夕陽丘予備校
非公認のページ

大阪には予備校がたくさんあり、どこに行けばいいのか迷ってしまいがちです。
どの予備校もパンフレットには良いことしか書いていません。
夕陽丘予備校で一年を過ごした一人の大学生が「本音」を書かせてもらいました。
予備校を決める際の参考にしてください。

夕陽丘予備校とは昨年創立50周年を向かえた
古くから大阪の天王寺にある予備校です。


○公式サイト○
夕陽丘予備校


以下は2002年度の実情です。
現在は改善されている可能性があります。
むしろ改善されていることを強く望みます。

所在&周辺
→Yahoo!地図情報
天王寺駅から徒歩8分。ややわかりにくい場所にありますが、
近辺には飲食店やコンビニなどのお店があり、特に悪いということは
ありません。また、幸か不幸か周りに遊べる環境も
そこそこ整っているため、遊び倒して2浪する人もいました。


校舎
古めかしい校舎ですが、よく掃除されていて綺麗です。
中庭では喫煙できるので、若き愛煙家には好まれています。
各教室には夏は冷房、冬は暖房により1年中快適空間……
とは残念ながらいえませんでした。空調設備が古く温度設定ができず、
暑すぎたり寒すぎたりする場所もあるので、少し厄介に感じます。
某教室では生徒が歩くと床が微妙に揺れていました。(w
壁や机の落書きは昭和に書かれたものも存在し、歴史を感じます。
現在改築改築中らしい(不明)。


自習室
3、4、5教室が自習室として利用できていました。
席が自由席なので、荷物で場所取りをしたり、
2人分を1人で広々と使うこともできるようです。
監視の目がないので、常に静かとは限りません。
ちなみに、私がいた頃は劣悪な環境でした。


キャンパスアクセスプラザ(資料室)
各大学のパンフレットや願書がズラリと並んでいます。
閲覧するだけでなく、持ち帰れる資料もあり、活用できます。


食堂
値段も安く、味はまあまあです。食堂のない某予備校よりはマシでしょう。
360円のセットメニューがお勧めです。ゆで卵も30円。
ただ、作る効率が悪く、昼は行列ができ混雑します。


授業
3段階ある授業のレベルを科目ごとにに選択できます。
授業ごとに教室を移動しないといけませんが、
自分の好きな席で授業を受けられます。なるべく前列に座りましょう。
時間は1コマ60分。毎週月曜日には2科目のプライムテストがありました。


講師
予備校の講師は個性的で、同じテキストでも先生によって教え方は
違います。しかし受講レベルは選べても、講師を選ぶことはできません。
名のある講師は多くはいませんし、人気・不人気の差も発生しています。
そのため本来とは違う授業をこっそり受ける生徒も少なくないようです。


チューター
進路相談、指導をしてくれるクラス担任などのことをさします。
少人数で、熱心・丁寧な対応を売りにしていますが、
生徒は数百人いますし仕方ないでしょう。個人的には期待ハズレでした。
話下手であてにならないことも。ある程度の妥協が必要です。


夏季・冬季講座
夕陽丘予備校の夏季・冬季講座はほとんど締切が出ませんので、
あわてて申し込む必要はないでしょう。唯一例外なのは国語のU氏の
講座で、授業内での宣伝のせいか、いち早く締切られます。


授業料
他の予備校に比べると、特待生の枠が広く、割安です。
あまり詳しくは覚えていませんが、次のような差がありました。
   ・特待生A:約15万円    ・特待生B:約30万円
   ・特待生C:約45万円    ・一般生:約60万円
ほとんどの生徒がどれかの特待生制度を利用し入学しています。
特待生になれない人は別の大手予備校のほうも考慮しましょう。
理系・文系・国公立・私立に関係なく、特待生の授業料は一定ですので
私立志願の人には国公立志願の人に比べ割高に感じるかもしれません。


入試合格率
パンフレットには、人数ではなくパーセンテージで記載されていて、
実数がつかみにくく、私は不明瞭に感じました。


良い結果を残すには本人の努力が必要です。
人生を左右する1年を無駄にしないようにしましょう。

:注:
これらは2002年度の実情を記したものです。
現在は改善されている可能性があります。
関係者の方へ:より良い環境づくりをお願いします。


ご意見はこちらまで。
osaka5859@hotmail.com

ミラーサイト
     ■