ゲーム将棋豆事典

 ここでは、ゲーム将棋と呼ばれる、従来の山崩し、周り将棋などとは一味も二味も違う楽しいゲームを紹介しよう。


目次


 巻之壱 じゃんけん将棋

【ルール】
 その名のとおりじゃんけんをして、勝った人が1手指す。それを繰り返す。ただし王手がかかったときは王手をかけられたほうの手番になる。先に玉を詰ましたほうが勝ち。
【説明】
 この将棋の難しさは少しぐらい、というよりたとえ必勝形になっても、2,3回勝たれるとすぐに逆転してしまうところだろう。駒をただでとられることなどしょっちゅうである。勝つコツはいかにうまく王手ではなく、詰めろをかけるか、である。
【コメント】
 あっけなく勝負がついてしまう反面、じゃんけんという簡単な方法で異常に盛り上がれる。意外と面白いが、まあ当然奥は浅い。
【おもしろさ】  ☆☆☆

 巻之弐 影武者

【ルール】
 これは自分で王様を決められる。普通は金駒か大駒を玉にする。誰かに自分の決めた王様を教えておき、ほかは普通に進める。ただし、王手放棄は無く別にお互い無視してもかまわない。王様をとられたら負け。 
【説明】
 何を王様にするかが重要で、フェイクで玉をそのまま使ってもかまわない。とにかくいかに王を見破られないようにするかが問題だ。また中盤を過ぎるころ、どれが王かわかってくるので地の駒(まだ一度もとられていない駒)が重要になる。
【コメント】
 地の駒をいかに減らすかというテクニックも必要なこのゲームはなかなか奥が深い。ただ終盤はひたすら駒取り合戦になるので、あまり面白いとはいえない。しかし、玉を取って打てるのはこのゲームだけなので、棒玉など、普段できないこともでき、やってみる価値はあるだろう。 
【おもしろさ】  ☆☆☆☆

 巻之参 王手将棋

【ルール】
 どちらが先に王手をかけるかというゲーム。王手を先にかけたほうが勝ち。
【説明】
 初手に角道を開けるといきなり詰めろのようなもの。後手は何とか防がねばならないが、意外と難しい。相手に金駒を渡したらおしまいである。
【コメント】
 まともな将棋には絶対にならない。いまだ必勝法は見つかっていない。やってみると異常なほど奥が深く、研究した部員もいる。
【おもしろさ】  ☆☆☆

 巻之四 獅子王

【ルール】
 片方は普通に駒を並べ、もう片方は玉一枚を並べる。ただしその玉は獅子王といい、一度に2手させる。これでゲームを進める。どちらかが詰まされたら負け。
【説明】
 普通に進めると、駒を取っては戻るというせこい戦法で獅子王が勝ってしまう。獅子王に自陣に侵入されたらおしまいなのでそれを防止せねばならず、はっきり言って、面白くない。しかしこれも我が将棋部では結構研究されていたりする。
【コメント】
研究材料にするほどのものでもないので、獅子王のことをよく知らない人をぼこぼこにする以外やる価値は無いと思う。獅子王以外にも、反射角や、飛角八方桂など駒の動きを変えるものは多い。
【おもしろさ】  ☆

 巻之五 ミステリー

【ルール】
 まず、3つの盤を用意する。そのうち2つは自陣の駒だけ並べる。もうひとつには普通に並べ、目隠し将棋と同じ要領でやる。ただし、勝負する二人には敵陣が見えない上に相手の動きも全くわからない。駒の交換は第三者が行い、王手のみ知らせる。また、相手陣が見えないことから、駒を打つときや大駒が移動するときは審判が見て、動けないときは注意する。先に詰まされたほうが負け。対局後、第三者とともに並べなおす。
【説明】
 審判が必要な上に、棋譜も取らなくてはならないので、面倒である。しかし、その戦略性の高さは目を見張るものがあり、本将棋に匹敵する読みを必要とする。それゆえ非常に面白い。
【コメント】
 純粋に勘と読みが要求されるので初心者にはお勧めできないが、それでも面白いかもしれない。
 少し慣れないとうまくいかないが、普通の戦い方ではスピードにかける。よって玉を囲う必要は無く、三段玉などが相手に自玉の位置を知られにくく有効だ。そして石田流や中飛車などがいい。相手の駒が見えないので、歩一枚でも敵陣を突破できる。特に歩の使い方は重要で、突破した筋からいかに歩で金駒を取るかが基本となる。
 思わぬところで駒を取られるので気をつけなくてはならない。気をつけようがないときも多いが…勝つコツはとにかく早く敵玉の位置を知り、その周りに自分の駒を貼り付けることだ。王手がかかり始めれば早い。
 このゲームは自分のセンスが試されるので、勝負勘に長けた人にお勧めしたい。見ているほうも非常におもしろく、笑ってしまうような局面が乱発するだろう。ただ、助言でなくてもあまりしゃべらないのがこのゲームをやるときのマナーである。
【おもしろさ】  ☆☆☆☆☆

巻之六 資本還元

【ルール】
 これは本将棋に、持ち駒の枚数の制限を加えたものである。対局者の二人で制限を決めるのだが、大体4,5枚だろう。そして普通に対局するのだが、持ち駒が制限した枚数を超えると負けとなる。詰ましても勝ち。
【説明】
 言葉だけでは理解しにくいかもしれないが、勝負のテクニックとして、わざと相手に持ち駒を渡すというのがある。王手で無理やり駒を渡したり、相手が駒を取れないのをいいことに怪しい場所に駒を打ったりできる。
【コメント】
思わぬところで駒を渡されて困ったりするが(注;ギャグではない)、比較的わかりやすいルールだろう。
【おもしろさ】  ☆☆

 巻之七 トランプ将棋

【ルール】
 将棋の盤と駒以外に、トランプを用意し、1手指すごとにトランプをめくる。トランプは1〜9までを使い、出たカードの筋(右から1、2、3...9)の駒を動かす。動かせなかったら、次のカードをめくる。相手玉を先に詰ましたほうが勝ち。
【説明】
 詰ますのが極端に難しいので、とにかくより多くの種類の詰めろをかける必要がある。
【コメント】
 カードの出方によっては指したくない手を指さなくてはならなくなる。そこが面白いのだが、2人でやるよりもギャラリーがいたほうが面白いだろう。
【おもしろさ】  ☆☆

 巻之八 とるいち

【ルール】
 その名の通り、取れる駒は強制的に取らされる。先に相手玉を詰ました方が勝ち。
【説明】
 前にあげた資本還元と組み合わせることが多い。
【コメント】
 だんだんコメントが少なくなっているのは、あまり指されないから。これもさほどの戦略が必要なわけでもなく、やはり資本還元との組み合わせがいいだろう。そうすると、かなり緊張感のあるゲームになり、いかに駒を渡すかが勝負となる。もちろん自分も駒を取りすぎてはいけないので、そのあたりの駆け引きが難しい。
(とるいち、とは取るのが第一もしくは取る一手、の略と思われる)
【おもしろさ】  ☆☆

巻之九 みんなの広場

【ルール】
 要は持ち駒を対局者2人で共有するのである。
【説明】
 持ち駒の共有とは取った駒を相手に使われてしまう可能性が高いということだ。それゆえ、不用意に駒を取ると自滅してしまう。駒を取るときは常に先手を取りつつ、持ち駒になったら何でもいいから早く使ってしまうのがよいだろう。
【コメント】
駒を渡してもまた戻ってくるので、玉を詰ますのが極端に簡単。大駒と小駒が数枚づつあればたいてい詰む。詰ましに行くタイミングの見極めがポイントだろう。なぜか先手の勝率が高いと言われている。これが強いと、「広場のチャンピオン」というガキ大将のような称号が手に入り、尊敬される。意外とはまるかもしれないが、欠点は将棋が弱くなること。駒をポイポイ捨てる感覚がすぐに身に付いて離れない。
【おもしろさ】  ☆☆

 巻之拾 リレー将棋

【ルール】
 数人で将棋を指すのがこの将棋の特徴だ。一手指すごとにお互い対局者を変える。それ以外は本将棋と同じ。
【説明】
 お正月にプロ棋士もやっているので、比較的メジャーだ。本将棋と大差ない将棋になるだろう。
【コメント】
 このゲームのおもしろいところは何といっても、本気で勝とうとせず、仲間内で作戦分裂したときである。居飛車党と振り飛車党が組んだときや、持久戦、急戦、どちらにするかが難しい。あまり実力差のないもの同士でやるのが楽しいだろう。強い人とペアを組むと、読み筋が分かって強くなる。
【おもしろさ】  ☆☆

 巻之拾壱 影武者王手じゃんけん将棋

【ルール】
 その名の通り3つのゲームを混ぜたもの。欲張りすぎてわけがわからない。
【説明】
 説明のしようが無い。
【コメント】
 コメントのしようが無い。他にもルールを組み合わせることによって未知のおもしろいゲームができるかもしれない。
【おもしろさ】  ?

 巻之拾弐 ねこねここねこね将棋

【ルール】
 秘密。
【説明】
 できません。
【コメント】
 本将棋が簡単に弱くなってしまうという禁断のゲーム将棋。その昔先輩達により封印された。
【おもしろさ】  ?

 巻之拾参 中将棋

【ルール】
 ややこしいので省略。
【説明】
 盤は12×12。駒数は92枚。ただ駒の再使用はないので、現在の将棋とどっちが複雑なのかは分からない。「麒麟」「鳳凰」「角鷹」「飛鷲」「仲人」「奔王」「獅子」「猛豹」等将棋にない駒が多くある。
【コメント】
 正確に言うとゲーム将棋ではなく現代将棋のルーツである。駒の動きを覚えるのに時間がかかるかもしれない。だから絶滅しかけているのだろう。しかし大山康晴も愛好者だったとか。中将棋を解説しているHPに行ってみましょう。序盤は獅子が主役となるが、駒数が減って来るにつれ残っている駒が次々と働き出す。初心者は駒を素抜かれる事が多い。盤と駒はがんばって作りましょう。
【おもしろさ】  ☆☆

 巻之拾四 持ち駒共有ペア将棋

【ルール】
 盤を二つ並べ、4人が同時に二つの対局をするのだが、このときにペアとなった2人が持ち駒を共有する。
【説明】
 どちらかひとつでも先に詰ました方が勝ちというルールが一般的。時間稼ぎを極力防止するため、10秒将棋がいいだろう。突然、変な持ち駒が手にはいるのがこの将棋のおもしろさ。
【コメント】
 「桂入ったぞ」「飛車渡して大丈夫?」など声を掛け合うのが大切。
 ほかにも、負けている方が時間を稼ぐとか、勝っている方に駒を回して詰ましやすくするとか、いろいろな戦略がある。
 部員の間ではまだ指されることは少ないが、これから流行して欲しいゲーム将棋だ。というのは、将棋があまり弱くならないから。それどころか、隣の将棋を見て入りそうな持ち駒を瞬時に判断する力や、戦型別の急所の駒を見抜く力は、本将棋に好影響を及ぼさないとも限らない。それでいて、本将棋よりも面白い。
【おもしろさ】  ☆☆☆☆

 巻之拾五 電池将棋

【ルール】
 電池を4〜18個、左右対称になるように並べ(場所は左右対称ならば自由)、駒を動かした分だけ、同じ方向に電池を動かす。電池と駒は同じ場所に存在できない。
【説明】
 この将棋のポイントは、電池を動かせる分だけしか、駒を動かせないことだ。
そのため、大駒の動きは制限されやすく、居飛車になることが多い。
また、電池が集中すると、手詰まりになることは明白である。
 ちなみに、電池の数は、4つ程度がベター。18個は・・・。
【コメント】
 戦略としては、故意に電池を集中させ、相手を手詰まりに追い込んだり、
飛車を振ると、それだけで電池が集中し易くなるからか、居飛車になることが多いようだ。
もちろん、電池の数でおもしろさが大幅に変わるのは言うまでもない。
【おもしろさ】  0〜☆☆☆

 巻之拾六 重力将棋

【ルール】
駒を打つ場合を除き、1〜4筋に駒が置かれたらその駒はルール上可能な限り(相手の駒を取るか、自分の駒にぶつかるまで。)1筋方向へ真横に動く。6〜9筋に置かれた場合も同様に9筋方向へ動く。
また、二歩は認められる。三歩以上でも可能。
【説明】
5筋が山の頂上で1筋9筋が山のふもと。そんなイメージである。
駒がどんどん端へ滑って行くために、序盤は端に駒が偏りがちである。
駒を取ったあと滑ってさらに駒を取るのは基本中の基本。序盤は成駒を作りとにかく駒得を考えること。二歩が認められるため歩の価値も高い。打った駒は動かない限り滑らないのも重要である。
終盤はいかに相手玉を1筋or9筋に追いやるかが鍵となる。例えば1一に相手玉がいるときに3二金と打つと詰みである。逆に言えば玉は極力5筋にいるようにすること。
なんだかんだで頭を使う。
【コメント】
逆に5筋方向へ滑らせる通称「谷底将棋」など重力の方向によりさまざまなバリエーションがある。
いずれにせよ、駒得をして相手の駒をはがせば勝ちである。
【おもしろさ】  ☆☆☆

 巻之壱拾七 トランプ将棋2

【ルール】
52枚のトランプからスペード、クラブ、ハートの10,J,Q.Kを抜いた40枚を使用する。
まず、この40枚をシャッフルし山札とする。お互いに山札の上から4枚取り手札とし、試合開始。
自分の番になったら山札からカードを1枚引き、手札からカードを1枚捨てる。捨てたカードがクラブかスペードなら捨てたカードの数字の縦の列の駒を動かし(クラブのAなら1筋の駒を動かす)、ハートなら横の列の駒を動かす。ダイヤは捨てても何も起きない。
手札がダイヤのカード4枚のときに、カードを1枚引く代わりに手札のカードを全て捨て、4枚カードを引くことが出来る。すると、この手番は盤上の好きな駒を動かせる。
また、王手がかかった場合はカードを引かずに好きな駒を動かし王手を回避する。
山札がなくなった場合、捨てた札シャッフルし新たな山札とする。
相手玉を詰めれば勝ち。
【説明】
ダイヤが鍵を握る。
手札4枚がダイヤでも、あえてカードを1枚引いてダイヤを温存する戦略がある。
手札を見て計画的に駒を進めること。後は全て運。
【コメント】
ジョーカーを捨てるとどこにでも動かせる札としてゲームに使うこともある。
前に紹介したトランプ将棋より戦略性は高いはずである。
ちなみにこのゲームのモデルはトレーディングカードゲームである。たぶん。
【おもしろさ】  ☆☆☆

 巻之拾八 ランニング将棋

【ルール】
将棋盤からチェスクロック(対局時計)まで50〜100m程の距離を置いて将棋を指す。
【説明】
早い話体力勝負。最大の敵は時間切れである。
持ち時間は任意で、秒読み60秒程度でやると良い。
秒読みに入ってからが真の勝負。時間切れになりかねない。
【コメント】
体力も付いて一石二鳥(?)の将棋である。(虻蜂取らずなどと言ってはいけない。)
距離を増やすとよりハードな将棋となる。その場合は持ち時間、秒読みを調整しよう。
また、対局終了時には今までに何手指したか確認すると良い。走った距離が分かる。
知らぬ間に2km程走っていたりするものである。
【おもしろさ】  ☆☆☆

 巻之拾九 歩ポーン桂ナイト将棋

【ルール】
歩をポーンとして、桂をナイトとして扱う。
【説明】
ポーンやナイトも取ったり打ったりは可能である。
将棋には二ポーンは禁じ手というルールはないので、二ポーンは認められる。同様に打ちポーン詰めもありである。
また、ポーンについては最初だけ2マス前に進めることや、プロモーションも認められる。
プロモーションについては、「クイーンに成れる」「将棋にはそんな駒はない」という2通りの見方が存在する。これはお好みで決めてほしい。将棋部ではより面白くなるので前者が主流。
一方でナイトは、チェスにそんなルールはないので、成ることができない。もっともわざわざナイトの動きを捨ててまで成りたい局面はほとんどないだろうが。
【コメント】
とにかくポーンが強力である。二ポーンがありなのでポーンのぶち込みが強烈。両ななめ前の駒を取れるのでなおさらである。
しかしそれとは比較にならない強さを誇るのが、「垂れポーン」。
下手に香車を走ったりすると、▲1二ポーンと打たれたりするだけで敗勢になってしまうこともよくある。
そこからの変化で、▲1二ポーン、▽1一ポーン、▲2二ポーン、という筋がある。
1一ポーンと打つことにより、1二のポーンを動けなくしようとしたものの、2二ポーンが厳しい追撃で、取っても放置しても1一に成られてしまう。
ポーンがクイーンに成ればそれを軸にしてさらに垂れポーンが成立するため、一瞬にして大量のクイーンができ、勝負がついてしまう。
そのため、「垂れポーンされる隙のない陣形」と「素早い攻撃」が求められ、序盤から飛角やポーンの飛び交う乱戦になることが多い。
そうしてポーンにかかわる攻防が中心になると、よくナイトの利きをうっかりする。▲4八ナイトとしておけば、▽2八ポーン〜▽2九ポーン成▲同ナイト▽ぎゃー、なんてことも多い。
ちなみに「チェス将棋」ではなくてルールそのままのダサい名前なのは、チェスには持ち駒のルールがないからどこまでチェスのルールを採用するのかわからない、という管理人の熱弁によるもの。
チェスに持ち駒のルールを加えたものはクレージーハウスというらしいので、「クレージーハウス将棋」などでもよかったのだろうが、そんなのは今になってこのページを更新するときに調べたことなので当時は知る由もなかった。
【おもしろさ】  ☆☆

 まとめ並びに使用上の注意

 将棋部に伝わるゲーム将棋の数々はいかがでしたか。つまらないものもありますが、結構面白いのも多いと思います。ぜひやってみてください。また、ここには載せていないゲーム将棋もたくさんあります。いろいろやってみるのも面白いと思います。ただ、本将棋をまじめにやりたい方にはお勧めしません。ゲーム将棋のほうが簡単なので、それにはまってしまうと弱くなってしまいます。ご注意ください。


表紙へ