アルコールとの併用

アルコールと一緒にのんぢゃいけない薬 
○糖尿病の薬(特にクロルプロパミドなどのスルフォニルウレア系)         
○アスピリン                                  
○トリアゾラム(ハルシオン)などの睡眠薬や抗てんかん薬などの中枢神経系に効く薬 
○シメチジン、ファモチジンなどのH2ブロッカー                  
○セフェム系や他の抗生物質                           

これら中で一般に薬屋さんで手に入る薬はアスピリンとH2ブロッカーでしょう

ではなぜいけないか・・・・
アスピリンを飲んだ1時間後にアルコールを摂取すると血液中のアルコール濃度が上昇することが報告されています。
これはアスピリンによって胃でのアルコールの酸化が抑制されアルコールの吸収が多くなったからだということでした。

H2ブロッカーでもアルコール脱水素酵素を阻害するので血中のアルコール濃度が増加しますがファモチジンではこの作用はおこらないそうです。

薬事法24条
薬局開設者又は医薬品の販売業の許可を受けた者でなければ、業として、医薬品を販売し、授与し、又は販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列してはならない。ただし、医薬品の製造業者また輸入販売業者が、その製造し、又は輸入した医薬品を、薬局開設者又は医薬品の製造業者若しくは販売業者に販売し、授与し、又はその販売若しくは授与の目的で貯蔵し、若しくは陳列するときは、この限りではない


top page

since1999 by natural