1997年(ゴール/25試合、1300時間)


7(2)

1st stage 第15節A サンフレッチェ広島戦(3-2で勝ち) 1997/7/12

 GK  佐藤            前川
 DF  内藤             ポポヴィッチ
     秋田            伊藤
     奥野(79分長谷川)      小島 
     相馬          
 MF  本田            笛
     ジョルジーニョ(61分室井) 桑原
     増田(68分柳沢)      服部(45分金本) 
     ビスマルク         山根(82分安部)
                   路木
 FW  マジーニョ          アーノルド    
     真中             高木
 得点者 鹿=ジョルジーニョ(4分)、真中(27分)、
     広=高木(44分)、笛(62分)、
     鹿=柳沢(83分)    



83分、長谷川→柳沢R(これで3-2と勝ち越し、勝利へ)

ゴールの内容 GK佐藤からのロングパスを、長谷川がヘッドで前にすらし、それを柳沢が胸でダイレクトに右前方にトラップ。それを追いかけるかたちで突進し、DFと競り合い、倒れ込みながら右足でシュート、ゴール右隅に決める。角度がなく、しかも狭いニアポストギリギリの場所だったが、見事に決まった。
両腕を広げ、歓喜のポーズで走る柳沢を、チームメートがもみくちゃにして祝福。柳沢の陶然とした表情と、ベンチのジーコとジョルジーニョの握手が印象的。



前節の清水エスパルス戦を落として、フリューゲルスに首位をあけ渡した鹿島。優勝するためには絶対に負けられないこの試合だったが、暴風雨で、水びたしのピッチはボールが止まってしまうという悪コンディション。思い通りのサッカーがなかなかできない。2点の先制を守れず、ジョルジーニョが負傷で途中交代した上に、2-2に追いつかれるというイヤな流れ。
それを、途中出場したやなぎが見事に変えてみせた。

Wユースから帰ってみれば、攻撃陣が(FW4人+増田)好調で、なかなか出番がない。これが帰国後初めてベンチ入りした試合。投入時、ぴょんぴょんと跳ねながらスタンバイする姿に気力がみなぎり、何かやってくれそうな雰囲気をプンプンと漂わせていた。

・入った直後、68分のCK。左コーナーからビスマルクが蹴り、相手DFがクリアしたボールをやなぎがヘッド→枠に飛んだが、相手DFが身体でクリア。

・69分、右サイドを抜け出してボールを受け、鋭い突破。DF2人に詰められてCKを取る。

・?分、左サイドを突破し、切り返して中央にマイナスのパス→ジョルジーニョ?のミドルシュートはバーの上。

――こうして目に見えて攻撃が活性化し、83分には待望の勝ち越しゴール。このゴールで首位を奪還した。



試合後のヒーローインタビュー
(マレーシアでのWユースの過酷な戦いを終えて、日焼けした頬も引き締まり、一段と逞しくなった。でも、表情はとても初々しい)

――決勝ゴールの柳沢選手でした。おめでとうございます。

Y(柳沢)ありがとうございます。

――途中出場でいい仕事をしましたね。

Y がむしゃらでもいいから動きまくって、得点を取ろうと思って、入りました。

――2-0から追いつかれて、決してムードとしては良くなかったと思うんですよね。

Y そうですね。まあホント、残り1試合少ない中で、1敗というのはすごく痛いので、死にものぐるいで勝ちにいこうと思って、結果につながってよかったと思います。

――アントラーズの優勝を考えると、本当に大きな場面でいい仕事だったと思うんですね。

Y そうですね。まあ、うーん・・一生懸命やった結果がこういうことにつながっているんで、良かったと思います。

――Wユースから帰って、そのまま好調は持続していたんでしょうか?

Y 自分のなかでつねにいいプレーをしようと心がけていたんで、そういうのが、まあ毎試合毎試合出せるとは限りませんけど、自分なりに一生懸命考えてやっています。

――2位で追ってくるフリューゲルスのことは気になりませんか?

Y そうですね。少し気になるんですけど、そういうことよりも、自分たちが負けないで、1戦1戦しっかり戦って勝つことが大事だと思うんで。

――ありがとうございました。


(某スポーツニュースで拾ったコメント)

 いい時に1点が取れたというか、勝利につながる1点が取れてよかったと思います。どんな得点でも1点は1点だと思うんで。ああいう得点を大事にしていきたいと思います。



※ここで首位に立った鹿島アントラーズは、次の第16節アビスパ福岡戦2-0、最終の第17節セレッソ大阪1-0と勝ち、ぴたりと2位に併走する横浜フリューゲルスをふりきって、1997年ファーストステージを優勝で終えた。最終節まで優勝争いがもつれる、熾烈な戦いだった。

★優勝後の本田・柳沢のインタビューはこちら



「柳沢敦 Jリーグ通算50ゴール全記録」に戻る

ホームに戻る