ホームに戻る目次に戻る
●「牛 cattle」を使った表現です。


●牛の色々

総称=cattle(集合的に複数扱いなので、a cattle、cattles とは言わない)
雌牛(特に乳牛)=a cow
雄牛=a bull
労役用の去勢雄牛=an ox(複数形 oxen)
子を産んだことのない若い雌牛=a heifer
子牛=a calf(複数形 calves)

--------------------------
●牛が牛舎にかえるまで

<till the cows come home>

「長い間、永久に」=牛がなかなか草場から帰って来ないことから

You can wait until the cows come home befor he pays you.
彼が払うまで長い時間待つことができる
=いつまで待っても彼は払わないよ

--------------------------
●瀬戸物屋に飛び込んだ雄牛のように

<a bull in a china shop>

「何でもむちゃくちゃにしてしまう乱暴者」

Don't be a bull in a china shop.
人に迷惑をかけるような乱暴をするな

--------------------------
●角をつかんで牛を押える

<take the bull by the horns>

「勇敢に難局に正面からあたる」

Let's take the bull by the horns,
go directly to his office and state our demands.
正面からぶつかって、直接彼の会社に行って要求を述べよう

--------------------------
●太った子牛を殺す

<kill the fatted calf> 

「最上の歓待をする」(聖書から来ている)

Whenever she  comes to see us we kill the fatted calf.
彼女が会いに来るときはいつでも最高のもてなしをする

--------------------------
●日本語を英語にすると
  
「牛に引かれて善光寺参り」(思いがけないことが縁で、また、自身の発意ではなくて、偶然、よい方に導かれること。)
=be led into doing good by chance(偶然に導かれる)

「あの人の仕事ときたら牛の歩みだ」
=He works at a snail's pace.(かたつむりのペース)

牛は牛連れ、馬は馬連れ(類は友を呼ぶ)
=Birds of a feather flock together.(同じ羽の鳥は集まる)
=Every Jack has his Jill.

★ことわざ
Like cow, like calf. 
=親が親なら子供も子供.

--------------------------
★気をつける俗語の意味

●ox=のろま,ぶきっちょ(米国ではこの意味以外ではめったに用いない)
●cow=太って大柄のだらしない女姓、子だくさんでふしだらな女性
特に、豪・ニュージーランドでは「いやなやつ、きらわれ者」
●bull=米国で、探偵、警官(ポリ公)、でたらめ・ほら
●calf=無器用で愚かな若者、うぶな男