まず、今回の事件に巻き込まれたすべてのみなさまに御見舞申し上げます
そして、犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈りいたします。




2001年9月11日、日本時間で午後10時頃、アメリカ合衆国・ニューヨークにある「世界貿易センタービル」に旅客機が衝突、
その後、ワシントンのペンタゴン(五角形の建物)にもジェット機が突っ込みました。
この原稿を書いている今も現地では懸命の救出活動が行われていますが、その犠牲者は何千人、何万人とも言われています。

あの日、私はラジオを聞きながら机に向かっていました。
するとニュース速報が入りました「どうやら世界貿易センタービルにジェット機が突っ込んだらしい」と。
最初は事故なのかなと思いながら聞いているとどうやら2台目が突っ込んだらしいと情報が入り、
「テロ行為」であるということが伝わってきました・・・。
その後はみなさんのご承知の通りです。
(詳しくはCNN:www.cnn.co.jp www.cnn.com(US版)などで)

私の個人的な意見ですが、
アメリカはこの事態を受けて、武力による報復も辞さないとしています。
ですが、そうすればまた犠牲者が出るという新たな悲劇が生まれます。
「力には力を持って対抗する」時代は終わっていると思います。
人間はこれまでの歴史の中で「法」によって人を処罰するという知識を身につけてきたはずです。
アメリカや関係諸国には真摯な対応をとってもらいたいものです。

もうこれ以上、自分たちの思想を押し進めるために
何の関係もない人々が巻き込まれるという悲しいことが起こるのは許せないことです。
戦争は今世紀には起こしてはいけないと思います。


平和って何なのでしょうね・・・


(個人的なことを書いてすみません。これはあくまでも「私」という人間の、今回のテロに対する考えです)
ohataka(9/13)

HOME
ホームに戻る