今日のトン吉(不定期更新)


 

2003年6月11日

 

Jodieが居なくなってそろそろ5ヶ月が経つ。
ドッグフードのコマーシャルなどでゴールデンレトリバーを見ると
まだちょっと。
安らかに眠って欲しいと思うこちらがまだ安らかではなくて。

 

グッズ集め

グッズ集めなんてあまりしていないのだが、
100円均一ショップ「ダイソー」でこんなモノを見ると、ついつい。

このモデル犬の飼い主さんには悪いが、やっぱウチの
トン吉の方がカワイイ。
と犬を飼っている人なら誰でも思うことを書いておく。

このグラスには、

HARRIER
A male animal of the family Canidae,
especially of the fox or a domesticated breed.

と書いてあるが、エキサイト翻訳では
「特に狐の家族Canidaeのオスの動物あるいは飼育された種類。」
とわけわからんことになってしまった。
どなたか訳してください。

 

フロントラインスポット

6月5日、大型犬用のを3分の1、トン吉に。
ジョディの去年のが余ってたもんだから。

 


 

2002年11月9日

 

爪の話

トン吉は普段、後肢がほぼ爪先立ち状態で、片足の指4本のうち
中2本が接地し外2本は浮いている状態のときが多い。
爪は、

のである。


普段から気をつけて切ってやればよいのだが、
爪の中身(血管やら神経やら) も伸びてしまって、
切れる部分がほとんどなくなってしまっていた。



昨日のこと、しきりに右後肢をなめていた。
「なめちゃダメ」と叱ったが、見てみると、
爪が折れていたのだった。


こんな状態。中身はまだ繋がっていた。

触ると痛がるので獣医さんに電話。
「折れたところで切ってしまわないと、
動かすと痛いし血が出るから、切りなさい」と。

止血の粉は持ってるし、血は苦手ではないが、
神経が通っているところをプチンと切るのは
考えただけでも痛くてできそうになかったので
獣医さんで切ってもらった。

トン吉を背後から抱き上げ、左手で胸を、
右手でマズルを保定し、立った状態で
爪を処理してもらったが、トン吉は痛くて泣き叫び、
保定していた私はトン吉に喉を噛まれそうになった。

その後、数時間は患部が気になるようだったが
一日たった今はまったく平気みたいだ。

 

ジョディー、弱る

10月30日からエサを食べない、散歩も行かない、水も飲まない、
ずっと寝ている、歩いても足取りがおぼつかない、反応が鈍い、
家の中の行き止まりで甲高い声でヒャンヒャン吠えつづける、
といった「ぼけ」のような状態になってしまった。
少しずつだが状態は良くなってきているが、心配である。

 


 

2002年10月10日

 

抜け毛が非常に多く、細かい粉のようなフケも出てきたので、
トン吉を洗った。
雨降りは我慢できるけれど、洗われたり泳いだりの
水浸しは大嫌いのトン吉であるが、
洗われるときは緊張してガチガチに固まってしまうので
洗うのはとても簡単である。

乾燥は、タオルで拭いて自然乾燥。
ドライヤーは苦手で、狂ったように逃げ回る。
または攻撃する。 掃除機と同じ。
空気の出入りするモーター関係は基本的にダメだ。
温風ヒーターは大好きなんだが。

洗ったあと、すごく毛が抜けたのでゴムブラシをかけた。

体が湿った状態でこんなに抜けた。
乾いたら更に抜けるだろう。

数日前から裏庭の金木犀がよく匂う。
去年より香りが強い。
窓を開けておくと、家の中全体がいい香り。

 


 

2002年9月26日

 

下の1月6日の写真を撮ったときには、ジョディーはまだ少しは
目が見えていました。進行速度は遅いから徐々に見えなくなっていくだろう
という話だったのですが、1月22日には全く見えなくなりました。

現在、活動性はかなり低下して、散歩にも行きたがらないこともありますが、
目が見えない不自由さ以外は特に不自由さは感じてないようです。
ボール遊び等の遊ぶことは全くなくなりました。
お客さんが来た時は、相変わらず大喜びします。

トン吉は、遊びに誘っても全然乗ってこないので、
ジョディーを遊びに誘うことをほとんどしなくなりました。

 


 

2002年1月6日

 

1月3日の大雪 in 名古屋

雪玉

 

 


 


2002年1月2日

 

おっと、またやっちまった。
何ヶ月ぶりだよ、いったい。

昨年は飼い主が前厄ということもあってか、
激動の一年であった。
その激動のため、更新が滞ってしまっていたのである。

昨年が前厄、っつーことは今年は本厄なので
昨年以上に激動なのは必至であるがゆえに
ほとんど更新は望めないであろう。

 

今年はもう既に激動があった。

年が明けてから年賀状を作り始めたのであるが、
うまく印刷できないのである。不定期に印刷が止まり、
途中から白紙になる。
ドライバーが悪いのか、給紙機構の不調(故障)なのか、
原因が分からなくて正月早々プリンタ購入も考えた。
結局原因はパラレル接続の途中に噛ませてあったスキャナの
電源が抜けていただけであった。
そういえばこのスキャナ、WinXPのインストール時にも
ドライバがうまく入らなかったのでどうせあまり使わないしと無視していたが、
電源が抜けていた為か。という激動

 

あれだけMacマック騒いでいたのに、今のメインはWin。
XPはイマイチ奇妙なOSであるが、インストールしなおすのは
面倒なのでちょっと我慢して使っている。

なぜMacから遠ざかったのかというと、中古で買った
ADBのあっぷるプロキーボードの特定のキーが、どもるので
あった。「き」と入力すると「きい」とか「きいい」のように
「i」がダブったりトリプったりするのだ。リターンキーもどもる。
テンキーの7もどもる。とっても入力にストレスなのだ。
以前使っていたサードパーティーのキーボードはなんだかキーが
ペタペタとしていて、特定のキーの戻りが悪く、これも
大変ストレスだった。水洗いしてもダメ、洗剤で洗ってもダメ、
キーを押し込んだときにペタっとひっつく感じでなかなか戻ってこない。
油を差してみたら、ペタ付き感は無くなり、調子が良くなったが、
今度は導通しちゃっていろんなキーが押してもいないのに
押しっぱなし状態。こりゃだめだ。ってことで、
しかたなしに、Win(K6-2,300MHz)を使っていたが
これも遅くてストレスが溜まるようになってしまって。
Athlonでマシンを組んじゃいました。これは昨年の激動のひとつ。

あまりに久しぶりなんで、どこにどのページがあるのか、
ソフトの使い方も、忘れちゃっていたんで、
思い出しながらMacでこれを作ってます。
FTPってどうやるんだったっけ?

あ、トン吉の話題が無い!


 

2001年4月22日

 

シャンプー

先週土曜日(14日)に洗ってやったトン吉だが、昨日もまた洗った。
毎朝の散歩で道路の縁石に左半身をこすりつけながら歩いて
くるので、キレイにしてやってもすぐ汚れてしまうのだ。



ウサギの糞をよこせとねだる犬

先週日曜日(15日)に安城のお友達の家に遊びに行った。
トン吉はそこの犬と折り合いが悪いため、ジョディーを連れていった。
そのお宅には、犬4匹とウサギ一羽がいる。
ベランダには、肥料にするためにポリバケツにウサギの糞を溜めておいてあった。
なんとウチの犬はポリバケツに頭を突っ込んでそれをパクパク食ってしまった。
よく似ているけどドッグフードじゃないのに。
こりゃいかん、と届かないところにポリバケツを移動したが、ジョディーは
ポリバケツの方を見てワンワン(それをよこせ)とずっと吠えていた。
そんなにうまかったのか?
翌日のジョディーのウンチは緑色のコロコロであった。



狂犬病ワクチン

月曜日(16日)に2匹を獣医さんに連れていった。
相変わらず受付のカウンター上においてあるヌイグルミを噛みたくて
トン吉はピョンピョン跳んでいた。
孫のマメタロウより0.2kg重かった。



トン吉のまたやっちゃいましたの巻

テーブルの上のスイスロール(モカ)半分、
今日の朝食に食おうと思って楽しみにしていた
チーズとベーコンの入った丸いフランスパン(直径15cm)、
よって今日はエサ抜き。
体はまたもや米茄子状態。

 


2001年3月30日

ヘビメタ

トン吉に「よそ行き用オシャレ首輪」を
作っていただいた。ヘビメタ仕様である。

本蛇皮にメタル鋲、「文字通り」である。
じゅんちゃん、ありがとー!

 

なお、写真の首輪を乗せた台になっている段ボール箱は、
Mac OS Xが送られてきた箱である。
ウチのMacにはインストールさえ出来なかったため、
「首輪の台」ぐらいにしか役立っていない。
まったく無駄遣いでありました。
SonnetTechnology社さん、期待してます。



似非「海の男」

実は、見栄を張っていました。
とっくのとうに海技免状は失効していたのでありました。
有効期限は5年間だったんですねえ。
2年も過ぎちゃっていました。
失効しても復活できるらしいので
どういう手続きをすればよいのか調べてみることにします。
でも船に乗る機会が無いんだよね。



2001年3月25日

海の男

息子の純が海の男だそうだ。
毎週のように豪華ヨットで船出して「海の男」してるらしい。

実は、隠していたのだが、父のトン吉も海の男なのだ。
海技免状だってあるぜ。ほら、この通り。

 

水の上に抱き上げられると、空中でイヌカキしちゃうほど
海の男なのさ。

 

 


2001年3月8日

あと2つ

で「ケンシロウ」だ。


2001年1月21日

女の子スキスキ、でも子供はノンノン

トン吉はメス犬に怒ることはほとんどありません。
しかしそれはヒートを1回でも経験済みの子に限ってのこと、
ヒート未経験のお子ちゃまはただただ鬱陶しい存在なのです。
「わーい、遊ぼ、遊ぼ!」と近くでバタバタされると
「うるさいっ!」と切れてしまうのであります。
あと数ヶ月もすれば目尻を下げて鼻の下を伸ばして自分から
近づいていくことになろうとは全くわかっていないのであります。

7ヶ月のメスのラブラドール、エバちゃん(ここで
ゴールデンハーフを思い出す人、お互い年を取りましたねえ)
は、まだまだトン吉にとってはお子ちゃまであります。
体格はトン吉の3倍以上はあるといっても、元気の良い遊び好きの
ラブラドールの子犬です、いつも遊びたがるのですが、
トン吉はこんなヤツなのであまり近づけないようにしています。
一昨日のこと、エバちゃんは自由行動をしてしまいまして
トン吉と遊びたくて近くに来てしまいました。
トン吉はやっぱりエバちゃんのほっぺたにぶら下がってしまいました。
キャインキャインと悲鳴を上げるエバちゃん、その後はトン吉に
近寄ろうとしませんでした。
来週避妊手術を受けるエバちゃん、トン吉は彼女を女の子として
認める日は来るのでしょうか。

さて、去る1月4日、トン吉の子供が産まれました。
オスが2匹です。写真ではモルモットみたいですが、
かわいいです。


2000年11月19日

東京から帰ってきてから、トン吉はおとなしくなった感じでした。
声が枯れているので以前ほどは吠えない、余所のオス犬を見ても
ほとんど無視していて喧嘩腰にならないのでありました。

昨日、夕方の公園に散歩に行くと、そこは無法地帯でありました。
リードに繋いだ犬などトン吉以外には一匹たりともいやしない。
この時間帯に公園に行くのは久しぶりなので、
ほとんど知っている犬はいませんでした。
ニューカマーっていうやつですか、彼らの間では
「公園ではノーリードが当たり前じゃん」
ということになっているのでありましょう。
と言うことは、向こうもこっちのことは知らない。
平気で野放し、余所の犬(トン吉)の近くに寄って行っても
注意すらしない飼い主達であります。危ないなあ。
まあ、トン吉がおとなしくなっていたみたいだったので
何も起こらず、でも何か起きるとイヤなので、
それに寒かったので早々に引き上げてきました。

そして夜、また散歩に行くと、
逃げ出してきたのか自主散歩の犬(オス)が
散歩中のメス犬の後を追い回して現れました。
そのオス犬はトン吉が大嫌いなタイプの犬でした。
「後を付いてきて困るんですけどこの犬の飼い主を知りませんか?」
と尋ねられたのですが、誰も知りませんでした。
メス犬の飼い主はうまくそのオス犬を撒くことが出来て
帰りましたが、オス犬はまだ近くをウロウロしています。
「おとなしくなったトン吉」は、背中の毛を逆立てて唸っています。
実はおとなしくなっていなかったんですね。

そうこうしていると、まめたろう登場。
トン吉とまめたろうは互いの匂いをふんふん嗅ぎ合い、
トン吉が匂いを嗅ぐのをやめてもまめたろうはまだ
トン吉の匂いを嗅いでいた。
すると、気が立っていたトン吉がいきなりまめたろうを噛みました。
トン吉はなかなか放さず、口をつかんで怒鳴りつけると
やっと放しました。
まめたろうの耳の下あたりを噛んだのですが、毛が長いのが
幸いしてか、怪我はしなかった模様。
噛まれてもキャンともヒャンとも言わず、その後も
何ともなかったような様子のまめたろうでした。

 



2000年11月11日

おっ、今日はワンワンワンワンの日だ。
そして、明日、トン吉が帰ってきます
8月23日から行ってたから、2ヶ月半ぶりです。

記念に(でもないんですが)、昨年の川口のJATAの集まりでの
ページをこちらに移動しました。
あちらの容量が足りなくなっただけなんですけど。

っつーわけで、明日はまめたろうと共に上京です。

 


 

2000年10月2日



 



2000年9月22日

祝・再開、祝・復活!です。
>JACKS HOUSE
ところで、海狐さんの看板に
service,obligation,loyalty とあるのは
「仁義礼智忠信孝悌」
のような意味なんでしょうか。犬関係で。
玉は無いけどあづささんもいらっしゃいますし。
どうも英語は苦手でいけません。

パティちゃんにヒートがきたらしい、ってぇのは
なんだか妄想の世界の出来事だったようで、
ブラヴォーちゃんにヒートが来たのとごっちゃに
なっていたようであります。

原稿、ちっとも捗りません。書き出しすらまだです。
あ、いかん。もうこんな時間。寝よ。
(現在3:55)


 

2000年9月20日

リコールって結構多いんでしょうか。
皆さんは何回ぐらいリコール製品を経験しているのでしょうか。
つい先日、またリコール製品に当たりました。
私はコレで4回目のリコールです。

1,2回目は、現在もまだ乗っているトヨタのビスタ、昭和63年式。
1台で2回もリコールに当たるとは、運が強いです。
トヨタの正直なところに拍手!(笑)

3回目は、セイコーのシェイバー(電気ひげ剃り)。
昨年の年末ぐらいに買ったものが、今年の春にリコール。
何でも、充電器に欠陥があったらしく、発火する可能性があったようだ。
製造番号が、まさしくビンゴであった。

4回目は、つい先日発表のあった三菱のテレビ。
コレは古いよ。1989年製の29C−CZ2である。
調子が悪いながらも、未だに使っている。
古くなって基盤にクラックが入ると発火する可能性もあるらしい。

4回もリコール製品に当たったと人に言うと驚かれる。
ということは、みんなそんなに当たってないのだろうか。
そういえば、昔はくじ運が強かった私であった。
ベビースターラーメンを食って、ドラ猫大将の腕時計が当たったり、
インスタントラーメン(サッポロ一番?)を食って北海道のジャガイモ10kg
当たったり、アイスクリームを食って世界のフルーツプレゼントが当たったり、
朝食シリアルを食って、ロイヤルコペンハーゲンのカップ&ソーサーが当たったり。
食ってばっかりじゃん。
そして、車のリコールに当たって以来、食って賞品に当選しなくなった。
くじ運はリコール運に移行してしまったのだろうか。

インターネット懸賞サイトがたくさんある。応募するだけで
参加賞で何かが貰える、ってところもたまにあったりする。
そういうところも含めて、数多く応募したのだが、
未だに何も当たった試しがない。
アンケートに答えていただいた方にはもれなく、
というのさえ、である。
深い意味はございませんが、利刈るデンととトキワタカコは大っ嫌いである。

 

パティちゃんにヒートが来たらしい。
トン吉が戻ってくるのは来月になってからかな。
カワイイ子犬が産まれますように。

 


 

2000年9月15日(敬老の日、シドニーオリンピック開会式の日)

トン吉のお相手に、まだヒートは訪れていない。
帰ってくるのはまだまだ先のことになりそうだ。

お散歩の途中に電車の踏切があるそうなのだが、それが苦手のようで
踏ん張ってイヤイヤするらしい。
踏切は抱っこして貰って渡る甘えんぼさんだとのことである。

本日、スキャナーをいただいた。
早速、隣の部屋に置いてあるスタンドアロンのDOS/V機に繋ぐ。
モニタが不調で、うまくスキャン出来たかどうか不明。
スタンドアロンであるからして、こちらのマシン達とは繋がっておらず、
高い解像度でスキャンしたので、ファイルサイズが66MBもあるものを
どうやってこちらへ持ってくればよいだろう。
LANボードは入れてあるのだが、ケーブルが短いものしかないのだ。
ケーブルを買いに行かねば。
ペンティアム133MHz、メモリー24MBのマシンで
Photoshop起動してもういっぺんスキャンするか。

というわけで、72dpiでスキャンしなおしたのが以下の画像

コレは数年前に庄内緑地公園で「ぷうの父」さんに撮っていただいた
お気に入りの写真であります。トン吉、かわいいでしょ。

先日の豪雨で、犬友達のEMMAさん宅が被災された。
トトちゃんは膀胱炎とかにならなかったでしょうか。大丈夫?
被災地の方々へ心よりお見舞い申し上げます。



 

2000年9月5日

先月の23日から、トン吉は東京に遠征している。
遠征、というと、ドッグショーのドサまわりみたいだが、そうではない。
交配である。
昨年は失敗に終わったが、今年はどうであろうか。
どーこー言える立場でもないが、子犬が成長過程のわかるところに行って欲しいものである。

そこにいるのが当たり前、の存在のトン吉が居ないのは
やはり寂しいものだ。つい後ろにいる気でいて、振り返ると居ない。
もう10日以上にもなるのに、ね。
小さい存在だが大きい存在である。
お相手のお宅ではかわいがられていて、お相手とも仲良く
過ごしていると聞くとうれしい。

メインのページ、引っ越しました。
プロバイダーが名古屋地区はフレッツ(定額制IP接続)に対応しない、
とふざけたことをぬかしやがるので、止めて別のプロバイダに替わった為だ。
でも、前のプロバイダは年間前払いの契約だったので、来年の5月末までは
使うことが出来る。 まあ、ここ見てメールくれる人もいないだろうが、
まだ前のメールアドレスも使えるってことで。
でも送ってくださるならプレーンテキストでよろしく。
妙チクリンな飾りを付けられると読めませんので。


 

2000年7月7日

先月のあのカエル、アズマヒキガエルというヒキガエルで、やはり毒を持つ種類で
あったようです。ああおそろしや。


トン吉の歩き方(わかりやすい図解入り)


という歩き方であれば特に問題はなくまっすぐ歩ける様に思うのだが、
胴体と足の長さの関係上、

こんな感じになって、前足と後ろ足がぶつかるのである。したがって、
もしくは
といった風に前足と後ろ足の位置関係がずれてしまうのである。
見ようによっては萩本欽一さんの「欽ちゃん歩き」の様にも見える。
走るときにはこれに加えて
であったり
であったりすることもある。
実際には進みながらのことであるので、便宜上、このような図にしたことを
ご理解いただきたい。
こんな感じ(わかっていただけたであろうか?)であるので、トン吉の足跡は
左右の幅があり一直線にはならない。


 

2000年6月8日

昨日、夜の散歩でトン吉が蛙を攻撃した。
あっという間に蛙をパクッとくわえ、蛙はブゥッと言う音を出し、
トン吉はすぐに蛙を放すと、にがいものを食べたかのように
ゲェゲェし、唾を出そうとし、白い泡状の唾を吐き出していた。
5分ぐらい続けていただろうか。
一昨日、たけしの万物創世記で毒の話を放送していたが、
そこに出てきたヒキガエルの毒を思い出し、トン吉をうがいさせてやろうと
水飲み場に連れて行き、無理矢理口を開けて水を入れてうがいさせてやった。
あれはヒキガエルだったのかどうかは定かではない。

そんなことがあった昨日の夜だが、公園に例の「リードも持たずに放し飼いで
ミニピンを連れてくる馬鹿女」が登場。例によってトン吉は猛り狂う。
それほど近寄ってこなかったので流血騒ぎは無し。

本日の夜の散歩では、注意して歩いたのでトン吉よりも早く蛙を発見。
トン吉は懲りもせず蛙を攻撃しようとした。
あの蛙は何という種類だろう。インターネットで調べてみようかな。



2000年5月31日

中学時代の同級生のユアサ君から携帯にメールが入ったのは先週の金曜日。
「どこまで届くか実験中!本物だから止めないで!
9人に送ってください。国分.長瀬組!結果は6月頃放送!
このまま送ってね?」

だそうです。 アホか!
なんで本物だとわかるんだよ!
どこまで届いたか番組でどーやって把握してんだよ!
誰から来たのを転送してるか、どーゆールートで回ってるか、
ツーカーのスカイメッセージだぞ、そんなのわかるわけねーだろ!
どこがゴールなんだよっ!
携帯会社の利用料稼ぎの陰謀か?
と、いい加減腹が立ちながら、
一番腹が立つのは一番最後の「?」である。

今日は雨。一日中、雨。
今日は雨でもちゃんと散歩に行ったので、
トン吉達は朝までおとなしく眠ってくれるかな?
甘いかな。


2000年5月30日

トン吉の体重、6.3kg(4歳)
孫のまめたろう、4.9kg (もうすぐ4ヶ月)

トン吉が我が家に来たとき(6ヶ月)の体重は
はっきり覚えていないが、5.3kgぐらいだったと思う。

まめたろうはトン吉よりも大きくなるんだろうな。

 

昨日、またPGPをインストールしてみた。
しかしPGPを使っている知り合いはいるんだろうか?
とりあえず私のPublicKeyはこれです。
これ用のメールはatsugoro@mac.comまで。




2000年5月25日

今日のタッキー
一体どうしたのだ?、今日のタッキー。
親不知でも生えてきたのか、右の頬が腫れていました。





2000年5月20日

犬って、脇腹を掻いてやると後ろ足が
自分で掻いているつもりになってか勝手に
動いてしまったりします。この赤い部分あたりが
一般的な犬の「ツボ」みたいです。


しかしながら、トン吉はそれをしないんですね。
足がビクビク動かない。何だ、面白くねえな。
ところが、つい最近、トン吉の「ツボ」を発見しました。
こんなところにありました。

 


2000年5月8日

別に今日撮った写真じゃないんだけどね。

今日発見したこと。

 

ヒゲが一直線に並んで生えていること。

一直線じゃなくて三直線?

わかりやすいように手を加えました。

 

じゃ、また。