東北文化学園大学作業療法学専攻卒業生会規約(案)

第1章  総則
[名称]
第1条  本会は、東北文化学園大学作業療法学専攻卒業生会とする。

[事務局]
第2条  本会の事務局は会長が定める。

[目的]
第3条  本会は、東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科作業療法学専攻卒業生の交流・連携と共に学術技能の向上および東北文化学園大学の発展の一助となることを目的とする。

[事業]
第4条  本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
1)同窓会の開催に関すること。
2)ホームページの作成・管理・運営に関すること。
3)同窓会誌の発行に関すること。
4)同窓会名簿の作成に関すること。
5)東北文化学園大学作業療法学専攻への後援活動。
6)学術技能の向上に関すること。
7)その他、前条の目的を達成するために必要と認められること。


第2章  会員
[会員]
第5条  本会の会員は、次の通りとする。
1)東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科作業療法学専攻の卒業生であるもの。

[役員]
第6条  本会に次の役を置く。
1)会長   1名
2)副会長  2名
3)理事   各期から3名程度
4)監事   3名
5)会計   各期から3名程度

[役員の選任]
第7条
1)会長および監事は、同窓会総会で選出する。
2)その他の役員は、会長が任命し、総会の承認を受ける。
3)理事および監事は、相互に兼ねることは出来ない。

[役員の職務]
第8条
1)会長は、本会を代表し会務を総轄する。
2)副会長は、会長を補佐し会長に事故ある時は職務を代行する。
3)その他の役員は、会長の命を受け会務の常務及び執行処理をする。
4)監事は、民法59条の職務を行う。

[役員の任期]
第9条
1)役員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。
2)補欠または増員による役員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。
3)役員の辞任または任期満了の場合においては、後任者が就任するまでは前任者がその職務を行わなくてはならない。


第3章 会議
[会議]
第10条
1)会議は、総会、理事会、常任理事会とし、総会は定期総会及び臨時総会とする。
2)総会は本会会員をもって構成し、予算、決算、事業計画、事業報告、役員の選任、役員の解任、本規約の変更等、重要な事項を審議する。
3)理事会は本会役員をもって構成し、会務の執行に関することを審議する。

[構成]
第11条
1)総会は正会員をもって構成する。
2)理事会は、理事をもって構成する。

[招集]
第12条
1)会議の招集は、会長が行う。
2)会長は、会員の3分の1以上の要請があれば、一ヶ月以内に会議を招集しなければならない。
3)会議の議長は、会長が行うか、その都度選出する。

[議決]
第13条
1)会議は、会員の過半数の出席(委任状を含む)をもって成立する。
2)会議の議事は、これを構成する出席会員の過半数をもって決し、可否同数の時は、議長の決するところによる。


第4章  資産及び会計
[資産の構成]
第14条  資産の構成は、会費1ヵ年3,000円及びその他をもって構成する。

[資産の管理保管]
第15条  本会の資産は、会長が管理し、その方法は総会の議決による。

[会費の納入]
第16条  会費は、毎年6月末日まで納入しなければならない。

[会計年度]
第17条  会計の年度は、毎年4月1日から3月31日までとする。

[規則の変更]
第18条  この規則は総会において、出席構成員の3分の2以上の同意を得なければ変更することはできない。

付則
1)本規約は、平成16年3月20日より施行する。



GeoCities Japan