Piacere! Mi chiamo DIVA!
Il mio Profilo〜うたりまの自己紹介
〜私のプロフィール〜


 

Nome〜名前〜

うたりま
 「歌姫」改め、「うたりま」です。最近どうも”姫”が照れくさくなり、(何故今頃・・・なんぞ聞かないで下さい(笑))、歌を続けている以上は「うた」そして、オペラ歌手を目指す女の子のマンガ「Diva」の主人公が「リマ・ドール」だったので、そこから拝借してドッキング。なんとも単純なハンドルでございます。(*^^*)


Compleanno〜おいたち〜


 197?年4月12日・牡羊座、兵庫県神戸市にうまれる。
幼少時は非常に丸かった・・。特に手足が太くて「このコ、何枚タイツ履かせてるの?」と御近所のおばさまに聞かれてから母はひたすら将来を考えて運動させたという。

小学校、中学校はリーダータイプで、常に学級委員や生徒会などでお世話をしていた。世話をするのが好きだったらしい。また小学校4年で宝塚に目覚め、入団を夢見る。当時ファンだったのは「大地真央」「黒木瞳」「一路真輝」など。
小学校ではバドミントンクラブ、中学在学中はブラスバンドでサックスを担当。このころからサックス用にオケ譜面を4声(S.SAX、A.SAX、T.SAX、B.SAX)に編曲を行っていた。

高校時代は学校祭で毎年パワー全開となって活動。毎年なんらかの賞をもらう。最終学年ではベルサイユのばらを脚本から演出、出演までしでかす。3-9クラス一致団結のおかげで「鈴高祭大賞」を獲得。ちなみに柄でもないマリー・アントワネットという悲劇の王妃を演じた・・(汗)
またこの頃から宝塚をめざすべく、クラシックバレエと声楽を習い始める。激堅だった体も目標のおかげでかなり柔軟になり、もう練習の結果、約10ヵ月でトゥシューズをはけるレベルまでこぎつける。両親に「受けるだけ受けさせて!」と哀願、とりあえず宝塚を受験!しかし受験生の美人の多さ(宝塚は芸能人の娘が受けることでも有名。)に圧倒される。結果は..というと、言うまでも無く、もし受かっていたら北海道には来ていない・・

宝塚がきっかけで習い始めた声楽を活用(?!)し、音大声楽科を受験。聴音は大の得意であるが、真正絶対音感のおかげで移調楽器が大の苦手。 電車のブザーや物音すべてが音符で聞こえてしまう・・・一体なんなんだ、これは。
真正絶対音感を持っているがために苦い思いでも数多く、中学の頃の音楽で実音試験というものがあったのだが、全校共通で校内放送でテープで流され、その音を楽譜に書き留めるというもの。そのテープの回転ピッチでもわるかったのか、私にはすべて半音上の音で聞こえて全て全滅だったのを思い出す・・・。あれはテープが悪いんだぁ〜。

卒業試験(大学のオペラハウスで歌う)当日、阪神大震災。家の中は棚が倒れ、瓦がうねったりしたが、六甲山裏手だった為、直撃を免れる。それから数日後、戦場後のような神戸を目にした時はショックだった。つい先日まで祖母が住んでいた魚崎(東灘区)の家は、床の間の柱を残して見事に跡形もなくぺっちゃんこになっていた。(地震の数カ月前に家の隣に引っ越してきていたので助かった。)

この年、「NAOちゃん」とヨーロッパ1ヵ月卒業旅行に出かける。
フィンランドで滞在中、夜はオーロラ観測、昼はイヌゾリ、スキー、サウナと、24時間フル回転の1週間。その後はパリへ飛び、イタリア、スイス、オーストリアドイツ各地を鉄道で移動しながら、現地ですべて宿を手配。電話で会話は非常に辛かった・・・。あとフランス語は全くといっていいほど知らなかったので、「米」でさえわからず、どんな料理が出てくるかヒヤヒヤもんで、食べる事すらも苦労した。しかしフランスパンといわれるだけあって、フランスのパンとお菓子は最高に美味しかった!!とにかくハードであったが非常に充実した旅をした。

就職活動では曲作りをしたくて、ひたすら曲作りのできるメーカーを片っ端から受け、片っ端から落とされ、厳しい就職宣戦に立ち向かい、なんとか拾って下さる偉大な会社に巡り会う。20数年住み慣れた神戸を離れ、札幌に移住。現在に至る。

居住地


  北海道・札幌市(1995年4月〜現在に至る)


Lavoro〜お仕事〜

お菓子職人、お菓子試食人、歌の宅配便、ふつうの会社員
 一体何が本業やら・・(笑)歌を修行しながら、各イベントでは様々な曲を歌ったり、ある時はOLというマジメな姿(?!)も。


Mi piace・・〜好きな○○〜


・・・美味しいもの、朝一番のすがすがしい空気、人慣れしたインコ(実はすごく飼いたい!)、日本の四季の風景
・・・旅(遠近問わず)、歩く、大自然をドライブ、ジムトレーニング(辛いけど後の気分は最高!)、お風呂
・・・雄大な風景のある所、星が沢山見える所、優雅な気分になれる所
アーティスト・・ロベルト・アラーニャ、ホセ・クーラ(テノ−ル)、鶴田真由(冷たそうだけど賢そう)、小川直也(私、プロレスは嫌いだけど、彼は人間として暖かそう)
・・・思いやりのあるあたたか〜い人、何ごとにも一生懸命で目標を目指して鍛練する人、心から頼れる人・・かな?

Non mi piace・・〜苦手な、嫌いな××〜


・・・魚の目と頭(特にビチビチ跳ねる生きた魚は触れない・・)
・・・数学、魚をさばく、選択肢から1つだけ選ぶ(ファミレス行ったら大変です・・)
・・・風通しの悪い部屋、満員電車、寂しい路地裏(好きな人はいなさそう・・)
・・・だらしない人、口ばっかりの人、約束を守らない人

Interesse〜趣味〜


1歌う 声楽はいろいろな意味で心を豊かにしてくれます。腹筋訓練や苦しい事は山程あるけれど、それらをクリアした時、素晴らしい歌(曲)が完成するのです。芸術に卒業なし。日々努力怠らず、艶ある声を追求していくぞぉ。まずは時計台コンサートを計画中!
2料理 いかに美味しく、色鮮やかに、楽しんで頂けるかと日々努力するのみ。美味しい物に出会ったら作りたくなる、そして料理が好きになる、よい循環を持っていたいです。最近はお菓子作り復活!毎週のように研究中。今の旬はラムレーズンのパウンドケーキ!自家製ラムレーズンがいけるんですわ。(笑)
3菓子 まぁこれほどまでお菓子が好きだとは・・。気になったケーキ屋さんはチェック!でも食べたらハードなジムトレシェイプが待っているのでこれも楽じゃぁありません。食べている時は最高潮に幸せ!食べ終わったら運動計画をたてる・・そのくり返しなの。(T T)最近は自作ケーキ研究に余念が無い。
4 お金なんてかけなくっていいんです。電車でも歩いてでも。特に北海道に移住してからは大自然の中をドライブしたり歩いたり、また自転車で丘をめぐったり、一杯しました&これからもします!自然の中で思いっきり楽しめるは発見することも多いよ。旅は体力勝負!体力ついてりゃ旅も楽しい〜。懐が暖かいときはやっぱり海外にも行きたいけどね!
5温泉 ひたすら道内外の温泉を網羅し続けて約4年。北は稚内〜豊富温泉から、知床〜カムイワッカ湯の滝、干潮時だけ入れるセセキ温泉、南は函館〜谷地頭、松前、湯の岱、ひなびた温泉はやはり菅野温泉、岩内〜朝日温泉、雌阿寒〜野中温泉など、浸かったお湯はいったいいくつになるんだろう・・。まぁ、旅の一部だわね。
6直売 北海道に来て知った、農家直売のお野菜を買う!これがなんとも素晴らしい事。長沼、帯広など畑の広がるその一角で、真っ赤なトマトが並んでいるとつい買ってしまう・・。完熟トマトの味をおしえてくれたのはこの「直売」。農家の人たちが作ってくれた暖かさが直に味わえる”所”じゃないかな。これも旅の一部だね。
7登山 「登山」(まだハイキング段階かも・・)に出会ってまだ日が浅いのだけど、自然と直に接する絶好の場だとつくづく思います。足慣らしに行った「樽前山」を始め、北アルプスの「白馬岳」(これは大雪渓まで)。2000年8月には念願の「利尻岳」にも登頂!悩みごとがあっても山登りをすることで悩みなんてちっぽけなもんだと思えてしまう。精神的自然治癒力とはこういう物?
8食器 行きつけの紅茶専門店で出会ってからヨーロッパ食器に引き付けられ早2年・・。とりわけウエッジウッドのユーランダーパウダーシリーズには目がありません。決して頻繁に買える物ではないけれどね。食器によってお食事やお茶の味が変わるのが摩訶不思議。でも飾る場所なくて箱の中で眠っている..。
9伊語 イタリア語。歌を始めれば当然ついてくるものなんだけど、現在本格的に勉強中!サッカーのお陰で随分普及したとはいえ、英語と違ってテキストがあまりないのよね。まずは巻き舌から練習「ロ〜〜ロ〜〜」、それができたら「Buongiorno!」