自動車の無い生活(1) 2004/8/15 山口旅行
更新日 2004年09月12日

車検が10月に切れそれ以降大阪では車検を通せない13年乗ったけど走行距離が6万キロを超えていないディーゼルエンジンのダットサントラック。まだまだ乗れるのに・・・くやしすぎ。
んで、8月の任意保険切れに合わせて山口の知人にダットラを引き取ってもらいに、ついでに山口旅行へ行きました。

今回のディーゼル規制、環境対策というより景気対策<買い替え需要期待?と感じてしまう・・・というのもまともな触媒装置の開発等を支援もせずに不可能に近い排ガス規制をかけてきているわけで・・・税金ばっかりの自動車を降りることにしました。
自動車がなければないでそれなりの休日がある(自動車があるから行きにくい楽しみもある)と考えることとしました。(笑)

8/14土曜日、朝の4:20、予定より20分遅れで家を出ました。
暗いうちなら子供たちも自動車で寝るだろう、高速道路も空いているだろう、という計算で早朝出撃でした。しかし、子供たちはなぜか妙に元気。まぁ文句を言わないならそれでいいということで、予想通り渋滞なしで関西圏を抜け出し、山口に向け400キロ超の道のりをひた走りました。

8/14は美祢出口で400mほど渋滞したのみで、そのまま秋芳洞へ・・・
ここが予想外!お盆のために人が一杯!まるで心斎橋のように人が行き来しています。足元はびちょびちょで、出てきたときには子供たちの足元はどろどろでした。

でも、日ごろ見ない洞窟です、それなりにその奇景を楽しませてもらいました。出てみると雨が降り始めたのでカルスト大地は見ずに長門湯本のお宿(山村別館)に向かいました。
お盆のお宿は高いことを承知での旅行です。1泊2食でひとり2万円ほどもしましたが、お部屋でご馳走を堪能、たまたま1ヵ月前にJTBで予約したので2000円の金券がもらえ、それで宿内の店舗で買い物が出来て、なんだか妙に満足できました。(笑)
昼前に山口到着、秋芳洞のみでお宿に行ったので、とってものんびりすごしました。

8/15は朝から雨。でも、天気予報はやむ方向なので安心して10時に出発です。
とりあえず、津和野で受け渡しの予定ですので、東へ・・・萩経由でと、予定していましたが、萩市外を通り抜けても子供が喜びそうなポイントは無いと判断、そのまま津和野へ向かいました。
途中にある道の駅の周辺に公園があり、そこでしっかり遊んだあと、ちょっとしおれた(笑)ひまわりロードで記念写真・・・そのまま津和野で昼食です。
津和野も観光客で一杯。狭い道路を自動車と観光客が入り混じっています。これは子供は不満のみですね。ということで、事前にSLやまぐち号の転車台があるというのを調べていたので、ふと見回すと煙が!!!おぉぉ!!!SLだぁぁ!!
ということで、駅前の駐車場(450円)にダットラを停め(これが最後なので車内清掃)、200mほど北のSLやまぐち号の元へ・・・脱硫装置に煙突をあわせて調整中のC57、う〜ん、いいのぉ〜!
てっちゃん(鉄道マニア)予備軍の息子は興奮状態なり。(笑)
しばらくすると、転車台(なんと回転時、タイミングを見計らって手動で回転を止めていた!)を回り駅のほうへ動いていった。汽笛は小さく「ポッ!」だったけどそれでもびっくり。(笑)

ここで厳しい問題が!受け渡しの相手は15:06発の列車で到着、やまぐち号は15:10発。ホームで自動車のキーを受け渡しすると電話で連絡。さて、ちょっと心配・・・だけど、線路は単線なので心配無用ですね。(^.^;
無事、ホームでお会いして、私はやまぐち号に乗り出発の時間を待つ・・・すると、大きな汽笛が・・・ポーーーーッオオオオオーーーーーー。しばし感動の時間。うむ、素敵だ!

最初の区間はトンネルが多いので窓を閉める・・・トンネルが少なくなったところで窓を開けて、機関車の音を楽しみつつ、缶チューハイを飲む。窓の外の人たちみんなが手を振ってくるのがなんともいい感じ。いあいあ、絶対お勧めです、SL。

新山口で1時間ほど予定の新幹線まで時間がありました。ゆっくり計画していたのでこんな感じです。子供たちは未就学なので本来は電車代無料ですが、今回はレールスターひかりの4人用コンパートメントに乗るために贅沢にも子供切符を買っています。(笑)
1時間の間にのぼりとくだりのホームを行き来して、新幹線の写真を撮り、そして車掌さんに手を振る息子でした。
15日日曜日は一部の会社ではお盆休み最終日らしく、なんと、レールスターの自由席の乗車率は150%!しかも5分遅れで到着、新山口で自由席希望の人は指定席に乗るようにアナウンスされていました。そこで、4人用個室で贅沢な時間、幸せです。追加のビールとともに駅弁を買ってう〜〜ん、満足。しかし、レールスターは速いですねぇ〜〜〜。

さらに贅沢は続く・・・
新幹線と在来線の特急を乗り継ぐ場合、在来線の特急料金と指定席料金が半額になります。大阪駅での乗換えを嫌って、新大阪から天王寺まで指定席で特急はるかに乗りました。楽チン楽チン。

いあいあ、自動車がないから楽しめる(いや、ほんとは自動車があっても楽しめるのでしょうけど)、これはこれで素敵な旅でした。(笑)

もどる