モンゴル温泉ツーリング

4年前に初めて訪れたウランバートルは、民主化してからまだ日が浅く、テレビで見たことがある社会主義国のそれとあまり変わりないようだった。しかし一旦首都を離れると、そんなこととはまるで別の世界がありました。
 ただ漠然と海外をバイクで走るために選んだ国がたまたまモンゴルだったのです。走ることに精一杯で、あまりよく知ることができなかったが、機会があったらまた来てみたいと思ってました。そのチャンスは今年やってきました。前回見たモンゴルは青い空と緑の草原、熱射と乾燥の砂漠。モンゴルの一般的なイメージはこんな感じでしょうか。
 例年に比べて今年のモンゴルはとても雨が多かったそうで、ラリーレイド・モンゴルとまでは全然いきませんが、へなちょこライダーには十分なシチュエーションでした。そんな私のへなちょこぶりと少しだけイメージと違うモンゴルの様子をつたない文章で綴ってみました。

  • 1日目 
  • モンゴルへ再び
    変化するウランバートル
  • 2日目 
  • 首都脱出
    草の海へ
    草原で通り雨に出会ったら
  • 3日目 
  • ジャガーさんの虫歯
    予期せぬゲル訪問
    あわれ水没
    念願の露天風呂
  • 4日目 
  • タイガ
    屈辱の転倒
    極寒のハンガイ
  • 5日目 
  • アドベンチャーツーリング
    ヤスさんのリベンジ
    川、また川
    モンゴル語でパン
  • 6日目 
  • 久しぶりの快晴
    ハルホリン周遊
    最後の晩餐
    不覚
  • 7日目 
  • 二日酔い
    あっさりした別れ


    <Home>