手話サークル北の広場 本文へジャンプ
手話サークル北 会則


(名称)

第1条 本会は、大阪市北区手話サークル「北」と称する。

(目的)

第2条 本会は、学習、交流等の活動において、聴覚障害者との相互理解を深め、広く障害者福祉にも目を向けることを目的とする。

(会員)

第3条 会員は、次に掲げる者であって、本会の目的に賛同し、本会に入会の申込みをした者とする。

 (1) 大阪市北区内に住所または職場を有する者(聴覚障害者については大阪市北区聴言障害者協会会員であること)

 (2) その他役員会において入会を認められた者

(退会)

第4条 会員は、次に掲げる場合に会員資格を失う。

 (1) 会員本人より退会の申出があったとき

 (2) 死亡したとき

 (3) 会費を滞納したとき

2 本会の目的に反する行為または反社会的な行為を行った会員は、役員会の決定により、会員資格を失う。

(総会)

第5条 総会は、定期総会及び臨時総会の二種とする。

2 定期総会は、毎年春季にこれを開き、臨時総会は、必要のある場合これを開く。

(総会の召集)

第6条 総会は、会長がこれを召集する。

2 会員の3分の1以上の書面による請求があれば、会長は、臨時総会を招集しなければならない。

(総会の議事)

第7条 総会は、次に掲げる事項について議事を開く。

(1) 会則および会規を定め、または改廃すること

(2) 前年度の事業報告および当該年度の事業計画に関すること

(3) 当該年度の予算および前年度の決算に関すること

(4) 役員を選任すること

(5) その総会において提出された緊急動議で、役員会が総会に付することを相当と認めたこと

(総会の定足数)

第8条 総会は、会員の過半数の出席がなければ、議事を開くことができない。

但し、会員が他の会員を代理人とする委任状を提出したときは、これを出席したものとみなす。

(総会の議決)

第9条 総会において議決の必要があるときは、出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

2 総会の議長は、その総会において選任する。

(役員)

第10条 本会は、次に掲げる役員をおく。

(1) 会  長  1名

(2) 副 会 長  1名

(3) 事務局長  1名

(4) 事務局員  若干名

(5) 会  計  1名

(6) 会計監査  2名

(7) その他役員が必要と認めたもの

(役員の任期)

第11条 役員の任期は、1年とする。                  
但し、任期満了の役員は、後任者が就任するまでその職務を行う。

2 役員の再任は、これを妨げない。

(役員会)

第12条 役員会は、会長を含む3名以上の役員の出席があれば、随時これを開くことができる。

2 会長が欠席であっても、役員の過半数の出席があれば、役員会を開くことができる。

(役員会の議決)

第13条 役員会において議決の必要があるときは、出席役員のうち3名以上の多数をもって決し、可否同数のときは、第10条に掲げる順序により出席役員が決するところによる。

(会費)

第14条 会費は、当該年度の会費を納めなければならない。

2 大阪市北区聴言障害者協会会員については、会費を免除する。

3 会費に関する扱いは、会費規定をもって、別途これを定める。

(会計)

第15条 会費およびその他の収入をもって、本会の経費およびその他 の費用を支弁する。

(会計年度)

第16条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

附  則

この会則は、1994年5月19日から施行する。


会 費 規 定

第1条 会費は、年会費 3,000円とする。但し、中学生以上の学生は、1,500円とする。
また、小学生は会員の保護者と同伴した場合に限りサークルでの活動に参加できるものとする。

2 ろう館生(ろう館の手話養成講座で学習の者)で本例会の日時と重複して学習する者、または何らかの事由(概ね、他の団体に所属その他の事情等)により当該年度中、本例会参加に支障があると認められる者の会費は、年会費1,000円とする。

第2条 会費は、4月から翌年3月までの年会費を一括で納めるものとし、会計担当がこれを徴収する。

第3条 退会または会員資格を失った者についての、既納の会費は、返還しないものとする。

第4条 年度の途中に入会した者及び「ろう館生」等で年度途中から例会参加の者については、別途役員会においてその取扱いを定める。

附  則

この会費規定は、1994年5月19日から施行する。

改 訂

2003年4月3日 第1条第1項一部条文追加、同第2項条文追加及び第4条一部条文追加。
2005年3月24日 会費規定 第1条第1項 会費金額等を一部改訂。