昔のビデオを見ていた その2
先日CD屋で偶然売られていた「ギャグウォーズPART3」。
なあんてラッキーなんだー!と思いつつ購入。
以下に、SALの部分だけひったっすっらっ!見まくった証拠(笑)として、ネタをデータ解析した。



Chapter.0 はじめに
  1. 「ギャグウォーズPART3」及び収録されているSALのネタについて
     「ギャグウォーズ」は若手8組のネタだけを純粋に収めたセルビデオで、PART1〜PART3の三巻が発売されている。'97年夏に発売されたそのPART3にSALが出演している。ネタは「底ぬけAIR−LINEのショートコント超音速スポットフラッシュ」。「あ〜どぉもっ!」て繋ぐ超ショートコントの連続で、彼等の本領発揮と言うべきネタ。
  2. 以下のデータに関する注意点
     各ショートコントの秒数は「忍君がコントのタイトルを言い出した所からカンちゃんが『はい、あ〜どぉもっ!』って言う直前まで」とした。タイトルコールはすでにコントの一部で、『はい、あ〜どぉもっ!』はあくまでブリッジ(とかクッションって言うんだっけ?)と考えた為。そして、以下に書かれている「分数・秒数」は、私 as Miyashitaがビデオの画面表示を見ながら目測しただけのものに過ぎない為、0.1秒の単位は計測不可な上、正確さは保証できません(^ ^;) 出来る事ならストップウォッチでも使ってきっちり計りたかったのだが(笑)
     もう一つ、各々のショートコントのタイトルどころか、上記の「底ぬけAIR−LINEの…」っていうコント自体のタイトルすら、自分の耳のヒアリング能力だけが頼りで、なんらかの資料があった訳ではありません。漢字の変換やなんかはことえりまかせです(笑) 間違っていたら本当に申し訳ありません>見てくれる皆様及び関係者各位様


Chapter.1 数値に関するデータ
収録時間約4分47秒
コント正味の時間約3分33秒
各々のコンビの間に挟まれる
ブリッジのSALの秒数
約15秒
収録ショートコント総数37個
一つのショートコント平均秒数約5.7秒
最も長いショートコント「ミニーマウスの真似」
約17秒
最も短いショートコント「なんもねー三連発・ジジイ」
約2秒
『はい、あ〜どぉもっ!』の回数36回
上記の内、忍君が叫んでいた回数11回。関連資料はここ
カンちゃんが素で笑っていた回数2回。関連資料はここ
忍君が唇をなめる回数14回。関連資料はここ



Chapter.2 全ネタ一覧データ
ネタ番号タイトルタイムタイプ
No.1インディジョーンズ9秒忍君ツッコミ
No.2新聞でぇ〜す5秒忍君ツッコミ
No.3とても律儀なマラソン選手6秒忍君ツッコミ
No.4あっちむいてホイ4秒忍君ツッコミ
No.5ミニーマウスの真似17秒カンちゃん投げっぱなし
No.6吸いツッコミ3秒カンちゃん投げっぱなし
No.7イヤ〜なツッコミ4秒忍君ツッコミ
No.8イヤ〜なプリクラ9秒二人シャウト
No.9ブラジャーはずし単独ライブ9秒二人投げっぱなし
No.10鈴木雅之違う違う9秒カンちゃん投げっぱなし
No.11肛門からうんこが出るまで13秒忍君投げっぱなし
No.12語尾が真面目な不良5秒忍君ツッコミ
No.13かけっこ3秒二人投げっぱなし
No.14パントマイム5秒忍君ツッコミ
No.15はなうた4秒忍君説明オチ
No.16子供相談室5秒忍君ツッコミ
No.17ブタベスト4秒カンちゃん説明オチ
No.18超能力者のかくれんぼ4秒忍君ツッコミ
No.19魔法によって一日に二文字しか
言えなくなったニュースキャスター
6秒カンちゃん投げっぱなし
No.20隣町の運動会10秒カンちゃん説明オチ
No.21馬場少年と猪木少年の会話6秒二人投げっぱなし
No.22UFO4秒二人シャウト
No.23天才秀才バ〜カ6秒忍君乗りツッコミ的オチ
No.24正直ババア・Part one6秒忍君ツッコミ
No.25正直ババア・Part two6秒忍君ツッコミ
No.26なんもねー三連発・パチンコ4秒忍君ツッコミ
No.27なんもねー三連発・ジジイ2秒忍君ツッコミ
No.28なんもねー三連発・つり3秒二人シャウト
No.29野球7秒二人シャウト
No.30NISSINカップヌードルのCMの真似7秒二人投げっぱなし
No.31キッコーマンのCMの真似3秒二人投げっぱなし
No.32ドリフ大爆笑の笑い声6秒二人投げっぱなし
No.33だ〜れだ?4秒二人シャウト
No.34一個足りねえ4秒忍君ツッコミ
No.35一個多い5秒忍君ツッコミ
No.36全部違う3秒忍君ツッコミ
No.37とびうお3秒二人投げっぱなし

*表内のカラー及び用語説明


Chapter.3 数値に関するデータの関連資料
 関連資料1.『はい、あ〜どぉもっ!』について
 37個のショートコントの内、最後の一つを除いて、全てのコント後に『はい、あ〜どぉもっ!』というブリッジ(クッションと言う場合もあるようだが、ここではブリッジという名称を使う事とする)が存在する。
 しかし上記の様に、その36回中忍君も一緒に叫んでいたのは11回のみである。以下にその箇所を表記する。

  1. 「とても律儀なマラソン選手」と「あっちむいてホイ」の間。
  2. 「あっちむいてホイ」と「ミニーマウスの真似」の間。
  3. 「吸いツッコミ」と「イヤ〜なツッコミ」の間。
  4. 「鈴木雅之違う違う」と「肛門からうんこが出るまで」の間。
  5. 「肛門からうんこが出るまで」と「語尾が真面目な不良」の間。
  6. 「隣町の運動会」と「馬場少年と猪木少年の会話」の間。
  7. 「天才秀才バ〜カ」と「正直ババア・Part one」の間。
  8. 「野球」と「NISSINカップヌードルのCMの真似」の間。
  9. 「NISSINカップヌードルのCMの真似」と「キッコーマンのCMの真似」の間。
  10. 「キッコーマンのCMの真似」と「ドリフ大爆笑の笑い声」の間。
  11. 「ドリフ大爆笑の笑い声」と「だ〜れだ?」の間。
 それ以外はカンちゃんが一人で叫んでいる。忍君はコントのタイトルコールをする為、そのタイミングを逃さないように、という理由からではないかと推測される。
 関連資料2.カンちゃんの素の笑顔について
 このネタの中で、コントの演技ではなく、まれにカンちゃんが素で笑っている瞬間をかいま見ることが出来た。以下にその箇所を表記する。

  1. 「ミニーマウスの真似」の後、うつむいて軽く首をかしげ、照れながら苦笑いしている。
  2. 「肛門からうんこが出るまで」の忍君のあえぎ声っぽいヘンな叫びに一瞬唇が歪む。
 1.の場合は「自分に対する照れ」、2.の場合は「忍君のヘンさに対するマジ笑い」、と推測される。
 ちなみに忍君も同じデータを採ろうとしたが、常に穏やかな表情をしている為、どれが素の笑顔か判定が微妙なので断念した。次項のデータはその代わりに採った物。
 関連資料3.唇をなめる忍君について
  タイトルを叫ぶ事で唇が乾くのか、忍君はよく唇をなめる。以下にその箇所を表記する。

  1. 「新聞でぇ〜す」のタイトルコール直前。
  2. 「あっちむいてホイ」で、カンちゃんが「あっちむいてホイしよーぜ!」って言ってる間。
  3. 「イヤ〜なツッコミ」後の「はい、あ〜どぉもっ!」直前。
  4. 「イヤ〜なプリクラ」カンちゃんが「プリクラとろーぜ!」って言ってる間。
  5. 「イヤ〜なプリクラ」後の「はい、あ〜どぉもっ!」直前。
  6. 「ブラジャーはずし単独ライブ」後の「はい、あ〜どぉもっ!」の直前。
  7. 「鈴木雅之違う違う」のおばあちゃんのリアクションを始めた直後。
  8. 「肛門からうんこが出るまで」の腕で顔を覆う直前。
  9. 「語尾が真面目な不良」後の「はい、あ〜どぉもっ!」中。
  10. 「魔法によって一日に二文字しか言えなくなったニュースキャスター」後の「はい、あ〜どぉもっ!」中。
  11. 「隣町の運動会」のタイトルコール直後。
  12. 「UFO」後の「はい、あ〜どぉもっ!」中。
  13. 「野球」のバットを構えるリアクション中。
  14. 「だ〜れだ?」後の「はい、あ〜どぉもっ!」中。
 96年夏の「AHERA」のネタ特集バク宙シーン直前にもやっている事から考えて、唇をなめるのは忍君の癖という可能性もありうる。


Chapter.4 個人的に思う見所
 こんだけいろいろ調べたし、ちったぁ好きな事書いてもいいっしょ?(^ ^;)
 個人的に好きな所・気になる所など書き連ねてみます。
という訳で、データにこだわりつつも
マニヤでミーハーな感想でした。でや〜っ!((c)カンちゃん)


INDEXへ戻る