環境問題に少しでも興味関心のある若者へ。
若者(学生)を中心とした環境保護グループ結成のお知らせ。


                           神戸大学2回生 平山清和

 


 皆さんご承知のように環境問題は21世紀を生きる私たちに課せられた重要な課題の一つです。

 今日日本を含めた世界各国において環境保護が叫ばれています。

 当問題は政治、経済、文化などと複雑に絡み合って容易に解決できるものではありません。

 しかし(自然)環境ほど身近にあるものはないわけであり、私たち(動植物を含めた)生命が生きる上で

不可欠なものであることに変わりはないのです。

 そのことを考慮すれば環境が保護できるか否かは個々人の意識の問題にかかっているといっても過言

ではありません。

 では周りを見渡してください。環境に対する愛情を一体どれだけ感じ取ることができるでしょうか?街に氾

濫するごみを筆頭に首を傾げたくなります。

 市民団体などが清掃活動や環境保護活動をしていますが、メンバーには高齢・年配の方が多く、また世間

の風潮から「偽善的」「ダサイ」と敬遠されているため若者としては相当の勇気を振り絞らない限り参加できな

いものです。

 これは未来を担うものの意志を削ぐものです。(メンバーの方には失礼ですが事実です)

 きっと現状に疑問・不安を持つのは私だけではないはずです。そこで若者中心の環境保護グループの結成を

提案したいと思います。

 恥ずかしながら今のところ明確なプランはありませんが、当プロジェクトの根幹には「若者が気兼ねなく環境

について語り合える場を提供し、そこから行動に移せるためのバックボーンをつくろう」という目的

があります。

 活動に対する提案、当プロジェクトの名称などさまざまな意見をお待ちしています。

 決して堅苦しいものではありません。そのためどことなく過激なイメージのつく「団体」という名称を避けました。

皆さんどんどん参加してください。皆さんの力がなければ成り立ちません。

 私たちの力で世間の意識を変えていきましょう。参加希望の方は下記までメールをお送りください。

             また各界、他団体の方々からのご意見もお待ちしています。

 

kiyokazu hirayama