子を儲けたる者も亦尊属と認めらる。又セール

          ヴィウスの説にては子が正出子たる場合のみに限らず故に私生子も亦其の母を法廷に召喚することを得ず」(春木・17

          7頁)    「ヴァレリウス・セヴエールスは嘗て後見人は其の共同後見人に対して事務管理の訴権を有すべしと解答し

         且つ政務官は詐欺の共謀者に非ざる場合のみ他の政務官に対して同一の訴権を有すと付言せり」(春木・377頁)

               cos.suff. 124 ?   Kunkel 154

                  35. P. Pactumeius Clemens :  Kunkel 154

                  36.wb01436_.gif (949 バイト) Salvius Iulianus : consul 148    Kunkel 157          DSW 260

                          Bauman 237 ;    Salvius Iulianus, or 'Julian' as he is usually known, is the last-known head of

                      the Sabinians and was, in the opinion of some, the greatest Roman lawyer of all.

                          Edictum perpetuum  吉原達也「Edictum perpetuum の再構成について」(法学論叢104−2)

                  37. M. Vindius Verus :   consul 138   Vindiusはケルト系の名前である    アントーニーヌス・ピウス帝時代

           D.35,2,32,4.(Maecianus↓42)  .....Vindius noster tantum Seio rogatus .....      Kunkel 167 

                  38. Sex. Pedius : 「…本人が訴訟受任者の行為に対して與ふる追認に付き訴訟受任者より担保を供せしめむべきや否

         やの問題も亦仲裁人の決定すべき職務事項中に属するや。セークスツス、ペーヂウスは此の問題の決定も仲裁人の職務

         に属すと見るべき理由無しとせり…」(春木・546頁 Paulus)  Kunkel 168

                  39. Laelius Felix : アッティカの夜15-27: In libro Laelii Felicis Ad Q. Mucium primo scriptum est

                     Labeonem scribere ''calata'' comitia esse quae pro conlegio pontificum habentur,...

                         Kunkel 170

                  40. wb01436_.gif (949 バイト) Sex. Pomponius : Kunkel 170 →Weil wir nichts darüber hören, daß Pomponius irgendwelche

                    Staatsämter bekeidet habe, nimmt man wohl mit Recht an, er habe sich ausschließlich der

                    Jurisprudenz gewidmet, und zwar, nach Eigenart und Umfang seiner Schriften zu urteilen,

                    mehr einer literarisch-pädagogischen Tätigkeit als der Gutachterpraxis.       Bauman 287

        「長い生涯の間に三十五巻または六巻の市民法論(libri ad Sabunum)、二十九巻のクィンツス・

         ムキウス註解(libri ad Quintum Mucium)ほかに大部の告示注解等多量の著作を完成した。…

         ことに法史を簡単に叙述した長い断片は一巻の書から引用され、氏の時代までのローマ法史

         研究のために貴重な資料をなす」(船田・320頁)

                  41. wb01436_.gif (949 バイト) Sex. Caecilius Africanus : ユーリアーヌス(36)の生徒   D.25,3,3,4    Kunkel 172

         アッティカの夜20−1:Sextus Caecilius was famed for his knowledge, experience and authority

                     in the science of jurisprudence and in understanding and interpreting the laws of the Roman

                     people.( Translation: John C. Rolfe, PH.D., LITT.D. Loeb Classical Library) 

        「アフリカヌスの法文(Africani lex)は、難解を意味した」(田中・90頁)

                  42. wb01436_.gif (949 バイト) L. Volusius Maecianus :  Kunkel 174     praefectus Aegypti    DSW 261 「ユリアヌスの門弟で

        ありマルクス・アウレリウスの師となり、信託遺贈論や刑事訴訟論やギリシャ語でロード海法論を

        作った」(船田・323頁)

                  43. wb01436_.gif (949 バイト) Iunius Mauricianus :  アントーニーヌス・ピウス帝時代にad legem Iulianum et Papiamを書いた。Kunkel 176

                  44. wb01436_.gif (949 バイト) Terentius Clemens :  アントーニーヌス・ピウス帝時代  Africanus(41)およびMaecianus(42)と同じくユーリ

                     アーヌス(36)のグループ  Terentiusも Clemensも広く存在する名前である   Kunkel 177

                  45. wb01436_.gif (949 バイト) Venuleius Saturninus :  次の46と同一人物かどうか  Kunkel 181 

           Bretone 190 (stipulationes)  193  「特示命令論および問答契約論を書いた」(船田・323頁)

                  46. wb01436_.gif (949 バイト) Claudius Saturninus :   D.48,19,16     Kunkel 184

                  47. Publicius : ハドリアーヌス帝のときのSenatus Consultum Tertulianum(テルトゥッリウス元老院議決D.38,17,2,8:

          船田第1巻299頁)で知れる。   人物についての情報はない。この名前は非常に多く関連づけが困難。 Kunkel 185

                  48. wb01436_.gif (949 バイト) Gaius :   Kunkel 186  「1816年、史家ニーブール(Barthold Georg Niebuhr)が、プロイセン

          からローマ教皇庁へ公使として赴任する途中、わずか2日のひまを盗んで北イタリアのヴェロナ

          に立ち寄ったことは、ひとりローマ法学のためばかりではなく、ひろく法学のために、評価しがた

          い功績をのこすこととなった。ここに訳出を試みるガイウスの法学提要の写本の発見がそれで

          ある」(船田享二『ガイウス・法学提要』3頁・有斐閣)     DSW262                          

                        末松謙澄訳・解説『ガーイウス羅馬法解説』(帝国学士院・大雄閣書房)

                  49. wb01436_.gif (949 バイト) Ulpius Marcellus : 家族は小アシアからローマ市民となった  アントーニヌス・ピウス帝(138ー161)および

                                    マールクス・アウレーリウス帝のconsiliumにいた Kunkel 213 OCD 1570  「三十一巻の法学大全および

        ユリアヌスの書に対する註その他の著作をのこし、明敏かつ簡潔な説明に長じ、その作は後代の

        学者ことにウルピアヌスによってしばしば利用される」(船田・322頁)

                  50. Gaurus :   D. 8,2,10     Kunkel 214

                  51. wb01436_.gif (949 バイト) Papirius Iustus : 帝政時代にはPapiriusは帝国全土に見られる名前である Iustusも広く見られる ヌミディアの

                      碑文に Iustusがあるがこの人物との関連は断定できない  著書 de constituionibusは法律家が皇帝の勅法に言及するよ

                       うになった例である      divi fratres     Kunkel 216    Bretoni 152 240

                 52. wb01436_.gif (949 バイト) Florentinus :  D.41,1,16  In agris limitatis ius alluvionis locum non habere, constat: idque et

                      divus  Pius constituit et Trebatius ait agrum, qui hostibus devictis ea condicione concessus sit...

                      Kunkel 217

                 53. wb01436_.gif (949 バイト)  Q. Cervidius Scaevola : D.28,6,38,3.        Kunkel 217      praefectus vigilum DSW 261

                 54. wb01436_.gif (949 バイト) Tarruntenus Paternus :  マールクス・アウレーリウス帝およびコンモドゥス帝時代(176−180)

          praefectus praetorio 179       Dio Cass. 71-2    Kunkel 219   OCD 1476

                 55. M. Aurelius Papirius Dionysius : Dio Cass.72,13,2.   72,14,3  Kunkel 222

                 56. wb01436_.gif (949 バイト) Aemilius Papinianus :  「夫れ然り卿等は某説を奉ずる著者の多数なるの故を以て其の説が他

                 のものに比して適切衡平なりと判断すること勿かれ…何故となれば比較的劣等の一人の見解と雖

        も或点に於ては数人の有力者の意見に優ることあり得べければなり。アイミリウス・パーピニアー

        ヌスの書にウルピアーヌス、パウルス及びマールキアーヌスが嘗て施したる註解にして名声赫々

        たるパーピニアーヌスの名誉を維持せんが為め従前は無効と見るの例なりしものと雖も直ちに其

        の註解を排斥すべきに非ずして卿等若し此等の註解中非常の偉才パーピニアーヌスの著を補足

        し又其の解釈に必要なりと察知したるものあるときは亦之が法の効力を認むるに躊躇すること勿

        かれ…」(春木・17頁以下)      Kunkel 213   DSW 266                

                  OCD 21→ Third-year law students, who had to study his work, were called Papinianists, but

                    Justinian, while preserving this custom, rehabilitated Paulus' and Ulpianus' notes on Papinianus

                    and esteemed Iulianus more highly.       

                    「カラカラ帝(211−217)が、その弟ゲタとの共同支配を廃し独占的支配を獲んことを欲して弟

        殺害を犯した行為につき、元老院におけるその正当性の主張をパピニアヌスに要求したに対して、

        彼がこれに応じなかったために、 カラカラから死を賜うた(212)と伝えられ」(田中・93頁)

              57. Messius :  セプティミウス・セウェールス帝のときconsiliumにいた PapinianusおよびTryphoniusとともに活動した

                                   Kunkel 229

                 58. wb01436_.gif (949 バイト) Claudius Tryphonius :  213年のカラカッラ帝の彼宛の文書がある シリアのアンティオキアにいた 

                                               Kunkel 231

                 59. wb01436_.gif (949 バイト) Arrius Menander : 「…未成年者の主張は凡そ何人と雖も国務の為め海外に在るか又はメナンデル・アールリウ

                      スが枢密院顧問官(consiliarius)たる時に許されたるが如く皇帝に直属の職に鞅掌する者に非ざれば其の一旦、引受けた

                      る後見職を免除せられざるを慣例とす…」(春木456頁)         Menanderの名は3世紀になるまで元老院議員や騎士階級職

                      務保持者に存在しない。Arriusは広く存在し特定できない。  Kunkel 233       OCD 956

                 60. Papirius Fronto :  Papiriusも Frontoも広く存在し特定できない。彼の著作がCallistratus(61)により引用されてい

           る(D.14,2,4,2 : D 50,16,220)。 Kunkel 235     OCDには項目がない

                 61. wb01436_.gif (949 バイト) Callistratus  :  Septimius Severus帝(193−211)時代の属州の法律家 名前はギリシアを示唆する。

                           De iure fisci et populi.            De cognitionibus(特別審理手続に関するもの) OCD279       Kunkel 235

                 62. wb01436_.gif (949 バイト) Tertullianus :  Tertullian as lawyer? OCD 1488 (キリスト教擁護論で有名な人物160ca.-240ca. と同一人か) 

          Kunkel 236

                 63. P.Pinnius Iustus :  彼の墓碑がアフリカ(Sicca Veneria)にある。37歳で没(Septimius Severus帝時代の、196年

                        以後)。  Kunkel 240

                 64. C. Laecanius Novatillianus :  Novatillianusは母方の名前 Kunkel 241

                 65. Arrianus :  著作de interdictis(特示命令について)がPaulus(D.38,10,5 : D.44,7,47)およびUlpianus(D.5,3,11 pr :

           D.28,5,19 : D.43,3,1,4)により引用されている。    Kunkel 243

                 66. Puteolanus : 「予の受任者の約束は予が之を約束すべきことを委任したると予の受任者が總事務の受任者たるとを

           問はず予に不利益を生ずることは明らかなり、蓋しプテオラーヌスが顧問録第一巻に於て記せるが如く受任者は予の

           為めに事件に付て争点決定を為し得べきものなるは確定の規則なればなり」(Ulp. D.2,14,12  春木246)

          cf. OCD 1280   Kunkel 243

                  67. wb01436_.gif (949 バイト) Iulius Paulus :   Kunkel 244   Scaevola(前出53)の生徒 

                      Papinianusが praefectus praetorio のときのassesor    praefectus praetorioには

           ならなかった DSW 266                     Libri ad Sabinum

        「ウルピアヌスと相並んで後世に大きな影響を与え……ウルピアヌスより長生した」(田中・94頁) 

                 68. wb01436_.gif (949 バイト) Domitius Ulpianus : 228年没( Kunkel 245) ←→   223年没 (DSW 267参照、Honoré)

         Papinianusの生徒 フェニキアのテュロス生まれ(D.50,15,1pr.)

                        222年( Alexander Severus帝 ) praefectus annonae 同年 praefectus praetorio

                  ユースティーニアーヌス法典のDigestaの法文の半分はPaulusとUlpianusの著作によるもので、

        その3分の2はUlpianusの著作による。DSW267       OCD 493「For these reasons he has proved

                    the most influential of Roman lawyers, having done more than anyone to present the law in a

                    form in which it could be adapted to the very different needs of medieval and Renaissance

                    Europe.」     

         「228年改革を試みて軍隊の叛乱に遭い殺害された」(田中・94頁)     

                 69. wb01436_.gif (949 バイト) M. CN. Licinius Rufinus :  D.40,13,4   regularum libri XII     Kunkel 255

                 70. wb01436_.gif (949 バイト) Aemilius Macer : 彼の作品はカラカッラ帝時代およびAlexander Severus帝(222−235)に書かれた

                            Kunkel 256

                 71. wb01436_.gif (949 バイト) Aelius Marcianus : Elagabalus帝(218−222   OCD221)およびAlexander Severus帝(222− 235)時代

                          に執筆した。Reichskanzleiの役職を勤めたという説(Krüger)がある。     Kunkel 258      OCD 19 「彼は学殖が

       あり、デモステネス、クリシプス、ホメロス、ウェルギリウスなどを引用している」(田中・93頁)

                 72. wb01436_.gif (949 バイト) Herennius Modestinus : Ulpianusの生徒 ダルマティア(クロアティア付近)の人(D.47,2,52,20)

             Kunkel 259 Bauman 37, 184

       73. wb01436_.gif (949 バイト) Iulius (Gallus?) Aquilia : D.26,7,34        Kunkel 261

                 74. wb01436_.gif (949 バイト) Furius Anthianus :  Kunkel 261

                 75. wb01436_.gif (949 バイト) Rutilius Maximus :  名前はイタリアおよび西部属州のもの  Kunkel 261

                 76.wb01436_.gif (949 バイト) Hermogenianus  :  3世紀末〜4世紀の初め(ディオクレティアーヌス帝時代)の人でCodex

           Hermogenianusの著者 ?       Kunkel 263                                                                 

          ¶  さらにKunkelの263頁以下270頁まで                                                                   

                         

            


       wb01066_.gif (946 バイト) 法学者の著作の型について船田・329頁以下は、次の7類型を説明する。

           1. 市民法注解(註解) ad Sabinum,  ad Quintum Muciumなど       2. 告示注解 ad Edictum 3. 法学大全 digesta

                         4.  教科用書・要約書 institutiones, regulaeなど  5. 解答録 responsa, epistulae, quaestiones      6. 注解 notae

                         7. 特殊論文  例として ad legem duodecim tabularum(=12表法注解)     

            * すでに、digestaという語が用いられていることに注意。なお、pandectaeもこの時期から用いられているとKunkel,

                              Römische Rechtsgeschichteに述べられている。  

                 Söllner 111にLiteraturtypenの説明がある。                   


    Digestaに収録された40名(38名または39名というのが正確だと言われている)のうち、3名(Q. Mucius

    Scaevola, Alfenus Varus, Aelius Gallus)が1の時期、2名(Hermogenianus, Arcadius Charisius)が4の時

           期に属する:DSW 313)。 

           wb01436_.gif (949 バイト) Aelius Gallus について: D.50,16,157.

             So wird man Aelius Gallus...ungern zu den praktizierenden Jurist zählen....(Wieacker 532)

           wb01436_.gif (949 バイト) Arcadius Charisius について: Kunkel 263 A565


 PICON46.gif (1483 バイト) Interpolatio

      原田・前掲に次の説明がある。「ユ帝は勅法彙纂、学説彙纂の編集を命ずるに当たって、法文の重複抵触を避け、当時の事情に

  合しない勅法又は法学者の著書に対して必要な挿入削除変更を加える権を法典編纂人に付与している。これ等委員が加えた法

  文中の改竄をユ帝法典と離れることのできない恩人Tribonianusの名に因んで、トリボニアーヌスの修正(emblemata Toriboniani)近

  代的にはinterpolatioと称する(三一頁・一部旧漢字を新漢字に改めた)」  さらに、この文の注に次の説明がある。「interpolatioと

  付注(glossema)とは区別することを要する。後者は写本中の付注である。法典編纂人はこれを法学者の法文と錯誤した場合がある。

  法典編纂人の修正の外、第三期[284−565年]の学者が古典法学者の著書に独断で加えた修正、所謂「ユ帝前の修正」

  (vorjustinianische Interpolation) もあると解せられる」

       小菅芳太郎「Uti possidetis 特示命令に関するガイウス文(Gai.4.148)に於けるインテルポラティオの可能性について」(国家

    学会雑誌71巻3号1頁以下)


       Otto Lenel (1849-1935) , Palingenesia iuris civilis T.U. Lipsiae 1889.(本書はAdolf Wach

        に献呈されている)

       本書は法律家の著作をもとのかたちで復元しようとするものである。つまり本書によって、上記のTの1−56 および Uの

    1−76 の法律家の著作の一定部分が原文で読めるのである。

      Franz Wieacker (1908-1994), Textstufen Klassischer Juristen, Göttingen, 1975(初版1959)


       スクロールの festina lente は、田中秀央編『羅和辞典』(研究社)の表紙および「改訂新版序」・

   「初版まへがき」によるものです。 

 PLINE01.gif (4593 バイト)

                                                                       next1.gif (2584 バイト)                                                                                        

                                    このサイトの運営者は、岡  徹 および 川中達治 です。