319日火曜日 午後430

UBC Food Service

Residence Dining Operations

対応してくれたのは、General ManagerMs. Loriann McGowan

UBCの構内は広く、Bus Loop に市内からのバス、トロリーバスが入って来る。構内にもBus stopがあるが、どのBusが廻っているのかはわからなかった。Busの料金はエリアを越えなければ$1.75で前のり後降りで、乗ったときにお金を払う。
 構内の西側に
Residenceがまとまって建てられていた。

Totem Park Residenceの隣にある建物にUBC Food Serviceがあり、間違えて食品の搬入口から、入った。雪の降る日で、かなり 寒かった。

Food service manger  Ms. Loriann McGowan は、Officeで、待ってくれていた。


 初め自己紹介をして、握手をしたが、私の手があまりにも冷たかったので、すぐにお茶を飲みに行こうといことになり、Dining roomへ向かった、このときにカメラと貴重品しか持たず大切なノートを持参しなかった、ためにあとで後悔することになった。事前に聞きたいことをノートに書いておいたので、英語が通じない場合は、これを見せればよいと安易に考えていたので、説明を受けながらノートにメモすることもできず数値は聞きながら以前にUBCsiteからprint out したコピーから読み取るところもあった。

 Drink Bar があり、自分で自由にCoffee, black tea, green teaなどが選べる。Green teastaffに薦められて、飲みながらDining roomにある、Food serviceについて、説明を受けた。午後4時50分ころで、夕食の提供時間になっていたため、サービスカウンターにはstaffが入っていた。Cereal ,Salad bar や Desert corner など、多種類のものが並んでおり、どれでも選べる。Potion size は決められており、日本と比較すると一皿に入る分量が多い。後で確認したら日本の約1.5〜2倍の重量であった


Totem Park Residence

Photo1 Totem Park Residence  Dining room

Counter 置くに設置されているドリンク用のショーケース

ショーケースの前に価格が表示されている。

カナダ  ブリティッシュ・コロンビア大学

Dining Room 食堂

ドリンク

デザート・コーナー

数種類の果物

例えば グレープフルーツ、メロン、ぶどうなど

ケーキ
フルーツタルト、チーズケーキ、プリン、フルーツパウンドケーキなど

自由に取れます。

サラダバー

お好みのサラダを好きなだけ
自分のボウルに入れます。

ドレッシングもお好みで
選べます。

ミートコーナー

本日のメニューは?
ウォームテーブルから温かい料理を
注文できます。
肉、魚の1人前の分量は、日本の約2倍程度

食べ過ぎに注意!!
ショーケースの上に飾られているのは、
インディアンのモニュメント?

シリアルバー

さすが、何種類ものシリアルが並んでいて、迷いそうです。

シリアルのトッピングも何種類もありました。

例えば、ヨーグルト・フルーツソース


Place Vanier プレイス バナー レジデンス

サンドウィッチバー
棚の上に乗っているパンを自分で選んで、好みの具をはさんでもらう。
カウンターの中にもう1人女性がいて、それぞれの注文に応じてくれる。




すしバー にぎり と 巻物を自分で選ぶ
この他に パック詰 されたものもある。
カルフォルニアロールの実演

海苔を外側にしないで、具は卵焼き、カニカマ、
サラダ菜、マヨネーズ など
バンクーバーは新鮮な魚が食べられます。手前はまぐろ

Vegetarian Menu

このケースの下の棚にはチャパティでEast Indianといい、中にはチキンと野菜が巻かれています。他に ベジタリアン用にひよこ豆とカレーを巻いたもの。

 

カウンターの内側 この右手奥が厨房

基本的にレジデンスを利用している学生はレジデンス内の施設利用のためのカード(デビッドカード)を持っていて、食堂を利用する場合はこのカードで決済します。

カフェテリアスタイルで、自分の食べたいものをトレーにせ、出口のキャッシャーでこのカードによって清算をするわけです。

カードの提示がないものは、レジデンス利用者でも現金払いとなり、利用者よりも高い金額を支払うことになります。またカードの残額が不足している人も同じ扱いになります。

Unversity of
      British Colombia
厨房内を見せてもらったところ、作業台の上には、ずらっと並んだ調味料類。
レシピを見せてもらったところ、かなりの種類のスパイスを使用して、いろいろなブレンドをしていた。

使っている食器は、外見では陶器のようで、一応earthenware と聞いてみたら Yesと答えてくれたようなので、洗浄には大変なのではないかと推察した。作業していたのは、男性であった。

Vegetarian menu について、いろいろ聞いたので、そのreceipt を調べてくれて、お勧めのものをOfficePCから探してくれてPrint out してくれた。