ホーム 自己紹介 LA日記 国際結婚 音楽と私 徒然エッセイ ママ日記 
ひとこと日記 私の琴線 ゲーム大好き お気に入り 簡単レシピ BBS

ひとこと日記 2003年  現在 2004年 2002年 2001年 2000年

2003年12月19日

現地校今年最後の日という事で 息子のクラスはクッキーデコレーティングパーティ 

各々がベタベタとフロスティングやトッピングで様々にクッキーをデコレートする中 

アシスタントティーチャーが自分のクッキーを嬉しそうに息子のところに見せに来る

結婚してくれる? と 女の子の顔を書いたクッキーに語らせてふざける彼女 

すると息子 うん 僕の舌としよう と言って口をあんぐり ほらネ〜と大ウケの彼女が 

いつもこうして面白い事を言ってくれるのよ ああ録音したかったわと破顔する 

なので私はここに録音(笑) 学校でもやってるのネ我がネタ帳よ (*^▽^*)ェ

2003年12月15日

朝 学校への道すがら 「せいり」には2つの意味があるよネ 女の子のヤツと片付けるヤツ と

息子が言うので そうだよね 生きる理由と書いて生理だよね と言ってから なんだかうにゅぅと

唸ってしまった自分で言っておきながら(笑)(^。^;) 

2003年12月14日

 

夫にそう言いながら自分でも頷いた事 人の評価を気にするから期待をするから辛くなる 

自分の評価は自分で決めるもの 自分だけが決められるもの 人がどう言おうが思おうが気にしない 

自分は自分 私はそう思える様になってから なんだか随分楽に生きられる様になりました(^^ゞ 

2003年12月13日

 

不運続き ついてない1日 朝は車が動かなくて大騒ぎ その騒ぎのせいで財布を忘れ

息子の学校をはるばる2往復するハメに そして真夜中 息子が中耳炎でERへ駆け込む

心身共に疲れまくった1日 でもその一方で 引っ越しをする友人の冷蔵庫総ざらいで

おいしいものが手に入ったし デニーズの食べ残しをドギーバックにドサドサ入れた時に

持って来ちゃったバーベキューソースの容器が陶器でラッキーだったし(笑) これで

なんだか帳じりが少しあったかナなんて (*^▽^*)ェ こうして なんでも自分のいい方に

気持ちの良い方に考える自分は 負けず嫌いなのだろうか それとも不幸嫌いなのだろうか 

享楽主義者なのだろうか 自分の気持ちは自分次第 全て主観で操作可ならば 楽しい方が

嬉しい方がいいと思う私です

2003年12月2日

手を変え品を変え ターキーをついに食べ尽くした サンクスギビング以来のターキー三昧

息子は ありがとう七面鳥さん と作文に書き 夫は サンクスギビングデイならぬ

サンクスターキーデイ と言っていた うん確かに(笑)

2003年11月30日

私が渡米準備の一環として手に入れた(笑)初代ルパン3世のビデオを 最近息子が繰り返し見ている 

ふと見れば フジコちゃんのなんだか色っぽいアングルだ 息子の口が半開き(笑) 思わず噴き出す私 

嬉しいの? と聞いてみたら ママの方がもっと好き〜 と抱きつかれた ひょっとして私 御機嫌を

取られたの? 爆笑

2003年11月29日

おやすみなさ〜い と 部屋を出たら バイバイ僕の可愛いプリンセスちゃん と息子の声が

追い掛けて来た この不意打ち攻撃に腰が砕ける 床に転がる私 う 腹筋がふるふる痛い(笑) 

なんとか這い戻り(笑) なんじゃそりゃ と 突っ込みを入れると だってボク ママの事

大好きなんだもん とニコニコしてる どんな理由だと思いながらも顔が緩んでしまう私 

で 気を取り直し 私がプリンセスならあなたは誰? と聞いてみたら サーバント と即答 

うひゃ〜(笑) メシ作ってるの私なんですけど とブツブツ言いながらも悪い気はしない私でした§^。^§

2003年11月3日

買い物から帰って来て ガレージから荷物を運び入れるのに 猫が外に出ない様 

息子に見張りを頼む すると すっかりゲートキーパー気分の息子が 

ママ ボクね パスワードを設定したよ と言う 冷蔵庫に野菜を入れながら 

で パスワードは何なの? と聞いてみると 「根性無し」だよ〜 と明るく言われて

つんのめりそうになる 根性無し? 爆笑 どっから出てきたんだそんな単語 

そしてそれ以来 根性無し と言いながらドアを開けてもらうマヌケな私 ゲラゲラ

2003年11月1日

今日は久しぶりに人前で演奏した 夫と2人で演るのも久しぶり ヒールを履いたらエフェクターが

踏みにくくなる事も忘れていてアセる(笑) でも 子供達の興味津々な顔が嬉しかったなぁ 

少女の顔が輝いていたのが特に嬉しかった そう 女の子だってエレキは弾けるのよ〜(*^_^*)

演奏も無事終わり 息子に ママさ〜 そろそろ音楽の仕事を再開してもいい? と聞いたら 

ステージの上のママをたくさん見たい ってニコニコ言われて嬉しかった 

2003年10月31日

息子の先生に頼まれて 子供達に折り鶴を教える 子供の顔がぱっと輝くのを見るのは気持ちがいい

こういう時は教師という職業が楽しそうにみえるんだけど 毎日はやっぱり辛そうだ(笑) 

そして今日はハロウィン なんだかいきなり冬になって小雨の中のトリックオアトリート 

忍者になった息子は絵日記に 凍えそうでした と書き さて来年は何が起こるでしょう で締めていた(笑) 

2003年10月7日

僕のクラスにね ファイナルファンタジー9に出てくるベアトリクスみたいな髪の女の子がいるんだ

と息子が突然言い出してコける ベアトリクスの髪型? 見てみたいゾ (≧▽≦)

2003年9月24日

朝 息子の顔の牛乳ヒゲ(笑)を拭いていたら なんだか顔が魚になっているのでそう言うと 

魚ってさ いっつもこういう顔をしてて 悲しいんだか嬉しいんだか全然分からないよね 

と その顔をいっそう魚にする息子(笑) 人の顔の表情 というものをなんだか説明し出す私

息子のいきなりの疑問や質問に 私の中にもわっと広がっていた情報を拾い集め 息子にも分かる

易しい言葉に置き換える作業をしていると 時として 自分も知らなかった自分の答えに辿り着いて

驚く事がある う〜ん楽しい (*^_^*) 

2003年9月22日

恋をすると人の顔って猫になるよね ソファの背もたれからぬっと顔を出した息子がニコニコ言う

え? と固まったものの気を取り直し(笑) どんな顔?と聞いてみたらその顔をやってくれました 

うん確かにこの顔は 恋するRちゃんからサインを貰う時にしてました 猫の顔だったのかい(笑) 

2003年9月17日

僕の得意な事はね〜 人を愛する事かな と いきなり言われてコけました 

息子の想い人を送った帰り道 (*^▽^*)ェ

2003年9月14日

サッカー 僕 好きだよ ほらほら 僕の好きなチームは え〜っと ブリザル?

一瞬の間 倒れる私 ふと横を見ると 息子が爆笑しながら ブリザルで〜す と

ワサワサ床を這い回っていた そんな生き物かい(爆) 正解はブラジル(笑)

2003年9月12日

自分を許す人には逆らえない という文をネット上の人様の日記で見かけて思わず唸る

こういう感性との出会いがあるからこそ ネット徘徊は止められない そして寝不足の毎日は

果てしなく続いてゆく(笑)

2003年9月11日

歯医者さんにいる間にこんなに読んじゃった と 分厚い本を指差す私 そんな夢を見て目覚めたら 

前回入れたもらった仮歯がグラグラしている 速攻で歯医者へ電話 お昼には歯医者の椅子に座って

本を読んでいた これって予知夢?(笑)

2003年9月10日

水爆の父と呼ばれ マンハッタン計画に参加していた化学者が亡くなった こんなもの創らなきゃ

よかった そうすれば広島と長崎で試す事も無かった と言う彼の生前の映像がニュースで流れたと

夫が興奮している 戦争やテロが起こる度 アメリカのメディアに不信感ばかり募っていた私だが 

これを聞いて少しだけ安心する 世界に流れてゆくアメリカのイメージはひとつ でもそれは 

メディアによって意図的に創られたイメージだ 反戦を謳う人々もアメリカにはいっぱいいる事を

世界の人に知って欲しい その手にした強大な力を試したいのも人なら 喪失の悲しみに暮れるのも人 

人の中には常にその両者が混在する それは国家や民族や宗教が違えど同じ事   

2003年9月9日

我が家には ペンちゃん レンちゃん メメちゃん グレンと息子が名付けた4匹の金魚がいる 

彼等が水の中を泳ぐ様を見るのは 想像していたより楽しいもので 時々意味もなく見入る私 

ところが今日 何気なくいつもの様に通りがかりに覗いてみると 広い水槽の中 4匹が4匹とも

水槽の底の隅っこに固まって同じ方向を見ている 肩を寄せ合って という言葉が浮かんでくる図

かなり不思議な笑っちゃう絵になっている いったい何事?と驚いて 彼等の視線の先を辿ると 

そこにはエサの筒が(^。^;) 私はお腹がすいた説 息子は筒に描いてある金魚を見ていた説

っていうか 金魚ってそういう生き物だったんですか ビックリ(笑)

2003年8月29日

私と息子がいた部屋をひょいと覗き込んだ夫が スパイシ〜タオパイパイヘ〜ッド と 息子に一声叫び

去っていった 残された私達 ウけまくり(爆) 私的には か〜め〜か〜め〜 仮面ライダー 

に継ぐヒット そんな私のツボを心得てる夫です(笑)

2003年8月19日

工作好きの息子が 釣り竿を作って見せに来る ママ この釣り竿の名前はネ ふじまる にしたよ 

って え? 名前があるんですか というか ふじまるだぁ? と思わず噴き出す私 う〜ん 

なんだか名刀っぽいノリも入ってるし忍者っぽくもあり なかなか味わい深いかも(笑) 

この子のネーミングのセンスは なかなか侮れない 何も考え付かず ハンドル名を本名にしてる私には

羨ましい限り(笑)

2003年8月18日

パチパチとキーボードを打っている私の横で 息子がゲームをやっている ふと覗くと 

ヒロインの名前が ゆうこ だった  ←私の名前(^^ゞ もちろん主人公は息子の名前だ 

う〜ん今までヒロインの名前は ママ だったのに これは成長なのだろうか(笑) 

2003年8月15日

今日は息子のサマースクール最後の日 

迎えに行くと 校庭の向こうから私を見つけて嬉しそうに駆けてくる 思わず微笑む私 

姿を見るだけで こうやって顔が緩むこの幸せ 私はこの子から 本当にたくさんの幸せを

貰ってるよなぁ と なんだかしみじみしてみる(*^_^*) 最初は ボク行かなきゃダメ? 

と言ってた息子のサマースクール 今日の朝には あああ あと60回寝る位 ←何故に60?(笑)

行きたかったなぁ と ちょっと寂しそうだった彼 この子は私に似てサヨナラが苦手 

彼の中に たくさんの自分を見る子育てという日々 その気持ちが手に取る様に分かってしまう 

血が繋がってるってなかなか便利なもんですハイ (*^▽^*)ェ

2003年7月15日

息子が ママにプレゼント と何やら紙を持って来た 覗くと 今2人してハマってる

クロノクロスというゲームのモンスターが描かれている 技の名前 とあり ひらがなで

かたいまち とある かたいまち? 一瞬考えてから かまいたち の事だと気がついた 

可愛い(≧▽≦) その後 自力で息子が ダッシュもり に気が付く 正しくは 

ダッシュ斬り (*^▽^*)ェ 『き』と『も』 う〜ん気持ちはわかる(笑) そして夜 

私の顔を指さして ママのアゴにブツがある と息子 ん? ブツ? ああ ブツブツの事ね 

と私 そうそう にくびだよ にくび と言い直した息子に脱力する私 今日はなんだかそんな

言い間違え言葉パズルな1日 ←何ソレ(笑) そして夜も更けて 息子が寝室から叫んでる 

ママ〜 どうしてニクボが出来ちゃったの〜? コける私 だからぁ ニクビだってば! 

と叫び返してからはっと我に返った むっき〜 間違えたぁ〜(ノ^o^)ノ ┫:・'.:: 

2003年7月10日

水の浮力のお陰で プールの中 息子が私をお姫様抱っこする事に成功 間近に見る彼の顔が

なんだか誇らし気で可笑しい そりゃそうです 6歳児に私の体重は到底無理 オンブでさえも

私が乗ると崩れ落ちます(笑) そして水の中 私を抱えて嬉しそうに歩き回る息子がニコニコ言った

ママ ダンゴ55個分くらい重いネ  (*^▽^*)ェ 何ソレ〜 大爆笑\(^o^)/

2003年6月11日

ここのところロサンゼルスらしからぬ どんより灰色の曇り空な毎日が続いている 朝 息子を

学校に送ってゆく道すがら ふと空を見ると 少しだけその雲が割れて黄色い太陽が覗いていた

あ 今日は晴れるかもネ ほら空を見てごらん と息子に言うと 空を見上げた息子が ママ

卵みたいだネ と言うので え? どうして と聞くと 地球が卵 ネ 割れたでしょ と答えた

思わず きゃ〜詩人 と傍らを歩いていた息子を抱き締めた(*^_^*)

2003年6月9日

息子は毎晩 ヌイグルミの犬レックス君と やっぱりヌイグルミのクマのプーさん そして

ヌイグルミではない本物の黒猫(笑)キキと毎晩一緒に寝ている ところが昨晩からここに

新参者が追加された ヌイグルミ 真ん丸真っ黒コウモリ君と ヌイグルミ 緑のイモ虫君2体だ 

寝る前 彼等にまでお休みのキスを強要される身としては 一応名前を知っておく必要があると思い(笑)

聞いてみた ズバット君とモニモニちゃんだよ〜と息子がニコニコ教えてくれた … ズ ズバット君?

う ヤバイ ツボに入った うひ〜 ハラが痛い(≧▽≦) コウモリはバット 微妙に当りです(爆)

2003年6月8日  

図書館でご自由にお持ち下さいとあったので拾って来た『時の扉』という小説を 下校してくる息子を

待つ車の中などで毎日チビチビ読んでいる カバーも無いのでどんな話しかもわからないまま読み始め 

そして魅せられてしまった 主人公を語りながらも そこここに見え隠れする作者自身の想い 琴線にも

書いたけど 最近の私は 生きる事の喜び や 人というものの美しさ そんな事をなんだかツラツラと

考えている その私の柔らかい場所へ この作者の言葉がまっすぐに飛び込んでくる 彼の美しい文が

私を揺らす その1文に思わず目頭が熱くなったりする 作者 辻邦生 彼に猛烈に興味を持った 

ネットで検索をかけて調べた そして 彼が既に故人である事を知った しばらくなんだか呆然

知らない間に無くしていた大切な宝物 そんな気分です

2003年5月21日

たまりにたまったIEのお気に入りを整理していたら 昔一緒にバンドをやっていた女性の

ホームページを見つけて久しぶりに飛んでみる 彼女とは 不思議に語る言葉が一緒だった

私の書く歌を深く理解してくれた そしてその彼女の日記の中に 私が龍騎という物語りを通じ

考え続け そして辿り着いた答えと同じものがあって驚いた そして彼女の言葉から 私が何故

龍騎にこうもハマってしまったのかが 改めてくっきりと見えたかナ 彼女は今 ツアー中

帰って来た頃にメールでも出してみようか と ちょっぴり嬉しくなった夜 なんだか無性に

ギターが弾きたくなりました

2003年5月20日

前髪を切り過ぎてしまった(^。^;) 息子に意見を求めたら 大丈夫 まだ 可愛い と言われる

まだ?(笑) ちなみに息子はいつも ママは世界で一番可愛い とか言ってくれる愛いヤツだ

まぁ美的感覚は人それぞれなので ムニャムニャムニャ(爆) 先日も ことえりの漢字変換

を教えたら さっそく 「優子さん は かわいいよ そして 日本 に うまれた」という

お手紙をくれた ああもう可愛いっ! なんとかして下さい!(((((o≧▽≦)o  ←親子バカ(爆)

2003年5月16日

整体師 と打とうとしたら 背痛いし って出た しばらくキーボードに突っ伏して笑いこける

さり気に繋がってる? それに 〜し っていうのが現代風味でヨシ(^-^)/ って何がヨシなんだか(笑) 

大ウケ も しばらく 被う毛 って出て これは先日修正した Mac君? (*^▽^*)ェ

2003年4月24日

買い物中 息子がトイレに行きたいと言い出して レジのお姉さんにその旨を申し出たら 

ニッコリとお玉を手渡された そう あの料理に使うお玉です え? と よく見れば 

その柄の先からちっちゃなトイレのカギが下がっている キーホルダーだったのね ってコレ

大きさといいどう見ても本物のお玉なんですけど (*^▽^*)ェ 爆笑 いいなぁこのセンス(笑) 

夜 キッチンにいると 隣のスタジオから柔らかなゴスペルが聞こえてくる ボーカルを

録音しにやって来た女性の歌声だ しっとりとしたミドルテンポのトラック 落ち着いた深い声

ああ至福 この心地よい波動にいつまでも浸っていたい こんな気持ちになったのは久しぶり(*^_^*)

2003年4月20日

ダムの底に沈まんとしていた樹齢500年の桜の木を移した男達の話し プロジェクトXに

涙がホロホロ溢れて止まらなくなる 美しいものに出会った時に流す そんな感動の涙だ 

ハンカチを持って飛んで来た息子に 嬉しい時にも涙は出るんだよ と説明する私 

前代未聞の事をやるんだ 常識なんて通用しない この言葉がぽとんと心に落ちました

2003年4月19日  

息子が ○○ちゃんが動いちゃったんだよね〜 でもそんなに遠くないんだって と言い出す

動いちゃった ??? どうやら MOVE 引っ越す を直訳したらしい(^。^;) 

日本語と英語の狭間を言ったり来たり揺れながら育ってゆく息子 人生の大先輩である私も 

こればっかりは経験してない事なので教えてあげる事が出来ない でも 一緒に経験してゆくからネ

2003年4月18日 

ベッドでのらりくらりしていたら 息子がもぐり込んでくる ぺったりと私に張り付いて

幸福そうな息子 なんだかこうしていると 自分とこの子の境が分からなくなる

そこにいる他なのに他を感じない 他を全く意識していない自分がいる 夫も同じ様な存在だけど

それは 馴染み であって この子に感じる境界線の無さとはまた別ものだ 個を感じ出すのは

いつになるのかな それまではこの不思議な一体感を楽しみたいと思う私です(*^_^*)

2003年4月6日

夜 息子が毎週楽しみにしている 日本語のスレイヤーズを見ていると エンディングテーマで

息子がいきなり ママ これギターの音だネ と言い出す うんそうだよ良くわかったネとホめると 

穴が開いてるギターの音だよね と続けた  (*^▽^*)ェ うん アコースティックギターにゃ確かに

ぽっかりと穴が開いている ははぁ〜 そう来たか と ぽんと手を打つ母であった(笑)

2003年4月4日

図書館から借りて来たキネマ旬報にこんな1文があった 「時間というものは偉大な教師である 

だが困った事に 生徒達を皆殺しにしてしまう」 大笑い いや 笑うところじゃないんですが(^。^;)

言葉の力って凄いなぁとつくづく思う こういう言葉達との出会いがあるから 人様の書くもの

を読むのが大好きな私(*^_^*)

2003年3月23日

今日はレイジーデイと決め込んで ベッドに寝っころがってビデオを見ていると

息子がトコトコやって来て横に添い寝 そして私のお腹を撫でながら ママ マッチョだね 

と可愛いらしく言った この不意打ち攻撃に笑いが止まらなくなる私 えっと〜 マッチョの意味が

違います っていうか それ筋肉違うし (*^▽^*)ェ

2003年3月22日

今日は 息子が2年間 毎週土曜日に通った『てらこや』の卒業式 朝から息子が

寂しそう 私もなんだか 胸の真ん中の泡が静かに体中に広がってゆく様な気分

そして卒業式 僕 言いたくない と言っていた卒業生からの送る言葉も 

私が教えたラインではなく しっかりと自分の言葉で話した息子 彼は彼なりに

ちゃんと考えていたんだネ 式の間中 笑みを浮かべいた息子 でもそれが 悲しみを

我慢してる顔な事は私だけが知っている 息子は私と一緒でサヨナラがヘタクソなんだよね

でも なんとか泣かずに済んだ私達 同じ寂しさをその胸に抱き締めて 通いなれたお寺を

後にしました 

2003年3月20日

金網にもたれて本を読んでいると ママ と声が飛ぶ 振り返れば 金網の向こう側

小学校の校庭 息子が満面の笑顔でこっちを見ている この子は本当に私の事が

大好きなんだな と伝わって来る笑顔になんだかふと感動した 始まってしまった戦争 

なのに なんら変わる事が無い日常 昨日 もうひとつの日記にも書いたけど 

人を愛する思いや この世を子供達のために良いものにしたいという気持ちは 

世界中 皆一緒のハズなのに 何故こうも複雑にからみあってしまうのだろう

2003年3月8日

今日は息子から不意打ち3連チャンを喰らう(笑) その1 いきなり ママ 舌を動かさないと

どうして喋れないの? と聞かれ すかさずやってみて喋れない不様な自分に大爆笑 (*^▽^*)ェ 

その2 ママ 時計の針がグルグル早く回るって事はタイムトラベルだよね と これまた

何の脈絡もなくいきなり言われて え? となる 一応 時計と時の流れのシンクロの説明をして 

そうかだから昨日時計の針をいじって夫にしこたま怒られたのだなと納得(笑) そして極め付けのその3 

図書館で本を返し終わりふと足元を見ると 大量の本を入れていた私の布のバックが妙にもっこり

としている なんと息子が 亀の様にうずくまってカバンの中に入っていたのだ あり得ない 

これは私の想像力をはるかに越えている カバンに入っている息子だ それもすっぽりとだ(爆)

怒るよりも前にもう可笑しくて可笑しくて 勘弁してくれよ〜とヒイヒイ笑い続けた私でした(^◇^;)

2003年3月6日

某掲示板の言い間違いスレがもう爆笑もんで 久々に笑いで涙を流しました!(笑) 中でも一番

笑ったのが 「電話好きの森課長がある日電話に出た時に、『もりもり、もしです』と言っていた」

ってヤツ いやもう けたたましく笑わせて頂きました 思い出しても ぷって来ます これって

やっぱり サウンドが可笑しいからなんだろうなぁ (*^▽^*)ェ もりもり ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

そう言えば昔夫が 浪曲師の国本武春さんのアルバムをやった時 高速を運転中に 大をもよおして

しまった人の苦悩?悲劇(笑)を書いた歌があって バックグラウンドに もりもりもりもり♪ と

ドラマチックも野太いコーラスが入ってて めっちゃそれらしくて可笑しかった事をふと思い出しました

2003年3月5日

息子が宿題でうっかりミスをする 早呑み込みでせっかちなのは私の血(笑) おっちょこちょいだね〜

と 消しゴムを渡すと 息子の顔に満面の微笑みが浮んでいる いやいや 前歯の無い歯で そんな風に

微笑まれるとちょっと怖いんだけど(笑) どうやら おっちょこちょいというサウンドが可笑しかった

らしい (*^▽^*)ェ そういえば昔 だいじょうぶ という言葉がセクシーだセクシーだと騒いでいた

ジャマイカ人がいたっけなぁ そして 子供の頃 ボボブラジルの文字に興奮したと言っていた

某九州男児君は今何をしているんだろう と 私の思考は彷徨ってゆく ってなんちゅう繋がりだ(笑)

2003年3月4日

何の目的かは知らないけれど 地面にチョークで白くφのマークがあって あ ファイズだ と

嬉しそうに叫ぶ息子 そう 仮面ライダーファイズ 顔がφな感じです (*^▽^*)ェ

でも ファイズはれっきとした単語?なんで こうやって覚えてゆくのってなぁと思いを馳せ(笑)

ふと 彼がまだ幼稚園の頃 学校から 図形の名前を覚えましょう というプリントを貰って来た事を

思い出す 球体はスフィア 正四面体はキューブ と書いてあって あ〜 ほらほら スフィアは

ファイナルファンタジー10で出て来たよね キューブはゲームキューブの形だしさ〜 と喜ぶ私

この世に無駄な事はない わはははは って 初めて知って嬉しかったのは自分の方だったり (笑)

2003年2月25日

もうひとつの日記(笑)にも書いたんですけど 以前 坂本龍一さんの呼びかけで参加した

アフガニスタン攻撃反対の署名サイトで署名した関係か イラク攻撃反対の署名サイトから

メールが来ました 興味がある方はこちらです 署名を終えて出てきたマーティンルーサーキングの

The time is always right to do the right thing. の言葉に なんだかホロホロと涙ぐむ私(^^ゞ

最近 こういった 言葉の中の力 というものに弱い これも年を取ったという事なのかな いやいや

感受性が豊かになったのだと思う事にしよう(笑) このところ 息子を学校に送ってゆくのに 車でなく

スクーターを使っているんだけど 空が広くてとても気持ちがいい そんな事を思っていたら夕方 

その空に巨大な虹がかかっていて大興奮 端から端まで 半円を描いている つまり 完成した虹! 

こんなものを見たのは生まれて初めてで なんだか虹のその部分から パコっと空がはずれて 

何かが覗きそうな気がするくらい(笑) くっきりはっきり鮮やかな虹でした 

この世の中は 素晴らしいもの 美しいもので充ちている 生まれて来た事を誰もが普通に喜べる 

そんな世界であって欲しいと 息子のためにも願います

2003年2月14日

世間はバランタイン 息子が靴箱いっぱいに←これで用途が判明(笑) キャンディやらカードやら

私達へのラブリーな(笑)手作りカードを抱えて学校から帰って来た以外は いつも変わらない1日(^^ゞ

つまり私はアメリカ式に 夫は日本式で何もなし(笑) でも さっき義姉と電話で話してたら

シーズキャンディを貰ったというのを聞いて途端にうらやましくなった私 来年は私も買って買って〜

と夫におねだりしていたら いいよ〜 と違う方から声がする ふと見れば 頭が泡だらけの息子が

バスタブでニコニコ頷いている わ〜いやった〜 明音が買ってくれるって と踊りながら(笑)

夫に自慢しにいくと後ろから 1ドラーショップでね〜 と息子の声が飛んで来た えっと〜 

1ドルじゃぁ買えないと思います(笑) でも 気持ちだけ貰っとくよ〜 ありがとう息子|(^*^)|キッシュ

2003年2月12日

昨日今日と まるでバケツをひっくり返したかの様な大雨 雨なんて滅多に降らないから 

子供達にとって雨はエキサイティングな出来事 そして町自体 雨仕様に出来てないから 

道路の至る所が川に沼になっている(^_^;) 息子を迎える場所も 道路と歩道の間が 

もうその流れが見える位の川になってて かといって飛び越えられる幅でもなく 

しょうがないんで息子と2人 じゃぼじゃぼ水に入って渡る 私はサンダルだからいいけど 

彼は運動靴 家に着いて ガラージからポーチを歩きながら 歩くのにくいよ〜 と

文句を言う息子 歩くのが憎い?( ̄m ̄〃)ぷぷっ! 歩きにくいよね〜 と

さり気に訂正しながら密かにウける私でした 確かに憎いかも(笑) 

2003年2月10日

何に使うのだかわからないけど 息子の学校で靴箱がいるとの事 で これを持っていこう 

と 彼が持ち出したのは 夫が以前仕事をした事がある関係で頂いた某有名人サイン入り (^^ゞ靴箱 

これはダメだよ〜と言うと どうして?と不思議そうな息子 だってこれは 有名な人から貰った

ものだから大事にしなくちゃと説明すると え〜?大丈夫だよママ 僕が有名になるから と

あっさり返されて絶句(笑) 大丈夫と言われてもなぁ(^_^;) おまけにダメ押しで 子供だって

有名になれるんだよ 知ってる? とか言われてしまった ああ腹が痛い(笑) 

夜 息子に読んだ本がとってもキュートでほんわかしてしまった 

犬の視点で描かれた物語りなんだけど 海辺で 飼い主の女の子が迷子になるところを犬の彼は

『I was so sad to see her getting smaller and smaller untill she disappeared』

と表現する そして物語りの最後にこう言うのだ 『Next time She starts getting

smaller and smaller,I'll chase after her to keep her nice and big』 可愛い(≧▽≦)

これって 英語ならではの素敵な表現だよなぁ と思いました(*^_^*)

2003年1月6日

息子と手を繋いで歩く ちっちゃくて暖かなこの手を握ってると なんだかほっこり幸せで

優しい気持ちになる そんな事を息子に伝えると 嬉しそうに笑ってから だって僕 体の中で

優しさのジュースを作ってるんだもん だって§^。^§ そうか 優しさって液体だったのか(笑)

2003年1月5日

天気がいいので今日は公園 息子がころんで膝をスりむいた 赤い肉が見えてて痛そう(>_<)

良く泣かなかったエライぞと褒めたら だって僕 そういう気持ちは欲しく無いから

と言った う〜んこの言い方 英語で考えたな(笑) 以前は ゆあ ねーむ いず ほわっと?

とか言ってたのになぁ(^_^;)

 

現在 2004年 2002年 2001年 2000年
管理人の日常 私の音叉(はてなダイアリー)

ホーム 自己紹介 LA日記 国際結婚 音楽と私 徒然エッセイ ママ日記
ひとこと日記 私の琴線 ゲーム大好き お気に入り 簡単レシピ BBS