since '02.12.01

About | Diary | Text | Mail



2005


0216
ちょっと思うところあって休業します。
というかここは放置します。ホーチミン。



2004


1004
皆、リクナビに登録せよ!
登録完了!!
んでどうすんだ?

0925
「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて」
オザケンがカゴメのCMで使われてるらしいですね。まだ見とらんけど。いろんな人の日記で知りました。

「ふてくされてばかりの10代をすぎ分別もついて年を取り、夢から夢といつも醒めぬまま僕らは未来の世界へ駆けてく」

0920
なんかなんもしてないのが怖い。なんもしてないというか、例えば家ゆっくりと本を読んでる時とかでさえ、寂しい気分になっていてもたってもいられない。そんなわけでとりあえず家を出て遊んだりと動きまくってるのですが。
あんま良くない気がする。心が落ち着いていない。もう少しどっしりと構えていたい。

ところで人の心に踏み込むというのは怖いですね。

0910
沖縄からは一昨日あたりに帰ってきました。タイフーン18号でそりゃもうてんやわんやでしたよ。あいつ何やってくれんねん。でも実はそのおかげで楽しくなった部分というのも実際少なからずあるわけで、世の中何がどのように作用するかはわかりませんよ、ってなこった。あー楽しかったー、本当に。またすぐにでも行きたいなぁ。

なんかイチローのコメント。「打席に立っているとき、自分は単純に野球をしているわけではない。いつも調整というよりも向上しようとしている。それが僕の目標です」
この人にはほんま感服しますね。同じ人間だろうか。

0902
9月になったと思ったら再放送で『ビーチボーイズ』やってたよ。
ここんとこなかなか濃密に暮らしている気がする。あまり生産的とは言えないけど。大学生らしく遊びまくってます。つーことで明日から沖縄&与論の旅だワーイ。
サーターアンダーギー!(去年も言ってた気が)
ちんすこう!

0824
嗚呼 線香花火よ 僕をもっと輝かせてくれよ
そしたら僕はもっと自信を持って 毎日を生きていけるのに

他人ばっかりが良く見える時がある。なんでそこまで自分を疑わずに信じることができるんだろう、と。自分を信じきることができない。他人ばっかりが気になってしょうがない。弱いんかなぁ。

0822
日本の夏、甲子園が終わりましたね。甲子園見る度野球やってたらよかったとかあさはかに思ってしまいます。『H2』とかめっちゃ読み返してます。『H2』マジおもしれー。サブキャラさりげに名言吐くね。
「だれかを好きになった気持ちは、報われようが報われまいが、それだけでじゅうぶん意味があるんだよ。負け惜しみのセリフとしては合格だろ」明和一高校3番ファースト中井君。いやー、粋なキャラですな。
そんなこんなで8月も下旬。いまいちテンションのあがりきらんこの頃。(一番テンション高いのは『H2』読んでる時)球児たちの熱い夏は終わっても、ぬるい大学生の夏休みはまだまだ続くのである。

0820
クーラーを止めて窓をあけると、思った通り蝉の声が聞こえた。まだ夏は終わっていない。
夏が終わると、たぶんかなりの現実の波が押し寄せてくる。周囲はすでに結構慌ただしい。
やるべきことと、できること。僕には何があるかなぁ。

そういえば昔何かの小説で読んだけど、蝉の中身は空っぽらしい。

0818
勢いで富士山に行って日本一を目指したんですが、あまりの悪天候のため6合半ほどで断念。まだ日本一の器には何かと足りなかった模様。しゃーないので浜名湖付近でうなぎを食って精力つけて帰ってきタヨ。

0814
そんなこんなで帰ってきました。長野はやはり京都よりすっきりした気候でしたね。
なんか未だに小さいことでウジウジ悩む自分が確認されてもう、あぼーん。

0805
一週間ほど出かけてきます。オーバーエージ枠で招集されたのでは、とか邪推しないでくださいね。僕はまだ23歳以下ですよ。

0804
ドラマとか見てて、脇役が必要以上にしゃしゃり出てきたりすると「ちっ」って気分になる。でもドラマの場合結局は主人公は決まってますよね。
現実においては「ちっ」とか思ってたら知らん間に自分が脇役になってたりするので切ない。
何があったわけではないけど、突然そんなことを思って寂しくなってた夏真っ盛りです。甲子園も始まりますが、やたら台風来ますね。球児頑張れ。きっとある、君だけの甲子園。

0803
夏休みの始まりの感じが好きだ。独特の匂いがする。何かが起こりそうな予感。 いつでも様々な可能性を含んで夏休みは始まった。空の青と蝉の声を感じながら。

やっぱり少し年を取ってしまった自分を感じる。でもまぁまだまだこれからよ。

0729
七年前と同じあの山頂に立った僕は色々なことを思い返した。あの時は、たくさんの仲間とそこでただ笑っていた気がする。もう、とうに忘れてしまったようなそれなりのかわいい悩みをかかえながら。
今度は一人、変わらない風景を眺めあれからの日々を思った。七年間。長かったのか短かったのかさえもあやふやだ。正直な所、すでに僕の中にある記憶はとても断片的になっていて、砂のようにこぼれ落ちてしまっているようだ。こぼれ落ちてしまった中に、とても大事なものがあったような気さえして、少し胸がしめつけられもする。過去を憂うのはあまりにも簡単で、美しい一瞬をきっちりと掴まえるのは少し難しい。
でも、たとえこぼれ落ちてしまっていたとしても、それは僕の中のどこか奥の方に積もり、そして支えてくれているような感覚もある。とても情緒的で恣意的だった日々。そんな日々があって、やっと僕は一瞬の掴まえ方が少しずつ身についてきた。もちろんまだまだ未熟で、いつになっても完成するとは思っていないけれど。僕はこれからだって日々を重ねていく。陳腐な言葉を吐いたりして、ラーメンでも食って、にがりダイエットなんてしながら。

0724
テストも早々と終え夏休みに入ったので、「オッス、オラ悟空、いっちょやってみっか!」ぐらいの軽いノリでいっちょ山に登ってきます。でも実際長野の標高3000メートルぐらいの山に登るので、そんな軽いノリじゃ危険ですよ、と自ら戒める。

0722
『バガボンド(20)』と『ブラックジャックによろしく(9)』と『イエスタディをうたって(4)』を買ってくる。最近『バガボンド』は結構どうでも良くなってきた感じがある。『イエスタディをうたって』は間が空きすぎててほとんど覚えてなかったから1巻から読み直したら、あれ?こんなおもろかったっけ?てな気分に。ハルちゃんとかめちゃイイ!なんか色々わかるなぁ…でもこんな立場になりてー。などアレコレ想像させられるという結構なハマリよう。でもまた次出るん遅いんやろなー。前のから2年以上かかってるから…、今から2年後とか俺どうなってるんや!?って話ですなぁ。はぁ。

0718
いやいやいや、毎日暑いですねー、みなさん。地球どうなってるんすかねー、ほんまこれ。でも水分補給は汗をかく前に!ですよみなさん。
と無意味にテンション上げつつ、(あるある大事典が水分補給の大切さを謳う中)今日は一日中部屋にこもってました。テスト前はとりあえず部屋にこもって、勉強は断じてしません。追い込まれないとやらないタイプです。むしろ自らを追い込むタイプです。テスト前にやけに懐かしいもんとか引っ張りだしてくるタイプです。まぁそんな風にしながら今まさに背水の陣をしいているのです。そして策士、策に溺れることでしょう。
昼に食べたおろしとろろ蕎麦がおいしかったから、こんな一日も良しとする。

0715
寂しさに包まれる夜。
いやなタイミングでいやなもんに出会ってしまった。おかげでひどく気持ちが沈んで、全ての歯車が狂い出す。周りがみんな敵にも見える。もちろんそんなはずはなくて、世界は気の持ちようでどうともなるということはわかっている。しかし容易に気を持ち直せないのがミソである。
そんな時はとりあえず走りにいって、汗を流す。汗と共にマイナス因子が流れていってくれるような気分。自分リセットヴォルビック。そしてなんとか頑張ってる自分の確認をすることで意識を保つ。まだやれる、まだやれる。んで疲れて眠ります。ぶはー。

0713
あー蒸し暑い。そういえば祇園祭の季節である。(ちなみに僕らの中高では祇園祭に誘うというのは告白するも同等の行為で毎年、この祭りを巡ってさまざまなドラマが繰り広げられるのだワッショイ)まぁもうそんな年は過ぎてしまったんですがね。
今日のテストでかなり支離滅裂なことを書いてしまった。へこむ。

0711

UNIQLOのネット通販でしか売ってないXXLサイズを
               買いまくってお洒落気分
                      字余りまくり

0710
大学生にして金八先生のゲームをやって、中学生の「受験が全てか」なんて問題に直面しているテスト前。むしろレポート提出二日前。

0707
小さい交差点でのことなんですが、横から車が一旦停止せず突っ込んできて(こっちも車)あわや横からガツンといかれてましたよ。七夕やというのに、センチ単位で命のやり取りをしましたね。
つーかもうマジ腹立つ!何故一旦停止すらできない。運転する資格ないだろ。なんであんな危険なことをされた後に、奴(なんかようわからん若い男。ちなみに車は黒いオデッセイ)にあんな顔されなあかんのだ!あぁ意味わからん、意味わからん。
こういう不条理な出来事に出会うと、すっごい気分が悪くなる。まず腹が立つのだけど最終的に何故か悲しくさえなっていく。なんであんな人間が存在するんだろうっていう悲しみ。最低限の他者への配慮もできない人間が、実際にそれなりに存在するということがおかしい気がする。ルールがなんのためにあるのかを考えようともしない。もちろん全てのルールが絶対守らなければならないものだとは思わないけど。そもそも根本的に必要なのはルールという形ではないよね。想像力というものが欠如してきている気がする。もう少し全ての人が自分以外の人のことを想像できれば世の中見違えるはずなのに。
とりあえず一秒でもずれてたらおおごとだったので、感情を露わにして書いてみた。ちょっと「タガタメ」を思い出した。まぁほんまに今日はびびりました。何事もなくてよかったんですが。はい。ぶほーん。

0705
たまに自分のいる場所、状況がいかにかけがえのないものか、ってことにハッと気づく時がある。そういう思いをずっと持ち続けられたらいいんだけど、そうもいかなくて気が付いたらふさぎこんでいたりする。
常に色んなものに感謝しながら生きたいなぁ。

0628
あ〜あんま更新してねー。
というか部屋の冷房が壊れて、ほとんど部屋にさえいません。じめじめしてさ。もっとドライにしたいよ!
とりあえずちょっとドタバタしてます。

0621
もっとうまく生きたいよー。

0612
珍しい友人から突然のメール。ちょっとした報告のようなものだった。
「夢をあきらめる」と言った彼に「あきらめるなよ」なんて軽々しく言えるはずもなく。しかし彼は真剣に考えた上での方向転換をした。それはあきらめるという言葉であっても前進なのだろう、と思った。
やっぱ今は僕らにとっていわゆる人生の岐路的時期なんだなと改めて実感した。周りは慌ただしく動き出していて、僕はボケっとしている。大事にするべきもんはなんだろうか、なんて考えるけど、そんな暇があるなら動くことの方が大事なのではないかとも感じる。具体的な答えは具体的に動かなければ出ない。それでもただ今はボケーっと暮らしている。むぅ。

゛人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのは莫迦莫迦し い。重大に扱わなければ危険である。゛

0609
キリ番報告!2300ゲットしました!!

0608
体の調子が悪すぎる。なんかくらくらするよ・・。

0601
6月突入。物憂げな季節ですね。
みんななんでうまいこと生きていけるんやろう、とか思うけど、他人から見たら俺もうまいこと生きてるんやろうか。

ところで最近授業で芥川龍之介ばっかやってる。天才てすげぇなぁ。彼の目には何が見えてたんやろうか。凡人には届かん境地がアリマス。

0529
今日はエンジョイフットボールした一日でした。雨が降るかと思ったけど降らなくて良かったです。とても楽しかったです。終わり。

0528
どこかでいつも甘えてしまっている。
徹底的な孤独に身を置きたい。どうしようもない寂しさの中死んでいきたい。
たまにそう考える。本当はそんなこと望んでいるわけじゃないけど。

0524
今更ながら『オレンジデイズ』はなかなか楽しいドラマですね。最高の青臭さです。恋愛は人生で最上の楽しみの一つである、と思います。

0518
あまりに無関心な態度を取られると、興味あるもんもなくなりますな。それともプライドを守るために、こっちも興味あらへんわ!って自分に言い聞かせてるのだろうか。自分でもわからん。ただまぁプライドというか僕が持っているのは、臆病な自尊心である。

0516
久しぶりにだいぶ滞ってました。みなさんお元気ですかー!?
なんて意味わからんテンションで投げかけてみる。
最近自分の浮き沈みの激しさに驚くというかあきれるくらいである。むしろこれは多重人格のレベルやよ、と真剣に思う。 そりゃ誰でも波はあるんやろうけど、見ている限りみんな一応安定してるしねー。 それはみんなが頑張っているんかなぁ。俺とかすぐに自分を見失う。正直この日記上のキャラも全然定まってないしね!ハチャメチャよ!
まぁ別にえっかー。

0503
どこまでいっても一人な気がして、参った。
心が疲れている気がする。

0429
゛届いてくれるといいな 君のわかんないところで゛
そんな風に暮らしてる毎日です。

0421
日々の暮らしに埋没してしまった自らの感情を取り出すのはなかなか難しいことだ。と毎日思うのだが、なんともならんくて、うんうん唸っている。
とりあえずインターネットとやらの時間を意識的に減らすことにした。あまりにも断片的過ぎる情報たちは、ただ流れていくのみなので、自分的にもっとがっつんとした色んなものをがっちんと受け止めたいと最近思った。
自分がふと思うことでさえ、世の中に刷り込まれたステレオタイプなもんに見えてきたので、どんどん自分を疑っていくことにした。自分の気持ちだけは自分のもん、という考えはなかなかな思い上がりだ。予想以上に人間(僕)は頭が良くない。やたらと削ぎ落としていってやる。なんも残らんでもそれで良しとしよう。

0419
『ストロベリーオンザショートケーキ』というドラマの最終回を録画したビデオが突如出てきて見返したりする。もう4年ぐらいなるんやろうか。普通に懐かしいなぁ。
「僕たちは愛するために生まれました」

0418
帰り道、ペダルをしゃかしゃかこぎながら考えた。人が愛し合うことなどほぼ不可能なのではないかと。右手には何故かワイン瓶が。僕の一生の上で、真実の意味で愛し愛されることはないのだろうと思う。ならば幻想を抱いたまま死んだ方がいっそ幸せではないかとまで。
ただあなたへの、決して送りはしない手紙は増えるばかりである。

0413
大学も7限終わりは9時半とかでもう真っ暗なんですよ。友達と2人で近くのコンビニで酒を買いキャンパス内で飲んでました。なんか切なくてしゃーないことこの上ない有り様で、ワインとかラッパ飲みで。愛しておくれー、ラララーラ、ラ、ララーなんて歌いながらチャリで帰りました。
はい。ま、そんなわけでね、毎日生きてるんですけどね。もうぎりぎりですよほんまこれ。はい。ま、そんなわけでね(フェードアウト)

0410
バスケをしてたら人の手が思いっきり顎にあたり、ガチコンと舌を噛んだ。めっさ痛い。口の中の怪我ってやつは気になってしゃーない。なんか食ったらしみまくりやし。しかしまぁこういう時に普通の状態の有り難味がわかりますな。
んでまた怪我が治ったら痛みを忘れるという、人間は馬鹿やのう。

0409
桜が一年中咲き続けてたら気持ち悪いとは思いつつ、やっぱり散っていくのは寂しいと思う。 まぁ、散るからこそ美しいってもんやし、そう思うんはやっぱ日本人的な感じ方やね。 武士道は死ぬことと見つけたり、みたいな。
だからなんやって、別になんでもないのですがね。適当に言ってみた。

0408
嗚呼、俺がどんなに願っても吉岡美穂は俺を愛してくれないのは辛いことだ。 いや、吉岡美穂に限る理由は特にないんやけどね。

『シフクノオト』を聞いてます。今のとこ「花言葉」がすっごい好きです。切ないね。

0401
たまにすごくマイナスの感情があふれまくってくる。
もっとコントロールせな、と思うのに。
うまくいかない時がある。マジでツライ。
そんな時は寝るしかないか。
明日になれば治っていることを信じて。いや、きっと治ってる。

0331
先週TUTAYAで4本ほどビデオを借りてきて、今日が返却日でした。
んで『黄泉がえり』を借りてたんで、今日見ようとしたらびっくりすることにテレビでやってました。
悔しさのあまり大塚愛のアルバムを衝動買いしました。


適当目次