重要なお知らせ

越路は移転しました

移転先は以下の通りです
http://homepage3.nifty.com/torasan/index.html

自動ジャンプはしませんので、上記をクリックしておいで下さい。
また、お手数ですが当ページへのリンク・ブックマークなどを修正してくださるよう、お願い申し上げます。

移転の趣旨については、下記をご覧下さい。

じつに今さら…なんですが、Yahoo!ジオシティーズの規約改訂をめぐる「騒動」が、移転のきっかけであります。かいつまんでいえばコンテンツの著作権に対するYahoo!の見解、そしてこのことをめぐるユーザへの対応のありかた、といったことからきた一連の動きです。

ここで長々と書くことはしません。そしてその能力もありません。興味のある方は、野分さんによるこちらのページなどをごらんになって下さい。

私とらじろうは、正直いって当サイトの管理をかなり怠ってきました。2001年10月に始まった上記の「騒動」にも気づいていませんでした。2002年1月、一念発起してサイト管理を立ち直らせよう、としたことで、はじめてその存在を知りました。あまりといえばあまりにお粗末な話で、恥じ入る次第です。

現在は「騒動」も沈静化しているようです。Yahoo!も、極端な運用はしないと公式に宣言しましたし、当サイトに限っていえば、コンテンツの著作権をめぐりトラブルが生じることはないでしょう。客観的にみて、何が何でもジオシティーズには居られない、というような状況は、現状では全くないと考えています。

しかしながら、無料スペースでのサイト運用は、やはり何かと厄介であるな、と思ったのは事実です。98年にあったサーバートラブルによるコンテンツ消失事故と、その対応も思い出しました。臆病なようですが、先々何があるかわからん、といったところでしょうか。

考えてみたら幸いなことに、パソ通時代からnifty会員でもある私は、niftyにもスペースを持っていました。しかし97年秋当時、niftyにはwebサーバのサービスはなかったので、ジオシティーズにて当サイトを立ち上げたのでした。その後niftyでもサービスが開始され、一時私はそちらを職場サイトのミラーサイトとして利用していたこともありましたが、最近は空き家状態でした。そこでこの間、そちらの利用を検討し、さらにそれに向けたいくつかの作業を行ってきたわけです。

niftyの方がサービス的に優れていると断言することはできません。しかし規約上nifty側の恣意的な運用を許すような文言は見られないようですし、何より私は正式に毎月会費を払っている会員であります。精神衛生上これは大切なことだと思うのです。さらにCGIスクリプトの使用など、いくつか魅力的なサービスがあります。すぐにどうこうというわけではないですが、サイト管理を立ち直らせ、今後少しずつ充実させていきたい、と思っている私にとって、これはむしろひとつのチャンスでもあろう、と考えた次第です。

もちろん、今回の移転は、Yahoo!ジオシティーズに対する非難や抗議の意思を表明するものでは決してありません。規約改定に違和感を感じたのは事実ですが、Yahoo!側の立場もまた理解できます。これはあくまでも前向きに当サイトを運営していく上での、私とらじろうの選択であり、何ら他者に対して含むところはないということを、明確に表明しておこうと思います。

最後に、当サイトを訪れてくださったみなさま、本当にありがとうございました。そして、突然の移転でご迷惑をおかけしたこと、心から申し訳なくお詫び申し上げます。移転先でもどうか引き続きよろしくお願い申し上げます。また、4年半近くいたジオシティーズからメインコンテンツを移すことについては、やはりそれなりの感慨があります。ジオシティーズのスタッフの皆様にも、心から感謝申し上げたいと思います。

2002年2月1日 とらじろう

mnhara%pop01$odn$ne$jp
↑自動巡回ロボットによるアドレス収集対策です。メールを出される方は%を@、$を.に替えてご利用ください。↑