グラフを見ると、明らかに年々、携帯電話の方は加入者が増えている。が、PHS加入者が少しずつ減少しているのがわかる。携帯電話の加入者数は平成八年には約二千万人だったが、毎年着々と加入者数が増加し平成十三年には六千九百万人にも及んでいる。日本人口から考えると、二人に一人は携帯電話を持っているという計算になる。PHSは平成九年の六百七十万人をピークに加入者数は減少の傾向にある。PHSが世間から消えてしまうまで、もう秒読み段階入っていると言っても過言ではないかもしれない。

 

 

角丸四角形吹き出し: それはPHSの需要が減少してきたってことですか??上の吹き出しに書いてあるとおり、やはり需要が減ってきているのだと思う。今は性能的に携帯電話の方がカメラが付いていたりと格段に上だからである。そして何よりも、電波の良い悪いということが一番の理由だからではないか。携帯電話のほうがPHSに比べると、電波がいい訳である。そういうことになれば、自然に携帯電話の需要が増加し、加入者のニーズに答えるために性能もどんどん向上していくというものである。