こらむ(01/11/00) LastUpdated...01/11/00

[HOME] [こらむ]

[こらむ(タイトル一覧)] [次のこらむ] [前のこらむ]


01/11/00(Tue) 「インターネット」

このページを見ているみなさんはインターネットに接続されている訳で,現在インターネットと言えば普通WWW(World Wide Web≒ホームページ)へのアクセスと,電子メールによるコミュニケーションが2大用途だと思います。私が会社に入社した6,7年前にはインターネットの知名度なんてほとんどなくて,WWWなんて何じゃそれ?って感じでした。

幸い私の配属された部署はインターネットを使用することができましたが,そのときの使用用途は電子メールとネットニュースによる情報入手でした。現在ではもうほとんど存在しないんじゃないかと思いますが,インターネットへの接続も常時接続ではなく,ある一定の時間になったらインターネットに接続し,UUCPという方式を用いて,相手のサーバに存在するファイルを自分のサーバへ持ってくる。という方法を使っていました。

イントラネットなんて言葉もなくて,同じ会社内でも同じビル内はLAN接続されていましたが,他のビルとは接続されていなかったり,やはり一日に数回のアクセスをしてメールを転送したり。なんていう感じでした。まぁ,それが普通…いや,私の会社はコンピュータの会社だったので,それでも普通の会社よりも少しは先を行ってたことでしょう。

それが現在では街歩くキレイなお姉さんまでがパソコンとモデムを使ってインターネットにアクセスし,WWWとメールを使うようになってきました。

昔からインターネットを使っている方々は,異なるコンピュータ,OS,言語を使っていることを認識していて,誰でも文章を読んだり情報交換できるように,できる限り機種に依存しないような文字を使おうとか,機能を使わないようにしよう。と意識してながら使っていますが,最近始められた方々の中にはみんながWindowsやMacを使っているとしか思わず,お構いなし。って方々がいるのは確かですね。まぁ,知っている相手が同じOSを使っていればほとんど問題ない。っていうのも確かなんで,それはそれでも。と思ったりはするんですが。それでも,不特定な人が使っているインターネットではどんな問題が起きるかわからない状況は今後も残りつづけるでしょう。

そのような問題ができるだけ起きないようにインターネットのマナーである「ネチケット」っていうのを啓蒙していく必要があって,初心者向けのインターネット関係の本なんかには,注意しましょう。とかURLを記述してあることもあるみたいです。私も「ネチケット・ホームページ」を紹介したいと思います。

いろんな記述があって迷ってしまうかもしれないので,私が考える基本的な事項を以下に記述しておきたいと思います。

大原則:「インターネットは誰のものでもないし,誰が使うか分からないものです。みんなのインターネット,仲良く使っていきましょう。」

現在のインターネットの主なリソースである,電子メール,ネットニュース,ホームページ等の相手はどんなコンピュータ,機器を使ってアクセスしているかはわかりません。世の中にはWindows95やWindows98,Mac以外にも様々なコンピュータがあり,そのコンピュータを使ってあなたの電子メール,ネットニュース,ホームページを見ているかもしれません。機種に依存する特殊な文字や記号を使っているために相手のコンピュータの情報が乱れてしまうという可能性もあります。実際に私も昔UNIXのワークステーションを使用している際に,文章が読めなくなったり,ネットニュースのその先の情報へアクセスできなくなったことがあります。

このようなことを避けるために,電子メール,ネットニュース,WWWに共通して,

最低限上記は守りましょう。日本語Windows系を使っていると半角の文字か全角の文字かわからない場合がありますが,そのような場合は文字フォントとして「P」のついていない「MSゴシック」や「MS明朝」を使うようにしたり,MS-IMEの設定でカタカナや中点や鉤括弧は必ず全角に変換するように設定するようにしましょう。

また,ネットニュース,WWW(ホームページ,掲示板)に関しては,

そして,電子メールに関しては,

現在は画像や音声も取り扱えるようになってきていますが,基本的には文字でのコミュニケーションが基本です。何気なく書いたその文字が相手にとってどのように受け取られるかは相手次第です。あたり障りのない文章を書け。とはいいませんが,その辺のことは十分考慮した文章を書くべきです。お気をつけ下さい。

以上,あれこれ書いてますが,それほど難しいことを書いている訳ではないと思います。自分にとっても相手にとっても気持ちよくコミュニケーションが取れることが一番です。上記のようなことを心の奥底に踏まえながらこれからも楽しいインターネットライフをお楽しみください。

[このページの先頭へ戻る]


[こらむ(タイトル一覧)] [次のこらむ] [前のこらむ]

[HOME] [こらむ]