ホームに戻る目次に戻る
●「骨 bone」(手足の骨が原義)を使った表現です。

骨の色々

骸骨<skeleton>、軟骨<cartilage>、頭蓋骨<skull>
脊柱<spine>、鼻骨<nasal bone>、背骨<backbone>
鎖骨<collarbone>、座骨<hipbone>、骨盤<pelvis>
あごの骨<jawbone>、肋骨<rib>、膝の皿<kneecap>

★争いの骨

<a bone of contention>

「争いの種」のこと
=犬に骨を与えると喧嘩になることから

The division of the property was a bone of contention between the brothers.
「財産分与が争いの種だった」

★拾うべき骨

<a bone to pick>
「論争すべき事、難問題」
=骨が犬の心を捕らえることから

He will cast me a bone to pick.
「彼は論争すべきことを投げ与えてくるだろう」

--------------------------
★骨で感じる

<feel...in one's bones>

「直感する、予感する」

I feel in my bones that they will never get along well together.
「彼らが仲良くやっていけない予感がする」
 
★<in(to) the bone>は
「骨の髄まで、深く」

I was chilled to the bone.
「骨の髄まで冷えた」
 
--------------------------
★〜の骨を作らない

<make no bones of(about)>

「〜することを躊躇しない」

He makes no bones about admitting it.
「それを認めるのに躊躇しない」

★これが「old bones」(老体)になると

<make old bones>
「(主に否定文で)長生きする」

He'll not live to make old bones.
「彼は長生きしないだろう」

--------------------------
★骨であり、肉である

<bone of a person's bone, flesh of a person's flesh>

「非常に密接で、同家族で」

He is bone of my bone, flesh of my flesh.
「彼は私の血族である」

--------------------------
★戸棚の中の骸骨

<a skeleton of cupboard(closet, house)>

「内輪の恥、秘密」
=昔、幸せそうなある婦人が、毎夜戸棚の中にある骸骨にキスをするように、
夫から命じられていた、という話から来ている。(恐い!)

There is a skeleton in every house.
「どんな家にも内輪の悩みはあるものだ」

--------------------------
◆日本語を英語にすると・・・

「英語を学ぶのは骨が折れる」
=Learning English is hard work.(困難だ)

「骨折りがいがありました」
=My pains(efforts) have been rewarded.(苦労が報われる)

「それは骨折り損だ」
=It will end in a waste of labor.(努力のむだ)

「骨を折らずに何も得られない」
=No pains, no gains.( 苦労がなければ利益もない)

「骨折り損のくたびれ儲け」
=Great pains but all in vain,

「2、3日骨休めして」
=Please take a rest for a few days.

「彼の提案は骨抜きになった」
=His proposal has been watered down.

「彼の忠告が骨身にこたえました」
=His advice came home to me.(胸にこたえた)