掲示板バックナンバー

99年4月16日〜4月19日

目次に戻る 
ホームに戻る

18日行ってきました。 投稿者:あくび  投稿日:04月19日(月)00時54分21秒 

       やっぱりアントラーズが気になってしまい行ってきました。行かないで後悔するより行って
       後悔したほうが、、、今日は後悔しませんでした。相馬さんの運動量はすばらしい、相馬さんの
       がんばりが目立っていました。敦はやはり調子がわるいのか、どーしたのでしょうか?
       もめてるとおもったらあつしでイエローもらってました。めずらしい?のでは。あつくなって
       るシーンが結構ありました。あつしがボールをもつと、チェックがきびしいですね。やはり
       思うようにプレーがいかないようで、まよってるかのように見えました。ドリブルで突破しようと
       したり(でもとられてしまう。)、自分で上がれるところでパスをだしたり(これもつながらず)
       ほんとにどーしたのでしょう?スランプ?1点でも自分できめていれば吹っ切れそうですが
       なかなかうまくいかないようですね。ネット裏で応援していたのですが、試合後こっちにきて
       くれませんでした。インファイトのところにはいくんですよねえ。ちょっと不満。
       インタビューがあったにせよ、サポーター席で最初っから応援していたのは私達だー!!
       と思いましが、、こっちきて罵声をあびるよりはいいかな?
       必死にあつしコールをしていたのに、来てくれればいいのに。がんばってたのに。
       下向いていっちゃいました。ほんとに調子わるそうです。
       ちょっと、説教しにクラブハウスに行ってきます。今月中に。説教できるわけない。
       すこし、様子を見てきます。心配なんで。
       しかし、ほんと雨ばっかでした。

----------------------------------------------------------------------------
ロナウドの話とACWC 投稿者:SOUMA  投稿日:04月19日(月)00時38分31秒 

       ロナウドの話
        ひろみさんのポストプレーに重点を置くべきだったという指摘には賛成です。
        確かに、目立つプレーよりも、何が効果的かという面で見る事も必要ですね。
        勉強になりました。
        ただロナウドの名前が出てしまったので少し話が極端になっている様な気が
        します。
        私は柳にロナウドになって欲しいのでもなく、無謀なチャレンジをして欲し
        いわけでもありません。
        ポストプレーやパスを出すよりも、多少リスクがあるが、一人抜けばより
        大きなチャンスが広がり、二人抜けば決定的なチャンスになるというの
        であれば出来るだけチャレンジして欲しいのです。
        あの試合では無謀ではなくチャレンジすべき場面も多々あったし、また成功
        しているプレーもありました。
        また自信を無くしていったという事ですが、確かにそういった面もありますが
        それなら自信を持てる様に練習すればいいのです。
        チャレンジする事を忘れては、進歩はないと思います。
        ただ前にも書きましたが、こういったチャレンジが柳のいい面を阻害してないか
        という点については、あまり自信がありませんが。

       ACWC
       鹿島−タラバ(1−0)
        1点を取るまで(平瀬)、柳の出来はかなり悪かったです。
        全南戦を引きずっているようでした。ミスも多く(特にトラップミス)、
        消極的なプレーが多かった様に思います。
        しかし、得点が入ってから少しずつ動きがよくなり、ハーフライン付近からの
        ドリブルも見られました。ポストプレー、トラップも良くなりました。
        特におっと思ったのが後半30分〜40分くらいでしょうか、右サイドから
        DF一人を交わし、PA内に入ったプレーです。
        ただプレーが良くなったのが、得点が入った後だったので、DFのマークが
        甘くなったせいなのか、どうなのか良く分かりませんでした。
        後精神状態が結構プレーに影響している気もします。

       全南−アル・イテハド(2−3だったと思う)
        後半30分くらいまで、眠くてしょうがありませんでした。
        後半30分から延長Vゴールまでは、結構楽しめました。
        しかしPKの取り合いでしたね。
        実力的には、明らかに全南が上ですね。10人にならなかったら勝っていた
        様に思います。
        しかしサウジの人達の陽気な応援は、楽しかったです。

       大会について
        鹿島は、3位に終わりましたが、日本でやって良かった思います。
        今まで遠かった大会を身近に感じました。こういう事を繰り返していけば
        Jのチャンピオンの先に世界が繋がっている事を実感でき、Jも盛り上がる
        と思います。
        

----------------------------------------------------------------------------
気持ちが伝わってきた3決 投稿者:大江戸捜査網  投稿日:04月18日(日)23時56分16秒 

        雨の中、鹿島の勝利を見届けてきました。ポンチョを着てバックスタ
       ンドで観戦しようとしていたら、某管理人さんたちと遭遇。屋根のある
       メインの自由席での観戦となりました。

          ☆タラバ戦スタメン

           平瀬  柳沢

           阿部  マジーニョ
           鬼木  内藤

        相馬 室井 秋田 中村

            高桑

        平瀬君、決勝ゴールおめでとう。ゴールに繋がるFKを蹴った祥朗、慣
       れない右サイドでしたが、期待の持てる動きでした。鬼木、気持ちは伝
       わってきました。もっともっと上を目指して欲しい。J1参入戦で地獄を
       見た君ならば、もっとできるはずです。

        やなぎは珍しく熱くなって黄色をもらったシーンがありました。
       ちょっと調子が良くないみたいです。でもスランプがあってこそ上手く
       なれるというもの。私は焦らずに見守っていきたいと思います。

        最後に苦言。阿部ちゃん、敵陣ゴールライン際までふらふらとドリブ
       ルでせっかく持ち込んだのに「どっこいしょ」ってな感じでバックパス
       はないよなぁ凸(-_-#)。室井君もオーバーラップしたら思い切りフィ
       ニッシュまで持ち込まないと....。最後まで行けないなら、自分の持ち
       場に早く戻りなさい。留守番の鬼木がかわいそうだよ。

        決勝も見たかったのですが所用のため帰宅。延長の末にアル・イテハ
       ドが勝ったようです。鹿島のACWCは終わりましたが、ACCが次に控えて
       います。日本を代表するチャンピオンチームとして頑張ってもらいたい
       です。そんな鹿島を私は応援し続けるつもりです。

       http://www.kiwi-us.com/~quagmire/hooligan/

----------------------------------------------------------------------------
「新柳沢」考 投稿者:氷見のおじさん  投稿日:04月18日(日)19時34分06秒 

       すみません。突然ですが書きたくなりました。
       新「柳沢考」ではないことを分かって下さい。
       要は今のやなぎを全て認めて、かつ新しいやなぎに脱皮してもらいたいということです。
       なんのこっちゃ、と思われる方も多いと思いますが、本人の「考え方」です。プレイスタイルは
       まったく問題ありません。
       私は、某日本代表監督が「ゴールへの執念が足りない」と言って彼を代表からはずした時、アホか、
       と思いながらも、それでも自分の考え方を曲げない彼の頑固さにひそかに拍手を送っていたもの
       です。でも今はやや変わってきています。
       金曜の試合を見終わった後いろいろ考え、また最近やなぎが悩んでるように見えること、(こう
       見えるのは私だけか?)そして一番影響されたのがある新聞のラモスの言葉。
       「日本のエースは城 彰二だ」という見出しに、なにとんでもないことを書いてるんだと軽く目を
       通すと、なんとやなぎにも当てはまるのではと思った、ことなどからです。

       やなぎはあくまでFWでありMFではないということです。(何をいまさら)
       ここで申し訳ありませんが私の独断と偏見で、FWとMFの違いを表現してみようと思います。
       長くなるので、皆さん飛ばしてください。(ご興味のある方だけお読みいただければ幸いです)
       私の友人にある金融機関に勤めている男がいます。
       たまに飲むとリストラだとか言いながらぼやいていますが、その彼と以前飲んだときの話で
       ああこれはサッカーにも当てはまるなと・・・・。
       彼はその会社に20年近く働いており、本部も支店(現場)も両方経験。その彼が言っていた
       言葉で、最近の本部の人の中には「極楽トンボ」が多い、と。
       彼の会社は、たくさんの顧客と取引をしている。より取引を深めたいと思えば、M&Aや海外展開
       システム提案等、本部の支援部隊を取引先に連れて行く。その支援部隊は、一緒に訪問した時は
       当然一生懸命プレゼンはするが、でも結局それっきり。最後までフォローするのは結局現場の仕事。
       結果、うまくいく、いかないは全て支店にはね返ってくる。
       要はいろんな数字の責任を負っているのは全て支店(現場)であり、本部の支援部隊は何の責任
       もない。むしろ何社訪問したかで評価されるきらいがある。(あくまで聞いた話であり間違って
       いたらごめんなさい。ただたとえ話としては丁度よかったので引用しました)
       まさにFW(現場)とMF(本部)ではないでしょうか。
       MFは効果的な(あるいは、と思われる、もっと言えば、と自分が考える)パスをたくさん出せば
       良い。決めるか決めないかはFWの責任。
       これはあくまで極論で、だからMFはだめだと言っているのでは決してなく、ただのたとえ話。
       でも、この差がFWの厳しさであることも事実ではないでしょうか。
       (かさねて断っておきますがMFを極楽トンボと言っている訳ではありません)
       でも、ぽっと出のわずか18歳がフランスのピッチに立てたのも事実なら、21歳が31歳との
       経験の差を言われたのも事実。(むしろこれは経験の差と言うより実績の差)
       しかし、プロのスポーツ選手が数字を求められるのは当然の事。野球、ゴルフ、相撲・・・
       メジャーなスポーツで、評価を人間の目に委ねているのはサッカーぐらいではないでしょうか。
       (ラグビーもそうかもしれないが、たしか日本にプロはなかったのでは・・)
       で、そのサッカーにおいてさえ、FWは結果で評価される。
       「柳沢は2ゴール1アシストと全ての得点にからんだ」というのは評価されるだろうが、
       「柳沢は3アシスト」では、その時は評価されても、シーズンを通しては「0得点」なのである。
       (当然アシストの記録は残るが)
       長々と書いてしまいましたが、やなぎはあくまでストライカーなのである。
       ストライカーならストライカーらしい考え方をベースに持って欲しい。
       彼は常々「常にいい動きをすることを心掛けている。得点はあくまで結果としてついてくるもの」
       と言ってます。
       これを次のように変えて欲しい。
       「常にゴールを狙う。その為に質の高い動きをする。でも自分で決められない時は、より確率の
       高い状況を作り出しパスを出す。」に。
       (たぶん彼も、心底はゴールを狙っているのではないか。但し、謙虚さゆえに表に出して言えない
       のかもしれないが。)
       それが、世界のストライカー達が持っている「怖さ」につながるのではないでしょうか。
       すみません。脈絡が無くなってしまいましたが、言いたい事は・・・・?
       はあ、自分でも分からなくなってしまいましたが、要は失敗を恐れず常にゴールを狙ってちょ。かな。
       長々と申し訳ありませんでした。

       最後に、ACWC3位おめでとう。

----------------------------------------------------------------------------
残念ながら 投稿者:中間管理職  投稿日:04月18日(日)11時45分08秒 

       残念ながら今日は行けません。
       庭仕事やら買い物やら、これもクビがかかってまして(トホホ)

       観戦にに行かれる方、私の分も応援してください。
       転んでもただでは起きない、そんなチームの戦い振りを期待したい。
       また、イラクチームの戦略や、選手の動きももじっくり見ておきたいですね。
       オリンピック予選等、将来への良い資料となるはずです。

       観戦記、期待しております。

----------------------------------------------------------------------------
私も行きます。 投稿者:MK  投稿日:04月18日(日)09時16分55秒 

       16日の国立にいらしたかた、お疲れさまでした・・・。
       あんなに酷い鹿島をみたのは、たぶん初めてです。
       今まで抱えていた問題点が一気に噴出したかな、と。

       ただし選手をかばうわけではないですが、国立ホームって、多分私たちが考える以上に
       選手にとってきついのでは。
       なにしろ、アウエーのみならず、ホームのときも必ず「前泊」しなくてはならない。
       これは特に家族持ちの選手には、かなりのストレスでしょう。
       おまけにうち2試合が、金沢と富山。只でさえ厳しいスケジュールに加え、この状況で
       選手の疲れはピークに達していると思います。
       もちろん、それとこれとは別問題。根本的にチーム作りを考え直す時期がきているような
       気はします。超楽観的な見方をすれば、これでゼ監督も本山や小笠原などを使わざるをえない
       状況になって良かったんじゃない、ということで・・・(爆)。

       それに、世界クラブ選手権の切符を手に入れるべきは、
       やっぱり本来はリーグ戦のチャンピオンでしょう。
       アジアの今回のレギュレーション(クラブ選手権とカップウイナーズの勝者が出る)は、
       どう考えても変です!(あー、負けるとここまで開き直る私・・・)
       来年は他の大陸同様リーグチャンピオンの勝者が権利を得られるように変更になることを
       信じつつ、鹿島は今年のアジアクラブ選手権にこそ、勝利してほしいです。

       と、こんな苦し紛れの楽観論にたどりつくまで、少々時間を要しましたが、
       私も今日は国立で、今の鹿島のありのままの姿を見届けてきます。
       冷静に考えると、私たち鹿島サポは、こういう悔しさよりも、震えるような歓喜のほうを
       今まで、より沢山享受してきたのですよね。
       ヤナギについても同様です。彼がこれまで確実に積み上げてきたものを、私たちは知っています。
       1試合だけで、これまでの彼の仕事を否定することは、私にはできません。
       16日の試合、確かに良くなかったけど、私にとって彼のワーストではないです。
       (ちなみにワーストと思っているのは、いつぞやの横浜国際でのマリノス戦です。
       全くと言っていいほど攻撃にからめず、どこにいるのかわからなかった・・・。)
       不動心さんが書かれているように、いくつかのいい場面もありました。
       今月のストライカーを読むと、チームスタッフの方の見方としては、今シーズンのヤナギは、
       「苦しいときのヤナギ頼み」という状況に陥りがちな中、1人でなんとかしてくれる
       頼もしい存在になってきた、ということのようですし。
       確かに16日は残念な試合でしたが、ここから鹿島がヤナギがどう立て直してくるか、
       見守って行きたいと思っています。

       ちなみに、聞くところによると、今回の国立開催にあたっての諸チームの遠征費用は
       なんと鹿島が負担したそうです。もし本当だとすると、非協力的なサッカー協会に
       日本開催を認めさせるためには、そこまでやらなくてはいけなかったということでしょうか・・・。ジーコの強い意志を信頼し、その実現に100パーセント
       努力する姿勢。いつものことながら、鹿島のフロントの対応には
       心からの敬意を表したいです。

       迷っているみなさん、国立に行きましょう!

----------------------------------------------------------------------------
おめでとうございます!/レスいろいろ・・ 投稿者:やなぎ命  投稿日:04月18日(日)09時11分47秒 

       ヤナギーズさん。

       お子さんのご誕生、おめでとうございます!!
       わああ、ヤナギーズさん、「お父さん」になられたんですね。
       素晴らしいですね! お子さんの健やかなご成長を心からお祈りします。

       お仕事もお忙しいご様子で、いろいろ大変でしょうが、どうぞ頑張ってくださ
       い。お暇をみて、書き込みにもいらしてくださいね。
       そのお子さんがもう少し大きくなったら、やなぎのレプリカユニ着て、観戦デ
       ビュー・・なんて勝手に想像して、にこにこしてしまいました(笑)。
       お陰様で、落ち込み気分がずいぶん明るくなりました。(^^)

       中間管理職さん。

       改めて、はじめまして。書き込みありがとうございました。
       どうぞ、これからもお気軽にいらしてくださいね。よろしくお願いします。
       一昨日の試合には、仕事帰りのスーツ姿の方が目立ちましたね。それも、中間
       管理職さんのHNのような(笑)年齢の方が結構多く、友人は、「日本リーグ
       を思い出させるような雰囲気」だと言ってました。サッカーが本当に好きな方
       が集まってきた、という感じがしました。
       そういう、一見「普通の社会人」という感じの方々や、かなり年輩の方々が、
       立ち上がってブーイングする様子をみて、なんだか日本のサッカーも捨てたも
       んじゃないな・・と思いました。

       氷見のおじさん。

       お久しぶりです。いやはや大変な試合でしたね。
       でも(大甘ですが)選手にもチームにも「高い授業料を払ったいい勉強」だと
       思うことにしました。というより、ぜひそうなってほしいです。
       思えば、鹿島って、時々とんでもなく屈辱的な負け方をしますよね。94年正
       月の天皇杯とか、95年春の平塚戦とか・・でもそういう試合をへて、したた
       かになってきたんだとは思います。J開幕前には、イタリア遠征で、クロアチ
       ア代表と戦って大差で負けたようですし。

       あくびさん。

       そうですか、レプリカユニのせっかくのデビューだったのに・・。
       でも、悪い運はこれで全部使っちゃったと思えば・・。鹿島もやなぎも、きっ
       とこの経験をプラスに変えてくれると信じています。
       今度ぜひ、レプリカユニ、見せてくださいね。

       それから、もうご存じかもしれませんが、
       5月12日の駒場でのUー22壮行会のチケットは、4月24日10時から各
       プレイガイドで受け付けるようです。(初日は電話のみ)

       ひろみさん。

       そうですね、ほんとうに「冷静に振り返ってみると」あの試合、FWとしてで
       きることは限定されていたような気がします。
       突破に関しては、可能性が低くても、それでもやっぱり試みるタイプもいるで
       しょうが、もともとやなぎはそういうタイプじゃないし、突破が得意でもない
       ですから、何度繰り返しても無意味だったかもしれませんね。

       そう考えると、やはり、試合を見ながら感じた「ポストプレーを簡単にはたく
       のか、キープするのか、その判断を正確に」というあたりが、結構大切になる
       のかもしれませんね。(これ、やなぎが新人のとき、真っ先にジョアン・カル
       ロスに言われたことでしたね、そういえば・・)

       ボランチに関しては、まったく同感です。
       最近、若い選手でいいボランチが出てきていますよね。鹿島にも、守備だけで
       なく、攻撃の組立ができて、いいミドルシュートを打てるボランチがほしいな
       あ・・。中田くんはどうなんでしょう。本来この位置だったはず・・。

----------------------------------------------------------------------------
冷静に振り返ってみると 投稿者:ひろみ  投稿日:04月18日(日)04時23分57秒 

       基本的にフォワードが相手ディフェンダーを抜き去る可能性が高い時っていう
       のは、言うまでもなくディフェンダーの重心が後ろにる時です。すなわち、下が
       りながらフォワードをケアしなきゃいけない情況です。これはカウンターの時に
       良く見られる状況で、スピードを特性とするフォワードには有利な情況です。
       すなわち、ヤナギが最も得意な情況です。

       それに対してディフェンダーが引いているとき、それはディフェンダーの重心
       がズレないでフォワードを迎える時ですが、ほとんどの確立において、ディフ
       ェンダーはこの時フォワードにたいして有利な情況で迎える事が出来ます。こ
       の時にはフォワードのスピードがなかなか発揮されない情況でもあります。こ
       ういった相手に対してはスピードを特性とする選手は例えロナウドであえも、
       苦労することは明白です。昨日のヤナギもこういった状況下で戦っていました
       。

       態勢を整えた相手に対して、どれほどスピードやフェイントを交えた突破が有
       効か、これは疑問です。で、ヤナギはこういった相手に全く確立の低い手段で
       攻撃をしかけていました。そんでどんどん自信を失っていくという悪循環には
       まっていたようでした。彼の選択した誤った戦略が彼自身を精神的に困難な
       状態に追い込んでいったと言えると思います。こういった無闇な突破よりもヤ
       ナギが執るべき手段は何かと言えば、中盤にいったん下がってある程度キー
       プし、再びリターンを貰うことによってスペースを捻出していくことだと思います
       。この動きに昨日のヤナギの工夫と正確さがなかったように思えます。

       私は以上の理由で無闇な突破の試みには賛成しかねます。

       ではチーム全体の問題として、引いた相手にたいしてどのようなチーム戦略
       が有効かと言えば、ボランチの働きにかかってくると思います。比較的スペー
       スがあると思われるサイドへの展開。あるいはミドルシュートで相手ディフェン
       ダーをつり出す(日本のボランチは本当にミドルシュートを打たない。あるいは
       その技術がない。今日のジュビロの名波なんかは全くミドルを打たない。それ
       に対し、若手の稲本、遠藤、酒井らは正確なミドルを的確な情況のもとで打て
       る力がある)。

       そして、昨日の鹿島には以上に述べた働きをこなす事の出来るボランチがい
       なかった、ということだと思います。何よりもこのポジションに大きな修正点が
       あるのではないでしょうか。また大型のストロングヘッダーもいればこれも有
       効だと思います。

----------------------------------------------------------------------------
最後まで見届けてきます 投稿者:大江戸捜査網  投稿日:04月17日(土)21時52分44秒 

        残念ながらACWC3位決定戦に回ることになった鹿島ですが、あすの
       14:00から東京・国立でタラバ(イラク)を相手に戦います。

        きのう見た印象ですが、タラバは3-5-2のシステムから割とショート
       パスを使い、左右のウイングが攻撃に絡んできます。ロングボールを
       蹴ってくるようなチームではありません。

        決勝に進んだアル・イテハド(サウジ)は3-6-1の布陣で、きのうの
       試合では開始15分は死んだふり。ところが17分にゴール右のFKから先制
       点を奪うと、次はCKから加点します。タラバとしては「負けた気がしな
       い」といったゲームでした。したたかなチームです。

        アジア・サッカーというと今まではロングボール、荒っぽいプレーと
       いうイメージを持っていましたが、いろいろあるものだと改めて思いま
       した。決勝の全南vsアル・イテハドは16:30キックオフです。

          ☆勝手な予想スタメン

           平瀬  柳沢

           阿部  マジーニョ
           本田  鬼木

         相馬 奥野 秋田 内藤

             高桑


        ないものねだりではありませんけど、U-20組がいたならば、攻撃的
       MFには本山と小笠原をぜひ使いたいです。本田の位置での中田も見てみ
       たい。

        悔しくて悔しくて仕方ないんですけど、鹿島が戦う姿を最後まで見届
       けてこようと思います。

       http://www.kiwi-us.com/~quagmire/hooligan/

----------------------------------------------------------------------------
最悪なレプリカデビュー 投稿者:あくび  投稿日:04月17日(土)13時59分52秒 

       こんにちは。16日観戦された方々、不満が多いことでしょう。お疲れ様でした。
       昨日は一生思い出に残るでしょう。4-1、はじめてです。あんなに点を取られるアントラーズの
       を見るなんて。韓国はベストメンバーでないはず、やはり韓国は強いのか?1-0でまけるんだったら
       良くやったって言えるのに4-1はないでしょう。やる気がないように見えた。後半。
       点を取られっぱなしであきらめてしまったのか?最後までやる気をみせてほしかった。
       敦は体調がわるいのかボールをおっかけもしなくなっていた。監督も交代させればいいのに。
       と思いました。本当に勝ちたかったら。
       まわりのサポーターの言葉に13番のレプリカ着ている私は恥ずかしかったです。
       18日の試合も見たくない!と思ったが1日考えたらやっぱり行きます。
       アントラーズが好きだから。(でもこのごろ試合内容もあんまりですね。勝ちはするけど。)
       18日は3位になってほしい。(応援に来る人、、、減るとおもいますが。)
       がんばれアントラーズです。
       敦にも悪い印象が多いので自分のプレーを大事にがんばってほしい。
       たぶん自分のプレーの悪さを分かっているのは彼だとおもうので。
       気持ちを入れ替えて試合にのぞんで欲しいです。
       (明日でるのかな?)
       わたしは応援しつづけます。ずっと。

----------------------------------------------------------------------------
誤字・・(汗) 投稿者:やなぎ命  投稿日:04月17日(土)12時46分44秒 

       何度もすみません。

       「牌底」→「海底」でした・・。

----------------------------------------------------------------------------
諦めずにトライしてほしい 投稿者:やなぎ命  投稿日:04月17日(土)12時35分19秒 

       掲示板を見たら不動心さんの文章がアップされていました。
       いろいろ重複するところもあるようですが、このままアップします。
       鹿島のチームについては、みなさんが指摘されていることに同感です。
       とくに不動心さんの「鹿島改造試案」は、そのままフロントに提出して検討し
       てもらいたいほどです。

       やなぎについては、ひろみさんをはじめ、みなさんのご指摘に同感です。
       いまの時点では、一人で突破するのは難しいですねえ。
       『ストライカー』の最新号のインタビューで、「今年はジーコからも監督から
       も、フェイントをマスターしろ言われている」と言っていましたが、本当に一
       日も早くフェイントを完成してもらいたいです。

       私が昨日、もう一つ気になったのは、状況判断の甘さです。あれだけマークの
       きつい相手と試合しているのに、ポストを簡単にはたいたり、安易なダイレク
       トパスを出すケースが結構あって、そのボールを奪われることが目につきまし
       た。もっとキープして、ためをつくってからパスするという判断も必要だった
       のでは・・と思いました。
       昨日のやなぎは、「ボールが足につかない日」だったようで、こまかいテク系
       のことはほとんどうまく行かなかったように思います。そういうこともあっ
       て、なるべくシンプルにパスを出そうとしていたのかもしれません。相手を抜
       く自信がなかったのかな・・と感じました。

       でも、それじゃ困ります。

       中間管理職さん(初めまして!)のおっしゃること、私も同感です。
       「うまくなりたい」という欲求は一番根底にあるものでしょうし、一番大切な
       ものでしょうが、プロになった以上は、それだけの動機で仕事をしてもらっ
       ちゃ、困ります。どんなにひどいときでも、平均点以上を出すのがプロであ
       り、ファンを持つ分野の職業だったら、ファンの気持ちに応えるという大きな
       仕事もこなさなくてはいけないのが、プロだと思います。

       もしも、昨日、体調が不十分だったとしても、また、ボールが何となく足につ
       かない日だったとしても、そこでできる最善のことが、もっと他になかったん
       だろうか・・。「ああ、だめだ・・うまくいかない」じゃなくて、勝つために
       もっともっとトライすることはなかったんだろうか。

       たとえば、後半25分ごろ、全南のDFが持っていたボールを、やなぎが激し
       くチェイシングして、結局スローイン(だったか?)に持ち込んだプレーがあ
       りました。やなぎは普段、こういう泥臭いプレーをあまりしませんが、とくに
       劣勢の試合には、こういうプレーだって大切だと思います。何がきっかけにな
       るか分かりませんから。

       後半、やなぎがボールを持って上がり、DFに寄せられて、ボールを後ろに戻
       したシーンがありました。
       歓声は溜息に変わり、お客さんの一人が叫びました。
       「勝負しろよ、勝負! そこで失敗しても、誰も文句はいわねえよ!!」

       たしかに、つねに可能性の高い選択をするのが一番だとは思います。
       でも、『フリテン地獄待ち牌底ツモ』(たとえがヒドすぎる?)みたいな低い
       可能性だって、やってみると来ることがある。(おいおい・・)
       出来ることはすべてやって失敗していたのなら、みんな、こんなに怒っていま
       せん。ロナウドでなくたって、シェフチェンコでなくたっていい。決して高望
       みして、無理な要求をしているわけじゃないと思うんです。
       ただ、まだまだすべきことがあったんじゃないか・・そのことに、こうしてみ
       んなが怒っているんだと思います。

       日曜日、雨でも見に行きます。トライする姿を見せてくださいね。

----------------------------------------------------------------------------
全南戦・試合経過(2) 投稿者:やなぎ命  投稿日:04月17日(土)12時29分06秒 

       後半1分、阿部が相手にパス。全南が右(鹿島の左)サイドを突破。CKを得
       る。CKは2度あったが、高桑がキャッチ。
       2分、全南、ゴール左にやすやすとボールが出て、そこからシュート。高桑が
       弾いたところを、詰めていた金がヘッド! 全南1ー2の逆転。

       鹿島はもう、パスが2〜3本しか続かなくなってきました。相手にカットされ
       るだけでなく、ミスパスも非常に目立ちます。また、競ると必ず競り勝つのは
       全南の選手、こぼれ玉を取るのも全南の選手です。

       秋田が相手にパス。全南がそのままドリブルで上がり、リカルドを振り切って
       シュート、右に大きくふかす。
       5分、DFからのロングパスをやなぎがポスト、ワンタッチで落とすが相手へ
       のパスになり、あっという間に逆襲を食う。
       6分、左サイドで相馬→やなぎ、DFに引っかけられて転ぶがノーファウル。
       8分、相馬が左スローイン→受けたやなぎが、ボールを取られる。それを取り
       返すが、DFに詰められてクロスが上げられない。
       9分、阿部が長いドリブル突破、PA内で倒されるがノーファウル。
       11分、リカルドout、名良橋in。
       秋田のパスが全南にかっさらわれ、そのまま抜かれる。シュートまでいった
       が、内藤が身体をいれて防ぐ。
       14分、左サイドの深いところで、やなぎがDF2人と対決、相手ボールに
       15分、やなぎが中央を横にドリブル、右の名良橋にパス、ワンツーをするが
       続かず。マジーニョ→やなぎのパスは相手に取られる。
       20分、全南のCK、こぼれ玉をミドルシュート! 全南1ー3。
       22分、長谷川out、平瀬in。

       名良橋、平瀬が入って、少しパスがつながるようになり、右サイドからの攻撃
       も増えてきました。でも、パスをどんどん前に出さなくてはいけないのに、出
       しどころがないのか、後ろに戻すことが多く、客席からもブーイング。

       25分、後方からのパスをマジーニョがヘッドですらして、やなぎが胸で受
       け、トラップしたところを相手に取られる。
       相馬、やなぎでワンツーを試みるも、通らない。
       26分、平瀬→阿部→やなぎがPA内にドリブルするが阻止される。
       28分、阿部out、鬼木in。
       平瀬、右サイドの深い位置で相手DFともつれ、粘ってファウルをもらう。こ
       れを名良橋がFK→秋田(?)のヘッドはGKがキャッチ。
       全南の逆襲、フリーでシュートを打たれるが、ゴールをはずれる。
       31分、長いパス回しから、平瀬がシュート、DFに弾かれたところをまた
       シュート、また弾かれ、またシュート!それも弾かれる。
       マジーニョ→右サイドのやなぎが突破するがDFを抜けず、ゴールキックに。
       32分、パスを受けたやなぎ、動きながら少しキープしてパスを出すが、それ
       がミスパスに。
       33分、秋田からのロングパスを、右でやなぎが受け、即後ろに戻す。なぜ?
       34分、鬼木→名良橋→内藤のクロスを平瀬が後ろに落とすが、相手に渡る。
       なぜ?ゴールに近かったんだから、自分で行け!
       35分、マジーニョ→平瀬→やなぎ、ここでボールを取られる。
       ロングパスがやなぎに通るが、DF2人に詰められ、倒される。(しばらく倒
       れていた)
       37分、ロングパスを平瀬がすらして送るが、やなぎに届かず。
       40分、全南、カウンターから、またしてもミドルシュート。1ー4。
       ここで、ざわざわと帰り支度をする人が出てきました。
       42分、マジーニョ→やなぎのボレーシュート。強烈だったがGKキャッチ。
       平瀬のドリブル→マジーニョに渡るが、パスミス。
       ロスタイム、やなぎ→内藤→平瀬がドリブルしてクロスを上げるが、相手DF
       がクリアしてスローインに。
       名良橋のクロスをやなぎがシュートするがDFに止められる。こぼれ玉をもう
       一度名良橋がクロス、しかし詰めていた2人の選手の頭にとどかず、流れる。

       試合終了と同時に、ものすごいブーイングがわき上がりました。応援席だけで
       なく、私のいたバックスタンドも、みんな立ち上がって、口々に罵声を浴びせ
       ていました。(もちろん私も・・)
       「何だったんだよ、これは? バカにすんなよ〜〜!」
       「ちんたら後ろでパス回してんじゃねーよー!やる気あんのか〜〜!」
       「ふざけんなよ、こんな腐った試合しやがって!」
       「私の休暇を返せ〜〜!」
       「おめーら、最低だよ、最低! もう来ねえからな〜!」

----------------------------------------------------------------------------
全南戦・試合経過(1) 投稿者:やなぎ命  投稿日:04月17日(土)12時27分31秒 

       国立にいらした方々、お疲れ様でした。
       試合をご覧になっていない方のために、簡単に経過を書きます。長いです。
       (見間違いや見当違いは、ご了解ください・・汗)

       1分、左サイドで相馬からのパスをうけたやなぎは、切り返してDFをかわ
       し、深いところまで駆け上がって、中央にグラウンダーの絶妙なクロス→つ
       めていたマジーニョがシュートするも弱く、GKがキャッチ。
       5分、DFからのロングパスをやなぎがヘッドで中央に落とし、マジーニョ
       へ。やなぎはすばやく駆け上がるが、ワンツーは通らず。
       7分、ロングボールを右サイドで受けたやなぎが、大きく切り返してDFをか
       わすが、進みきれず、内藤に戻す。内藤がクロスを上げるが精度悪い。
       9分、やなぎが中央をジグザグとドリブルするが、結局取られる。
       10分、右の内藤→中央の阿部→左の相馬とつなぎ、相馬が駆け上がってクロ
       スを上げるが、やなぎに通らず。
       12分、長谷川→左のやなぎ→阿部→駆け上がるやなぎへとパスが通るが、
       DFに阻まれ、CKを取る。左からのCK(阿部)→秋田がヘッドでゴール!
       よし、これで先制だ!
       13分、やなぎがドリブルで上がり、こぼれ玉をリカルド→相馬→阿部がいい
       クロスを上げたが、やなぎに届かずDFがクリア。そのこぼれを左から阿部が
       クロス、大きすぎて、詰めていたFW2人に届かず(やなぎは転ぶ)。

       このあたりから、全南の攻撃が積極的になってきました。
       鹿島はパスにもクロスにも正確性を欠き、相手に詰められてボールをとられる
       回数も増えてきました。全南はボールを奪ってからがシンプルで、速いドリブ
       ルかロングパスでスピーディに前に運び、ゴールを狙ってきます。
       パス回しもていねいで、とくに「上手い」と感じる選手はいないのに、確実に
       回してきますし、チャンスとみるやすばやく仕掛けてきます。

       17分、全南、左サイドをドリブルで上がり、シュート、高桑がキャッチ。
       20分、全南が中央突破してシュート。ゴール右にはずれる。
       21分、全南、スローインからパスを回し、ロングパス→秋田がクリアした
       ボールが全南へのパスになり、シュートを打たれるが、高桑キャッチ。

       24分、長谷川のミドルシュートはDFに阻止される。こぼれを相馬が拾い、
       左からクロス→やなぎがDFと競りながらヘディングシュートするが、ちょっ
       と頭をひねりすぎて、ゴール右にはずす。
       25分、本田→相馬→阿部(遅い)→やなぎに通らず。
       32分、長谷川→やなぎが浮き玉フェイントでDFをかわし(相手に当たって
       はずんだのかも)シュートしたが、右にはずれる。

       33分、全南の怒涛の攻撃が続き、左から強いミドルシュートを打たれる。こ
       れがポストに勢いよくあたり、跳ね返ったボールを奥野がクリアミス、オウン
       ゴールに・・。1ー1の同点になる。

       これでますます全南が積極的になってきました。こぼれ玉はほとんど拾われて
       しまうし、そこからの攻撃が速い。また、ミドルシュートが効果的だと分かっ
       たらしく、ひんぱんに打ってくるようになってきました。

       36分、全南、ミドルシュートを打つ。
       38分、秋田からのロングパスはやなぎに通らず、DFに取られる。全南の逆
       襲、鹿島のDFが戻りきれず、奥野がかろうじてクリア。
       41分、左の相馬→やなぎへ。やなぎは上がりながらDFと競り、つきとばさ
       れるが、ファウルではなく、ゴールキックに。
       42分、全南の12番の強烈なミドルシュート。高桑かろうじてパンチング。
       43分、全南の攻撃、左からミドルシュートは大きくふかす。
       ロスタイム、相馬の左からのクロスに、やなぎが走り込むが、GKキャッチ。

----------------------------------------------------------------------------
明日のために(その2) 投稿者:不動心  投稿日:04月17日(土)11時58分07秒 

       (その1)から続く

       <検証3> ヤナはロナウドではない。 << ひろみさん、SOUMAさん
        昨日のヤナが一人で勝負した場面、前半2回、後半数回。前半の一回は
       左サイドでボールを受けて相手DF(ブラジル人?)を交わして絶妙なラスト
       パスを出しました。もう一回はマジと交錯しながらDF2人の間を抜けて強引
       にシュートまで行きました。あれが決まっていればね(大愚痴)。

       後半は安易な突破を狙って、簡単にDFにボールを奪われていました。
       あぁ〜、折角覚えたキックフェイント、ダブルタッチのヤナフェイントは何処
       へ忘れてきたのでしょうか。それよりも精神論ではないですが、ボールへの
       執念が全くありませんでした。そう、体調が悪かったのかも知れません。
       何か悩んでいるのかも知れません。自分への苛立ち?
       でもプロなんだから、ピッチの上に立ったら最高のプレーを魅せる努力を
       して欲しい。その意味で昨日のヤナの姿には失望しました(ああ言ってしま
       った)。

       観戦されていない方々には心配の種を蒔くようで申し訳ありませんが、彼の
       プレーが精彩を欠いたのは事実です。体調が良くない可能性があります。
       チーム戦術がフィットしていない焦りもあります。ロナウドになれない焦り
       かも知れません。

       でも、ヤナはロナウドになれなくても良いんです。ヤナはヤナのままで良い
       んだから。後半終了間際にヤナらしいプレーがでました。ゴール前左に一瞬
       の飛び出しから抜け出たところへ、後ろのマジ?から浮き球のパスが出て、
       それを左足ダイレクトボレーでそのままシュートしましたが、GKのファイン
       セーブに合いました。こう考えると前・後半1回ずつ決定機はあったのです
       ね。

       今の鹿島は相手の戦術に応じて、柔軟に戦術を修正することができません。
       昨日の失点も1点目オウンゴール、2点目GKの判断ミス。そう川崎戦での
       北澤のシュートを思い出しました。不用意な失点をすると鹿島は修正が効か
       なくなるようです。ここはチームとして打開策を講じる必要があります。

       ではヤナは何が出来るのか? プレーの精度を上げる。一瞬の飛び出しに
       磨きを掛ける。一人で勝負する方法をさらに工夫する。それが出来ないなら
       キープする。ポストプレーに磨きを掛ける、などなど、課題は山ほどあります。

       明日の3決、雨の予報ですが、鹿島の、そしてヤナの奮起を期待します。

----------------------------------------------------------------------------
明日のために(その1) 投稿者:不動心  投稿日:04月17日(土)11時15分30秒 

       恐るべし、ドラゴンズ! 野球もサッカーも龍には勝てないということです。

       今日はどんな視点から観戦記を書こうかと悩みましたが、愚痴は最小限
       に止めて、出来るだけ建設的にやりましょう。

       <検証1> 全南(チョンナム)ドラゴンズはどんなチーム?
        Kリーグでは中位に位置し、リーグ優勝はないはず。1997年第2回FA
       カップに優勝して、ACWCに出場。代表選手にはDFキム・テヨン、MFキム・
       ドクンがいる。典型的な韓国スタイルでスピード・パワーに優れる選手が
       多い。柏レイソルとそっくりのユニフォーム、守備的で一発カウンター狙いの
       スタイルもレイソル似。鹿島の最も苦手なタイプのチームかな。
       昨日見た4チームの中では図抜けていた印象。

       <検証2> コンディション調整
        鹿島はビスの欠場、名良橋の途中出場など最悪。全南の詳細は不明
       ですが、1週間以上も前から来日して万全の調整をしていた模様(全く
       ニュースにもなりませんでしたが、某所より情報を入手)。鹿島に関しても
       かなり研究していたらしい。昨日のゲームでも最後までスピードが落ちず、
       韓国選手のタフネスぶりには驚くばかり。ブラジルを撃破した韓国の勢い
       を感じましたね。

       以上は鹿島敗戦の言い訳を私が代弁したわけではないのですが、全南が結構
       良いチームだったので、少し調べてみたのです。

       さて、本題ですが鹿島の課題は一体何なんだ?どうすればアジアチャン
       ピオンになれるのか?について、これからじっくり考えてみることにします。

       明日のために(その1)−鹿島(日本)が韓国スタイルに対抗するには−

        鹿島はブラジルスタイルを踏襲しています。そのブラジル代表が韓国に
       手こずりました。これは何を意味しているのか?真剣に考えるべきです。
       ブラジルスタイルは個人技が基本となっています。個人の技術が不足して
       いるのにブラジルと同じ様な戦術を駆使して、韓国のスピードに対抗するの
       は不可能です。昨日のゲームでもリカルドが全くスピードに付いていけず、
       機能しなかったのを見ても明らかです。

        阿部然り、マジ然りです。仮にビスが出場していても、中盤を支配すること
       は出来なかったと思います。昨日のようなゲームには小笠原に居て欲しか
       った。鬼木の投入も裏目に出ました。彼には中盤での運動量が要求された
       のに、1−3で投入されたので、もう焦ってしまって、ほとんどFWのポジショ
       ンでしたから。せめて後半頭からリカルドと変えるべきでしたね(愚痴だ)。

       マジも焦るとFW3人衆(だんご3兄弟か)になってしまって、あれ中盤は
       誰が作るの?阿部ちゃんは何処?って感じでした。

       では、これから鹿島はどうすれば良いのか?ブラジルスタイルを踏襲する
       のなら、
        1)基本技術のある選手を使う、
        2)タフな選手を使う、
       の2点です。
        でも、私は思いきったチーム改造に今すぐ本気で着手すべきだと考えます。
       もう、ビスがいないからマジを中盤に下げて、などという小細工はして欲しく
       ないのです。

       (その2)へ続く

----------------------------------------------------------------------------
惨敗 投稿者:SOUMA  投稿日:04月17日(土)09時09分18秒 

       私も見てきました。惨敗でしたね。
       昨晩はかなり落ち込んでしまい。何もする気力が起きませんでした。

       試合内容としては、今年のJの試合そのままだった様に思います。
       点差は、先行されたので得点しようと前かがりになった事と相手のカウンター
       攻撃が見事だった為で、あまり気にしなくていいでしょう。
       Jでは、中盤で競り負けても何とかしぶとく勝ってきましたが、全南はそれが
       通じるほど甘い相手ではなかったです。全南はスピードがあり、当たりも強く
       いいチームです。何か若者(全南)と老人(アント)の様でした。
       ただ、2点目をどちらが取るかで、結果は全く逆になった様にも思います
       (2点目は高桑のキャッチングミスだった?)。

       試合を見ていて少しカチンときたのは、3点目を取られた後、目がさめた様に
       猛攻し始めた事です。何でもっと早くやらないんだ(怒)。

       柳ですが、ひろみさんの書かれた柳はロナウドではない。これにつきます。
       やっぱひとりでは、何もできない。ほんとはひとりでも局面を打開する
       選手になって欲しいのだけど現時点ではやはり無理ですね。
       プレーで気になるのが前にも書きましたが、サイドからドリブルで攻め
       あがった時に、ゴールライン方向に走り込むばかりで、切り返さない事です。
       今のままではDFは恐くないでしょう。
       しかしあまり目立ちませんでしたけど、柳の効果的なパスを起点として何回
       かチャンスになった事がありました。その点は良かったと思います。

       今後のアントですが。もう中盤をビス、マジに頼り前に出て行かない試合
       スタイルには限界があります。
       メンバーの入れ替えも含めて、もっと攻撃と守備にメリハリのあるームに
       なって欲しい。

       負けたら明日は行くつもりはなかったのですけど
       >大江戸捜査網さんの
       >「日曜日までに悪いところをどれだけ修正できたのか、確認しに来るからな」
       に少し励まされたので、見に行ってやるか!!

----------------------------------------------------------------------------
うーん 投稿者中間管理職  投稿日:04月17日(土)08時29分18秒 

       はじめまして、の書き込みがこんな事で残念ですが、昨夜の試合にはガックリきました。
       少しでも入場者を増やそうと無理矢理同僚を連れていった私の立場はどーしてくれるんだと
       心で怒鳴っていました。 まっ、奢ってやったので文句は言われませんでしたが、
       「日本代表がいてこんなレベルか」との厳しい指摘に返す言葉も無く、すごすごと我が家に
       帰った次第です。酒を飲む気にもなれなかった。

       何が、という以前に全南Dの選手一人一人のパワーが違っていましたね。 全員にやる気が漲って
       いました。 これは相手が日本だからといういつもの言い訳とはぜんぜん関係ないと思います。
       小手先の技だけでは通用しない力の差があったのだと思います。 その上アントラーズに技があり
       ませんでしたから。 パスは尽く繋がらず、相手のパスは通されてと、開いた口が塞がりませんでした。
       新聞には“いつもの力を出せなかった”とありましたが、ビスがいなければこんなものだと思います。
       これが上位チームである日本の現状を冷静に見つめ直す良い機会だったと言えばいいのでしょうか。
       アジアの関門を意識せざるを得なくなったのも収穫かもしれません。(協会がそう思ってくれればですが)
        
       柳沢にとっても非常に苦い試合でした。 良いところは見せられませんでした。 DFのチェック
       は理由にならないと思います。 一つ気になったのは、足元のボールキープの不確かさです。
       足首が細いせいかひ弱にみえますが、どうなのでしょうか。 平瀬の方が粘っこくキープしていた
       ようでしたが。 味方へのパスも通りませんでした。 味方があてにならない時に自分で持ち込む
       執念というか、ゴールに対するどす暗い(造語です)情念が未だ見えません。 悪魔に魂を売り渡しても、
       といった情念が相手に得体の知れない脅威を与え、それこそボールの縫い目ではありませんが、相手の動き
       を読む集中力が生まれるのではないでしょうか。 ”うまくなりたい”が、ただのサッカーおたくに終わるのか、
       偉大な選手になるのか、岐路に立たされたことを自覚してより逞しくなることを期待します。
       落ち込んでる暇など無いはずですから。

       最後にエールを
       ”ロナウドになれなくても、頼れるFW柳沢になれ。”

       皆さん失礼しました。

----------------------------------------------------------------------------
ご愁傷様でした(T_T) 投稿者:わた  投稿日:04月17日(土)01時41分34秒 

       国立で生観戦された方、本当にお疲れさまでした。

       僕も今相当に酔ってます^^;
       来年1月の世界クラブ選手権でシドニーに先駆けて世界デビューする
       ヤナギをちょっぴり夢見てたんだけどなあ。

       なんだか最近のアントラーズって改造前のヴェルディ化してるような・・・
       ひろみさんがおっしゃってるようにだましだましやってきたつけが
       まわってきてるようですね。ゼ・マリオは対処療法に長けているが
       根本的なチーム作りは出来ないタイプなんでしょうか?

       まあ、この敗戦がきっかけになって膿を出していち早くチームが
       立て直ることを願います。

       小笠原や本山をもっと使って欲しい。中田だってワールドユースで
       見せている読みの深いフィールディングや正確なロングフィードは
       「本田より使えるんちゃうか?」と思わせます(本田ファンの方
       ゴメンナサイ)3人がワールドユースで掴んだ自信や希望を
       失望に変えさせる真似だけはやめて欲しい。下手すりゃ本山あたりは
       海外からオファーがくるかもしれない選手なんだから。彼らはこれまで
       他のユースのチームメイトがJの試合で活躍するのを尻目に黙々と
       腐らずに頑張ってきたんだから。

----------------------------------------------------------------------------
勝って不満 負けて不満 投稿者:大江戸捜査網  投稿日:04月17日(土)01時26分11秒 

        きのうのポルトガル戦、メンタル面で押されていた日本を見て、「こ
       れを乗り切れれば一回り大きくなれるはず」と思いました。もちろん、
       試合運びはとても不満でしたが、負けないこと、勝つことで得られるこ
       とが小さくないのも確かでしょう。

        きょうの全南戦、1点リードしてもペースをつかめない鹿島を見て、
       「代表の韓国戦と同じじゃないか」と思いました。負けたことから何か
       得られたでしょうか。良い経験とは勝ってこそ得られるものと確信しま
       す。

        あのような試合をされては、正直に言ってまた見に行こうとは思いま
       せん。「日曜日までに悪いところをどれだけ修正できたのか、確認しに
       来るからな」。ああ、結局はまた観戦しに行ってしまうのでしょう。 

       http://www.kiwi-us.com/~quagmire/hooligan/


----------------------------------------------------------------------------
失礼。ちょっとヨタ入ってます・・ 投稿者:やなぎ命  投稿日:04月17日(土)01時25分05秒 

       やけ酒飲んで、帰ってきました。
       正直いって、私がいままで見た鹿島の試合の中でも、ワースト3に入るような
       ひどい試合だったと思います。

       一緒に観た人たちと、
       「この試合はなかったことにしよう。テレビ中継もなかったんだし、黙ってい
       ればわかんないさ。国立競技場ごと封印しちゃおうよ、うん、そうしよう」
       などと言い合いながら帰りました。(苦笑)

       始まる前までは・・・
       「どうしてこんな重要な試合を、テレビで生中継しないんだろう」(怒)
       始まってからは・・・
       「これ、アジア全域で生で流れてるんだよなあ。やばいなあ・・。リアルタイ
       ムで、恥のタレ流ししてるのか。もう少しなんとかしてよ〜〜」(涙)
       終わってからは・・・
       「・・とにかく、日本で中継してなくてよかった・・」(ぼそ)

       いやもう、本当に、サッカー協会の不親切さに感謝です。(自棄)

       試合のルポは、また改めて書かせていただくつもりです。
       今日はもう寝ます。

----------------------------------------------------------------------------
今すぐ忘れてしまいたいような敗戦 投稿者:ひろみ  投稿日:04月17日(土)01時09分21秒 

       >NSさん
       >あのゲーム、勝った事実が何よりお宝で嬉しかったのです。
       >言うまでもなく、勝ったという結果が選手自身の
       >メンタル面での経験として大きかったはずで、
       >もっともっと自信を持ってくれよ。いい経験したじゃないか・・・
       >とかでした。
       全く同感です。特にNSさんの御意見を安直な精神論に結び付けた訳ではな
       いのですが。ただ、ポルトガルのしっかりとしたゲームプランはとても見習うべ
       きものがあるな、と感じまして、それがなんだかきつい言い方になってしまいま
       した。特に今迄日本が戦った相手にポルトガルのような繊細な戦術をとったチ
       ームはいなかったので。ただ、こんな相手と戦う経験を得る事が出来、なおか
       つ結果を出す事が出来たので、私も素直に嬉しいです。

       ユースは上出来ですが・・・・・
       今日、国立行ってきました。4点目が決まって、私は終了のホイッスルを聞く
       前に、国立を出てしまいました。こんな経験初めてです。
       相手のカウンター攻撃に見事はまって、やることなすこと全て裏目に出ました
       。ただ、この敗戦は鹿島にとってはプラスなものへ転化するいいチャンスにな
       りえるものかと思います。鹿島は今迄優秀なブラジル人をチームの柱にして
       チーム作りを進めてきましたが、その限界がこの試合で噴出したのではない
       でしょうか?今年のJリーグでもチームの状態は決して良いものではなく、だ
       ましだまし試合をこなしてきました。が、やはり技術と戦術に秀でた日本人の
       育成が、早急に求められている情況に鹿島はいるのではないかと思います。
       もし、その育成が不可能であるならば、ジョルジを切るべきではなかったです
       ね。育成を目指すのか、それともベテランを切らないで常に勝利を追求するの
       か、そのどちらかの姿勢を目指すべきでしょう。

       それにしても鹿島はこの大会を日本に招致するために多大の費用を費やした
       と思いますが、ものの見事に水泡に帰してしまいましたね。本当にこの大会勝
       ちに行くのならばジョルジは切るべきではなかったですね。しつこいようです
       が。チームとしての戦略が不明瞭で中途半端ですね。

       そいでヤナギですが。彼はロナウドじゃないってことです。一人じゃ何も出来
       ないですね。前半決定機がありましたが、今の彼の調子では難しいってことで
       すかね。

       こんなボロ負けは久しく経験してなかったので、ちょっとショックでした。

----------------------------------------------------------------------------
素人のばかなファンを誰か救って下さい。 投稿者:氷見のおじさん  投稿日:04月17日(土)01時02分43秒 

       皆様、お久しぶりです。
       まず、言わずもがなのことですが、私はアントラーズをこよなく愛し、やなぎを誰よりも好きな、
       でも悲しいかな素人のサッカーファンです。(誰よりもというのは、他のどの選手よりもという意味です)
       そんな私が、観戦後の素直な感想を書込ませていただきます。

       このチームに明日はあるのか?
       答えはNOでしょう。但し今のメンバーを使い続けるのであれば、の話ですが。
       今までずーっと懸念していたことが、ビスの欠場で白日の下にさらされてしまったようです。
       アントの中盤ってあんなに頼りなかったのでしょうか?
       後半、リードされていて攻めるしかないのに、DFに戻す。一度ならず何度も。
       持ちすぎて奪られる。奪られなくても、詰められて相手にパスする。
       もちろん前線の動きが悪いから出せない、ということもあるでしょう。
       しかし今日はそれだけでもないような気がしました。
       NSさんも書いておられるとうり、アントはフィジカルトレーニングを重視してきたそうです。
       (オフからシーズンインにかけて)
       でも、それも大事だけど、パスやトラップ等基本練習をもっとする必要があるんじゃないの、
       と思ったのは、私だけでしょうか?
       ビスやジョルジがいないと、中盤で組み立てられないだけでなく、ロングパスもほとんど通らない・・・。
       (まあこれは、苦し紛れのロングパスが多かったからかもしれませんが)

       でもそれは、相手をほめるしかないのかもしれません。前半の15分頃まではアントに押されて
       いたものの、99%アウェイの状態でも、きっちり自分たちの力を出していました。
       特に競り合った時のあの体の入れ方は、見習うべきでは?と思いました。

       で、我らがやなぎは?と言いますと、相変わらずトラップミス等細かいミスはあったものの、
       孤軍奮闘という感じでした。(違っていたらごめんなさい)
       ただやっぱりシュートは枠に行って欲しい。こう思うのは欲が深すぎるでしょうか?

       ゼ・マリオ監督、お願いです。早く中盤を立て直して下さい。方法はお任せします。

       脈絡の無い文章になってしまいましたが、とにかく、寒風の吹き荒ぶ中(なぜか右手の人差し指だけが
       寒さで痺れて感覚が無くなってしまった)、部下たちがもちろん女性も含めてまだ全員残っているのに、
       職権で国立にたった一人で駆けつけ、最後まで応援した私が帰途思ったことは、こんな試合では
       国立はいつまでたっても、満員にはならないだろうな、でした。
       (申し訳ありません。別に過激に書いてる訳ではなく、本当にそう感じたものですから)

       長くなりましたが最後に、MKさん。
       私も、ポルトガルの選手達には同じような気持ちで見てました。(特に延長で)
       そして後半、アントが攻めあぐねてる時、何度昨晩の試合を思い出したことでしょう。
       あのポルトガルの印象がまだ強烈に残っていたため、上記のような(過激な)思いになったのかもしれません。

       長々と失礼致しました。でも、長くても最後に言わせて下さい。
       審判さん。ちゃんと見てよ。素人目にもあれっ、と思うシーンが3回はありました。(やなぎが
       後ろから倒されたシーンも含めて)
       最後にやっぱり悔しさが出てしまったおじさんでした。
       こんなおじさんを、どなたか適切な批評兼アドヴァイスで救って下さい。お願いします・・・。

----------------------------------------------------------------------------
いい経験 投稿者:NS  投稿日:04月17日(土)00時09分43秒 

       ひろみさんのおっしゃること、ごもっともで
       うかうかと書き込み、ますます大汗ものでした。
       自分の書いた事が、安易で抽象的な精神論と
       取られたらのならちょっと違うかなと一言です。

       確かにまとめは「気持ちの入った試合を
       次に観せて欲しい・・」とか書きましたが。
       精神論を持ち出す気などありませんでした。

       あのゲーム、勝った事実が何よりお宝で嬉しかったのです。
       言うまでもなく、勝ったという結果が選手自身の
       メンタル面での経験として大きかったはずで、
       もっともっと自信を持ってくれよ。いい経験したじゃないか・・・
       とかでした。

       しかし、今日のANTのゲームもいい経験???

----------------------------------------------------------------------------
残念(怒) 投稿者:ヤナギ−ズ  投稿日:04月16日(金)23時17分01秒 

       皆さん今晩は
       アジアカップウイナ−ズ1−4という大差での敗戦でしたね、残念です。
       仕事が忙しいし子供が誕生した事もありサッカ−観戦も思うように出来ません。
       それでは皆さんさようなら

----------------------------------------------------------------------------
そんなに人間って生き物は強い生き物なのか? 投稿者:ひろみ  投稿日:04月16日(金)15時58分34秒 

       ポルトガル戦、確かに日本は精神的に劣勢に立たされました。おそらくこの試合の日本戦選手
       のプレーを見て憤慨なさった方も多くいたと思います。
       私はこの試合を見て、サッカーというスポーツがメンタルゲームとしての特性を内包するもので
       あることを改めて認識しました。もし、サッカーがメンタルゲームでなければ、強いチームが弱い
       チームに負けるという逆転現象は絶対に起こりえないものだと思われます。サッカーのエンターテ
       イメントの要素の一部はここに負うものだと思います。

       で。
       私が何が言いたいかと申しますと、あるチームが精神的な部分で90分優位に立つことはよほど
       実力差がないかぎりありえないといことです。試合中のほんの些細なこと(昨日の試合であれば
       ゴールキーパーのアクシデントでしょうか)が両チームの精神的なバランスを崩すことは多々あ
       り、このようなメンタルにおける各チームの逆転現象を安易に批判すること(例えば「日本チーム
       は精神的にダメだ」「相手チームがあれだけ走っているのになんで日本人は・・・」)に疑問を
       持ってしまいます。

       私はいまの日本サッカーの環境に必要なものとは、安易で抽象的な精神論ではなく、これはナン
       バーも指摘していましたが、合理的なメンタルコントロールを問うことなのではないでしょうか。
       昨日の試合に限って言えば、日本チームの建て直しのための選手交代に明らかなミスがあったと
       思います。果たして小野のサイドでの起用は良かったのか?稲本は出場しえるコンディションだ
       ったのか?あるいは引いた相手に対する攻撃パターンの少なさやコーナーキックの時の戦略など、
       自らの精神面を劣勢にし向ける要素が多くあったような気がします。すなわち、日本はナイジェリ
       アの環境を考慮した、メンタル・フィジカルを支えるための戦略に問題があったのです。

       それに対して。
       ポルトガルチームは省エネサッカーがとても上手いチームだったように思います。チーム全体が
       引いて極力無駄なプレスを避け、チームの中心のゲームメイカーを後半まで温存したという要素
       が後半の最後の彼らのエネルギッシュなプレーに繋がったと思います。彼らは単に精神的に強い
       集団なのではありません。彼らは劣勢の環境でもベストを尽くせるように、用意周到に準備をして
       いたのです。あれほどカウンター一本槍の攻撃で、なおかつ前半での勝負は意図的に避けていたの
       ですから、彼らのゲームプランはナイジェリアの環境に非常に適したものであったことは明白で
       す。これに対して、日本は自らのメンタルを支えるための戦略、準備が明らかに不足していまし
       た。この事実を見落としてしまったら、昨日の試合から私たちは何も学ぶことが出来ずに今まで理
       論の繰り返しに陥ってしまうことは不可避であると思います。

       私はポルトガルチームの精神面ではなく、それを支えるための的確な状況判断に基づく戦略に大き
       な感銘を受けました。

----------------------------------------------------------------------------
ポルトガル戦雑感 投稿者:NS  投稿日:04月16日(金)13時04分40秒 

       ポルトガルの選手、確かに魅せてくれましたね。
       敵はあんなに走れるのにどうしたんだ日本は・・・、
       特にO選手はいくらワンタッチが看板とはいえ、
       後半終盤は表情からして死んでいたような・・・、
       逆転、試合終了もヤムナシだな・・と観戦してました。

       10対11の逆境カシマは、自分の記憶ではかなりの確立で
       勝利し、反対に11対10順境?カシマは苦戦して敗戦確立も
       大のような気がします。
       有利・優勢と言われ、勝つべくして勝つことの難しさ、
       どんなスポーツにも共通だとおもいますが、試合前から
       負けても仕方なし、いいかーとか試合に臨む相手はいません。
       敗戦の現実、そこに勝者は敗者を上回る圧倒的な力量と
       いうようなものを敗者に見せつけます。
       力量に差が無い時、気持ちが大きなウェイトを占めることは
       言うまでもありません。
       結果、昨日の日本は勝者です。自分は勝つべくして勝ったと
       観終えました。相手に草々に使い切らせた交替選手枠、
       言い控えれば、そこまで日本の総合力がポルトガルを上回って
       いたことは事実です。選手達はまたひとつ自信をつけて、
       気持ちの入った試合を次に観せて欲しいと思った次第です。
       ちなみに自分は、もし自分がPKキッカーだったら、
       ビビリきってボールは枠外かなーとかイメージしてしまう
       マイナス思考型熟年テニスプレーヤーです。(大汗)

       カシマのフィジカルトレ効果?年間通して戦える身体作りを
       している(3月中旬)・・とかのコメント思い出し、
       本山の太くなった股、小笠原の競り合いでの粘り腰と、
       頼もしい限りでした。カシマの先輩選手も後輩の頑張りに
       今日の国立は観せて欲しいです。自分もこれから応援にでかけます。

       昨夜の生放送、今日の試合を控えた選手(ヤナギ)は観ていたのか?
       ふと心配になり頭を過りましたが、高原もまた成長してましたねー

----------------------------------------------------------------------------
円陣よりも大切なこと。 投稿者:MK  投稿日:04月16日(金)10時53分51秒 

       ポルトガル戦の感想です。ビデオなどで確認していないので、
       そのとき感じた印象ですが・・・。
       後半の例のアクシデント以降しばらくして、ふときがつくとポルトガルを応援
       している自分がいました(苦笑)。
       攻撃的な姿勢そしてその攻撃自体の多彩さも見事だったのですが、
       何よりすばらしかったのは、ゴール前のディフェンスです。
       「絶対に不慣れなGKまでボールを飛ばさせない!」という気迫が、
       ゴール前で、日本のシュートコースやパスコースにすばやく入り、
       がんがんボールをはじく選手たちからひしひしと伝わってきて、
       不覚にもちょっとうるうるしてしまうくらい、感動しました。
       そして攻撃的な選手たちは、暑さに負けず、
       とにかく頑張って前へ前へと走る。
       ときに過剰にも見えた高原へのチャージも、私個人としては、
       「私がもしポルトガルのサポーターだったら、いいぞ!と叫ぶ」範疇かなと・・・。
       そんなことも含めて、10人になってからのポルトガルのプレーこそ、
       「チームプレーとは、こういうことをいうのだ」と、改めて教えてくれた気がします。
       素晴らしいポルトガルの選手達に、感動をありがとうと、言いたい気持ちです。

       翻って日本は、というと・・・。インターバルのたびに全員で円陣を組んでいたのは
       日本のほうでしたが、残念ながらチームとしての一体感を欠いたまま、試合は
       終わってしまったように思いました。
       まさか遠慮したわけではないのでしょうが(実はそれもありか?)
       非常に緩慢なプレー、消極的なプレーが目立ったと思います。
       まさか、PK戦に持ち込めばよい、という指示だったのでしょうか?
       但し、PK戦での選手達の落ち着きは、立派でしたが。

       もちろんベスト8進出は賞賛に値すること。
       でも、昨日の試合が私に与えてくれたものは、日本の勝利への喜びより、
       ポルトガルのプレーに対する感動のほうが、なぜか大きかったのです。

       お読みになって不快に感じられたかたがいらしたら、ごめんなさい。
       次のメキシコ戦は、こんな思いをスカッと吹き飛ばしてくれる、気持ちの入った
       試合を期待します。
       そして、今日のAWCWC戦。私も鹿島戦のみですが、応援に行きます。
       勝つことに対するこだわりを、ヤナギがどんな形で見せてくれるか、楽しみです。

----------------------------------------------------------------------------
祝ベスト8進出! 投稿者:不動心  投稿日:04月16日(金)08時47分24秒 

       厳しい試合でした。高原は素晴らしいプレーをしていました。GKとの激突
       はアクシデントだったんですが、やはりあのプレーを境に日本は少し消極
       的になりましたね。DFラインも頑張ったと思います。あの失点はポルトガル
       の執念が勝りました。

       次のメキシコ戦はさらに厳しい戦いになりますが、自陣ゴール前でのこぼ
       れ球をボランチが確実にケアすることと、攻撃ではたまには永井の高さを
       生かして、そのこぼれ球を2列目が狙うようなバリエーションをつけて欲しい
       と思います。

       さて、今日はいよいよACWC準決勝戦。偶然にも東京出張なので、仕事の
       帰りに頑張って応援してきます。

       P.S. パルプンテさん、あまり持ち上げないで下さいね。まあ少しうるさい
           先輩程度ですよ。私の「芸風」は関西育ちの泥臭さが売り?ですから
           変えようと思っても変わりません。はい。

----------------------------------------------------------------------------
ACWC/マジ間に合った 投稿者:大江戸捜査網  投稿日:04月16日(金)03時27分57秒 

        ACWC準決勝の全南戦は東京・国立で19:00キックオフです。メンバー
       的に厳しい鹿島ですがマジーニョは何とか間に合った模様です。

          ☆勝手なスタメン予想

          長谷川  柳沢

          阿部   マジーニョ
          本田   リカルド

         相馬 奥野 秋田 名良橋

             高桑

        京都戦でプレーした野沢君は国際登録をしていないため出られないと
       の情報があります。

        残念ながら中継はありません。仕事の帰りにでも国立競技場へ寄って
       みませんか。

       http://www.kiwi-us.com/~quagmire/hooligan/
       
       
----------------------------------------------------------------------------
見事だったのはポルトガルかな 投稿者:大江戸捜査網  投稿日:04月16日(金)03時02分07秒 

          ☆わたさん

         : PK戦にもつれこんだ激戦の末、日本が勝利!
         : あああ、やっと寝れるよ・・・

        何も素人GK相手にあそこまでいぢめなくてもねぇ....。

       http://www.kiwi-us.com/~quagmire/hooligan/


----------------------------------------------------------------------------
祝勝利! 投稿者:やなぎ命  投稿日:04月16日(金)03時01分16秒 

       ベスト8進出、おめでとうございます!!

       なんか、見てるだけで疲れきってしまいました。ふう・・


       どうしようもなくなってから、なお攻撃できるかどうか・・
       そのあたり、やっぱり日本の課題なんでしょうかねえ。
       暑さとか、消耗とか、条件は同じはずなのに、
       いや、ポルトガルのほうがずっと厳しかったはずなのに
       延長になってからの攻撃は、ポルトガルの方がずっと怖かったですね。

       でも、とにかく勝ってよかったです!

       さあ、今夜は、アジアの準決勝だ!
       (なんだか、観戦疲れしそうです・・苦笑)

----------------------------------------------------------------------------
やっと寝れる・・・^^; 投稿者:わた  投稿日:04月16日(金)02時49分56秒 

       PK戦にもつれこんだ激戦の末、日本が勝利!

       あああ、やっと寝れるよ・・・

----------------------------------------------------------------------------
魂送信もハーフタイム中 投稿者:大江戸捜査網  投稿日:04月16日(金)00時55分09秒 

        1次リーグとは全く違った試合展開です。鹿島3人衆、相変わらず動き
       良し。特に本山のドリブルとシュートは爽快ですね。ウルトラス・ナイ
       ジェリア(笑)の応援もらしくて結構。アトランタ五輪を思い出しまし
       た。

        あしたはACWC準決勝、日曜はACWC決勝とキリンカップのチケット取り
       と、こちらも集中を切らすことができませんf(^o^;。

       http://www.kiwi-us.com/~quagmire/hooligan/

----------------------------------------------------------------------------