自動車の無い生活(4) 2004/9/5 和歌山マリーナシティ
更新日 2004年09月20日

ポルトヨーロッパの無料招待券をきっかけに自動車で行くほうが便利そうな和歌山マリーナシティに行ってみました。

JRで行くか、南海で行くか・・・和歌山で降りるか、海南まで行くか・・・と、時刻表などを調べて、結局、我が家からだとどのルートでもほぼ同じ料金・時間になるという感じでした。最大の問題は駅からのバスの本数の少なさです。
ということで、行きはバスを短めにと海南からを計画しました。帰りは出発するバスのタイミングでそれにあわせればいいやと決まりました。

JRの天王寺駅で乗り換え、紀州路快速に乗り込みます。ぼちぼちの乗車率でばらばらになんとか座れました。が、息子は最後尾車両で外と運転台を見ることに。(^.^;
日根野のあたりまで外を見ていたあと、空いた席にボックスで座りました。
和歌山駅につくと、次は20分待ち。トイレを済ませる間に時刻表をPHSで調べると、5分後にマリーナシティ行きのバスが出る模様。待つのもなんですので、急いで改札を出てバスに乗り込みました。
お客さんも少なめで席もたっぷりなのはいいのですけど、40分ほど乗ることとなり、また路線バスのために何度も停まるので、家族は気分が悪くなっているようでした。(^.^;

マリーナシティにつきましたが、なんとウォークラリーをやっているとかで、バス停がずいぶん離れたところに臨時で移動しておりました。暑い中、結構歩かねばなりませんでした。はずれだぁ〜。
とりあえず、腹ごしらえということで、黒潮市場にはいりました。店内はかなり混んでいます。雰囲気作りのために薄暗いのと相まって、子供と一緒に買い物できる状態ではありません<いろいろ買って食べようと思っていました。シーサイドテラスというのが出来ており、そこでバーベキューを楽しめるようですが、やけどが怖くてパスすることに。2階の出口付近のうどん屋さんでセットメニューをいただき(ねだんと味とボリュームのバランスは・・・(^.^; )、ポルトヨーロッパに入ることとしました。

とりあえず、かなり暑い。(;^_^A
乗り物マップを見ると・・・うむ〜、少ないし、個性的なものがあまりない。くるくる回るジェットコースターと迫力のある急流すべりぐらいかな。
まずはボールプールの放り込んで親は休憩。出てきたらその隣りのきかんしゃトーマスのカートに乗せました。娘が運転、息子が隣りでボタンを押していますが、結構上手に右左とハンドルを切って運転する娘にちょっとびっくり。あとクジラの機関車の列車に乗りました。
ぶらぶら出口方面へ・・・もうひとつ乗りたいとうるさいのですがほかにいい乗り物もないので食べ物で釣って(わたしがビールを飲みたいのもある)、移動しました。急流すべりのすぐ脇のショップでフローズンやビールなので休憩。急流すべりが降りてくるときに飛び跳ねる水でびちょびちょになる人々を観察したり・・・あはは。

出口付近は街づくりをうまくしてあり、ここで記念写真パチパチ。子供たちは結構こういう裏町風な迷路っぽいところを走り回るのが楽しいようです。自分もそうだったかなぁ〜。

まだ2時過ぎでしたが、お風呂に入るのもなんですし、そのまま帰ることに・・・最初に出るバスが和歌山行でしたので40分ほどバスに乗って、始発の紀州路快速にきっちり座ってのんびりビール片手にJRで帰ってきました。

そこで問題が!(笑)
私は定期券があるので天王寺から和歌山までの運賃、奥さんは出発駅から和歌山までの運賃、その差額が出発駅-天王寺間よりも高いのです、うむ、不思議だ!
ということで、天王寺で下車して、夕食を済ませて帰りました。(^.^;

 

もどる