ホーム 自己紹介 LA日記 国際結婚 音楽と私 徒然エッセイ ママ日記
 
ひとこと日記 私の琴線 ゲーム大好き お気に入り 簡単レシピ BBS

バイリンガル

 

 

日本人とアメリカ人を両親に持ち

日本に生まれアメリカで育ってゆく我が息子

私はこの子を

赤ん坊の頃から英語を一切使わずに育てて来た

意識してそうして来た

ここロサンゼルスに越して来てからも

周りがアメリカ人だらけであろうと

息子に話し掛ける時は常に日本語で押し通した

それは今も徹底して続けている

 

 

息子に日本語を強いる事

これが 

私のエゴ 我が儘なのだという自覚ははっきりとある

アメリカに育ち暮らしてゆくであろう息子に 

日本語は全く必要の無いものだ

 

 

 

けれど 

 

 

私は息子に 自分の全てを伝えたい

 今まで得た知識 知恵 感性 生き方 

私の子として生まれて来た彼に 私の全てを渡したい

それを彼がどう咀嚼するかはまた別の事

受け取ろうが壊そうが捨てようが全く構わない

 

 でも その時

等身大の私を丸ごと息子に渡そうとする時

 英語ではダメ 日本語でなければダメなのです

 

 夫の様に私と対等な人間ならばいい

私は英語で充分に議論する事が出来るし

自分の気持ちを正確に伝える事も出来る

 

 けれど

 

 自分が人にものを教える時 人を育てる時

 私は母国語でやりたい やるべきだと思う

 

 

言葉と文化は密接に結びついている

知らず知らずのうちに

言葉と共に祖先から受け継いで来たたくさんの宝物

それは母国語の中にこそ存在していると思うから…

 

 

 

母の国の言葉と書いて母国語

母から子へ

それは脈々と伝えられて来たのでしょうね

 

 

私が全く通り抜けて来なかった道を

この先歩んでゆく息子

不安はいっぱいあるけれど

私は私の出来る事をする

私は

私が両親から受け取って来たものを

しっかりと彼に渡したい

 

 

バイリンガル

それは目的ではなく 結果なのだと思います

 

 

11.4.03

 

BACK TOP NEXT HOME

 

ホーム 自己紹介 LA日記 国際結婚 音楽と私 徒然エッセイ ママ日記
 
ひとこと日記 私の琴線 ゲーム大好き お気に入り 簡単レシピ BBS