ロッテ戦を西武ドームで!

 

ホームへ

 

実は家から西武ドームまでチャリで10分かからないんです(^^)

”西武には負けられない!魂を込めて闘え!!”

俺たちの誇り、千葉ロッテマリーンズが2002年パリーグ王者に立ち向かう。

 


第2戦 

2003.4.13(日) 天気 晴 13:00 試合開始

4 1 3 0 0 0 0 0 0 0

3 1 0 0 0 0 1 0 1 0

先発 

ロッテ ミンチー

西武 石井貴

スターティングオーダー

千葉ロッテ 8サブロー 7井上純 3福浦 DHメイ 5ショート 4堀 9立川 2清水 6小坂

西武 6松井 9小関 3後藤武 5マクレーン 7和田 8宮地 4平尾 2細川 DH高木浩

 

先日、打線がつながりまくって大量得点で快勝したロッテ、しかし大量得点の翌日は点が取れないジンクスがある。

さらに先発のミンチーの時はなかなか点を取ってくれない嫌なデータがある。

実際その通りになってしまい、7回まで西武先発、石井貴からなかなかチャンスを見出せない。

俺らも懸命の応援をする。

”こさーかヒット! こさーかヒット!”

”L・O・TTE OH〜 ロッテ!!”

しかし初回、2死 1、3塁のチャンスも、6回無死 2塁のチャンスも活かせずに無失点。。

レフトスタンドからはため息がもれる。

(↓写真:なかなか点にからめず苛立つロッテファン、頭を抱えるファンもいる。)

 

一方、ミンチーは相変わらず安定感のあるピッチングを展開。

2回、4回に西武平尾にタイムリーを打たれるも、

7回まで2失点の好投、十分すぎるくらい頑張っている。

そんなミンチーに何とか報いて欲しい!!!

けど7回裏まで散発3安打、今の石井貴から2点はあまりにも重い。

8回もあっという間に2アウト。

敗色の雰囲気が漂いはじめる。。

けど俺らの応援は止まらない!

”西武には負けられない!魂を込めて闘え!!”の連発だ!!!

するとその応援に井上純が応える!

今日2本目のヒットは見事なセンター前ヒット!!

さらにここで、俺らに希望のアナウンスが流れる!!

”ピッチャー石井貴に代わりまして、土肥!”

ざわめく西武ファン、そりゃあそうだ、完封ペースのピッチャーを代えるんだから。

一方俺らロッテは喜んだ。ピッチャー代わって逆にいけるぞ!周囲が騒ぐ!!

そして出てきたバッターは福浦!

”俺らは叫ぶーー打て福浦ーーーーーー!!”と懸命の応援!!

その応援に福浦も応えてくれた!!見事なライト前ヒット!!

連打が出た!!さらに続けと言わんばかりにD・メイが登場!!

俺らがもちろん期待するのは逆転3ランホームラン!!

それを祈り応援をする!!

”OH D・メイ OH D・メイ 俺たちのデリックメイーーー!”

そして土肥の3球目をフルスイング!!!!!!

打球は見事ライトスタンドへ!逆転3ランホームラン!!!

この瞬間俺らは歓喜と興奮にうずまき

周りのロッテファンと抱き合い大喜び!!!!

”うおおおおおおおおおおおおお!!!”

男も女も何も関係ない、抱き合いまくって叫びあって喜び合う周囲の興奮よう。

それにしてもなんと言う試合だ??

こんな事があっていいのか??????

間違いなく2003年で最もエキサイティングした瞬間だった!!

(↓メイのホームラン後の状況手拍子で興奮する応援団:俺自身も興奮して写真がブレてる)

 

そして9回にもサブローのダメ押しタイムリーで2点差とし、

最後はシコースキー⇒小林雅のホットラインで逃げ切った!!

史上にまれをみないナイスゲームだった!!