・・Watch・Watch・Watch・Watch・・ 



テレビ番組



目次に戻る
ホームに戻る



フォルサ!アントラーズ

1999/3/25 J-sports


内容は、こんな感じでした。
●第3節・サンフレッチェ広島戦のダイジェスト
●試合後の選手インタビュー 長谷川、秋田、本田
●やなぎのCM撮影風景の紹介(これが半分ぐらいを占めていた)
・・その中の、やなぎのCM風景の様子+インタビューを、下に再現します。

柳沢敦、昭和産業コマーシャル出演記念 撮影現場直撃取材!

CM収録中の1シーン。やなぎがエプロン姿(うへっ!)で登場。箸で天ぷらをつまんで何かしゃべったり、皿に盛った天ぷらを子供たち(小学校低学年の男の子3人)に食べさせてあげるシーン。撮影の合間に、子供たちの話ににこにことうなずいている。(本当に子供好きみたいだ・・)
ナレーションが、「昭和産業はクラブオフィシャルスポンサーで、今回『油汚れの少ない唐揚げ粉』と『天ぷら粉・黄金の粉』の2商品のCMを制作します」


●場面変わって・・エプロン姿のやなぎのインタビュー

(インタビュアーはいつもの高城光代さん)
――エプロン姿、似合ってますね(笑)。
Y(やなぎ)ありがとうございます。(照れる)・・いいですか?
――かっこいいですよ、なかなか。違う雰囲気で。撮影現場の雰囲気はどうですか?
Y 人が多いから緊張しますね。
――NGなんか出しちゃったりして・・
Y いまのところないです。ないけど、何回もやってます(笑)。

「スムーズに進行してます。料理は昔、家で結構つくってましたよ」

――ここに絵コンテがあるんですが。(CMの構成がコマ割になったもの)天ぷら粉の方の絵コンテなんですが、柳沢選手が登場するのは、どの部分なんですか?
Y 青く囲んだ部分です。
――セリフは?
Y 「というわけで」「天ぷらを」「おいしく」「揚げるには」「黄金です!」・・それだけです。
――CM風に、いま言っていただけますか?
Y いやですよ・・(笑)。もう、いいじゃないですか・・(笑)。
――何回ぐらい撮ったんですか。
Y 全部分けて撮ったんで・・5〜6回ですね。
――監督さんから、何か言われました?
Y いえ、特に・・結構スムーズにオーケーが出ました。・・なんとか(笑)。
――このCMは「奥様と一緒に」という設定なんだそうですけど、和気あいあいとエキストラのみなさんとは?
Y そうですね。監督から、わざといろいろ言ってくれと言われていたらしくて、いろいろ言われました。冷やかされました。
――かっこいいですね、とか、彼女いるんですか、とか?
Y そんな感じです。
――でも、照れるの似合いますね。ニコーッと。
Y (笑)
――続いては「唐揚げ粉」(の収録)が待っているんですが。今度は揚げる設定なんですが・・。どうでしょうか、お料理の方は。
Y やらないことはないです。昔、家で、親が結構働いてたんで、腹へってどうしようもないときは、卵焼きとか、何でもつくってました。揚げ物もやらしてもらったことありますが、やれますよ、普通に・・(笑)。
――すごい言葉が出ましたので、ぜひ頑張ってください。
Y 揚げるんですか?
――絵コンテではそうなってますよ。がんばってください。
Y 汗かきながら、揚げます(笑)。

「寒かった広島戦。でもチーム全体のバランスがよかった」

――ところで、広島戦ですが。雨の中で寒くて大変だったんじゃないですか?
Y 前半は身体が全く動かなくて。後半になってやっとあったかくなったというか、寒さを感じなくなったんですけど。寒かったですね。
――途中みぞれになって・・
Y びっくりしました。前半は手袋しないでやって、全体が冷えてしまったんで、手袋するだけで全然違うというか。そこがあったかいだけで、身体もあったまるぐらいの感じがしました。・・だから、(最初から)手袋しとけばよかったなあ・・と。
――後半みんなしてましたもんね。サンフレッチェ、今年のチームはどうでした?
Y 去年からそうなんですけど、フィジカルコンタクトが強いというか・・。大きい選手も多いですし。激しくプレッシャーかけるチームですし。今年はプレスのかけ方も質の高いものがあったし。オフサイドトラップも質の高いチームで。その点は注意しながら、最初からやろうという監督の話だったんですが。
――堅いディフェンスを破るための作戦はあったんですか。
Y 特徴として、激しいプレッシャーと、オフサイドトラップをかけてくるというのがあったんで、僕らFWとしては裏を狙いたいというのがあったんですが。監督には、向こうのオフサイドトラップのかけ方の質がすごく高かったんで、「裏を狙うよりも、裏を狙うふりをして、一度引いてきて、もらって、そこからワンツーだとか溜めをつくって、逆サイドに変えるとか・・そうやって最終ラインを突破しろ」と言われました。
――前半、柳沢選手がオフサイドになったとき、監督が前に出てきて何か言われましたよね。
Y 前にいくんじゃなくて、行くふりをして一回戻って、ボールをもらって・・と言われたんです。それと、あとは、相手のDFを引きつけるために、僕がサイドの方にはじめから開いてポジション取れと言われて・・。相手が1人、サイドについてくれば、真ん中があくんで、そこをマジーニョとか長谷さんが狙うという感じをとっていたんですけど。
――前半1点取って、リードして、後半はかなり余裕を持ってプレーできたのでは?
Y そうですね。まあ、チーム全体のバランスもよかったし。それが最後まで続いたんで、いいゲームができたと思うんですけど。
――16連勝というのは、新記録ですよね。
Y 去年から合わせての16連勝ですし、その間に他のゲームもあって、負けたりもしましたから、そういう意味ではずっと勝ち続けているという感覚はないですね。記録というのは大切だと思いますし、いいことだと思うんで、もっともっと続けていければいいと思うけど・・そう簡単に勝たしてもらえないんで、1週間の間で調整して1試合1試合戦っていきたいと思います。
――今度は、大勢のサポーターの中で勝ちたいですね。
Y そうですね。16連勝という記録をつくったけど、最低記録(国立動員数)もつくったというんで、複雑な思いはあるんですけど・・。国立で前期は試合が多いので、普段カシマにこれない人も来やすいと思うんで、ぜひ来てもらいたいと思います。
――まだまだCM撮影は続くと思うんで・・がんばってください!
Y はい、がんばります。(カメラ目線で、2つの商品を両手に持って)「唐揚げ粉」と「天ぷら粉」よろしくお願いします。・・おいしいです・・おいしかった・・(言い直して、照れる)・・寒い・・(笑)。
――(笑)もいっかい、やる?
Y ははは・・(笑)。


●お次は、昭和産業の宣伝担当・飯塚裕氏にインタビュー・・

「(昭和産業が後援している)『少年サッカー教室』に柳沢選手が来ていただいたとき、小学生にはもちろん、一緒に来たお父さんお母さんにすごく人気があったので、ぜひ・・と思って企画しました。(収録がスムーズにいくかどうか)正直言って心配したんですが(正直な人だ!笑)、リラックスして、爽やかな笑顔を振りまいていただいて・・安心して見ていられました」

●再び、撮影現場の映像・・

「今度はスチール撮影です」とナレーションが入る。「緊張している柳沢選手をリラックスさせようとする、共演者の子供たち」というテロップ。子供たちが笑わせようとしたりしている。
また、場面変わって・・(セットを変えて)・・「唐揚げ編」に挑む。山積みにされた唐揚げが2山。その真ん中で、やなぎが天ぷらを揚げては箸でつまみ、どんどん山に積んでいくシーン。もう1カットは、唐揚げを積み上げながら、左右をきょろっと見たやなぎ、おもむろに1個口へ放り込み、おいしそうに食べる・・というシーン。「おいしい顔」がなかなか出来なかったようで、何度かやり直した様子。目を白黒させて唐揚げを頬ばっていた(笑)。

今週のプレゼントは、CMで着用したやなぎのエプロン2枚・・サイン入り。


#ふう・・「学芸会で子供の芸を見る親の心境」になってしまった・・(汗)
クラブのスポンサーさんだし、それに健康的なCMだから、ま、いっか・・。でも、でも、ようやくCM解禁だあっ!と意気込んでいたら、ありりー、エプロン姿とは・・。なんだか腰くだけになってしまった(笑)。なんて言いながら、CMが始まったら、昭和産業の『油汚れの少ない唐揚げ粉』と『天ぷら粉・黄金の粉』を、いそいそと買いにいってしまいそうで恐い・・


★CMの放映予定は・・
『唐揚げ粉編』が4月下旬〜6月 
『天ぷら粉編』が5月〜8月


目次に戻る
ホームに戻る