ホーム 自己紹介 LA日記 国際結婚 音楽と私 徒然エッセイ ママ日記
ひとこと日記 私の琴線 ゲーム大好き お気に入り 簡単レシピ BBS 

ひとこと日記 2001年 現在 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年

2001年12月27日  


子供というのは ある日突然 昨日まで出来なかったものが出来たりする生き物だ

今日の初めては 腹筋だった(=^0^=) 修行と称し(笑) 片手腕立て伏せ(^^ゞまで

やってのける息子が ベタ〜っと寝ててお腹の力だけで起き上がる運動 つまり腹筋が 

今まで何故か出来なかったのである 初めてむっくり起き上がれて大はしゃぎの息子 

やった〜!! これで 僕 筋肉もくもくだぞ〜 だって…(^◇^;)  おいおいそれを言うなら 

もりもり でしょうが と つっこみながらも爆笑(=^0^=) この 修行遊び?の前も 

最近凝ってる 日本手ぬぐいを腰に巻き刀を2本さし 頭には 何故か黄色い毛糸の帽子付き 

の格好で現れて 僕のレベル ひゃくまんじゅうになったよ〜 と 嬉しそうに報告されて

コケました まんじゅう??? 百十万って言いたかったのネ うぷぷぷ(^m^)

2001年12月25日  


やった〜 サンタさん クッキー食べたよ〜 と 朝6時から 大はしゃぎの息子 

そして 暖炉のところにぶら下げておいた靴下を覗いて はっ と息を吸い込んでいる 

こっちの子供って 喜び驚き?の時 息を吸い込むんだよね〜面白い じゃなくて(笑) 

プレゼントの紙を破き 顔がぱ〜っと輝く息子 サンタさんありがとう 僕 これが

欲しかったんだよ〜 とニコニコ いつのまにかサンタの存在を信じていて サンタに

リクエストをし サンタのためにクッキーを焼こうとまで言い出した息子 いや〜 

彼のリクエスト品がこんなに品薄のものとは知らず 探すのにめっちゃ大変だった私 

でも ツリーを飾り 靴下を暖炉の前にかけ クッキーとミルクを暖炉の前に置き

サンタなんていない事をもう知ってる私でさえ なんだか息子といっしょにワクワクしたなぁ 

サンタを信じる息子の心の中に サンタはちゃんと存在してるんですよね 息子のお陰で

なんだかクリスマス気分を久々にふか〜く楽しめました(*^_^*)

2001年12月18日  


運転中 肉食ロボットなんだよ〜 と後ろから聞こえてきた息子の声に 思わず助手席のMさんとの

会話を中断した私 息子の横にはMさんの息子が座っている 彼等の騒がしい会話の中から ひょいと

抜けてきた言葉である に 肉食ロボット〜〜〜? Mさんとのけぞる なんだかボディブローの様に 

後からジワジワ可笑しさが沸き上がってくる そうそう これと同じ様なのが昨日あったゾ 夫に 

自分で作った紙芝居を見せながら これは スモールビッグフットのお話です と嬉しそうに言った息子

スモール ビッグフット??? 夫とこの言葉を繰り返しながら なんだか笑いが クレッシェンドして

しまいには涙が出るくらい笑いこけてしまいました  蛇足 肉食ロボット エヴァかいな バキッ!!☆/(x_x)

2001年12月10日  


ここのところ いきなり冬だ 夫は喜々として暖炉に火を入れている その横で サンタが

焼けこげないかと心配する息子(笑) 今朝 キンと冷たくも爽やかな空気の中 学校への道すがら 

息子はサンタ話しに夢中である 何が欲しいかメールしようかな? と息子 アドレス知ってるの? 

と私 知らないからダメかぁ 楽しみだなぁ などとの話しの中 そうだ 僕が赤ちゃんの頃も 

サンタさん来たんでしょう? と聞かれてアセル う うんそうだよもちろん と答えると 案の定

僕 何を貰ったのかな? と聞かれてもっとアセる えっと〜 ホラホラ うんと あ ガラガラだよ

心の中で本来の送り主の妹に謝る私であった (^◇^;)

2001年12月7日  


今週は息子のスターオブザウィークだった これになると 先生のアシスタントを頼まれたり

1週間 ちょっといい気分になれる 欠席届けを朝 オフィスに届けにいくのもその仕事のひとつ

さあアキト 誰といっしょに行くか選びなさい と先生が言うや否や 僕僕僕 と男の子達が

一斉に手をあげる ところがなんと誰もの予想を裏切って彼が選んだのは コリアンの女の子

Eちゃんだった (*^▽^*)ェ 仲良く手をつないで去ってゆくふたりを唖然と見送る先生と

男の子達 ちょうどボランティアでクラスにいた私ものけぞってしまった (^◇^;) この頃

愛しのRちゃんに他にボーイフレンドがいたら お嫁さんはEちゃんでもいいかなぁ

なんて言ってた矢先である いや〜積極的なヤツだ わはははは

2001年12月6日  


変な夢を見た プラットフォームで電車を待っている すると どの車両も サンタクロースで

いっぱいの電車がやってくる おまけに2つ先のレールなので乗れない でも どっちにしろ

サンタクロースで満載の電車なんて 怖くて乗れない 次の電車を待つ事にする すると今度も

同じく スシ詰めサンタの満員電車がやって来て 1つ先のレールに止まる これももちろん

乗れない 乗りたくもない 待ち続ける私 やっと目の前に電車がやって来る サンタもいない 

普通に空いている でも なんだかイヤな空気を感じて私はためらう すると 先に乗り込んだ

乗客達が次々に悲鳴を上げはじめた 電車の窓ガラスが割れ出す 私は怖くなって後ずさりする 

するとそれに気がついた駅員が 私にゆっくりとピストルを向ける 私は一目散に走り出す … 

う〜ん フロイトさん なんなんでしょうネこれ??? (^◇^;)

2001年12月2日  


ママこれだよこれが欲しい買って買って〜 とテレビを指差す息子 見ると 子供達が小型バイクに

乗ってるコマーシャルが流れている 買わないよ〜 誕生日にいっぱいオモチャ貰ったでしょ と

言いつつ こんな高いもん買えるかいな と心でつぶやく私(笑) 息子はなかなか諦めない じゃぁ

サンタさんに頼めば? と逃げると(笑) えええええっ と思いっきり不満気な声を上げたので 

とほほ やっぱりサンタじゃごまかせないよね〜 と苦笑していたら だって 大きすぎて

袋に入らないじゃない と続けたので 息子を抱き締めながら笑いこけてしまった (*^▽^*)ェ

昨晩 恒例?のしりとりをやってた時は うんころばし と言うので なんの事かと思えば

ふんころがし の事で ウンコにころぶ虫が浮かんでニヤけてしまったし ここ何ヶ月の

私達のハヤりもん トランプのババ抜き も ババむき ババむき と言うので 剥かれるババ

を想像してしまう私 ああ面白いヤツ (笑) 

2001年11月26日  


息子の幼稚園 今日はいつもいるアシスタントの女性がいなかった なのでクラスは私と先生のみ

ゆうこ〜〜〜 と 同時にあちこちで呼ばれて 聖徳太子状態 なんだかもてもて〜である(笑) 

迎えに来てくれた夫の車に乗り込むと 息子が ママはビューティフルヘッド 僕は納豆ヘッド

だよ〜 と言っている 夫に何か言われて言い返してるらしい 私のビューティフルヘッドは

嬉しいけど 納豆ヘッド って…(^◇^;) 納豆が大好きな息子です§^。^§ 

2001年11月25日  


買い物に行こうと車のシートベルトをつけてると 見送りの夫が ほらなんだっけ かろくりころ?

と言うので え? かたくり粉 の事?と聞くと そうそう 僕達にもし女の子が出来たら かたくり子 

って名前どうかな などと言うので息子とふたり笑ってしまう 語感が楽しいらしい そういえば 

お好み焼き も 荻野目洋子 って言ってたっけ(笑) 運転途中 前方の山の上に 巨大な雲が4つ 

ポッカリと浮かんでいる なんだかとてつもなく雄大だ 子供の頃 自転車で雲を追った日々を

ふと思い出す 同じ想いをすると 現在の私と過去の私が なんだかタイムトリップの様に結び付く 

不思議な気持ちに浸っていると 息子が あの雲 鳥さんのため息みたいだね と 突然コメント

したので笑ってしまった

2001年11月18日  


ケーキの残骸と 足下に散らばったオモチャをぼんやり眺めながら リビングのカウチに伸びて放心

体はクタクタだけど心はほんわか幸せだ 今日は 明音の5歳の誕生日 40人を超えるお客さまが

来てくれた 僕の誕生日 1月だったらいいのにな そうすれば パーティが また出来るじゃない

という息子の感想に ああやって良かったなぁ と嬉しい いや〜でも 準備にとてつもなく時間と

労力がかかったのに 楽しいメインの当日はあっという間に終わってしまうんだよね とほほほほ 

2001年11月8日  


最近の息子のブームは 足し算と引き算だ(笑) 先週彼が ドラエモンだ〜というだけで選んで

借りてきた図書館のビデオが 小学校低学年向けの算数のビデオで わ〜いドラエモ〜ン と

見ているうちに すっかり足し算引き算に惚れてしまった様なのだ 恐るべしドラエモン(笑) 

そして 私にも問題を作れ と言うので ママがチョコを6個持ってました お父さんが2個食べて

しまいました さて 今 チョコはいくつあるでしょう などの問題を作って遊んでいると  

よし 今度は僕が問題を作る番だよ と ニコニコしながら息子が言い出したのがコレ 

ママの頭が100個ありました み〜んなどっか行ってしまいました 残りはいくつでしょう? 

… ひっくりかえりました(爆) 

2001年11月1日  


学校に行くと 昨日の今日なので 会う人会う人に 昨日は良かったよ〜 と言われて嬉しい 何故か

皆 腕が痛くない? と聞いてくるのだが もうかれこれ30年近くギターを弾いてる私には 腕よりも

久々に魔女のブーツ(笑)で踊りまくったせいか足の方が筋肉痛で痛い(笑) 今日は 遠足のための 恐竜 

Tシャツ作り 我がクラスが終わってホッとしていると 隣のクラスから応援を頼まれる すると 

屋外での作業中 ひとりの子が 木の上にひっかかったボールを見つけて みんなが騒ぎ出した  

私も小さいしみんなも小さいし取れないよ しょうがないから放っておこう と言うと ひとりの子が 

そうだ! スパイダーマンを呼んで来てよ と言ったのにはひっくり返った(笑)  

2001年10月31日  


朝 スパイダーマンが家に来た(笑) あんまりにモノホンなんでのけぞる 聞いてみると なんと彼 

テレビのCMで スパイダーマンの中身をやった事があるのだそう ん? って事は 中身がモノホン

って事か? あれ? 混乱 (笑) クラスにアンプをセットして演奏開始 夫が ブルルルル〜 と

顔を震わして 子供達を怖が?喜ばせまくっている(笑) 久しぶりのステージは めちゃめちゃ楽しい 

音を聞き付けて 他のクラスの子供達もワラワラと集まってくる すると校長先生までやってきて 

なんとパレードの時も 全校生徒の前で演奏してくれと頼まれてしまった そんなこんなで 一気に

有名人になってしまった私達 夜のTrick or Treatツアーでも あっ スターだ! とか叫ばれて

なんだかこそばゆかった(*^_^*) でもなんと言ってもスパイダーマン! 彼は子供達の熱い視線の的

無理もない 大人の目から見ても本物だったもんなぁ〜(=^0^=) 子供達はもちろんの事 先生も

親達も 学校中が様々なコスチュームで溢れかえっていて 色とりどりな一日 それにしても

久しぶりに 夫とステージをやったけど 以前よりコンビネーションが良くなったなぁと夫とともに感慨 

スタイルがあまりにそっくりの私達 昔は 美味しいスポットの奪い合いになり(笑) 押しの強い夫に

いつも負けてた私(^◇^;) お互い大人になったんじゃない?と夫 お互いが解る様になったんだよ と私 

何はともあれ 結婚11年だもんね§^。^§ 夜 息子が お父さん ブルブル〜ってやってたね と 

嬉しそうに言っていました(*^_^*)

2001年10月30日  


明日はハロウィン 息子の幼稚園のクラスのハロウィンパーティで 私達夫婦が 演奏をする事になった

というのも 隣のクラスは 若く精力的な先生の元 お母さん達のボランティア活動も活発で いつも

賑やかで楽しそうな声が聞こえてくる そんな様子を見聞きする息子のクラスの子供達の羨ましそうな顔を

見てきた私達 よ〜しハロウィンパーティでは いっちょうやってやろうぜい という事になったのである 

こういうところは本当にアメリカで 先生からも パレードまでの時間を自由に使ってよいと任されている 

夜 ベースをやってくれる友人のMと 軽く曲の打ち合わせ 彼はスパイダーマンになると言う 私は 

黒の服ならたんまりあるので 魔女になる事に決めた 昔ステージで履いてたブーツを取り出したら 

息子が わ〜ママ どうして魔女のブーツ持ってるの? と 顔を輝かした いいぞいいぞ〜(=^0^=)    

2001年10月29日  


息子がパンプキン畑で拾って?来たでっかい2つのオレンジのカボチャ 1つは顔をくり抜いて 息子曰く

カボチャお化け に 残りの1つは パンプキンパイを作る事にした 初めて作るパイクラフト 案の定

失敗(^^ゞ ボロボロしてちっともまとまらない パイ皿にごまかしごまかし敷き詰める 最初の2枚を

オーブンの中に入れた後 その話しを夫にすると なぁんだ 僕に言ってくれればいいのに 僕はパイ作り

の天才なのサ などと偉そうにいうので 残りの2枚を彼にやってもらう事にする のし棒?が無い事の

せいにしてたら コップでいいんだよ と言いながら コップに打ち粉をしてコロコロころがしている 

なぁるほど〜 と感心していたが 結局私と同じところで失敗してボロボロに… 大笑いする私をしり目に 

夫キッチンからスゴスゴ退場(笑) でも 4枚のパンプキンパイはめちゃんこおいしかった 夫と息子が

奪い合いをしている(笑)

2001年10月27日  


幼稚園で息子同士が同じクラスの日系4世 Lさんのハロウィンパーティに招かれた 息子が ここに

住みた〜いとダダをこねた程§^。^§ 彼女の家はどこもかしこもハロウィン一色 モンスターだらけで

とても楽しい 寺子屋を早びけしてたどりつくと すでに他の子供達は到着していて おもいおもいの

コスチューム姿だ それを見た息子 もう 早く自分も着替えたくてソワソワソワ 子供部屋を借りて 

慌ただしく着替える息子を ドアの外で子供達が待っている 骸骨君になって息子がドアを開けると 

女の子達がいっせいに きゃぁ〜 と 黄色い悲鳴をあげた そのリアクションに もう ニコニコ

大満足な息子§^。^§ そして Lさん夫婦が企画したイベント開始 障害物競争 トレジャーハンティング 

キャンディ掴み 泥ミミズプディング作り?(笑) と これでもかこれでもかと言う程に楽しい子供向けの

イベント満載 う〜ん素晴らしい 私は トレジャーハンティングの賞品の際に 子供達が手を入れて

オモチャの虫を掴むバケツにいっぱいにふやけてた白いスパゲッティに感動しましたわ〜§^。^§  

2001年10月22日  


息子の幼稚園の朝の歌の中に ハロウィンソングが加わった 魔女がおどろおどろしいスープをかきまわす

歌なのだが ムラサキの爪やカビだらけのパンに混ざって シーウィード とある おいおいそれは食えるゾ〜

と叫ぶ日本人の私(笑) 午後 パーティアメリカ という パーティグッズ専門のお店に 息子のハロウィン

コスチュームを見に行く 化け物編ヒーロー編と様々な衣装が並ぶ中 エセ(笑)忍者グッズまであって可笑しい 

ふと見上げると 天井からへんちょこりんなキンキラ忍者もどきのでっかい人形が ぶら下がっている そして 

腹に黒々とヒラガナで ぶし と書いてあって思わずのけぞる(^◇^;) せめて 武士 と書いて欲しかった

ん? でもこれ 忍者だよね?(^。^;) しばらく思い出して笑えそうなネタの登場に幸せな気分 おいおい(笑)

密かに期待していた?(笑) 友人のバースディパーティで見たドラゴンボールの紙皿 紙コップ 紙ナプキン

シリーズは見つからなくて残念だった 結局息子は 他のハロウィン専門店で目にした 骸骨着ぐるみに

一目惚れ 今年はちっちゃな骸骨君になる事に決定した 

2001年10月18日  


昔撮ったビデオを見ていたら 終わりの方に何故か忠臣蔵が入っていた それを見た息子が あっ ママ

これ るろうに剣心の本物だよ〜 と嬉しそうに叫んだのにコケた

2001年10月4日  


何やらバタンバタン聞こえるので 何やってるのぉ? と叫ぶと 息子が ママ〜 虫がいるの 虫だよ

僕 やっつけてるんだ〜 と叫び返して来た なんでそんな音がするの 壁が壊れちゃうよ止めなさい と

叫ぶと 息子がトコトコ走って来て 虫のMP 63減ったよ と言うので腰がくだけた(笑) MP?(^_^;)

2001年10月3日  


僕 大人になったら王様になるネ そしてママにいっぱいいっぱいお金をあげる それでね ママは

クィーンなんだよ と何とも可愛い事を言う息子 ふと気になって あれ お父さんは? と聞くと

え? お父さんはおじいちゃん だって(^◇^;) 可哀想な夫(笑) 

2001年9月30日  


ママ〜 ちょっとだけエストポリス(ゲーム)やろうよ〜 と息子がうるさい 今日はお掃除の日(笑)

だからママはゲームしないよ〜 それに こないだ あの柱のところから先に進めなかったじゃない 

攻略本見てもわからなかったし だから今日は止めておこうよ と言ったら ママ 勇気を出すんだ! 

と言われてヘニョヘニョと脱力 励まされてもなぁ(笑) 結局 ひとりでゲームを始めた息子 掃除の

合間に手伝い?に行くと なんと自力で解決してた おおおお 母 尊敬! おいおい(笑) 

2001年9月29日  


C-SPANというチャンネルで ワシントンDCで行われた反戦集会をやっていた 思えばあの惨劇の後 

メディアに怒りまくってた私が 報復に疑問視する一般市民の声を初めて聞いたのもこのチャンネルだった

下のテロップに A.N.S.W.E.R. とある Act Now to Stop War & End Racism の略だ 様々な人々が

スピーチする中 ひとりの黒人女性のスピーチに涙が出そうになった それはまさに私が思っている事

そのままだったからだ テロで犠牲になった命も これからの戦争で亡くなるであろう命も 命は命

それはかけがえのないものなのだ 戦争は人を殺す事 良い戦争 正義の戦争なんてものは この世には

存在しないのだ 2、3日前 テレビで 軍関係者が 今回の戦争について聞かれて 戦争というものは 

血まみれで汚くて悲惨なものなのだ と スピーチを始めた その部分は単に枕詞に過ぎず 本題はその後

で 目に見えない戦争はもう始まっているのだ という所にあったのだけれど 私には彼のその枕詞にこそ 

彼の本心が出ている気がしてハッとした 彼の瞳は悲しそうだった 人を殺す事が楽しいハズが無い それは

正気の沙汰では無い 戦争は人を狂わせる それは歴史が証明している   

2001年9月25日  


Tシャツの片方の袖から ピンクの布団バサミを覗かしてノシノシ歩き回る息子 そう 最近の彼のブームは 

ピーターパンのフック船長なのだ なぜにキャプテンフック?と夫は嘆いている(笑) 僕が誰だかわかる? 

と聞くので フック船長でしょ? と答えると そうだよ でも この事は誰にも言わないでね 内緒だよ 

と言うので え? どうして?と言いながら 心の中では あ ネタにするなって事かいな なんでわかった

んだろう とアセっていると だって 僕がフック船長だってバレたら大変でしょ? と涼しい顔で言うので

コケました(^_^;)  

2001年9月23日  


ウーロン茶を作ろうと いつもの様にガラスのジャーにお湯を入れたら いきなりジャーが破裂して

熱湯を体に浴びてしまった ショートパンツがぐっしょり濡れて皮膚に張り付いた部分が飛び上がる程

痛い 慌てて衣服を脱ぎ捨てシャワールームに駆け込む 見ると太ももとお腹が真っ赤だ シャワーの水を

当てていればなんとか痛さをしのげる 水代がもったいないなぁと思いつつザンザン水をかけ続ける 

夫がいない時に起きたので 息子が電話を取って来てくれたり心配してくれたり なかなか頼りになるヤツ

と判明して嬉しい 火傷しちゃったんだよ〜 と息子に説明したら ヤケドする前に 日焼け止めを塗れば

良かったのに〜 と言われてコケる そう来たか(笑) 

2001年9月22日  


今日の寺子屋のテーマは反対言葉 甘いの反対は何かな? の質問に まずい! と叫んだ息子に絶句する

う〜ん なるほど(笑) 

2001年8月29日  


買い物帰りの車の中 息子が あのおうちは何? と指差すので あれは教会だよ と教えると ふぅん

じゃぁ あそこでセーブできるの? と返されてコケる セーブって何をセーブするんじゃ〜 それは

ゲームの世界だけでしょ?と笑いながら いったい何がセーブ出来るんだろうか?と考え出したら 笑いが

止まらなくなってしまった(笑) 後ろで息子も一緒になって笑ってる(=^0^=) 

夜 またまた出ましたパンツシリーズ?(笑) 見て見て〜 と 上半身ハダカ パンツいっちょの息子が 

夫の元に走ってゆくのを目撃 ソファーの陰で息子が何をしているのかよく見えない でも 夫が何やら 

異常にウケている 見に行くと 私を見た息子が ガバっとおもむろにパンツを下げる うきゃ〜(@_@)

何すんの〜 と言いかけた私の目の前に飛び込んで来たのは すまた(笑)ではなくパンツ そう パンツの

下にまたまたパンツ 息子のパンツシリーズ第三段なのであった すっかりシリーズ化している 4歳児に

ヤラれた夫と私であった(笑) 

2001年8月28日  


昨晩の事だ これに着替えなさいと いつもの様にパジャマの上下を息子に渡すと テレビに夢中な息子は

上の空でそれを受け取った しばらくして覗きに行くと まだ 昼間のズボンのままだ 何やってるの と

怒ると だってパジャマのズボンが無いんだよ〜 と息子が言うので ふたりであちこち探したのだが 

これがなかなか見つからない ついに諦めて別のズボンを持ってきて これを着なさいと渡して 履いてた

ズボンを脱がしたら なんと下からパジャマのズボンが出て来た(笑) どこをどう間違えたのか 謎である 

僕ね 変装してたんだよ〜 うへへへへ と ワケがわからない苦しい言い訳をする息子であった

そして今日 また パジャマのズボンが無い と言うので またなの〜 と呆れると 自分でズボンを

引っ張って 下に履いてるパジャマのズボンを見せた ワザとやっている 何やってるのよ と呆れると 

ショーだよママ ショー ですと ハイハイハイ 脱力する私であった(笑) ショー???

2001年8月27日  


本や雑誌を読んでいると 時々 ハタと 視線が立ち止まる文章に出くわす 今日のは 映画俳優

スーザンサランドンのインタビューの中で 彼女が娘に言った言葉だった 彼女の彼女なりの人生観や

価値観がすんなりと素敵に伝わってくる言葉だった 私は息子に 日本語を学んで欲しいと思っている

その理由のひとつは 私が今まで生きてきて 見聞きした事 感じて来た事 そして 体得してきた事や

学んできた様々な知識を 私なりの言葉でまるごと息子に伝えてゆくためには やっぱり日本語でなきゃ

100パーセント表現出来ない と思うからである 言葉と文化は密接に結びついている そんな事を 

最近 会話が楽しめる様になった息子との関係の中で ちょうど思っていた矢先だからこそ 立ち止まった

一文だった 心を揺らす一文に出会う それはとても嬉しい瞬間だ 空間 時を超えて 他者の感性や

人生に触れる楽しみ これだから読書は止められない(*^_^*)

2001年8月20日  


ツアーから帰ってくる夫を迎えに行く車の中 息子が 幽霊の話しをしてくれる 助手席に女性がひとり

後ろに男の子がひとりいると言うので 名前は?と聞くと 幽霊ちゃんと幽霊君 と答えるのでコケる

彼等には肉と骨が無いので透きとおっていて 最初は魚で次に猿 そして幽霊になったそうで 海に住んで

いて お腹がすくとコンブを食べていて 夫は 透きとおったおばぁちゃんと男の人とともに帰ってくる

と説明してくれる 夫と待ち合わせの駐車場に着くと あの木の上に悪い幽霊が見える などと 話しが

どんどん膨らんでゆくので ちょっと腰を折ってみたくなって 本当は見えないんでしょ? 嘘でしょ? 

嘘つくと鼻が曲がっちゃうよ と脅かす(^^ゞと 少し悩んでから 鼻が曲がったら大変という顔をして 

うん 嘘なんだ ゴメンね と言った でもその後 でも 時々 なんとなく なんとなく見えるんだよ 

どうしてなんだろう? と聞くので うん ママもお父さんも 時々そうだから 遺伝かもネ きっと

霊感があるんだよ と答えておく 夫が帰ってくると すかさず旬の(笑)幽霊の話しを英語で始めた息子

で そのゴースト 名前はなんて言うの? と 夫に聞かれて ゴーストちゃん と答えた息子に拍手(笑)  

2001年8月19日  


昨日 日系のマーケットから借りてきたハンター×ハンターのビデオを 息子とふたり ベッドでゴロゴロ

しながら見る あぁ至福のひととき(*^_^*) 腹ばいになった息子が 足をバタバタさせているので 私も

マネしてバタバタすると 手はこうだよこう と 注文をつけるので その通りにしながら これ何? と

聞くと 貧乏虫で〜す と言われてツボにハマった 腹が痛い(笑)  

2001年8月18日  


ねぇねぇ ストーリーで遊ばない? と息子 うんいいよ とK君 じゃぁ僕からお話しするね あのね

蟻さんの迷路 っていうお話だよ 後ろで盗み聞きをしていた私は そのタイトルに興味津々である でも

その後すぐ K君は他の子を追い掛けて行ってしまった 息子もその後を 何事もなかった様に追ってゆく 

お お〜い 蟻さんの迷路のお話はどこへ?(^◇^;)  あぁ子供って…(笑)

2001年8月17日  


昨晩は トイレからの怪音と溢れ出した汚水との格闘でよく寝られなかった 早速来てもらったプラマーの

長〜いスネークの先には びよよんと伸びる太〜いゴムの成れの果てが…(^。^;) 伸びてしまったズボンの

ゴムを直そうと母が買って置いていってくれたものだ 原因はコレ 猫の仕業に違いない うちの子達は

ゴム系と転がりものに何故か目が無いのだ 鉛筆と私の髪のゴムを 毎朝 とんでもない所で発見する 

時々は ゴキブリのバラバラ死体(^_^;) ポチポチと落ちている手や足を発見すると 胴体はどこじゃ〜 

と もう 戦々恐々 ビックリ箱状態だ(笑) 夕方から Mさんの新居に遊びに行く 彼女が選んだ家は 

彼女らしく華やかで素敵な家だった 泳いでよく食べてよくしゃべって楽しい1日になった 

2001年8月16日  


お盆カーニバルで貰ってきた水中メガネのお陰で 私は 背浮かび&深いところへのアメリカ人式飛び込み

(笑) が 息子は 水に顔がつけられる様になった この水中メガネは鼻もカバーするので大変便利である

そして 潜る事の楽しさを覚えた息子は あっという間にプールの端から端まで泳げる様になった 初めて 

私の手を借りずにひとりで泳ぎ切った時 水の中で直立不動になり 真面目な顔で お父さん 僕は立派に

泳げる様になりました と言った息子 う〜ん 何故に文語調?(笑)

2001年8月12日  


ひょんな事から手に入ったオルゴールの調べが 愛は勝つ だった フンフンと歌詞を口ずさんでいたら

息子から ママ どうして必ず最後に愛は勝つの? と聞かれる 愛はネ 一番強いのよ パワーなのよ

と力説(笑)していたらその横で  愛ぱ〜んち と拳を突き出す息子 え〜っと(^◇^;)  (笑)

2001年8月11日  


図書館から借りてきた 風魔一族の陰謀 というルパン三世のビデオを見ていた息子が ママ このルパン

声が違うよ〜 と言いに来る 行ってみると息子の指摘通り違う 栗田貫一でも無い しばらく見ていたら 

ルパンだけではなく 全員が違う声なのに気が付いて驚く ルパンの声に めちゃめちゃ聞き覚えがあって 

コレは誰じゃ〜 と悶々とする私(笑) でも なんだか良い 私にとっては ただのモノ真似にしか聞こえ

ない栗田貫一より 全然良い だってマネは所詮マネ それよりも たとえイメージが変わっても 本物で

やって欲しい と思っていたのだ ビデオを巻き戻して声優を確かめたら 古川登志男さんだった げげっ

ピッコロさんやんけ〜 どうりで懐かしいハズだわん(*^_^*) ところで 最後の方のシーンで 銭形が

ルパンを助けるシーンがあった 息子に なんで助けるの? と聞かれたので私なりに説明すると そうか

仲間放題なんだね とニコニコ答えた う〜ん なかなか面白い造語かも§^。^§ 

2001年8月7日  


ソファーでくつろいでる私のところへ オモチャの刀をさした息子がやって来て ママ 僕の必殺技は

コレなんだ〜 と何やら妙な動きを見せてくれる(笑) それでね コレが ぼうりょく なんだよ〜 と

両手を顔の前で交差して見せるので ふぅん それが 防御 なんだネ と さり気なく訂正してみたり

する私(笑) そしてその後 でね〜 これが視点変更なんだ と続けたので思いっきりコケた ううううん 

君はゲームキャラなのかい?(^◇^;)

2001年8月5日  


ねぇねぇ 僕のストーリー聞いて〜 と息子がニコニコ言う むかしむかしで始まって めでたしめでたし 

で終わる 様々なストーリーを語ってくれる息子なのだが これがまた滅茶苦茶なのである 起承転結の

へったくれも無い(笑) 中でも今日のヒットはコレだった ゛むかしむかし すぐ 壊れてしまう家が

ありました 作っても作っても 壊れてしまいます 困ってしまいました すると ある人が言いました 

そうだ 僕に とってもいいアイディアがあるよ めでたしめでたし゛ ・・・・ お〜い(爆)

2001年8月4日  


寺子屋に向う車の中 突然息子が Rちゃんは大きくなったらどんな女の子になるんだろうなぁ と

言い出す 最近 何かの折りにつけ Rちゃんと結婚すると公言し 本人にも電話でいきなり 僕ネ

Rちゃんが大好きなんだ と もしもしも言わずに告白をやってのけた息子 う〜ん 積極的なヤツ(笑) 

きっと 素敵な女性になるんじゃない と言うと 僕 待ち切れないなぁ なんてニヤけている でその後

でもさ〜 僕達の子供の名前は 何にしようかなぁ と悩んでいる お〜い そこまで飛ぶか普通?(笑) 

腹が震える母をしり目に うんそうだ 名前は いつか にしよう ←この出典は朝ドラの゛あすか゛

などと ひとりで納得している息子 その後がまた強烈だった ママ 僕 結婚前には子供 作らないから

安心してネ ですと…(^◇^;)  ま まさか4歳児にこんな事を言われるとは(爆) あ この出典は 

ドラマ 出来ちゃった婚(^。^;) 先週 このお父さん なんで怒ってるの?と聞かれて ワケを説明した

私なのでした(笑) 今日は寺子屋の後 図書館に行って日本の本三昧 その後は友人宅でBBQパーティ 

と フルに楽しんだ1日 帰りの夜の高速 白い満月と宝石の様な町の明かりが とっても綺麗だった 

2001年7月25日  


BOBも連れてっていい? と 息子の声が聞こえてくる いつのまにか 彼が作ったカラフルな

ブロックのロボットの名前が BOB になっているらしい(笑) プールには いっしょに入れないよ 

と夫 僕の泳ぎを見たいだけなんだよ と息子 しばらくして 水音と楽しそうな息子の歓声が続く 

と そんな事があっての夕食時 夫が息子に なんで BOBっていうのか知ってるかい? と聞く 

え〜わかんないよぉ と息子 え〜なんでなの?と心の中で私 すると夫 Big Old Booty 

で BOBなのサ だって… うひゃひゃひゃひゃ〜とウケまくる私 ちょっと心外気味に 人指し指を

立てて That's not good とくり返す息子(^◇^;)  昨夜の あらあらきりきりとろとろ話し(笑) まだ 

夫にしていないのにこのリンク?ぶり う〜んさすが親子だゾ(爆)  

2001年7月24日  


夕方 隣町に住むAさんが 娘さんといっしょに 庭の葡萄を見にやって来た 息子とそんなに年が違う

わけでもないのに プールの水の中を華麗にくるくるスイスイと泳ぎまわる娘さんに 私も息子もビックリ 

葡萄とともに彼女達が帰っていった後 Rちゃんは 名前の通りに←彼女の名前は海の生物をもじってある 

お魚さんみたいに上手に泳ぐね〜 と息子に言うと ライバル心 丸出しで え〜 僕だって あらあら 

きりきり とろとろ だよ と言うのでコケた 確かにそれ あきと だけど なんの意味も無いゾ(爆)

2001年7月19日  


さて 今日は何の本にするの? と 夜 パジャマに着替え終わった息子に聞くと 桃太郎にしようかな〜 

う〜ん それともネズミさんのヤツかな? と 日本昔話しがつまった絵本を前に迷っている そして

あ そうだ 今日はカサカサ山にしよう と叫んだ カサカサ山??? あ カチカチ山ね と 思わず

吹き出した いつのまにか ひらがなを読む様になっていた息子 うんうん そうだよね さとち… 

むずかしいよね(^m^)  

2001年7月18日  


先日 日本の母から カルタが届いて 大喜びの息子である ウルトラマンのカルタで 私の妹が羨まし

がっていたそうだ(笑) 我が息子は ウルトラマンを テレビシリーズとしてちゃんと見てもいないのに 

何故かウルトラマンが大好きだ 何が男心を揺らすのだろうか?(笑) なので これはウルトラマンだ! 

という認識はあっても 当然 固有の技や バルタン星人 ピグモンなどの怪獣達 ←古い?(笑) などは

知らない さて さっそく 私 読む人 息子 取る人 で カルタを始める なげるぞ せぶんのあいす

らっがー というのを取った息子 その絵をマジマジと見て 頭のヤツを投げるんだネ あ〜っ じゃぁ〜 

坊主になっちゃうじゃない と困って?叫んだのに思いっきりコケた私 うん 君は正しいゾ(笑) 坊主? 

うぷぷぷぷ(^m^)

2001年7月8日  


今日は寺子屋のお盆カーニバルだった 夕方からの盆踊り 息子に甚平を着せて踊りの輪に… 踊りが覚え

られない息子は 機関車となって走り出し その後を小走りに追いながら それでも上半身は盆踊りな私

周りの着物姿のお姉様方(*^_^*)を見よう見まねで 何曲かは振りを体得 何年ぶりだろう なんだかこの

振りって気持ちいい やっぱり日本人なんだよなぁ私 と しみじみ§^。^§ 浴衣を着て 綺麗にお化粧を

した女の子達に息子は興味津々 そして夫は あぁ〜 川の流れの様に などとダミ声で歌って 彼女達を

笑わそうとするが 彼女達はキョトン アメリカ育ちの彼女達 美空ひばりのヒット曲も知らなければ 

日本語も通じないのであった うく夫(笑) 帰り際 早い時間に釣った金魚を引き取りに行くと なんと

終わりのドサクサで1匹も残ってない 盗まれたらしい と言う 大泣きの息子に 隣のブースのおばさん

が シュノーケルをプレゼントしてくれた 息子の機嫌はすっかり直って感謝感激である 帰りの車の中 

息子が 釣りに行きたい と 突然言い出す 魚を釣って さっきのカーニバルの金魚釣りの人達にあげる

のだと言う だってそうすれば僕達 またお魚さんが買えるじゃない と 自分の素晴らしい?アイデアに

ニコニコしている息子に それってなんか違うゾ と つっこむ夫と私であった(^◇^;)  

2001年7月7日  


めずらしく危険でない暑さの1日 近所の公園に 家族揃って久しぶりに出かけてゆく 木陰のベンチに

座っていると 心地よい風が吹いてくる ふと横を見ると 他には誰もいないバスケットコートで 

夫と息子がボールを追いかけているのが 柔らかい黄金色の日射しとともに目に飛び込んでくる その

構図が なんだかとっても美しくて あぁ この情景 私はきっといつまでも覚えているだろうな と

思った なんだか 幸せだった 

2001年7月5日  


僕は十刀流なんだよ〜 と 息子が オモチャの刀を持って来て どこでどうやって 10本 刀を持つ

のか こと細かに説明してくれた う〜ん でもそれじゃぁ 立ってられないと思う(笑)最近 我が家は 

るろうに剣心がブームなのであった ひょっとして ゛十本刀゛を 誤解しているのかもしれない(笑)

でもその後 ゾロ〜と言って 口に刀を1本くわえていたので さすがに十本は無理だと悟ったのかもしれ

ない(笑)

2001年7月4日  


今日は独立記念日 夫の古い女友達から バーベキューパーティの招待を受ける 久々に鏡に向って化粧を

していると 息子がやってきて 興味深そうに鏡の中の私を見つめている アイシャドウを塗っていると

わぁ ママ綺麗だね〜 などと言うので照れる私 いやぁ〜息子っていいなぁ(笑)パーテイに行くと

友人の15歳の息子とドラゴンボールの話しで盛り上がる セルゲーム この後はどうなるのかと聞かれ

知らない方が楽しいじゃない とだけ答えておく 何故か彼は こちらでは放送されてない スーパー

サイヤ人4まで知っている ネットで情報を得ているそうだ 夜 丘の上にある彼女の家から ビーチで

上げられている花火が見える アメリカで花火を見るのは そういえば 初めてだよなぁと思いながら 

初めてがいっぱいある人生も なかなか良いものかもしれないなぁ なんて しみじみ思ったりした

2001年7月3日  


ムギ茶を作って冷蔵庫に入れていると パックが入っていたカラの箱を覗いた息子が あれ ママ ムギ茶

の材料 もう無いじゃないと言う あら〜 材料なんて言葉 よく知ってたね エライエライとホメると 

くすぐったそうな顔で ニマニマしている 昼下がり 買い物帰りの車の中 運転している私の後ろから 

なんの脈絡もなくいきなり ママ 口のしゃぼん玉の材料はツバなんだよね〜 と言い出したのでコケた

そんな材料バヤリの1日(笑)そうそう マーケットの中で野菜を選んでいると ママ〜見て見て 森が

あるよ〜 と嬉しそうに呼ぶので ふと見ると そこには ブロッコリーが積み上げてあった 大ウケ  

2001年6月14日  


大好きなルパン3世が 実は 泥棒だった と つい最近知って 悩んでいる?息子である 彼の単純な

頭の中では もちろん 泥棒 イコール 悪い人 とインプットされているからだ どうして?なんで?

と聞かれても答えようがなくて困る(^◇^;) すると とあるシーンで ルパンが富士子の車を乗り逃げ

するシーンがあった すかさず息子 あ 富士子ちゃんの車を盗んだ そっか〜 やっぱり泥棒なんだね 

そうかそうかと なんだか納得していた そんなんでいいのかいな〜(笑) 夜 クゥイニーの飼い主さん

が彼女を迎えに来る てってってっの足音が聞こえなくなるのはちょっと寂しい 3匹の猫に囲まれて

その短い足で 絶対に届かない(笑)ネコパンチを覚えてしまったクゥイニー ジャンプ力が 恐ろしく

発達してしまったクゥイニー なんだか寂しくなるよね と息子に言うと さみしいって言うのは

ママの悪いクセだよ と言われてコケる なんやそれ(笑)

2001年6月13日  


テレビの音が聞こえてくる 息子が部屋で ルパン3世の映画を見ている まもーきょうすけ 漢字が

わからない(^_^;) が出てくるやつで エンディング間際だ トイレに座っていた私に 銭形につかまった

らしいルパンが 富士子 なんとかしろよ〜と言ってるのが聞こえてくる すると してあげてもいいわ 

まともにキスが出来たらね と思わせぶりに富士子 しばらく間があって もちろん喜んで とルパン

銭形があわてている声が聞こえる おおお ラブシーンだわ〜 とほくそ笑んでいると 急に音声が切れた

しゅるしゅるとビデオを巻き戻す音が聞こえる 何度か失敗してるらしくて 早送り巻き戻しをくり返し

ている いやぁん 明音ってば キスシーンをもう1回見るつもりなのかしらん おマセなやつ などと

ニマニマしていると ママ〜 来て来て〜 と息子が呼んでいる ハイハイ わかってますよ と トイレ

から出て部屋に入ると 画面には ぺろんと出た富士子のおっぱいの乳首を その指で ちょんと押して

いるルパン が 固まっていた こ ここだったんかい (爆)

2001年6月12日  


息子が突然 あぁぁ ゴムゴムの実が食べたいなぁ ゴムゴムの実ってどこにあるんだろう? と言い出す

出典は ワンピース である(=^0^=) でも悪魔の実を食べたら泳げなくなっちゃうんだよ と言うと

大丈夫だよ 浮きわがあるから との答え そしてその後 ママだってサ ウンコしてる時 びょ〜んと

と手を伸ばして電話に出られる様になるじゃない と続けたのでウケてしまった そんなためかい? (笑)

2001年6月11日  


ここのところ 息子は悟空 私はピッコロの人形を持たされて ドラゴンボールごっこ遊びの日々が

続いている ストーリーは 時に私が 時に息子がひっぱって様々に展開してゆく 昨日は宇宙船に乗って 

ピッコロのおじいちゃんの家に遊びに行った 途中で 亀仙人が空から降って来たり 息子主導時の展開は 

予想不可でなかなか面白い 今日は ドラゴンボールを集めたのだが 私の手の神龍が 願いごとを言え 

と野太い声で(笑)息子の悟空に迫ってみると フリーザと仲良く遊びたい と言われてコケた(笑) その後 

石になって飛んでいったドラゴンボール 時がたてばまた元に戻るんだよネ と言った私に 無邪気に 

時って どこに立つの? 地図を見ようよ とコメントされて またまたコケた私です (*^▽^*)ェ

2001年6月10日  


今日は 友人夫妻が2人の子供を連れて遊びに来てくれた 息子を入れて 4歳3歳2歳 となる

家中が賑やかだ ついこないだ生まれたと思ったのに もうトコトコしっかり歩いている2歳児を見て

人の子の成長って本当に早い と 自分とこの息子をタナにあげて感慨 家族揃って楽しい1日が過ごせた 

夜 借りていたビデオを返しに日系マーケットに行く 息子は日本語で会話出来るお兄ちゃんやお姉ちゃん

に会うのをいつも楽しみにしている そして何故かいつもレジわきにあるチラシを大事に1枚持ち帰る 

今回はなんかの抽選のチラシだった それ抽選出来るんだよ〜 と車の中で息子に言ったら えええ? 

宇宙船をどうやって〜? と聞き返されて吹き出す(=^0^=) 

2001年6月6日  


朝 目をこすりこすり起きてきた息子が うつむきながらちっちゃな声で 僕ネ ○○が悪いの と 

悲しそうな声で言う 肝心の○○がよく聞きとれなくて え?どうしたの?何が悪いの?お腹でも痛いの?

と聞くと ○○に入っていた単語は 寝相 と判明 ああビックリした(笑) 悲しいのは 毎晩蹴られてる

私達なんだけどナ(笑) お昼 プリスクールの帰り 駐車場に向う途中 プリキンダーのクラスの子供達が 

教室から水着姿でゾロゾロ出てくる所に遭遇 あ〜 これからプールなのね でも あのでっかいプール

深そうなのに大丈夫なのかしらん などと思っていると 彼等が向った先は 目の前のひろ〜い芝生の広場 

そこには スプリンクラーの水しぶきが勢い良く舞っている きゃぁきゃぁ歓声を上げながら 水の中を

走り回る子供達を見て なるほど これなら溺れる心配はないよね と納得(*^^*)  

2001年6月5日  


息子をプリスクールに送り出した後 録画しておいた日本のニュースを見ようと リビングの長イスに

寝転がったら いつのまにか 耳の横にスー お腹の上にキキ 足の上にクゥイニー 足下に縞子と

スゴイ事になっていた う〜んモテモテ?(笑)

2001年6月4日  


夫が所用でパサデナに行くというので パサデナ未体験の私は 息子といっしょにくっついて行く事に

する 北に10分程走ると 周りはもう山だらけだ 景色に見とれていたら 山のふもとに何やら巨大な

つくしん坊の様な妙な植物が ニョキニョキ生えている不思議な光景に出くわす アレ何? つくしん坊

そっくり つくしん坊って知ってる? などと夫と会話していたら 後ろから息子が そうだよ やっぱり

アレはでっかい゛おいしんぼう゛なんだよ とワケ知り顔で言うので笑ってしまった おいしんぼう?(笑)

ところ変われば雰囲気も変わる で パサデナの家々は どことなくニューオリンズを連想させる 初めて

訪れた町なのに なんだか ふと 懐かしい気分になる 桜の木そっくりで 花の色がムラサキの木が 

そこここで咲き乱れていて美しかった

2001年5月31日  


連日 息子のママ遊んで攻撃が激しい が 未だ早起きに順応していない私は眠くて眠くてたまらない 

そこであみ出したのが 宇宙船ごっこである(笑) 布団を宇宙船にしての大冒険 様々な惑星を息子と

ともに探検して歩くのだ この遊びの良いところは 寝れる事§^。^§ ハイ 今度は炎の星に行こう 

な〜んて言いながら 布団にくるまって実は半分寝ている私(笑) 時々 ストーリーのつじつまが合わず 

息子に怒られる(^^ゞ 夜 息子に絵本を読んでいたら ママ ママ 僕が読むよ と言って 指で文字を

指しながら たどたどしいながらも一文字一文字 ひらがなを正確に読み出したので驚いた いつのまにか

読める様になってたのね〜 ビックリ(*_*) プリスクールで毎日 アルファベットを1文字ずつやってて 

英語の看板とかに興味を示していたのは知ってたけど 日本語もいつのまに! 明音君 天才 スゴイ!!

と抱き締める私に ニヤニヤ照れて嬉しそうにしている息子が可愛かった(*^^*)

2001年5月30日  


朝食後 後片付けをしていると ズイズイずっころばしごまみそずい♪ と 可愛い歌声が聞こえてくる 

ニマニマしながら覗きに行くと なんと息子は 紙一面に書かれている よ の字の穴に ひとつひとつ

指を突っ込みながら ズイズイすっころばし と歌っているのであった う〜ん よ の穴にそそられた

のかいな?(爆) プリスクールに送ってゆく車の中 ママ 星さんが僕の後をついてくるよ どうして

と聞くので 明音君の事が好きなんんじゃない? とメルヘンして答えたら 違うよママ 星が遠くにある

からだよ と返されてコケる 知ってるなら聞くな〜(笑) 

2001年5月28日  


ここのところ 息子が様々に試してくる?単語にのけぞる事が多くなった 先日も スリッパの片方を

探していた時 多分 クゥィニーがやったんだよ クゥィニーは横暴だからさぁ と言われてのけぞった

う〜ん 横暴(^_^;)??? 昨日の朝は ヤドカリって何?と問われ 眠い脳みそを総動員して答えたら 

わははは〜 それはただの迷信だよ 迷信 と 何故か笑い飛ばされて眠気が吹っ飛んだ(笑) むずかしい

言葉を使ってみたいお年頃なんだろうナ いやぁでも このハズし方 予想不可で面白いゾ (*^▽^*)ェ

2001年5月19日  


今日は寺子屋のビーチ遠足 家族揃って出かけてゆく 今年初めての海だ 曇り空だがショートパンツで

も寒く無い 様々なゲームを大人も子供も混じり合って楽しむ お弁当の時間 卵は英語で何て言うの?

の問いに エッグ〜と正解して得意げだった息子 その後 すぐ側でお弁当を食べていた あるお母さん

から じゃぁタコは?と聞かれて 手に持ってたタコさんウインナーを見つめて ウインナー!と答えた

らしい おいおい(笑) 砂だらけになって心地良い疲労とともに帰宅 眠りにつく前 息子がポツリと 

ママ また海に行こうネ と言った

2001年5月18日  


さっきまで ダダをこねてワンワン泣いてた息子が ケロっとした声で ママちょっと来て〜 と呼ぶ

ので行ってみると 今 あそこの塀の上をリスが走っていったよ と真顔で言う しめしめやっと機嫌が

治ったか と そ〜 リスがいたの 良かったネ〜 と答えると 良かったじゃなぁい 良かったって

言わないで! と怒り出したのでコケた なんだ まだ 機嫌が治ってなかったのね でもまぁ確かに

良い悪いの問題じゃ無いかも と なんだか可笑しくなって ひとり笑ってしまった

2001年5月17日  


リビングのソファーに座ったら すかさずクゥィニーが飛び乗ってきた 最近一発で失敗しない 進化

したのだろうか(笑) しばらくすると 今度はスーがやって来た 私の腿に両手をおいてゴロゴロいって

いる するとなんとクゥィニーが スーを確認後 私の膝を自ら降りてスーに場所を譲ったのにビックリ

う〜ん クゥィニーちゃん律儀(笑) 昼下がり 裏庭を自転車でグルグル回っていた息子が 僕はネ

ナンバーワンライダーなのさ と言うので そうか〜 それはスゴイね〜 と 調子を合わると でも 

僕 どうしてナンバーワンなの? と聞き返されてのけぞる あんたが言ったんでしょうが〜(^◇^;)

なんだか最近 この手の掛け合いが多くて 脳みそを揺さぶられる私です (笑)

2001年5月14日  


スーパーのレジにて 割り引きになるメンバーズカードを忘れて来た事に気が付いて愕然 頭を抱えて

いたら 目の前にすっとカードが差し出された 顔を上げると すぐ後ろに並んでいた子供連れの男の人

が そんなにいっぱいじゃぁ大変だよね これ 使って と ニコニコしている レジのお姉さんも 

あら 良かったわね〜 と ニコニコしている こういう時 あぁ アメリカだなぁ と 嬉しくなる

先日も 別のマーケットで オーバーオールの狭いポケットの中を 2セント探してゴソゴソ苦労して

いたら やっぱり後ろのお姉さんが いつのまにか2セントを払ってくれていた こういう事があると

なんだか1日中ウキウキしてしまう 出来ません は やりたくない なのよね〜 と サービスの質の

悪さに腹を立てていた事なんて ぽぉ〜んと吹っ飛んでしまうから可笑しい(*^_^*)   

2001年5月10日  


ママ あの人デビットおじさんみたいだよ と プリスクールに送ってゆく途中息子が言う その彼を

見てみたが これといって共通点がない え? どうして? と聞くと ホラホラ beerがさ と

答えるので え? ビールがどうしたの? とワケがわからなくなると 違うよ〜 beardだよ 

と 息子 あ ヒゲの事ネ なんだ ママ ビールがどうしたのかと思っちゃったよ と笑ったら

大人はさ beerを飲むから beardがはえてくるんだよきっと と真顔で言うのでウけた

お昼過ぎ 迎えに行くと 息子から 母の日のプレゼント と カードとかわいくラッピングした

袋をもらう 中にはビーズの首飾りが入っていた 僕が作ったんだよ と 息子の顔が自慢げだ

首飾りをした私に ママはプリスクールいちのお姫様だネ とニコニコ言う息子 母 感動 (*^^*) 

2001年5月9日  


昼下がり 裏庭で 夫が口笛をふいてクゥィニーを呼んだ それを見た息子が 口をすぼめてトライ

すると 何回かのトライの後 ぴゅっと小さな音が出た 音が出た事に目を丸くして驚いてる息子 

スゴイじゃない 出来たじゃない と私達 嬉しくてしょうがない息子は もう1度ふこうとするが 

顔がニヤけているのでなかなか口笛の形にならない(笑) その様がめちゃめちゃ可愛いかった(*^^*)

2001年5月8日  


だんだん 日なたが暑さで危険になってきた 肌がチクチクする暑さだ ひとしきりプールで泳いだ後 

バスタブで 既に日焼けしてきた息子に うわ〜焼けたネ〜 だんだんお父さんの色になってきたネ 

と言ったら うん お父さんみたいなバーベキュー色になるんだ とニコニコ言う その後 クゥィニー

は お父さんといっしょでバーベキュー色 ママはオートミール色だネ と続けたので 笑ってしまった 

バーベキュー色???(笑)

2001年5月6日  


テレビでも見ようとリビングのソファーに腰を降ろすと すかさずキキがヒラリと飛び乗ってくる 

出遅れて ドタドタとやって来たクゥィニー 私の膝の上にキキを確認すると ウルウルと私を

見つめて すぅんすぅん言っている キキは知らん顔だ 諦めて ザリザリとソファによじのぼり

キキの邪魔にならない場所に長く伸びたクゥィニー 犬は上下関係を作るって本当なんだな と感慨

猫よりも下な 情けないクゥィニーちゃんなのであった(笑) 夜 ネットをしている私のイスの下で 

なんだかフガフガしていた彼女 気になってふと見たら なんとカーペットにポッカリまる〜い穴が!  

まるでハゲである とほほほほ 先日 スーファミの連射パッドを食われた時もショックだったけど 

まさかカーペットまで食うとは… カーペットって こうやって出来ていたのね と 露出した下地

を呆然と見つめる私でありました(^◇^;)  

2001年5月5日  


いつのまにか 素足でいられる様になってきた 昼下がり ひょっとしてもう泳げるかな と足を

プールに浸してみたら なんだかイケそうだ それっとばかり初泳ぎ 試しにクゥィニーを放って

見たら 短い手足を動かしながら泳いだので 息子と二人で大しゃぎ 泳いだ本人 本犬?(笑)も

自分が泳いだ事に興奮して 庭中を駆けずり回っている(^m^) 生まれて初めてだろうに いきなり

泳げるとは さすが犬だ この年になって 去年やっとこさ 平泳ぎを覚えた私とは大違いだ(笑)    

2001年5月3日  


リビングのサッシのガラスに鼻をこすりつけて 裏庭に出たいクゥィーニィが すぅんすぅん 泣いて

いる そのすぐ横にいたスーが そんなクゥィーニィを小首をかしげて見つめている その姿がなんだか 

妹を心配するお姉さんぽくて優し気だ 映画の1コマの様だった 

2001年5月2日  


最近 文字に興味を持ち出した息子 私の読みかけの本を開いて なにやら読んでいるフリをしている

意味不明にモニャモニャつぶやいていたのだが 突然ハッキリと 女の子がいました 女の子は裸でした 

めでたしめでたし と言ったので 夫と二人でひっくり返った 本を取り上げてみると 確かにそこには 

女の人の裸のデフォルメの挿し絵があった うみゅぅ めでたい? めでたいのかナ?(^◇^;)

2001年5月1日  


ボールを放ると 息子とクゥィーニィが コロコロともつれながら庭を駆けてゆく 猫と違って 

犬は子供と本当によく遊んでくれる たくさん食べてたくさん運動して なんだか逞しい馬の様に

なって来たクゥィーニィ(笑) 長い鼻先をコテンと私の腕に預けて 安心しきって眠るクゥィーニィ

いなくなったら寂しくなりそうだ 

2001年4月25日  


オヤツは何にする? と息子に聞くと 僕 ニンジャが入ってるヤツがいいな と 先日 友人から

もらった生姜入りのお菓子を指差して言う ママ 辛いよこれ〜 と言ってたヤツだ ニンジャなんか

入ってないよ〜 と言いつつ 頭の中に黒装束の忍者をポッカリ浮べて そういえばこれ 金沢のお菓子

だよなぁ 金沢と言えば忍者寺 面白かったなぁ なんて 頭の中が ますます忍者だらけだ でも

いくらなんでも この中に忍者は入ってないゾ と 心の中で葛藤(笑)している間も 入ってるじゃない

ニンジャ〜! と 息子は断固として譲らない う〜ん ニンジャ? ニンジャ あっ ジンジャー!

生姜だぁぁぁぁ と ハタと気が付いた あ ゴメンゴメン ジンジャー入ってるよね と 息子に

謝りながら 金沢から忍者寺と妄想を膨らませた自分が可笑しくて ころげまわって笑ってしまった

2001年4月23日  


風呂上がり 寝室のカーペットに座って洗濯物をたたむ私 すぐ横で クゥィーニィがタオルと格闘

してコロコロころがりまわってる ベッドの上では息子がテレビを見ている そこへ 優雅にキキが

歩いてきた あ ちょっとコレ捨ててきてくれない? と キキに 洗濯物にまぎれこんでいた柔軟剤

のシートを渡そうとした自分に驚いた クゥィーニィは犬 キキは猫 息子は人間 こういう事は

人間の息子に頼みましょう (笑) 

2001年4月22日  


外出する夫に頼まれて レイカーズのゲームを録画するためにビデオをセットしていると 向いの部屋

から 夫と息子の会話が聞こえてきた 息子はテレビゲームをやっている やっつけてるかい? と夫 

やられてるんだよ〜と息子 ここまでは英語である すると ごめんネ〜 と 日本語で夫が言った

おいおい 謝ってどうするんじゃい と 思わず吹き出してしまった私 アイムソーリーを ごめんネと

直訳しちゃったのネ(^m^)

2001年4月20日  


ふと気が付くと いつも半径1メートル以内にハベっている(笑)クゥィーニィがいない 探しに

行くと リビングのカウチに私が脱ぎ捨てたカーディガンの上で丸くなっている この独立行動

の一歩(笑)が嬉しくて夫に報告したら YUKOの臭いがするからだよ〜と言われる そういえば

さっき 息子を驚かそうと扉の陰に隠れたら あっさり見つかってしまい なんでわかったの?

と聞いたら だってママの臭いがしたんだもん と答えた息子 私って臭うの?(笑) 一家揃って

風邪が抜けない我が家 外は肌寒く雨まで降って来たので 夕飯は野菜たっぷりのトマトシチュー

にする ふと思い付いて 缶詰めのビーツを入れたら めちゃんこおいしくなった やったネ(^-^)/

2001年4月19日  


寺子屋でもらってきた絵書き歌集で遊んでいたら んじゃぁ 今度は僕の番ネ と息子がニコニコ言う

僕の番っていったい何?(^◇^;) と戸惑っていると 息子が何やら歌いながら書き出した そして

ホラホラ ママ 僕のとおりに書かなきゃダメじゃないさ〜と口をとがらす 私が絵書き歌集を元に

歌いながら紙に書いて それを息子にマネさせていたのを今度は自分がやりだしたワケ(^◇^;) 完成後

コレなぁに? と聞いたら カッパのオヤヂ だそう(^m^) で 歌はこんなんでした カッパさんが

ころんで 王冠がどっかいった ころがってなくなっちゃった〜♪ う〜ん 面白いぞ (*^▽^*)ェ  

2001年4月18日  


Yさんが 野菜や果物がメチャンコ安い というスーパーマーケットに連れていってくれた イラン系

なのだろうか そこには 中国韓国系とは全く趣きを異にする エスニックな世界があった 買い物客

の香水なのか食べ物の臭いなのか 独特の香ばしい香りが店内を漂っている Yさんが言ったとおり

野菜と果物が本当に安い 今まで1番安いと思っていた中華系マーケットよりも安い ルンルン買い物

をしていたら 隣に住むイラン人の奥さんとバッタリ あら〜何故ここに〜 な会話になりました(笑)

Yさんに感謝な1日でした(*^_^*)  

2001年4月16日  


ネット中 お行儀悪く(笑)テレビの台に踵を置いて伸ばした私の足の間に 気持ち良さそうに伸びて

眠るクゥィーニィ と そこへキキが悠々やって来て いきなり私のヒザの上にヒラリと飛び乗って

きた クゥィーニィがいるのにおかまい無し どすんと体を横たえる もちろん狭い私のヒザの上 

お尻のへんは 思いっきりクゥィーニィに重なっている その感触にくるりと振り返ったクゥィーニィ 

キキをじっと見つめたものの何事も無かった様に また ポタンと顔を私の足の間に埋める キキは 

ゴロゴロ気持ち良さそうに盛大な音をたてている ひえ〜〜 犬と猫 共存の図 コレはスゴイぞ 

と感慨 でも 見とれているうちに足が痺れた(笑)

2001年4月15日  


隣町のYさんから でっかいハムが手に入ったので イースターパーティをしましょう との

お誘いがあり家族で出かけてゆく イースターはハムというのは初耳だ というより イースター

自体がお初な私である 大人達は 庭のデッキで食事とおしゃべりを楽しみ 子供達は 大人達が

庭のあちこちに隠した キャンディ入りのプラスティックの卵探しに 大ハシャギ 気が付けば 

女性は皆日本人 男性は皆 日本通のアメリカ人 英語の中に日本語の単語が混ざってしまっても 

しっかり会話が続いてゆくところがおかしい いっぱい食べて いっぱい笑った1日だった

2001年4月14日  


今日は寺子屋の日 帰って来てから裏庭で 息子がさっそく ここが寺子屋 ここが僕の家ネ と

ごっこ遊びを始めた とっても楽しかったらしい(*^_^*) 夜 マックに向ってネットをしていたら 

左にスー 右にクゥィーニィ 2匹して 前足をイスにかけて私のヒザを狙っている 一瞬の両者の

間の後 ジャンプ力で勝るスーがヒラリと飛び乗って来た すると それを見たクゥィーニィも 

負けじとザリザリ這い上がってくる その迫力と鼻息?に(笑) スーが負けて 飛び去って行った 

これで息子が起きてたら 3種混合バトルになるんだよなぁ(笑)   

2001年4月13日  


ふと後ろを振り返ったら 縞子 クゥィーニィ キキ が 廊下を縦一列に等間隔に並んで ちょこん

と座って私を見てる 猫犬猫 6つの瞳 微妙な空間バランス この構図があまりにも面白くて 

ひとりで見てるのがもったいなくなって思わず夫を呼んだら その声に反応して 途端に3匹とも

動き出してしまいバランスがくずれた あぁ 残念 猫達は すっかりクゥィーニィに慣れた様だ

2001年4月12日  


それぞれにバスケットや袋を手にした子供達が 歓声を上げながら 一斉に緑の芝生を駆けてゆく

息子が あっという間に小さくなる あ 拾ってるよ ホラホラ と夫と笑い合う 今日は私と息子の

イースター初体験 本物の卵じゃなくて 色とりどりの紙の卵をたくさんバッグに入れて 息子は

自慢げにニコニコ帰って来た そして 紙の卵をキャンディに交換してもらって大喜び いいなぁ 

お父さんもやりたいなぁ と 羨ましがってみせる夫に そうだ お父さんは 大人の学校へ行けば

いいんだよ そこで卵が拾えるよ と 一生懸命に慰める息子が可笑しかった(^.^)

2001年4月11日  


朝早く バタバタと寝室を走り回って 寝ている夫に叱られた息子が 1枚の紙とともにやって来て 

ママ テープはどこ? と言う 何に使うの?と聞くと Tお父さんが眠っているから 静かにして

下さいT って この紙に書いてドアに貼るんだよ〜と言う 私 大笑い クゥィーニィが我が家に

やってきた夜 先に寝てしまった夫が朝驚かない様に TここにクゥィーニィがいますT と書いた

紙を サービスポーチのドアに貼った事がある それを覚えていたのだろう その後 ママ 僕の

お部屋のドアにも Tクゥィーニィ ここにウンチしないでネT って貼りたい と言う息子 

私の笑いはますます止まらない(笑) 朝食後 マカロニサラダのボールを 冷蔵庫にしまおうとして

手がすべり 中身を床にばらまいてしまった あぁぁ と ガックシ来ていると てってってっと

クゥィーニィがやって来て あっという間に たいらげてくれた 床はピカピカだ う〜ん便利だ 

そういえば最近 キッチンの床がやけに綺麗だ これからは 掃除機モップ犬と呼ぼう おいおい(笑) 

裏庭に出たら 今日は どんより曇り空 雨が降りそうだネ と言うと あやまどりすれば大丈夫だよ 

と息子 あやまどり? 可愛い(^m^)

2001年4月10日  


僕の学校はね み〜んな英語人なんだよ と息子 英語人? あ そうか 日本語をしゃべるのは

日本人だもんね なるほど 英語をしゃべるから英語人か(=^0^=) 夜 ビデオを見ようと

ベッドに横たわったら キキが耳もとで丸くなった クゥィーニィがお腹のところで縦長に伸びた 

う〜ん これってハーレム? あ でも みんな女の子だっけ(笑)

2001年4月8日  


録画していた日本語のビデオを見ながら 傍らで絵本を見ている息子の質問に答え 左手でスーを

撫ぜ 右手でクゥィーニィのボールを放る いや〜 モテモテ〜っていうか 聖徳太子状態である(笑)

このところ クゥィーニィが喜んで追っかけない限り 猫達との接近遭遇が だいぶ可能になって来た 

舐め魔の彼女は 猫達を舐めたくて突進してゆくのだが その度にふぅ〜っとスゴまれて後ずさって

いる 猫の勝ち(笑) それにしても このパタパタした動き パンパンした皮膚感触 ず〜っと 何か

に似ていると思っていたのだが ハタと思い付いた オットセイだ(笑) 胴長加減といい つぶらな

ウルウル瞳といい そのまんまだ(=^0^=)  彼女を抱いていた後 猫達を抱くと ほわほわ柔らか

さと 温かさ 頼り無さ そのあまりの触感の違いに驚いてしまう 猫と犬の大きな違いは 息子から

逃げ回るのが猫 息子が逃げ回るのが犬 って事だね と きゃぁきゃぁ笑いながら 自分をコロコロ

追い掛けてくる物体から逃げ回っている息子を見ながら 夫と笑い合った

2001年4月7日  


飼い主といきなり離ればなれになって不安なせいか クゥィーニィがストーカーになってしまった

どこへ行くにも てってってってっという足音が私の後からついてくる 足が短いので足音も小刻みだ

そんなわけで 猫達は 私を見ると まず私の後ろを覗き見する様になってしまった(笑) それでも

昨日あたりからは さすが猫? 好奇心に負けたのか クゥィーニィをかわるがわる こっそり覗き

に来る様になった 1度なぞ 私の股の間で 縦長に伸びて眠っていたクゥィーニィが すっかり 

カメレオン化していたらしく キキが気が付かずに抱っこ〜と飛び乗ってきてしまい 私の狭い膝の上

での超接近遭遇となって大騒ぎ スーは安全な距離から フンフン鼻をカーペットに埋めている彼女を

興味深げに見つめていたかと思ったら なんと自分もマネしてフンフンやり出した(笑) 夜 1週間

ぶりに 飼い主夫婦がクゥィーニィの様子を見にやって来る クゥィーニィは大喜び そして 彼等が

帰って行った扉を いつまでも いつまでも見つめていた

2001年4月6日  


息子が 僕 お姉ちゃんの絵を書いたよ〜 と 言いに来た お姉ちゃんって誰? と聞くと ホラ

天国に行ったお姉ちゃんだよ と言う ママがいつでも夢の中で会える様に 僕 書いたんだよ と

言う息子に 涙が出た

2001年4月5日  


黒のストッキングをはいた私の足を見て ママ どうしたの 足が黒いよ まっくろくろすけ 踏ん

じゃったの?と可愛く聞いてくる息子 喪服を着るのは父の葬式以来だ マイクっこさんとは 3年

程前 ネットで知り合った そして去年のクリスマス 彼女に初めて会った そして これからも

ともに年を取ってゆくものだと信じてた 日常の動作の中 ふと襲ってくるぽっかりとした喪失感 

これを抱えて また生きてゆかなければならない いつもと同じロサンゼルス でも 彼女がいない

悲しみを持て余して 壁にもたれてぼんやりとしていたら ママの泣いてる声が聞こえたの 大丈夫? 

と息子がやって来て心配そうに私の顔を覗き込む 明音君がいてくれるから ママ 大丈夫 ありがと

うネ と 小さな肩を抱き締めた  

2001年4月4日  


昨晩 マイクっこさん危篤の知らせが届いた 助かる見込みはもう無いと言う 途中で途切れてし

まった病院からの電話を握りしめたまま あまりの予期せぬこの事態に呆然自失 電話を下さった

方の電話番号を探すのだが なんだか心にモヤがかかっている様で どこに番号を書き留めたのか

ちっとも思い出せない まるでいつも見る悪夢の様だ 電話をかけようとするのだが 何度も何度も

何故か数字を押し間違え続ける悪夢だ 眠れない夜を過ごして 朝 足の小指が赤い 驚いて よく

見ると爪が半分取れている いつのまに剥がしたのだろう 何故 こんなに現実感が無いんだろう

足の爪をクゥィーニィがペロペロ舐めている 夜 明け方4時に彼女が永眠したという知らせが届いた 

2001年4月2日  


ミニチュアダックスフンドの女の子 クゥィーニィちゃんがやって来た 事情があって 我が家で

1ヶ月程預かる事にしたのだ つぶらな瞳で丸いお尻をぷりぷり振りながら歩く彼女は キス魔で

舐め魔で 油断すると顔中ベトベトにされてしまう 大はしゃぎで彼女といっしょにころげわまる

息子からは子犬の匂いがプンプンする様になった(笑) クゥィーニィちゃんに わ〜い 遊んで〜

と無邪気に追っかけられて 我が家の猫3姉妹は大パニック 3姉妹の方がデカイのになぁ(^。^;) 

キキは恐怖のあまり床にウンコしちゃうし クゥィーニィちゃんは嬉しいと そこら中にオシッコ

しちゃうし しばらく家中 てんてこ踊りになりそうです(*^_^*)

2001年3月30日  


僕のホームワークだよ〜 と ニコニコと ちっちゃなリュックの中に紙と鉛筆をつめている息子 

もちろん息子のクラスには まだ宿題などない そして今日もそうだが 明日もプリはお休みである 

そんな息子を夫がからかって 鉛筆を取り上げるフリをすると あ〜っ だめだよ〜 僕のえんぴそぉ 

返してぇ! と 息子が叫ぶ えんぴそぉ???? そぉ〜 のあたりが微妙に巻舌だ どうやら 

鉛筆とpencilが混じってしまったらしい(*^_^*) その事に 夫と私 同時に気が付いて 私 鉛筆 

夫 pencil でしょ? となった 両耳2か国語放送状態?である(笑) 夜 お風呂での水かけっこに

負けた?息子から 僕を家来にして下さい と言われて驚く なんちゅう降参の仕方だ〜(笑)

2001年3月29日  


プリスクール3日目 昨晩 マギーちゃんって女の子に好きって言われちゃった 僕テレちゃったよ〜

なんてニコニコ言ってた息子なのに 今朝は私にしがみついてなかなか離れようとしない 初日の夜

面倒臭いからもう学校へ行かない と言って泣き叫んで プリに慣れないモヤモヤを吐き出せたお陰で

昨日はすんなりバイバイ出来たのだが 今日はどうやら心の準備が足りなかった様だ マギーちゃんて

どの子なの? ほらほら今日はお弁当にジュースもつけたからネ〜 と気をそらそうとしても なかなか

離れない息子は 先生に抱きかかえられて ようやくクラスへ入って行った 迎えに行くと 僕 悲し

かったよ〜と言いながらも 今日やったチキンのダンスとか アヒルの工作物とか見せてくれて御機嫌

なのでひと安心 帰り道 夫から 御褒美にと買ってもらった カラフルなニンジャタートル型アイス

キャンディを 車の中でおいしそうに食べている息子から 一口もらってその味にゲゲゲゲゲとなる 

め〜っちゃ化学薬品味?なのだ あわてて水を飲んで口直しをしながら 息子の中のアメリカ人を感じる

母であった(笑) 

2001年3月28日  


今日は私の誕生日 40才になった う〜ん40才 なんだかピンとこない イメージしていた40才と

かなり かけ離れているからかもしれない(笑) 年を取った んじゃなくて 経験を重ねた って事よね

と おめでとうの電話をくれた夫の兄嫁と笑い合う 昔 ジャズのライブハウスでバイトしてた時 そこ

で出会った おじさんミュージシャン軍団の感性の若さに圧倒された私 ミケンにシワを寄せてむずかしい

顔をしている若者達よりも 彼等は何倍もぶっとんでいたのである つくづく 人間は 自分で型を作らな

ければ どこまでも どんな風にでも広がって伸びてゆけるものなのだな と思った 知識と体験をうまく

醗酵させながら すくすくと年を重ねてゆきたいものである 

2001年3月27日  


プリスクール初日 ベビーシッターもデイケアーも経験していない息子にとっては 私達夫婦から離れて

知らない人達と過ごす時間はこれが初めてになる それじゃぁ行くネ と息子に言うと 私の手を取って 

子供達の方にバイバイしている 明音君は学校でしょ ママ達 ちゃんと迎えにくるからネ と言って

去ろうとしたら め〜っちゃ悲しそうな顔をされて 心が きゅきゅきゅとなり思わず立ちすくんでいる

と 先生が 大丈夫大丈夫 と 後ろ髪を引かれる私達をドアの外へ押し出した 帰宅後 息子のいない

我が家は なんだかガラ〜ンとしている たかが4時間なのに 寂しがっているしょうもない私達だ(笑)

迎えの時間が来て 教室から出てきた先生の1人に 大丈夫でしたか? と 恐る恐る(笑)聞くと 

全然大丈夫 いい子でしたよ〜 と おっしゃるのでひと安心 でもその後 あ でもネ〜 と 続けた

のでアセっていると 実はネ 絵本を読みましょう と言ったら 僕は英語は読めません って言いに

きたんですよ〜 読みましょう を そのまま取ったのね〜 誰も読めないから大丈夫よ〜 と 言った

んですけどネ と ちゃめっ気たっぷりに話してくれた先生 おいおいあんたは日本語だって読めないで

しょうが〜と 心の中で息子に突っ込みながら(笑) 何はともあれ安心して教室へ そしてわさわさいる

子供達の中に 息子の背中を見つけて名前を呼ぶと くるっと振り返って私の顔を見つけるやいなや 

ボロボロ涙をこぼし始めたので驚いた 抱き上げると 僕 ママがいなくて悲しかったんだよ〜 でも

我慢してたんだよ〜 と一生懸命に言う どうやら安堵の涙だったらしい こっちまでホロリとしながら 

偉かった 偉かったネ〜 と 夫とふたり ホメまくった(*^_^*)

2001年3月26日  


明日からいよいよ息子のプリスクールが始まる ここ1週間位 朝起きる度に さぁ学校だ え〜?

なぁんだ まだなの〜? と口をとがらしていた息子なのだが 泣き叫んで幼稚園バスを毎朝止めた

過去のある私としては 実はちょいと不安である こんなハズじゃ と息子がショックを受ける前に

と思い 明日はね〜 学校へ行くけど ママは送っていくだけだからネ とクギを指す事にした 

すると案の定 そうか じゃぁ お父さんといっしょに学校なんだネ とニコニコと言うではないか

やばい と思いつつ お父さんも送っていくだけだよ〜 と言うと え〜 じゃぁ〜悲しすぎる と

ベソをかくので ほらほら のび太君はさ〜 しずかちゃんやジャイアンとはいっしょだけど 学校に

ママとかパパはいる? いないでしょ ね? ね?と 強引な説得(笑)を試みると 何やら納得顔を

しているので やった〜(笑)と心の中でVサイン あぁ ありがとうドラえもん(=^0^=) 

そして なんだかドキドキと眠れない夜を過ごした夫と私です ←親バカ(笑)

2001年3月25日  


幸運にも 4月から参加出来る事になった寺子屋のイベントで 近所にある 桜で有名な公園にお花見

公園内のなだらかな緑の芝生の丘に 桃色のポタポタとした花を満開に咲かせた桜の木が そこかしこ

に立っていて本当に美しい お弁当後 桜をバックに 息子と夫の写真を取っていたら 息子がねだる

ので 渋々 じゃ〜1枚だけね とカメラを渡すと 私に向けるので 思わずポーズを取っていると(笑)

シャキシャキシャキと連続でシャッター音が聞こえる あ〜っ 1枚だけって言ったじゃない と怒ると

だって〜 ママがあんまり可愛いいから いっぱい取りたかったんだよ〜 と言い訳されてヘニョヘニョ

う〜ん この女殺しのワザはいったいどこから?(笑) でもそのワリには 園内散歩時 女の子と手を

つなごうとして断られていた彼 うなだれる後ろ姿に哀愁が(笑) ガンバレ息子(=^0^=) 帰宅後 

子供達を追って全速力で走り回ったせいか 体中が筋肉痛でフルフルしている(笑) 息子は 何人かの

子供達の名前を既に覚えて とっても嬉しそう(*^_^*)

2001年3月24日  


今日は 前々から楽しみにしていたYさん宅での手巻き寿司パーティ 料理 そして新たな出会いに 

もう大満足な1日 そして笑い過ぎの1日 なんだかアメリカにいた方が 濃く そして素敵な出会い

にぶつかったりするのかな なんてフト思ってみたりした1日でもありました(*^_^*)  

2001年3月20日  


昨日今日と 30度近い夏日 夫と公園に行った息子が ヒザ小僧にスリ傷をこさえて帰って来た

ママ痛いよ〜 絆創膏貼って と言うのでフト見るとたいした傷じゃない 大丈夫だよ そのくらい

ケガは子供の勲章だよ と言うと え〜? 勲章? 勲章でも痛いよ〜 と答えたので思わず吹き出す

夜 今日もホメ殺しを続けたお陰で ベッドに1人で横たわる息子 私は今日もドアの前だ すると

いきなり息子が 僕 デブになりたいな〜 と言うので驚いて なんでデブになりたいのよ と聞くと

そしたらママ 僕を抱っこ出来なくなるじゃない と言う 抱っこが好きな息子 どうやら 私を脅迫

しているつもりらしい(笑) そうか〜 デブになるには いっぱい食べなくちゃね〜 野菜もね と

答えると え〜 だってママ 僕を抱っこ出来なくなっちゃうんだよ〜 と不満そうだ(^m^) デブデブ

だって 抱っこ出来なくたって ママは明音君が大好きだも〜ん と言いながら なんだか可笑しく

なってゲラゲラ笑い出したら 息子もいっしょになってゲラゲラ笑い出した どうやらデブの自分を

想像したらしい やっぱりデブは止める事にする ですと… いったいどういう脅迫じゃい(笑) 

2001年3月19日  


来週からプリスクールも始まる事だし 思いきって息子に添い寝止め宣言をする やだ〜 僕 悲しい

と拒否する息子に 昼間一日中 事あるごとに さっすが1人で眠れる明音君 という形容詞をつけての

ホメ殺し作戦開始 ボール遊びでナイスなキャッチを決めれば スバラシイ! やっぱり1人で眠れる

明音君はひと味違うよね ママ 尊敬しちゃうよ ってな調子である 私に似てオダテに弱い息子は 

言われる度にニマニマ喜びを隠せない(笑) さてさて問題の夜が来た オバケが来て怖いよ〜という息子

に まず オバケ用のバリアを作成 びび〜ん ハイこれで大丈夫 と説明 昼間の作戦が効いたのか 

いつのまにか息子は イヤだけど1人で眠るのが当然モードになっているのが何やらおかしい でも 

初日からいきなり1人はさすがに厳しかろうと ドアのところに座りこんで ここでママが お化けから

守ってあげるよ と 譲歩?すると ありがとう ママは僕のヒーローだね と感謝された(笑) その後 

うじゃうじゃ文句は言いつつも しっかり1人で寝た息子 作戦大成功\(^o^)/ でも なんだか少し

寂しかったりする 複雑な母心かな…(*^_^*)

2001年3月17日  


ここのところ ゲーム ゼノギアスを再びやり初めて すっかり寝不足である おまけに今朝は 

息子の通うプリスクールの受け付けに 夫が寝ずに朝の5時半から並んでくれてたりしたものだから 

気になってよく眠れなかった なもんだから 今日こそは久々に早く寝ようと布団に入ってウトウト 

するとなんだか重くて苦しい ガバッと起きると なんと私の上に 縞子 キキ スーと 縦一列に 

3匹揃って丸くなっているではないか いい加減にしてくれ〜 ベッドは広いんだからと押し退ける 

そしてまたまた ウトウト すると今度は 足下からもそもそと何かが這い上がってくる も〜 と

見ると 今度は息子だった(笑) あ〜あ モテる?女は辛いよ(=^0^=)

2001年3月16日  


明け方 私達のベッドに来て布団にもぐりこんできた息子の顔をふと見ると 満面の微笑だ 思わず

どうしたの? 何が嬉しいの? と聞いてみると だって ママが大好きだからテレちゃってさ と

答えたのでビックリ て 照れていたんかい(^◇^;)

2001年3月15日  


親子そろって風邪がなかなか抜けない せっかく表は晴れているのに 家の中でダラダラ遊ぶ私達

息子が久しぶりにゲーム クレイマンクレイマンを始めた 粘土細工の人形がコミカルに動き回る

一風変わったなかなか味があるゲームで 去年の里帰りの最中 エンディング間際のムービーに

2人して号泣?してしまった過去を持つ私達だ(^◇^;) でも その時はセーブしていなかったので 

また最初っからである ムービーに出てきたポンコツロボット君の恨みをはらそうとはりきる息子 

コントローラーを握りしめながらひとこと よ〜し 悪いヤツなんか こてんぽとんだぞ〜! 

(^◇^;) こてんぱたん こてんぽてん こてんぽたん う〜ん なんだかこっちまで混乱(笑)

2001年3月10日  


昼下がり Yさんが一緒にカーニバルへ行こうと車で迎えに来てくれた 高校の駐車場に来た移動遊園地

見かけた事はあっても実際に行くのは初めてなのでなんだかウキウキだ 息子は小さいながら本式?の

ジェットコースターに初めて乗って 顔がヒキつっていた 後ろに乗っているYさんの息子の満面の笑顔

と 写真を取りたくなる位 対照的だった 感想を聞いてみたら ちょっと怖かった だって…(^m^) 

あれはちょっとの顔じゃなかったぞ〜 強がりが可愛い(*^_^*) 夜中 例によって 私達のベッドに

来た息子が コンコン咳き込んでいる 息子曰く お腹のセキュリティーをはずしてたから 風邪の戦士

が お腹に入り込んでしまったので 今 熱い戦士と戦闘中 なのだそうだ 熱い戦士ってどんな人? 

と聞いてみたら 顔も体も手もお腹も熱い人だよ〜 あ 足もネ と答えた う〜ん そのまんまや(笑)

2001年3月9日  


夜中の3時頃になると 決まって私達のベッドにもぐり込みにくる息子 半分眠っているので 時々 

言動がへなちょこりんになる 先日などは 僕はわんぱく力持ち〜 と ベッドの脇で元気に叫ばれて

絶句 暗闇で聞くセリフじゃぁないよなぁ(笑) 昨晩は ふにふにと私に抱きついて ママだぁい好き 

と可愛く言うのでニンマリ その後すぐ だってママって優しいし〜 と続けるので ますますニマニマ

していたら それに〜 おっぱいぷりぷりだし〜 と続けられてコケた なんちゅう理由じゃぁ〜(笑)

そして今晩 眠る前 おやすみなさ〜い ラブラブママ と言われてのけぞる ラブラブママ?(^◇^;)

2001年3月6日  


ママ〜 足の裏がおマメだよ〜 と言いながら足の裏を見せる息子 それは靴下についているポチポチと

したスベリ止めの事だった そう告げると ホラ 足もかけて便利だよ と 一方の足を足の裏で掻くの

で笑ってしまう(^.^) 昼下がり 久々に晴れたので 息子はバイク 私は徒歩で 近所をブラブラ散歩 

太陽がかげると寒く のぞくと暑いので 持っていったセーターを脱いだり着たり忙しい(^_^;) ふと

見上げれば 空が丸くて心地良い 夜眠る前息子が ジーニアスといっしょに遊びたい テレビゲーム

がやりたいとダダをこねるので じや〜 ママがジーニアスを産んであげるよ そしたらまた いっしょ

に遊べるじゃないと言うと それはムリだよ とベソをかくので だって 明音君だってママのお腹に

入って産まれてきたんでしょ と言うと うん と言う ふと思い付いて ジーニアスにはその時 バイ

バイ言ってきたんだよね? と聞くと うっと声をつまらせながらめちゃめちゃ悲しそうに泣き出したの

で驚いた こっちの心が痛くなる様ないつもと違う泣き方に どうしたの? 大丈夫?と抱き締めると 

僕ネ 僕 卵の様なシャボンダマみたいなヤツを覗いたら すぅって中に入っちゃったんだ だから

ちゃんとバイバイ言えなかったんだよ としゃくりあげながら訴える 私までもらい泣きしそうになりな

がらも でもネ ママとお父さんは 明音君がママのお腹に入ってこっちに来てくれて とぉ〜っても

嬉しかったんだよ ありがとうね と背中をさすり続けた  

2001年3月4日  


ひょんな事で知り合った隣の町の日本人女性Yさんから バーベキューランチの招待を受けて 家族で

遊びに行く で 初めて訪れた彼女の家の豪邸さに 大はしゃぎ う〜ん これは日本人の夢だよなぁ 

やっぱりアメリカってスゴイぞ と感慨ひとしお 金持ち気分が味わいたい時は ココに遊びに来る事

を密かに勝手に?決めるv(^^)v ランチもおしゃべりも満喫して 家族揃って楽しい休日が過ごせた(*^^*) 

彼女には 息子と同じ年の男の子の下に 2歳の弟がいるのだが ぺと〜っと彼女にかじりつくその姿

を見ていると あぁ もうひとり欲しいな と思う そんなワケ?で 夜眠る前 もう既に ジーニアス

とは誰かを知っている私 息子に ジーニアスにさ〜 妹か弟を送って って お願いしてくれないかな 

と頼んでみる すると じゃぁ Eメール送らなきゃ ママ送っておいて と言うので え? だって

ママ アドレス知らないから無理だよ〜と言うと 大丈夫 Eメールドットコム で送ればいいんだよ

とニコニコ Eメールドットコム? う〜ん(笑)

2001年3月3日  


昨夜遊びに来た5才の従兄弟 日本風に言えば従兄弟の子供 が持っていたロボットと 自分のロボット

を交換した息子 今日は新しいロボットに大はしゃぎだ 走って来て レベルが200メートルになった

よ〜 などと嬉し気に報告しにくるのでコケる その後 レベル68キロになっていたから 着々と進化

しているらしい(笑) お昼ご飯 最近喜んで台所のお手伝いをしてくれる息子が 自分で卵と牛乳をかき

混ぜたフレンチトーストを食べながら 僕 正々堂々と食べるネ とニコニコ言うので笑ってしまった 

昼下がり 芝生の上のデッキチェアに寝転がりながら 彼はロボット 私はパワーレンジャーを持たされ

てお人形?ごっこをさせられる 新たな登場人物 ヒゲがあるから名前は王様 という人がロボットを

創ったと言うので 材料は何なんですか?と聞いてみると えっと〜 武器でしょ レーザー光線でしょ 

顔とか 手とか 飛べるヤツとか あ お腹もかな〜 と一生懸命答えてくれた 可愛いゾ(笑) 

で その後 王様を いつのまにか王子様と呼んでいるので その事を指摘すると あ いいんです 

彼は ふたり生命体ですから と答えたのでひっくり返った ふたり生命体????? 

2001年3月1日  


朝の日本のニュースで チベット仏教の聖地まで 中国青海省からの3500キロを 拝んでは大地に体を

投げ出すという 五体投地で進んで来たという男性を紹介していて その気の遠くなる様な距離にタマげた

ふと プレステのゲーム メタルギアソリッドの歩伏全身クリアよりもスゴイぞ な〜んて比較している

自分を発見して苦笑(^◇^;) 事実はゲームより奇なり か… おいおい(笑)

2001年2月25日  


昨日今日と1日中雨 オモチャの車を走らせながら私のところに来た息子が ママ いいきみだ と

いきなり言うので えっ? 何それ と聞くと だって 久しぶりに会えたから嬉しいんだもん と

答えた う〜ん いいきみ… 確かに 良いあなた ではあるが…(笑)夜 夫が おまえの母さん

で〜べそ♪と息子をからかったら 逆に お父さん おまえ というのは悪い言葉だから 使っては

ダメです と説教されていた でも おまえの母さん って 私の事じゃん お〜い(^◇^;)  

2001年2月24日  


洗面台にある歯磨き用のコップに 水が入ったままなのを見つけた息子が その事を私に言いに来た 

じゃぁ 捨てといてくれる? と頼むと え〜っ そしたらゴミ箱が 水だらけになっちゃうよ と

困惑している なるほど 捨てるイコールごみ箱 とインプットしていたワケか と納得してから

ふと思い出した 何日か前 トイレの横のゴミ箱の中に水が溜まってる と夫が大騒ぎしていたのだ

ぬぬぬぬ 犯人はやっぱりコイツか(笑) 

2001年2月19日  


例によってキャットドライバーと化した息子が 私が座っているカウチによじ登ってきたので あれ 休憩

なの? と聞くと 違うよ 疲れたから休んでいるんだよ と言うので それを休憩と言うんだよ明音さん

と切り返したら 僕は明音さんじゃないよ 明音6だよ と言われてコケる さんじゃなくてろくかいな

6って何?6って?と 母の心は乱れた(笑)

2001年2月18日  


リビングのソファーに腰をおろした途端 暖炉の前にいたキキが うにゃっと言いながら突進してきて 私の

膝に飛び乗ろうとして失敗してコケた おいおい そんなにアセらなくても(笑) 先日は 朝 寝起きで

ベッドでボケボケしているところに スーがやってきて やっぱり ふにゃっと言いながら私の上に飛び乗ろ

うとして失敗してズリズリ落下していったっけ(笑) この2匹は 私をママの様に慕ってベタベタしてくるの

だが 縞子だけは私を対等な友達の様に見ているらしくて 私が横になると 上ではなく 横に寝そべってく

るところが面白い 抱き締めると キキはゴロゴロ壮大な音をたて スーは ふにょんと力を抜いてよりかか

り 縞子は ハイハイもう満足した?とでも言いたげに私の腕からすり抜けてゆく 3匹3様 面白いなぁ 

2001年2月16日  


息子がふざけて 枕でポンと私の頭をハタくので このやろ〜(笑)と すかさず私も自分の枕でハタき返した

ら だめだよママ かんとぶ が出来ちゃうじゃない と怒る かんとぶ??? あっ たんこぶネと気が付

いて大笑い 思わずメモってしまった(笑) 夜 息子を寝かし付けている時 コンコンとセキをしてしまった

ら 息子がトントンと胸をたたいてくれた なんだか感動(*^_^*)

2001年2月15日  


ママ 僕 今からスーパーサイヤ人3になるからね と にんにんイキんでいた息子が どこをどうイキんだ

のか(笑) ぷぅ〜 と可愛いオナラが…(^m^) 気を付けてイキんでね(笑) 家族揃って風邪なもんで お昼は 

ニンニクをいっぱい入れた納豆スパゲッテイにでもしようとニンニクを刻んでいたら お腹がすいたよ〜 と

息子が覗きにやってくる これはニンニク 英語ではガーリックだよと教えると えっ ガーリックジュニア

みたいと驚かれて絶句(^◇^;)  う〜ん 今日はドラゴンボールネタばっかりだなぁ

2001年2月12日  


朝から雨 息子が 鼻水を垂らしていると思ったら 午後から熱が出てきてしまった うとうとと リビング

のソファで寝入ってしまったので 布団をかけてやる いつのまにかキキが寄り添うように眠っている と 

しばらくして目覚めた息子が 壁にかけてある 私の亡き父の写真を指しながら おじいちゃんに会えなくて

僕悲しいよ〜 と泣き出したので驚いた 抱き締めながら ほら ここにいるから大丈夫 おじいちゃんはね

ここにいるんだよ と 私の胸をとんとんとたたいてみせながら なんだか切なくなった  

2001年2月11日  


カーペットの上に 点々と不思議な物体が散らばっている 細かく白いプラスティックの短冊みたいな物体で

ある なんだろう? と家族総出で推理した結果 私の枕からこぼれ落ちていた事を発見 ありゃぁ〜こりゃ

縫わなくちゃと 針と糸と格闘している私の姿を見て 息子がひとこと ママって魔術師みたいだね … 

知らないって素晴らしい(笑)  

2001年2月10日  


息子に 日本語をしゃべるお友達を作ってあげたくて リトルトーキョーにある寺子屋を家族で体験見学しに

行く ラジオ体操や花いちもんめ 最後にやったのはいつだったろう なんだか親の私の方が 感慨ひとしお

である 帰り道 息子は紙で作った即席名札をいつまでも取ろうとしない 募集枠が少ないので 息子が入れ

るかどうかわからないだけに 楽しかったネ また行こうね〜 と積極的に言ってあげられない事が辛かった

2001年2月7日  


先週末は夏日だったというのに 今日は朝から肌寒い 空のはしっこに 青黒い雲が立ち上がっているので

夫とふたりして雨を期待していたら なんと昼下がり ミゾレが降ってきてビックリ おまけに 空の半分

は青空なのだ なんてダイナミックな陽気だ 今日は怠け日と決めて 寝っころがってビデオを見ていたら

息子がやってきて 僕 キャットドライバーです と言う ヨーヨーのヒモをひきずりながら走り回る息子

の後をキキが追っかけ回している キャットドライバー う〜〜んなるほど と感心していると キキは

キャットドライバー3号なんだ と言う え〜っと それじゃぁ意味が??(^◇^;)  まぁ お陰でビデオが

のんびり見られたので良しとしよう キキちゃん 息子のお守 ありがとうネv(^^)v 

2001年2月6日 火曜日  


庭のイチゴの花壇に カタツムリのからっぽの殻だけがころがっていた ひからびちゃったのなぁ と言う

と 違うよママ きっとお風呂に入ってるんだよ と息子が言う 頭の中に 殻を脱いでお湯につかってる

ナメクジ君が浮かんで消えました(笑) 

2001年2月5日 月曜日  


テレビを見ていた息子が ママ 僕の足がね ブルブルするんだよ と言う ブルブル? あ ひょっと

して しびれちゃったのかな と ここかな?とツンツンつっつくと 触っちゃダメ〜〜と怒る しびれた

らしい(笑) しびれる という単語を知らないから こういう表現になる 既成の言葉を知らないと それ

に縛られない分 オリジナルな発想になって なかなか面白いかも なぁんて 考えてしまったブルブルで

あった(=^0^=)

2001年2月4日 日曜日  


お弁当を持って丘の上の公園に行く ここは見晴らしがものすご〜く良いのだが 木陰が全く無い 今日は

半袖でも暑い位の陽気だ 元気に走り回る息子をしり目に すべり台の陰に避難する私 ここの砂だけ 

ひんやり冷たくて心地よい 帰ってきて あぁ疲れたと寝っころがったら オーバーオールの折り目から 

大量の砂がこぼれ落ちてあせった 夜 唯一 息子を怖がらない(笑)キキを抱きながら 僕はキキのペット

だもんね〜 と息子がニコニコ おいおい逆だって(^◇^;)   

2001年2月3日 土曜日  


どう? と言って私の前に立った息子の姿を見てびっくり 夫のカラフルな帽子をかぶり サングラスを

かけて 綿入れハンテンちゃんちゃんこをまとっている 絶句していると 夢の中に こういう人が出てき

たんだよ ね カッコいいでしょ と言う ふと腕を見ると 何故か私の髪の毛を結ぶ緑のゴムまでしてい

る 今日は日系のお店に行く日なのだが おねえちゃんに見せるんだと言って聞かない 半袖で ちょうど

いいくらいめずらしく暑い日なのに 車の中でもハンテンを脱がない息子(笑) そしてお店にて たまたま

いた6歳位の日本の女の子に その姿で突進して逃げられて ハタと我にかえったのか やっぱり これ

違うかなぁ と悩んでいる姿がおかしかった 車の中で お父さんは 日食ヘ〜ッド と突然言い出して 

のけぞった私達(^◇^;)  日食なんて どっから出てきたのかしらん?

2001年2月2日 金曜日  


コマで遊んいる時 息子のコマが私のより早く倒れてしまった 夫に似て負けず嫌いの息子が ママなんて

カバヘッド! と叫ぶので大笑い カバ??? じゃぁさ 息子のあんたはカバの息子ヘッドじゃん と

切り返すと ショックを受けている なんて素直なヤツ(^m^) でもさ カバは人を踏んだりしないし いい

ヤツなんだよね〜 と必死にカバの方をフォローする息子に笑いこけた私です 

2001年1月28日 日曜日  


早口言葉で遊んでいたら 初めて息子が バスガス爆発 と しっかり言えた 言ってから 今まで自分が

何を言わされていたのか これまた初めて気付いたらしい彼(^m^) えっ? 爆発? 大変じゃない 大変だ 

大変だぁと大騒ぎ(笑)その後 じゃぁママ これ言える? と言って言い出したのがコレ お家が消えた 

爆発だ あと15年位かかるらしい … な なんやそれ(^◇^;)  寝る前に 息子がいきなり私の指を吸う

ので 何やってるのよ〜 と言うと 僕 ラブラブ虫でぇ〜す と答えた ツボにハマった 腹が痛い(笑) 

2001年1月27日 土曜日  


仮面ライダークウガを見ていた息子が何やら悩んでいるので どうしたの?と聞いてみたら う〜ん 今

僕が変身すると ちっちゃい仮面ライダーになっちゃうじゃない? だからね やっぱり お父さんになる

まで 変身は待つべきなのかなぁと思って と真顔で言うのでひっくり返った(笑) また 僕のラボトリー

で 検査してあげると言って 私を横たわらせて機械を操作している仕草をひとしきりした後 ママ 手に

毒針が刺さってます と言うので えっ 大変じゃないですか 先生 どうしましょう? と言うと あ 

心配ないです これは良い毒針ですから と答えたのでひっくり返る う〜ん 良い毒針?(爆)

2001年1月23日 火曜日  


カーチュンネットワークを見ていたら 夫が通りすがりに画面を覗き込んで あっ らんしんけいひんだぁ 

と言うのでコケル それを言うなら るろうに剣心 でもってこのアニメは 天地じゃぁ〜 とつっこむ私

夜 マックに向っていたら 息子がいきなり飛びついてきて このおっぱいは誰にも渡さない とキッパリ

言う だって僕の大切なおっぱいなんだもぉん だって う〜ん(^◇^;)

2001年1月20日 土曜日  


息子の手の甲に ちっちゃな傷がある あれ? また猫ちゃんにやられちゃったの? と聞くと 違うよ〜

これは サパサパなだけだよ〜 と口をとがらす サパサパ??? あっ 乾燥してパサパサの事ね と

気が付いて大笑い きゃわいい〜〜〜っ と 息子を抱き締めてぶんぶん振り回したら嫌がられた(笑)

2001年1月19日 金曜日  


キキが 名前を呼ぶと返事をする事に気が付いた キキちゃん と呼ぶと うにゃん? と尻上がりに鳴く

これがめっちゃ可愛い にゃぁ〜 じゃなくて うにゃん? なのだ 飼い主に捨てられ 我が家に来た

ばかりの頃 キキの目に 何も表情が無い事が気になった こんな目は見た事が無かった ガラス玉なのだ 

野生の目とはこういうものなのだろうか と考えさせられた 今では キキの目が 様々に語りかけてくる 

あんなにケンカばかりしていた3姉妹も 今では 狭いカウチで重なり合ってくつろいでいる なんだか

感無量である  

2001年1月17日 水曜日  


昨晩眠る前 様々な早口言葉を言わされて笑われた事への仕返しか←なんて親だ(笑) 朝 息子がいきなり

ママ これ言える?と聞いてきたのがコレ ”うちは客だ そういうのはどこにもない” ひっくり返って

笑ってしまいました ちなみに 生麦生米生卵は 何度言っても ながぐみなまたまご となる息子 時々

ながぐみなまたまごめだまやき と余計な進化をとげているのが素敵です(笑)

2001年1月16日 火曜日  


お風呂で ざぶ〜んと波を起こして なみおこしごんざえもんでございます と言ったら 息子に異様に

ウケたのに驚いた(笑) お風呂から出た後 ズボンを持って ママ〜 どっちが前なの? と 聞くので 

教えると かたじけない と ひとこと残して去って行った息子 な なにもの?(笑)   

2001年1月15日 月曜日  


日本のテレビドラマで 主人公の母のセリフに 感極まってボロボロ泣いていたら 私の顔を見た息子が 

あっ と言ってどこかへ行ったと思ったら ハンカチを持って飛んで来た そして ママ よしよし と

言いながら 涙を拭いてくれたのに感激(*^_^*) また 主人公が彼と抱き合っているところを 物陰から

彼の妻が見ているシーンに うぎゃぁ〜 奥さん見てるよ〜 と騒いだら そっか〜 あの女の人も抱っこ

してもらいたかったんだね と息子がひと言 う〜ん(笑)

2001年1月11日 木曜日  


朝は晴れていたのに 昼間からまた雨 肌寒い一日だ 最近 切り絵にこってる息子から はい ママの車

とちっちゃな紙片を渡された 見るとちゃんと窓とかタイヤが書いてあって確かに車である ありがとう 

大切にするからネ〜 と言うと 大切にしとかなかったら と言うので いやぁん 脅迫?と思ったら(笑) 

また書くからネ〜 と明るく続けたのでコケた なぁんだ(笑)   

2001年1月10日 水曜日  


昨日は晴れたけど 今日もまた1日中雨 雨季に入ったのかな 風呂上がり 体にクリームを塗ろうとする

夫から ふざけてキャアキャア逃げ回る息子に おとうさんは風邪で元気がないんだからふざけちゃダメよ

と言うと じゃぁ 僕がパワーを分けてあげるよ と 裸のまま 夫に抱きついて にんにんにんにん と

いきんで?いる そして一言 ほら これで 元気もくもくだよ〜 とニコニコ それじゃ煙だよ と

つっこむ母であった(笑)

2001年1月8日 月曜日  


久しぶりに雨が降る リビングのガラスドアの前で 3姉妹が揃って座り 雨をじっと見ている 息子が

邪魔しに来るまで 彼女達といっしょに床に転がって しっとりと雨を眺めた 夫のリクエストで お昼に

うどんを作ったら 外は雨 暖炉に火 そしてチキンうどん あぁ 僕は なんて幸せものなんだ と言う

ので 思わず微笑んだ(*^_^*) 

2001年1月7日 日曜日  


猫の爪きりに初挑戦 怒ってあばれられるかとドキドキしてたら みんな 抱っこが嬉しいらしくて ゴロ

ゴロ ふにゃふにゃの内にあっけなく完了 なぁんだ こんなに簡単なら もっと早くやれば良かった(笑) 

買い物途中の車の中で 息子がいきなり 僕が大きくなったら お父さんがふたりになっちゃって困るじゃ

ない どうするワケ?と言い出してびっくり 大きくなって お父さんになる事を楽しみにしている息子な

のだが 微妙に?間違えているぞ〜 説明をしても不満顔だ どうやら 私の夫の座を狙っていたらしい

愛いヤツよのぉ(^m^)  

2001年1月6日 土曜日  


ドラマ ラブコンプレックスを見ていたら 水着のお姉さん達がゾロゾロ出てきた 何気なくふと横を見る

と 息子の顔が思いっきりニヤけている 嬉しいの?と聞くと うんっ嬉しい と天真爛漫にうなずく 

そういえば先日は ママのおっぱいって さわやかだね と お風呂で突然言われて 混乱させられたっけ

う〜ん 男の子って(笑) 

2001年1月5日 金曜日  


息子の大好きなお兄ちゃん 妹の彼から 息子宛に電子年賀状が届く ふたりでサイトへ行って楽しんだ後

じゃぁ 返信しようか と言ったら えっ へんしん? へんしんするの? と息子の目が丸くなる でも

なにやら嬉しそうだ ん? え? この反応は何? 一瞬の間の後 気が付いて爆笑 おいおい 変身じゃ

ないってば〜 仮面ライダーの見過ぎです(笑)

2001年1月2日 火曜日  


三ヶ日は モチじゃぁ〜 とばかり キナ粉をまぶして食べていたら 夫から げ ハチの粉だ と言って

からかわれた 思えばあれは結婚当初 この怪し気な黄色い粉に驚いた夫に これは何かと聞かれて マメ

の粉 ビーンズパウダーと言おうとして ビーズパウダー つまり ハチの粉と言ってしまった私なので

あった その時の夫の驚愕 計り知れず(笑) ハチの幼虫を食う位だからと思ったらしい すぐに 誤解は

とけたものの 夫はキナ粉を絶対口にしない トラウマ?(^◇^;)

2001年1月1日 月曜日  


アメリカのお正月って 日本に比べると地味だよネ〜 クリスマスのオマケみたいなもんじゃない? と 

夫に言ったら そんな事はないと反論される じゃぁさ〜 お正月の正式な御馳走って何なの? と聞くと 

クリスマスの残りもんさ との即答 それがオマケなんじゃい(笑) で 我が家もアメリカ式?に 冷蔵庫

で眠っていたクリスマスチキンの哀れな残骸を鍋に入れ セロリとか野菜をバサバサいれてトロトロ煮たら 

めっちゃウマイチキンスープに化けた 感激(*^_^*) おモチをいれてお雑煮としてもイケそうだv(^^)v 

そうだ 冷凍庫にまだ サンクスギビングの巨大ターキーが眠っているんだっけ う〜ん(笑)

 

現在 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年
管理人の日常 私の音叉(はてなダイアリー)

ホーム 自己紹介 LA日記 国際結婚 音楽と私 徒然エッセイ ママ日記
ひとこと日記 私の琴線 ゲーム大好き お気に入り 簡単レシピ BBS