ホームに戻る目次に戻る
<月曜日>


手を汚す

<dirty one's hands>

「悪いことに関わる」

この反対が
<wash one's hands>
「手を洗う=関係を絶つ」
日本語と同じ表現ですね。

日本語に近い表現をあげると
<lend a hand>
「手を貸す」

<out of hands>
「手に余る、おえない」

<show one's hand>
「手の内を見せる」

<try one's hand>
「腕を試す」

<火曜日>


一対の手しかない

<I have only one pair of hands>

「やること(仕事)が多すぎる」

手が足りないことですね。

逆に、手が沢山あると

<Many hands make light work.>

「多くの手があれば、仕事が早く済む」

<水曜日>


上手を取る

<have the upper hand of>

「優位に立つ」

相撲と同じで、上手を取れば勝つ

これが、手を投げると

<throw in one's hand>

「敗北を認める」

<木曜日>


左手は右手が何をしているか知らない

<Left hand doesn't know what
the right hand is doing>

「他人に自分がしている良いことを
知られないように行う」

日本流で言えば、善徳あれば陽報あり

What is done by night appears by day.
「夜行ったことは昼現れる」
という言い方もあります。

<金曜日>


手から口へ生きる

<live from hand to mouth>

「その日暮らしをする」

手に入れたものを貯えずにすぐ口に
入れるという意味のようです。

ついでに
<bit the hand that feeds one>
「飼い主の手を噛む=恩を仇で返す」
飼い犬に手を噛まれるということです。

<土曜日>


手をこする

<rub one's hands>

「寒くて手をこする、喜んで手をこする」
の二つの意味があります。
日本のもみ手に似てますね。

ついでに
緑の手<a green hand>
「青二才」

きれいな手<clean hands>
「潔白」