| MENU | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | HOME |

POST

9月号


−9月30日−

▼なんと今日で9月も終わりです。おつきあいいただいた皆様、ありがとうございました。 ツアーが始まってから、多少いただくメールも増えたりしましたが、やはり、どんな方がどのくらい見ているのかほとんど分からないのにこんなページを書いているのだから、我ながら・・・・ しんぞーに毛ぇはえてますね。

では10月号のページでお会いしましょう。来月こそは上品にいきたいと思います。



−9月29日−

▼ファンの方から、ロングなディスタンスのコール。しかも1時間以上。おいおい、電話代大丈夫?私みたいに3万も4万も払うことになっても知らないよ。 だいたい、布施さんに逢いたいっっつって私に電話したってねぇーあたしゃ布施さんじゃないっての。私だって逢いたいですよぅん。偶然ばったり会ったりしないものでしょうか。話にはきくんですが。 青山を歩いていたとかW.ヒューストンのコンサートに来ていたとか改訂版・キング・オブ・ラディッシュを観に来ていたとかね。

中学くらいの時、地方の見知らぬ人と文通してたりして、「東京って有名人がいっぱい歩いているんでしょ」みたいな感覚に驚いたことがありました。 いっぱいは歩いてないよねぇ?どうですか、東京の方。(私は千葉だもん笑)あ、放送局とかにいけばいっぱいいますね。ピーター・バラカンだろうが、西田ひかるだろうが。 はい、もう、全身ヘビ柄の錦織健とか、怒っている宮川泰とか、私には誰なのかさっぱり分からないけど女子中高生からプレゼントをいっぱいもらって荷物だらけになってヨロヨロと歩いているジャニーズ系の少年とか。



−9月28日−

▼今日は東京・国立競技場で開催された日韓蹴球試合で、国歌独唱いたしました。
ふん。天下の布施様にとっちゃ、たいしたコトじゃござんせん。

▼下の、BSの件は、ここに書きました。



−9月27日−

▼飽きずにおたよりありがとうございます。

▼明日の「君が代」が楽しみですね。そういえば昔、コンサートで「俺ー俺俺俺ー」なんて、サッカーの歌を布施さん歌ってくれませんでしたっけ・・・いっしょに唄ったよーな記憶があるんですけど・・・
九ちゃんコンサート、衛星放送らしいですね・・・うち見れないや・・上をむいて涙がこぼれないよーにしている今日このごろ?
じゃあ、また・・・  [from bananawaniさん]

なに!?BS??知らん知らん、いつじゃ?おぜうさん、そういう生モノな話は、皆様の掲示板に書くように。 投稿フォームから送ったメイルはどうせ載るんですから同じです(笑)
ところで・・・・そか、♪俺〜俺俺♪か。あれはサッカーの歌だったのね。 (多分、ご存じない方はこれを読んで、ポンキッキでもやってた『オーレ・チャンプ』とか云う歌だと思うかも。)
まあ、実を言うとあの歌は私の名前を連呼してくれているんですけどね。・・・・と、ずーっと以前から友達とこういう冗談を言ってばかりいるんですね。すみません。 コンサートで、並んで座ってて、「絶対私の方を見た!」とか「ちがう、私」とか「握手に愛を感じた」とか 「花の受け取り方が他の人の時と違う」とかね。ばかですね。(私は花束贈呈したことは無いです)

先日それの罰があたりました。(茅ヶ崎にて)

「今年はどれがLEOに捧ぐ歌なの?」
「今日は私の真ん前で愛の園を唄ってくれることになってま〜す」(唄う位置はチェック済みです。)
「じゃあ違ってたらオゴリね」

ち、違ってたんですぅ〜〜〜!『愛の園』は上手でうたうはずで、その日はたまたま席がその辺りだったのに〜〜〜。 その日だけ下手で唄ったんですぅ〜〜〜布施さん、なんでぇ???



−9月26日−

9月13日のところで、初めてみた、と書いた件ですが、きくところによると、特にめずらしくないそうです。 ええええーそうなの?私は初めてみましたってば。今まで気づかなかっただけ?ということは、知らん顔してそのまま違う歌をうたってたりとかしたの?

▼昨日のボーラプのつづきですが、ジャック・レモンの事務所はジャレモ・プロというそうです。 もっと関係ありませんね。すみません。



−9月25日−

▼先日『めぐり逢い紡いで』プロモーション失敗した、というお話が出てましたが、そうなの? あれって、売れなかったの?TVスポット(って言う?)流れてましたよね、私の記憶が確かなら 「この秋の、僕の新曲です。」と言っていた筈、絵は、どアップ。 ・・・・実を言えば、『君は薔薇より美しい』以前のことはあまり憶えていないのですが。レコードも買っていないです、すみません。なにぶん子どもでしたので。えへへ。 ところで、『君は薔薇より美しい』をキミバラというのは私は苦手。 因みに、『ボヘミアン・ラプソディ』は、Queenの内輪ではボーラプというそうです。 関係ありませんね。すみません。

「鐘は鳴る」あたりからのファンです。コンサートは毎年見てきました。
情報が少ない(新譜情報など)ので、このHPはとてもありがたいです。
よくぞ作ってくれたという感じです。情報の整理など大変とは思いま
すが、今後ますます充実したものにしてください。まわりに同じファン
がいないので、いろいろ彼の歌について話せたらとも思っています。
まずは、ご挨拶まで。    [from M.T さん]

▲おたよりありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。昔のお話など教えていただけたらとおもいます。 よろしかったら今年のコンサートの感想も教えてください。



−9月24日−

▼9月9日に東京厚生年金で坂本九さんのトリビュートコンサートがあって、布施さんも出られたのですね。 出演者は8月27日に発表になったらしいですが、私はぜぇんぜん知りませんでした、そんなのがあることも。 観に行った知り合いは、とっても時間がのびて、布施さんがうたう頃にはすっかり疲れてしまった、と言っていました。 布施さんのコメントはこちら

▼9月28日には国立競技場で『君が代』をうたうのだそうですが、これはどうしたら聴けるのでしょう。 サッカーです、サッカーの開会式。よく知らないけど。これってやっぱり、名誉な仕事? 前回はつのだ★ひろさんがうたった?じゃあ、松崎しげるかなんかにしとけば? 布施明の『君が代』・・・・聴きたいような聴きたくないような・・・・ いえいえ、やるんであれば、それはもう、聴きたいです。でもやっぱり・・・・やめれば? と言いたいような言いたくないような・・・・。一定のカテゴリーにはまらずなんでもやっていただきたいとは思いますが、やっぱり ・・・・やめれば?



−9月23日−

▼毎度おたよりありがとうございます。

▼未だにどこに書き込んでいいのか理解できてなくてごめんなさい。
掲示板コーナーがこわいよーっ!
あの、はじめのテーマのインストの題名ですが・・・
おととしニイガタの音楽鑑賞会さんのプログラムでは、
「タルタロ」と、書いてあって、友人にもらった、布施明コンサート95
労音・・柏のコンサート・・・のプログラムでは・・・なんと
「樽太郎」!!
に、なっていました。どっちが正しいんかなあ・・・  [from bananawaniさん]

ああ、ご存知でしたか。私も柏のプログラム(緑色のやつでしょ?)で見て、???と思っていましたが・・・・そうなのです。 あれは通称『樽太郎』という曲なのだそうです。なぜタルタロウなのでしょう?謎ですねぇ(笑)

ところで掲示板はご自由にお使いください。勝手に書いていただければ助かります。メールアドレスなどはお書きいただかなくても大丈夫なようになっております。



−9月22日−

▼とうとうバウムクーヘンの輪切りを買って来て食べました。こう毎日、それの話をされちゃあ、そりゃ食べたくなるってもんです。



−9月21日−

▼日曜日 もうすぐ午後4時。表参道の駅で降りて、街をながめながら歩いて、曇り空で風は涼しくて、原宿駅に近くなると歩いている人が違ってくる、なんて思いながらスケート人をよけながら。
 渋谷公会堂の前にはもう何人もの人がいる。いつのまにか入場の列が出来る。友人が来る。あ、(布施さん式に云うと)吉田秀穂大先生だ。正面から外に出てきた。客の入りを見ているのだろうか、誰かを待っているのだろうか。
 またプログラムを買って客席に向かう。2冊も買うの?と訊かれる。うん、スキャナーでとったりする用と保存用。もうすぐ5時。
 ベルがなったかどうか分からないまま、いつのまにか音が出る。(A Theme of A.K.と民音で作ったプログラムに書いてある。 まったく????な題だ。A.F.の間違いか?) ゆっくり客電がおちる。幕が上がる。星が煌いている。彼があらわれる。笑っている。

 彼は うたい、演じ、話し、手足を振り回し、嘘をつくり、ほんとうを切り分け、そして踊って、するりと消える。

 ロビーに出る。あ、吉田大先生だ。Radishのとき、サインいただいたんです、と言う。(今回はパンフに写真がないので貰いづらい) 毎回変えていっているのは芝居のときのやり方、とのこと。リハーサルが何日もなかったので心配だったとのこと。早口で、でもそれはそれは柔らかく話す。いつもPOPな服を着ている。 髪はあいかわらず人形のロビンソン・クロイツネール。(ところで吉田穂高氏とは関係あるのだろうか?)

▼いつもおたよりありがとうございます。

▼浦和の・・・感想です。

・・・・・見えたもの
布施さんの肩に踊っている雪
カルチェラタンの哀しい灯かり
時計台
Singars way

・・・・・聞こえたもの
布施さんバンドの皆さんの声
「おいおーい・・・今夜は布施さんのオゴリで反省会!」

・・・・・ゴメンナサイ!!!  [from bananawaniさん]

(笑)してない してない。その日は。



−9月19日−

勝手に想い出のピアノを聴いておく、と言ったのに、忘れてしまいました。 布施さん、踊りまくっているもので嬉しくて。 客は踊ってはいけないのだろうなあ、というか、やっぱりひとりでは踊れないよねぇ。 誰か一緒に踊ります?(笑) どれもこれもいいのだけど、やっぱりActor's Wayが一番よいなぁ。 詩は、とくにサビの部分などは布施さんの語彙とは違うけれど。

勝手に想い出をやったからには、恋のスーパースターもやらないわけにはいきませんね。 私、これ毎日ゆうせんリクエストしてました。ゆうせんリクエストの面白いところは、やはり勝負ですね。 曲がかかってしばらくすると、どこかの誰かが答えるように布施さんをリクエストするので、 こちらはまたそれに答えるように、別の曲をリクエストします。しばらく続けると、相手はネタがつきたのか、一度かかった曲が流れます。 そのときこちらは勝った!と思うのです。(ちょっと馬鹿ですね(笑)) でもこれって、知られてない曲が多いってことだったりして?まあいいか(笑)



−9月18日−

▼そう毎日書くコトはないのです。



−9月17日−

▼今年も12月頃ライヴビデオが出るそうです!
去年のものは\13,000でコンサート会場&ファンクラブで(通信)販売されています。入手困難な方はメイルいただければ対応いたします。

▼おたよりありがとうございます。

▼井川センセイの<勝手に想い出>における早弾き
凄いですね
やっぱり毎回アレンジは違うのですか・・・?  [from bananawaniさん]

そんな人聞きの悪い・・・・(笑)知らない人が読んだら、私 毎回観てると思うじゃないですか。え?そういう話じゃない?あ、失礼しました。今度よく聴いておきますね。
 井川先生のアドリブと言えば、去年の最終日(北とぴあ)で、メドレーの頭をかなり遊んでいらしたような記憶がありますねぇ。 布施さんのおしゃべりの間に、鍵盤を前になにやらたくらんでいるお姿、それから弾きだしたときの布施さんの、一瞬「お?」という顔。う〜楽しい。

▼こんなものもいただきました。
意味がわからなくてもへろへろ〜になっているというのに、 こんなもん見せて、これ以上、私をどうしようというのでしょう(笑)

. . EL DIA QUE ME QUIERAS
         想いの届く日

私の夢を優しく抱く
君の吐息の柔らかいつぶやき
君の黒い瞳が私を見るとき
人生がどれほど私に笑いかけてくれることか
まるで歌のような軽やかな君の微笑みという
隠れ家は私のものだった
それは私の傷をいやし
すべてが忘れられる

君が私を愛してくれる日
飾られたバラは
一番素晴らしい色で
晴れ着を装う
風に向かいたくさんの鐘が
もう君は私のものだと告げるだろう
泉はしゃにむに
君の愛を語る

君が私を愛してくれる夜
紺色の空から
嫉妬深い星たちが
二人は通りすぎていくのを見ることだろう
そして神秘的なひとすじの光が
君の髪に巣を作る
好奇心いっぱいの蛍のようだ
君が私の慰めだとわかることだろう



▼そういうわけで、久しぶりに2枚組みのライヴを聴いて、ちょっと溶けております。



−9月16日(2)−

▼おたよりありがとうございます。

▼府中のコンサートをみました。
プログラムにあった「アムルーズ」をやらなかったように思いますが、
他の会場ではありましたか?  [from ?さん]

唄ってないです。『街角の瞳』も。プログラム変更になったようですね(めずらしい事ではありませんが)。
『アムルーズ』って布施明ライヴの2曲目のですよね。 生で聴いた事あったかなあ。多分無いです。生で聴いたら、きっとチーズのように溶けてしまうでしょう、私は。



−9月16日−

▼おたよりありがとうございます。

▼こんにちは。僕、茅ヶ崎のコンサート、行きました。
母が一緒に行く予定だった人が行けなくなったので、代わりに行ったんです。
周りはおばちゃんばかりで、ちょっと違和感がありました。
でも%%%、いや〜、良かったなあ。
なんて歌がうまいんだろう。
ちょっと震えが来ました。凄い声量でした。
それから布施明という人が気になって、infoseekでこのページを見つけました。
このページのWebmasterも来てたんですね。
機会があったら、また行ってみたくなりました。では。  [from ?さん]

こういう良いメールには、お馬鹿なコメントはつけません。よかったらまたお便りください。



−9月15日−

▼おたよりありがとうございます。

▼『河豚』

♪ふぐというものは〜 危険なものなんだ〜
♪食っているときは〜 なんと〜もないが......

もしよかったら後を続けてくださいネ  [from bananawaniさん]

え〜私が作るのお? ♪おあいそ〜すると〜 涙がこぼれちゃう〜 とか?
だめだ全然できない。やっぱり火の通ってないフグ食ったことないからかな(笑)



−9月14日−

▼9/11江戸川で、知り合いの方がきいた、後ろの席の人の会話。

A「布施さんって、すごい」
B「ねぇー」
 (そうでしょそうでしょ。で、何が?)

A「何んにも見ないでうたってる」
B「ねぇー」
 (あらららら)

どうも、演歌の人がよく来るホールらしい。演歌の人って、なにやら歌詞を書いた物を見てうたうのね。

布施さんは憶えるのは得意なのよ(多分)忘れるのも得意だけど(笑)自分にとって要らなくなった事柄はぽいぽい忘れるようにしている様な印象を持っています、私は。



−9月13日−

▼茅ヶ崎は行く予定ではありませんでした。
「ひとり行けなくなってチケット余ったけど、行く?」もちろん行きますです!はい!
地元の方によると、全然宣伝してなかったとのこと。あまりに宣伝してなかったので、とっくに売り切れたのかと思った、とか。 というのは・・・・実はちょっと空席が目立ったんです。あーこんな空いてるの、初めてみたよ。なにやってるんだ主催者!
さて、初めて見たのはそれだけではありません。 歌を間違える布施明さんもみられました(笑) え?そんなんはいつもみてる?いやいやあなた、歌詞を間違える布施明さんじゃありませんよ、メドレーで 次にうたう楽曲を間違える布施明さんですよ。 どうしたんだ?布施明ともあろうものが!! 笑った笑った。笑い過ぎてしまった。布施さんごめんなさ〜い。でもおかげでお話も面白かったし時間も長かったし、みんな楽しかったと言っていました。
そういう訳で、今日行かなかった方は大損でしたよーん。なんだか今年は、日によってお話がいろいろな様でもあるし、1回といわず2回といわず、好きなだけお出かけください。 え?そういうお前は何回行くのかって?・・・・全部で12回です。いや、もっと行く人も知ってますから、はい。あ、そんな奇異な物を見るよな目で見ないで下さいぃぃぃ。だって今年、近場ばっかりなんだもーん。もし毎年これだったら私ゃ破産だよ。
私も数年前までは1つのコンサート1回か2回しか観てなかったんですよ。でも何回も行く人がいる、というのを知って、「あ、そうか別に何回観てもよかったんだ!」なーんだ、今まで損してたな、と。 『キング・オブ・ラディッシュ』全部観た、とか『ウィンド・イン・ザ・ウィロー』全部観たという方も知ってます。でも一番すごいと思ったのは、帝劇の『日本橋』毎日全部観たという方ですね。 いろんな意味ですごい。



−9月12日−

ミュージカルをいっぱいやったが、曲はあとで使えない、CDで出せない とずっと冗談コーナー?で言っていましたが、出たじゃないですか。 King of Radish(←どちらかというと、ジェームス小野田氏の方が良い曲が多かったなぁ という気もします)よりActor's Way.
もとの詩もとてもよいので、ご紹介。



. .. アクターズ・ウェイ

吉田 秀穂


アクターズ・ウェイ
そんな道があったとしたら
わがままな石ころや
偏屈な風にさえぎられて
歩く事の辛さだけが
芝居の数だけ溜まって行くね

アクターズ・ウェイ
そんな道があったとしたら
気の強い愛人や
太り過ぎた猫に声かけられて
休む時にまでも思う
演じてる自分を化粧のままに

アクターズ・ウェイ
ありもしない道さ
アクターズ・ウェイ


1曲としてうたうのには短いんじゃ?と思っていたら、なんだかすっかり頼もしい歌に変わってしまって。


−9月11日−

▼いやな予感は的中しました。ちょっとうるさそうとは思っていましたが、あれ程とは・・・・。 まさかサインまで要求するとは。もしかしたら、どこかで誰かがサインOKのコンサートを開いているのでしょうか。 それをはじめに観てしまった人がコンサートはサインを頼めるものと思ってしまっているのでしょうか。 だとしたら、それは演者にも聴衆にも迷惑なことです。
そうです、
例の歌謡ショーの人です。
嗚呼私は不幸だ。まったく集中できなかった。集中できなかった理由は他にも個人的にあるのですが、 80%は隣の歌謡ショーの人のおかげです。
体格がよくていらっしゃるので、ずっと座っているのがお辛いらしく、2時間の間に120回も座り直される。 体格がよくていらっしゃるので、その度にこっちのシートまで揺れる。体格がよくていらっしゃるので、その度に隣に肘鉄。 なぜか足をばたばた。なぜか上手の方に氏が来る度に手を振る。気にしない様に、見ない様にしようとするのですが だめでした。・・・・・・・・頼むから大声で『−摩周湖』をうたわないでくれ〜。

近所の人が自転車で来るようなホール、というだけで決め付けてはいませんが、やっぱり江戸川なんかキライだ!私は不幸だ。

ホールの方は大変親切、感じ良かったです。建物の裏手に小川が作ってあって散歩できるようになっているのですが、 えーと、控え室の窓はちゃんと目隠しをおろしておいてください。ミュージシャンズと目が合っちゃうじゃないですか!

歌謡ショーの人の後ろに並んだ、勧誘したご婦人の方は、まだファンクラブには入っていない「今日観てから考える」とのこと。 ロビーで限定発売のCD売ってる、とても内容いい、と言うとさっそく買って来て、おまけで付いて来るミニサイン色紙も貰って嬉しそう。よしよし。



−9月6日−

▼実は、、、、いや、そんなことはいけないんですよ、いけないんですけども、 1回損して、HomePage用に写真を撮ろうと高感度フィルム(フラッシュは絶対バツ!)を準備していったが、 何枚も撮らずにやめてしまった。そんな事している場合じゃなかった。すごすぎる。まだ2回目なのに。



−9月2日−

▼今日は初日。
人間ってほんとに 実際 胸が痛くなるんだっていうのがわかった。


| MENU | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | HOME |