ホーム 自己紹介 LA日記 国際結婚 音楽と私 徒然エッセイ ママ日記
 
ひとこと日記 私の琴線 ゲーム大好き お気に入り 簡単レシピ BBS

引っ越し

東京の家から 仮宿へ そこから 今の家へ

それは 2才の息子の小さな世界における大事件だったに違いない

朝起きて いつもご飯を食べるテーブルがない事に気が付いて

驚きの声をあげたのをかわぎりに

 知らないお兄ちゃん達が いっぱいドヤドヤやってきて 

ひとりひとりに自己紹介をして歩きながら わ〜い遊んでもらえると 喜んだのもつかのま 

その彼等が 家にあるものを どんどん箱に積め 運び出し 

みるみるうちに 慣れ親しんだ家の中が 

すっからか〜んになってしまったんですもんね

家を見つけるまでのアメリカでの仮の宿でも

 何度も 何度も

ここが 僕のうちなの? と聞いてくる

こんなに小さい子供にも 宿無しの不安はあるんだな と なんだか感慨

僕のおもちゃは? と聞かれる度 

お船に乗ってくるから安心してね と言い聞かせる私達

 車で買い物に出かければ おうちへ帰るの? と聞いてくる

飛行機に乗らなければ 帰れないんだよ 来年 みんなで 遊びにいこうね 

と答えつつ ふと自分まで 

この道の先に 日本があったならどんなにいいだろう 

なんて思ってしまったりして苦笑

そして 2ヵ月の放浪の後 今の我が家への最後のお引っ越し

でもここも始めは ぶどうさんのおねぇちゃん ←不動産屋のおねぇちゃんのつもり(笑)

の家だと思ったらしい

この家にくる時は いつも 彼女達がいっしょでしたからね 

 

現在 彼は 

昔の昔のうち 昔のうち 新しいうち と 言いわけています

そしてどうやら 昔の昔のうちへは 飛行機に乗らないと行けないらしい 

という事を 彼なりに 把握してきている様です

そんなある朝の 息子の寝起きの一言

あぁ もう少しだったのに〜 もう少しで 飛行機に乗れたのに〜 

 

彼は彼なりに 日本を懐かしんでいるんですね

 

 

BACK TOP NEXT HOME

 

ホーム 自己紹介 LA日記 国際結婚 音楽と私 徒然エッセイ ママ日記
 
ひとこと日記 私の琴線 ゲーム大好き お気に入り 簡単レシピ BBS