32221世紀における日本の世界貢献!

 

真の世界貢献は
  の世界貢献は
 
 
21世紀に日本が世界にできる大きな貢献は、日本の自然に対する感じ方、人と人のふれあい・信頼する方法等日本神道の中にある非論理的な感覚ですので、文章化できません。
  日本人に直接会話し生活してのみ、伝達できるように思います。

 

世界の繁栄にいかに貢献するか

 

世界に開かれた日本の実現のためには、(1)高コスト構造を是正し、対日投資の拡大に努める、(2)留学生の受け入れを拡大するために、大学での学位取得方法の改善や、受け入れ体制を整備するとともに、相手国の大学に講座を寄付すること等を通じて相互理解を深めるべきである寄付に関する税制の見直しも必要)。
また、
ODA(政府開発援助)は軍事貢献ができない日本の世界貢献の柱である。援助分野における官民の連携が必要であり、途上国援助においても民間の活用を図る必要がある。
さらに、日本の科学技術を活かして、
環境、リサイクル技術(循環型社会の構築)、
エネルギー対策(原子力技術、核融合技術の開発等)、
技術移転の分野、

において積極的に貢献していくべきである。

 


これが、2030年エネルギー危機説を唱える理由です。

グラフ

 

 

できる貢献、やれる貢献