こんなライブを見て来た
バカ爆走@ミニホール新宿Fu-
98/02/04
“当日券狙いの気合いのみ”で行ったら入れた!
嬉しいったらありゃしなかった浮かれライブレポ。

 SAL見たさに、あるのかも判らない当日券狙いで、会社から猛ダッシュで向かう。到着数分後にちょうど開場。15人ほどの並んでいた人が入った所で、入口の人に「当日券ありますか?」と尋ねると「立ち見になりますが…」と言われる。やったぁ〜初生SAL(って、ちょっとヤな表現(笑))だぁ〜!

 会場はほんとに「ミニホール」という大きさ。学校の教室をちょっと大きくした程度。視聴覚教室とかそんな感じ。今まで見に行ったいくつかの小さめのホールと比較すると、「銀座7丁目劇場の前の方だけ」とか「シアターDの2/3」とか、そんな印象。一番後でもすごく近い気がして、密かに心拍数が上がる。

 右側の壁に「本日の進行表」があって、登場順及びコンビ名が一目瞭然なのがありがたい。ライブ後に写真撮っておいたのでこのレポが書けます(笑)

 時間前にチラシ見てアンケート書いて…などと思っていたら筆記用具を忘れた事に気付く。不覚なり。しかし周りを見るとカメラを手にした女の子が多数。これ幸いと私もデジカメを取り出し、全てのコンビの写真を撮りました。これまたこのレポの助けになった〜。
 余談ながらアンケートの注意書きに「ネタ重視でお願いします」ってあるのがなんとも(^ ^;) 確かに男前さん多いっすからね。

 きちんと時計を確認し損ねたが、おそらくほぼ定刻?でスタート。MCはアンタッチャブル。写真ボケまくりで大変失敬!!

 一番手は林カントリー。漫才、という事になるのか?(笑) 基本的に林氏の存在自体がボケ、なんかな? これで見るのは2度目だが、登場の“C”ポーズは初めて見た気がする。いつからやってるんだろう? 前回見た時より疾走感が足らないように感じた。

 ドランクドラゴン。野球部コント。大事な試合でエラーをしてしまった2年生選手を止める3年生マネージャー。細かいボケ(首吊り自殺しようとしている人に対して「逆TMレボリューション?」など)はクルものがあったけど、ちょっとベタかな?という印象。

 海月。男女コンビ、しかも女の子がボケとは珍しいなと。兄妹がセーラー服と学ランをとり違えて登校してしまう。シャムシェイドの曲ネタが一瞬ツボ。けど、セリフ忘れたり間が悪かったりしているのが気になった。

 アンタッチャブル。職員室に呼び出された柴田君を待っていたのは呼び出した先生の伝言のテープ。山崎君は居合わせた別の先生。だけとそのテープの声は山崎君。何時見ても暴走機関車山崎君的ネタだけど、これがフツーなんすか? 確かに放し飼い(笑)が向いていると思うけど。テープの殴られる音や銃声、何故か入っている「ぼよ〜んぼよ〜ん」という擬音に合わせて動く山崎君がイイ。

 ワイルドカードのコーナー。MCはアルファルファ。一気に金髪化(しかもすんごく奇麗に)していたボケの豊本氏に驚愕! 出場はおぎやはぎとネギねこ調査隊。

 おぎやはぎは結婚詐欺師のネタ。一度見た事あるけど細かい点が変わっていたような? ツッコミの言葉遣いが独特。

 女性二人のネギねこ調査隊の方は「ハイテンションかあさんのミュージカル」的ネタ。ボケの彼女はアリキリ石井氏的暴走タイプ、かと。
 結果、3:7ぐらいでネギねこ調査隊の勝利。

 続いてピンののぐお。MCのぐおとその仲間達ライブ。仲間達はぬいぐるみ。見る度違うネタやっているような気がするので立派だとは思うが…苦手っす。失敬(誰ともなく)。

 マンブルゴッチ。ツッコミのウチに遊びに来るボケの為に焼いていたさんまで火事になってしまうコント。「ブレイクもの!」のネタよりは面白かった。ボケの例えがたま〜にツボに来る。

 アルファルファ。父の遺影を持ってデートに来る女、というコント。前に見た(そして先日「笑わせろ!」でも放映された)「昔いじめっこだった男の元に決着を付けに来る元いじめられっこの重病人」というコント然り、このコンビのコントの設定は、目の付け所が異常に鋭い。“プチ通夜”というツッコミフレーズがツボっす。

 ゲストコーナー。MCはドランクドラゴン

 まずはスマイリーキクチ氏。出演者のほとんどに「今日の客はよく喋る」と評されていたようですが、スマイリー氏登場に際しても、ボキャを見たと思われる女子から「かかと落としやって〜!」の声が。当然「じゃあとであなたに直接やってあげるよ〜」と満面の笑顔で言い放つスマイリー氏。さすがっ!である。怪我した時に思わず泣いてしまうほどかわいがっている愛犬にも「食べるものがなくなったらお前のこと食べるから」と言い聞かせてるらしい。これまたさすが(笑)。他にはボキャ関連の話(ネプホリケンは素でも天然、とか、ボキャ初登場までの話)など。

 続いてはりけ〜んず。限りなく漫才に近いフリートーク、ってなトコか? 名前を見た時、「大阪吉本では?」という記憶が脳みその底によぎった。正解だった。ベタながらこの空気の中では逆に新鮮で、かなりの笑いをかっさらっていました。

 お待ちかねのSALの登場〜! 今まで一番後の壁に寄りかかっていたにも関わらず、写真撮りたさに前に出てしまう自分の浅ましさ(爆)…。フリートーク+ショートコント数本。
 最初に忍君だけ出て来たので、客席から「またなの〜!?」の声。前回カンちゃんが遅刻したらしいっすね。しかしすぐにカンちゃんも登場。思わず私もほっとしてしまいました。客席からかかる「忍君カワイイ〜!!」の声に「ほら、こっちにもっとかわいい人が」とカンちゃんを差す忍君と「こいつ24だぞっ!」と叫ぶカンちゃん。その後も「背中かゆ〜い」とか、ちょっとした事を言う度「かわいい〜」と言われる忍君。だってかあいいじゃんねぇ(爆)>忍君。
 話題は、ちょっと多いので箇条書で。
 んで、「新しいショートコントやりますか?」とカンちゃん。う、嬉しい〜! 完全ではないけどざーっと書きます。  いや、ショートコント見れるとは思わなんだから非常に得した気分でしたよ〜。

 ピーピングトム。フリートーク。出だしでSALの話をちょこっとしたらすぐさま出て来るカンちゃん。桑原さんが「俺も一緒にコレやるよ」と「はい、あ〜どぉもっ!」をするとすかさず「『はい』で少し沈んで…」とレクチャーするカンちゃん。3人で「はい、あ〜どぉもっ!」ってやってカンちゃんはける。「カン、あとで飲みに行こう」と桑原さん。ここでも「カン」って呼ばれてるんだぁ〜。
 今村さんの鼻ネタ多いっすね。別にヘンじゃなくて男前なのに。桑原さんって、ポーカーフェイスな所も含めてDT松本氏的だなぁと今さら気付く。ピートムさんのHomepageの話になり、広島(?)から来ているというピートムHomepageのWebマスターさんが会場にいました。すばらしい情熱っす。
 最後に「昨日のボキャ天見た?」と予選落ち君扱いになっていた話。「ゴハン食べながら『こいつら面白くねーなー』なんて見ていたら自分等出て来て“ぶぅぅーーー”って噴き出した」と桑原さん。

 もうねぇ、生SAL初体験、ていうのが大きくてねぇ。全体の感想とかなんとかより『忍君かあいかったなぁ』とか、『カンちゃんとの仲良しさが見ていて嬉しいよぉ』とか、そんな気持ちばかりなもので…。ミーハー馬鹿オンナで申し訳ねぇ。

しかも更新おせーし(爆)

INDEXへ戻る