ライン



家電リサイクル

家電
リサイクル
家電リサイクル法により、家庭用の電気冷蔵庫・電気冷凍庫・テレビ(薄型もふくむ)・エアコン・洗濯機・乾燥機の6製品は、販売店が収集運搬しメーカーがリサイクルすることになっています。そのための費用は、消費者が負担することになっております。
消費者は廃棄物のリサイクル手続きを、その家電品を購入した店または買替えを購入する店に求めることができます(義務品)。 家電品を購入した店に手続きを求めることが困難な場合は、最寄りの小売店でも手続きができる場合があります(義務外品)。現在対象となる家電製品は家庭用の<エアコン、テレビ(薄型もふくむ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機>の4品目(6製品)です。これら以外の製品は家電リサイクルの対象となりませんのでご注意下さい。
費用等  消費者が負担する費用=(リサイクル料金+収集運搬費+リサイクル券+消費税8%)となります。
 リサイクル料金は各メーカーにより異なります。
 収集運搬費は場合により異なります。(原則、排出者宅前道路上での収集です(標準))
 一般的な費用は下表を参考にしてください。(詳しくは各店にご相談ください)     (29年1月現在)
参考
商品 リサイクル料金(メーカーにより異なります) 収集運搬料金(場合により異なります) リサイクル券 消費税 1台計
冷蔵庫
冷凍庫
171L以上4300(一般的なメーカーの場合)
170L以下3400(一般的なメーカーの場合)
+ 6000(義務外品標準の場合) + 30 + 826
754
= 11156
10184
テレビ 16型以上2700(一般的なメーカーの場合)
15型以下1700(一般的なメーカーの場合)
+ 5000(義務外品標準の場合) + 30 + 618
538
= 8348
7268
エアコン 900(一般的なメーカーの場合) + 5000(義務外品標準の場合) + 30 + 474 = 6404
洗濯機
乾燥機
2300(一般的なメーカーの場合) + 5000(義務外品標準の場合) + 30 + 586 = 7916
 


家電リサイクル法とは
トップ アイコン
トップページへもどる

ライン